失恋ショコラティエが終わっちゃいましたね。

怒られそうですが、再放送ではなく初めて
松潤の連続ドラマを見ました。
まあ、リアルタイムで全部は無理なので、
録画ももちろんありですが

大人になってからはなかなかマンガを読む機会がなくて、
「失恋ショコラティエ」のマンガが話題になっていたのは
知ってましたが、読むことなくドラマ視聴してました。

ドラマの感想としては全話くじけることなく見れたので、
私的には好きな作品です。

1話目のかなりのきわどいシーンにはちょっとどうなることかと
思いましたが、だんだんソフト?になった気がして、
あの時間帯でもなんとかセーフですかね。
ラスト・シンデレラ(篠原さんと春馬くん)でチョイエロ路線が大成功だったんで、
なんとなくそんな感じで高視聴率狙ってるんじゃないのフジ!!って
思ったスタートでした。
月曜日9:00~親子でファンや小さい子のファンも多い、嵐にはちょっとかな?
まあ、今は中高生の読むマンガとかこんなもんじゃなく過激みたいですが・・・。

内容的には私は同調出来るところは少なかったですが、
やっぱり美しい映像と美味しそうなショコラには疲れた体を
相当癒してもらいました
私はNHKでの単発ドラマ「はじまりの歌」が結構好きだったので、
どうしても個性的な役が多めの松潤にはまたあんな感じの役を
見せてほしいと思ってます。

で、主題歌「Bittersweet」相当聴きましたね。
まあ、今も相変わらず聴いてますが
気に入った曲や新曲は音楽プレイヤーでひたすら1曲リピート派。
朝夕の通勤、お昼休み、家に帰ってきてからも1曲のみが
何日続いたことか。
今もMステのバレンタインバージョン映像をリピ設定で流しています。
本当にこの映像は皆さんも絶賛してましたが、
何度見ても良いですね、PVレベルですよ。

私にとって、ビタスイは感動するとか共感するって曲ではないのですが、
好きな感じ。
心揺さぶられずに気軽に聞いて、なんだかちょっと恋するドキドキが
味わえて、リピしやすい曲。

それに好きな感じの嵐のダンスを完コピする私はこの曲も練習しました。
前は大野くんパートを練習してましたが、今回はニノパートで練習。
ついつい大野くんに目が行く私もパート練習をすると、
その人を追いまくるので、ニノの癖とか動きが知れて、
なんだか嬉しい。
大野くんは可愛いフリも動き1つ1つが美しいけど、
ニノは可愛くてキュンとしながら、楽しく覚えましたね

4月期は大野くんの「死神くん」とニノの「弱くても勝てます」
「死神くん」マンガで読んだことあり。
とても、いい作品なので、大野くんが主演なんて本当に嬉しいです
「弱くても勝てます」本で読んでないので、先に読むか見てから
読むか迷います

楽しみな4月です


にほんブログ村
AD

「How's It Going」見てます!!

テーマ:
3連休、天気も良くて嬉しいですね
それなのに家にいる私。
忙しくない休みの日は最高です。

今はPCの前で「How's It Going」見てます。
2003年だから、10年以上も前・・・。

嵐の皆、若い。
久しぶりに昔の映像見たいので、ちょっと衝撃
若い若いって言われる嵐メンですが、
やっぱりこの頃の若さとは違うよね。
今は本当に穏やかで大人になったなと、
改めて感じちゃいました

なんか、メンバー全員皆ガツガツしてて力が有り余ってて、
ガシガシ踊ってて、洗練されてない感じ。
今のライブ映像とは違うドキドキ感溢れてました。

大野くんのソロ「so-so-so」見て、
あまりのオラオラな感じに思わず笑っちゃいました
変とかじゃなくて、忘れてましたよ。
もう、何年も緩くて柔らかな大野くんの姿ばっかり見てたから、
あんな感じの大野くん。

ドラマの役もわりと穏やかな役とか
人間以外な役がが多いから、
荒々しく野望を持った男とかか
冷酷な男とかやってほしいかもです

今の完成されたDVDのライブ映像と違って、
私のイメージするコンサートって感じです

超久しぶりにブログ更新してみました。
また、ちょくちょく書こうと思います


にほんブログ村
AD
嵐のアルバムLOVEが来月に発売ですね
ずいぶん同じ曲が流れ続けている私の携帯音楽プレイヤーの曲たち
このアルバムで一気に一新出来そうで嬉しい

LOVEなんて直球な題名ですが、嵐にLOVEイメージが私には少ない。
まあ、LOVEにも色々あるので、恋愛って意味では
イメージが私にはあんまり沸いてこないってところですね。
恋愛っていう目では嵐応援してないないからかな。
なんだ、どんな目で応援しているんだろう・・・。

