小樽市が患者に代わって一時的に医療費を立て替えた後、健康保険組合などへの請求を怠り、約6700万円が回収不能になった問題で、市は11日、担当者や上司らが自費で賄うことなどを柱とした損失補てん方法を市議会予算特別委員会に報告した。

 国の医療助成制度は、重度心身障害者や乳幼児らについて、患者負担分を3割から1割に軽減している。市は03~06年度にかけ、軽減分の一部を立て替えたが、今年2月、担当者が健保組合などへの請求を怠っていたことが発覚。請求期限の2年が過ぎていたため総額6751万円が回収できなくなった。

 補てんの方法について、市は▽道の補助分に当たる3400万円余りについては市職員福利厚生会から寄付を受けて返還▽残りは担当者や上司、管理職などが自費で支払う--とし、一般財源からの補てんは行わないことを報告した。山田勝麿市長の給与減額も検討する。【坂井友子】

どうなる? 鶴岡八幡宮の大銀杏 輪切り…「ありえない」(産経新聞)
白バイと自転車が交差点で衝突=サイレン鳴らし緊急走行中-広島(時事通信)
<大雪>青森・八戸で61センチ 宮崎9年ぶり降雪(毎日新聞)
<東京地検>弁護士と元妻を8億円脱税で起訴(毎日新聞)
<交通事故>軽乗用車とパトカー衝突 母子が軽傷 仙台で(毎日新聞)
AD