今月のクリール

テーマ:

特集「30km走か、40Km走か」

 

って、主に30Km走なんですが、、、

最初の総論と、サブ4対応のところを私が担当しています。

 

ランニングマガジンクリール 2016年 11 月号 [雑誌]

 

ランニングマガジンクリール 2016年 11 月号 


ベースボールマガジン社 (2016-09-21)
 
AD

この週末は、土曜=eAマラソン練習会

日曜=さいたま国際マラソン対策プロジェクト

 

お仕事で、2日間で50Km以上も走るとは…。

 

練習会は、今回は124名のご参加をいただき、4分30秒/kmからLSDまでの9グループ編成。

今にも雨が降ってきそう…でなかなか降らないという好コンディションの中、お天気とは関係なく、いろいろな事情で、屋外+回廊の変則3kmコースでの実施となりました。

 

 

 

そして「さいたま」

講習会+試走会(その1)という内容です。

 

講習会は、昨年ここを走った渡嘉敷コーチのコース攻略法と、私の対策トレーニング法の2本立て。

なにしろ、昨年の第1回大会、タイムの出ない大会ランキングの上位にいきなり登場することになった難コースですので、その走り方にも、対策にも、いろいろあります。

 

試走の方も、そんなことはつゆ知らず、軽い気持ちでエントリーした地元埼玉県民の皆さん等から、悲痛な驚嘆の声が上がるほどでした。

 

昨年の第1回大会は、ほとんど玉砕状態だったこのコース。今年は、反対周りのような設定になりましたが、やっぱり何回走ってもキツいですね。。。

昨年の試走時、「この大会には永遠に出ない」と心に決めましたが、今回走ってみても、その気持ちはちっとも揺らぎません。

 

出場される方は、くれぐれも周到なご準備を…。

「つくば」に出るような軽い気持ちでは、到底走れませんよ~。

このプロジェクト~まだ、10月30日の「試走その2」が残っています。

詳細はこちらから

AD

カブラギメール

テーマ:

プロトレイルランナーの鏑木毅さんから、恒例の?ご案内のメールが届きました。(通称;カブラギメール)

 

10月2日(日)NHK総合午後9時~ NHKスペシャル

「神の領域を走る パタゴニア極限レース141km」

 

今年4月に南米チリのパタゴニアで開催された「ULTRA FIORD」のドキュメンタリー番組だそうです。

 

で、8月上旬に、鏑木さんにバッタリ!遭いました。ウチの前で、、、

 

私も、ジョグでもしようと外に出てうろうろし始めていたところ、渋谷方面から、いかにも鏑木スタイルのトレイルランナー風の格好(通称:カブラギカブレ)をした~まあ、そういうランナーはいっぱいいますが~汗だくのランナーが走ってきます。

それにしても鏑木くんにそっくりだな…と思ってじ~と見ていたら目が合って、、、なんと本人でした。。。

むこうも、(やけに鈴木さんに似た人がいるな…)と思ってじ~と見ていたそうです。。。

話をするのは2年ぶりくらい?しかも、ウチのマンションの真ん前で偶然遭うとは!?

「やあやあ、今、ここに住んでるんですよ~」的な。

 

で、鏑木さんの方は、NHKで収録があり(今回のヤツ?)、その帰りだとか。やっぱ、常に走ってるんだ…。

AD

今月のランナーズ

テーマ:

って、もう1カ月経とうとしていますが、、、

10月号 P6「30Kmの壁」を撃退!~に登場しています。

写真は、ん?…「朝ごはん」の時のヤツかな?

 

マラソンの「脚をつくる」ということをメインに解説していますが、スペースに限りがあるので、ちょっと観念論的になっている点はご容赦を。

 

 

ランナーズ 2016年 10 月号 [雑誌]

体重管理 その2

テーマ:
8月20日は「eA体重管理セミナー」を開催。

LSD練習会との併催の予定でしたが、大雨で、LSDは中止。座学のセミナーだけとなってしまい、ちょっと残念。

いろいろ基本を押さえた上で、LSDで体脂肪燃焼にチャレンジ!…みたいに出来ると良かったのですが。



で、クリールの9月号「減量大作戦」です。

この特集は~

PART1が、私の減量基本編に当たるQ&A。
PART2が、中野ジェームス修一さんの「減量の法則」
PART3が、管理栄養士の小島美和子さんの「体脂肪を減らす1週間プログラム」

~というようになっています。

でで、小島美和子さん~
面識はないのですが、ご主人は知っています。奥様のビジネスパートナーの今川博喜さん。高校時代のライバルの1人です。

県内において、私は駅伝強豪校のエース(一応…)~そして彼は進学校の一匹狼!!
漫画の設定なら、あちらが主役で、こちらが完全に、やられキャラですな…。実際、やられることの方が多かった気がします。

実はもう何十年も会っていないのですが、「栄養士の小島さんのダンナだよ」ってのを数年前に同郷の友人から聞き、今回も編集の方が「今川さん、鈴木さんのこと、よくご存じでしたよ!同期なんですってね!」と伝えてくれました。

会ってはいないのに、昔のライバルと一緒のお仕事をすることになったのは、なにか不思議な感じがしました。