さて、各メンバーのソロ曲すごく楽しみ。
曲名だけを聴いて、誰が歌うか当てること出来ますか?
題名だけを見ての私のイメージです。

※実際の曲を聴いた感想ではありません※
Hit the floor
なんとなく、イケイケラップで櫻井くんがノリノリで歌いそう。
Fly on Fridayのノリが好きで、そんなイメージの曲を想像。
高速で運転する時に流れてたらラッキー嬉しいって感じ。
sugar and salt
甘くてせつないラブバラードで大野くんがしっとり歌いそう。
あんまりせつな過ぎて、ちょっと胸がきゅっとしちゃって
曲リピするのがつらいかな?
20825日目の曲
題名からして人を驚かせたりするのが好きなニノが
歌いそう。
その上、強調は優しい声が響いてるかな?
ニノは嵐の中で歌っている時の声より、断然ソロの声が好きです。
 
夜空への手紙
たんたんと優しい声で相葉くんが歌う恋人ではない、
大事な人のために歌う愛の歌。
相葉くんって、この人ひとりというよりもみんなに向けて愛を届けてそう。
Dance in the dark 
DJ付いている松潤がターンテーブルの前でスクラッチ?している姿浮かびます。
以前は前に前に出て行くイメージが私にはあった松潤ですが、
実はみんなを後ろから見守ったり楽しませるのが好きなのかな、なんて。
でも、あのルックスだと、どこにいても目がいっちゃいますけどね。

私のソロ曲神経衰弱とイメージはこんな感じでした。
実際ソロ担当はこんな感じ。
Hit the floor大野くん
sugar and salt櫻井くん
20825日目の曲ニノ
夜空への手紙相葉くん
Dance in the dark →松潤
全部は当たりませんが、だいたいはあってましたかね
イメージ通りも残念だし、イメージとは違いすぎるのも残念。
「こんなのも歌うんだ!!いいねぇ!!」
なんて、新しいイメージを植えつけるような曲調で楽しめたら幸いです


にほんブログ村
AD
遅くなりましたが、松潤の「はじまりの歌」見ました。
年齢的にも等身大な感じですごく良いですね。
私はあのあたりの方言がどんな感じかは分りませんが、
方言しゃべる松潤が可愛い
俺様っぽい松潤+それ以上に強くて元気な榮倉奈々ちゃん。
鉄板な役柄組み合わせだけど、やっぱり好きだな


一度、山口県にはチラッと旅行で通ったことがありますが、
あのあたりだと、四国とか広島を重点的に見ました。
萩市は行った事ないな。
すごく綺麗な風景がたくさんあって、心が癒させますね
なんとなくセピや風な色使いで撮影されてるのかな?

合唱のお話でしたが、今もどこの学校では合唱ってやるのかな?
私の学生の頃は毎年やっていた気がします。
普段大きな声を出す機会って大人になるとほとんどないですね。
最近、大きな声出したのはカラオケぐらいかな?
うまくなくても声をたくさん出すと心地よい疲れで、
気持ちがすっきりします

小学校の課題曲「ふるさと」を私が聴くのは紅白歌合戦ですね。
ふるさとらしいふるさとのない私でも優しい歌詞を聴くと、
懐かしさを感じますね。
今でも、ふと合唱コンクールで歌った曲とか流れると、
やっぱり懐かしい気持ちになるから、
今の小学生にとっては大人になった時にこの曲が
懐かしい思い出の曲になるんだね、きっと。
嵐のファンの小学生はなおさら嬉しい思い出になるね

激しく心を揺さぶられる作品ではないけど、
すごく穏やかな気持ちにさせられました。
また、時間を置いてから見ようと思ってます


にほんブログ村
やっと、大野くんのananを一昨日ゲットしました。
発売してからずいぶん時間たってますね。
今日コンビニに行ったら、次号が出てました。
ふ~、危なかった

私はファンと言うには恐れ多い、
ひっそり嵐が好きで、大野くんを応援しているレベル。
雑誌を購入し、出演番組をすべてチェックしている方々には
申し訳ないくらいのんびりペースで好きな時に応援しています

ダンスしている大野くんに夢中になったのが始まりで、
動いている彼が好き。
紙ベースの媒体はほとんど購入してません。
本屋でチェックするぐらいです。

ananも発売日に本屋でグラビアを見て、
「大野くん、なかなか素敵ね」と思いつつも購入まで至らず。
大野くんの表紙だとすごく売れるとよく記事で見かけますが、
私の付近の本屋コンビにでは結構残ってました。
でも、毎日通りかかる本屋コンビニ3件を毎日
ついつい気になってチェックしてました。
少なくなっていくのを見るのがやっぱりなんだか嬉しくて

数日後、ついに私の通勤前に行くコンビニではなくなり、
隣の大きめな本屋でも売り切れ。
急にそわそわする私・・・
「やっぱり買おう!!」
朝寄った家の近くのコンビニにはまだ在庫2冊あったらからそこへ。
帰りに寄ったら、売り切れ
何で発売日から何日も見続けたのに買わなかったんだろうの後悔の嵐
と、普段寄らない駅前の小さな本屋に駆け込み探してみたところ
ありました
気になったものは迷わず購入ですかね、これからは


にほんブログ村