長男(21)を包丁で刺したとして、茨城県警常総署は7日、同県常総市新石下、運転手、相川浩之容疑者(43)を殺人未遂容疑で緊急逮捕した。同署によると、相川容疑者は「自宅の包丁で刺した」と供述し容疑を認めているという。長男は病院に運ばれたが約3時間後に出血多量で死亡。同署は殺人容疑に切り替えて調べる。

 容疑は、同日午後6時45分ごろ、自宅で、同居する無職の長男友紀さんと口論し、もみ合いとなり、包丁で顔や腹などを刺したとしている。同署によると、相川容疑者は妻と子供2人、母親の5人暮らし。友紀さんが定職に就かないため、普段から口論を繰り返していたという。【山内真弓】

「なぜ差し戻し」「無罪に光」=弁護団、最高裁決定に表情複雑-名張毒ぶどう酒事件(時事通信)
【高速道路新料金割引】上限料金、NEXCO系は軽1000円から大特1万円(レスポンス)
中古部品で自動車修理 新品の修理と遜色なし(産経新聞)
多重債務者「食う」弁護士、2次被害が続出(読売新聞)
東京湾に接岸中の船から出火(産経新聞)
AD