Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2014年1月22日(水) 17:30-19:00/YC&AC(横浜)

最近は寒さのことばかり書いている気がしますが、寒さに関して書きそびれていたことを一つ。
生徒たちは、私たちも工夫して寒さをあまり感じないでプレーできるようにしますし、何と言ってもあれだけ激しく動き回るので、レッスンが始まってしまうと、むしろ「暑い」という声さえ漏れてきます。
一方、ご見学にいらっしゃった保護者の皆さんは、ただひたすらに寒いことと思います(^^;)
夜は特に冷えたり、会場によっては街中よりも寒かったりもしますので、十分に、、、十二分に、防寒対策をしてお越しください(^^)
(林)


【中学生クラス】
練習メニュー
1、ストーン&フリー(ボールの持ち方)
2、ファンクショナルストレッチ
3、ストロングポジション+X腹筋
4、ショートパステクニック
5、サンドイッチパス(1人⇒2人⇒3人)
6、カラーターン3対2
7、6対6(模擬ラック形式)

今日は、パスのテクニックの再確認を行いました。
地味な練習ですが、定期的に忘れたころにやるようにしています。
中学3年生とのレッスンも残り少なくなってきました。
3年間近く、様々なことを指導させてもらってきましたが、高校生になる前に、もう一度、指導したことをおさらいして行きたいと思っています。
来週はキックをやります。
ラグビーパークでは、ゲーム性を多く取り入れて、私からのfeedbackと同時に、internalfeedbackと言われる、自分で自分にfeedbackできるようなメニューを多く取り入れています。
わかりやすく言うと、ゲームに勝ちたいから、より良い方法を自分で見つけ出させて行くようなイメージです。
ラグビーパークを卒業した後は、私からのfeedbackではなく、高校の先生からのfeedbackと、あとは、自分で自分にfeedbackできるようになることが大事です。
下級生たちにとっても、週末の活動の中で、自分で自分のプレーにfeedbackする習慣は大事なことなのです。
Internalfeedbackができるようになるには、テクニックやスキルのポイントを、ある程度、理解しておく必要があるので、これからしばらくは、テクニックやスキルを選んで、再確認の指導をして行こうと思っています。

担当コーチ:川合レオ


【小3-6クラス】
■今日のメニュー
①パスパス・ゲーム
②ストレッチ
③瞬間的状況判断3対2、distraction 3対3
④上級生:5対5/下級生:3対3
⑤ストレッチ

今週は藤沢クラスでも同じようなことを感じましたが、このクラスでも、下級生たちの成長を感じ、とてもうれしく思いました。
それまでできていなかったことができた瞬間、それは私たちコーチにとっても、心から喜びを感じる瞬間でもあります。
同時に、その生徒にもその成功体験を強く感じてほしいので、それを伝えようとします。
その子のキャラクターによって、満面の笑みで返してくれる子、はにかんで照れくさそうに斜めを向く子、誇らしげにそのプレーの説明をしてくれる子、次にやりたいことを興奮気味に伝えてくれる子、、、反応は色々です。
そのキャラクターにあった伝え方を、いつも模索しています。
表現方法は様々ですが、内心、私たちも本当にうれしいのです。

担当コーチ:林拓司
アシスタント:武藤さくら
いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>