リゲイン総合研究所~競馬番組「表」なんて実在しない~

◆片岡勁太は実在しない「番組表」という虚像を読み解こうとするが我々は「競馬番組」の実体を解き析かす点で全く別物である。日本中央競馬会は、その名の下で施行される競馬番組の中で「何が勝っても構わないレース」の存在を許諾する事は皆無である。


「競馬番組表」なんて用語は存在しない!!
 よって「番組表理論」とは「競馬番組解析」とは全く別に存在する「アプローチ方法」として扱うので「何が勝っても構わないレース」「1着でも2着でも良い連対許可」「同枠馬は同じ成分で出来ている」などという概念は自信の無い競馬番組表論者独特のものである。そして、何よりも真の番組論者とは、誕生日がどうの、サインがどうのCMがどうのと言う類を口にする事はあり得ません。
片岡勁太は、競馬番組の付録である場別編成表のみに固執することにより主催者の意匠を占う方策を講じているが、その本文や、規定、関連法令には見向きもしない点で、我々に比して非常に疎いから、その面で、一般競馬ファンの一般的な競馬に対する戦略を知的弱者と蔑む事で、己を正当化せざるを得ない。そのような一般の存在によって我々に高配当が付与されている現実を直視しない稚拙。
 当ブログのアメンバーは、基本的に、競馬ブログを日常的に書かれている方に限定してOKを出していますが、気軽に申し込んでください。リゲイン総研は「あなたのヤル気」と称してチンケな会費をギャンブラーから掻き集めて駄賃にしながら一般人が片手間に運営するような有料素人自画自賛型予想サイトではありません。
 尚、読者登録の殆どの方は競馬番組解読研究者でも相互リンクでもありませんし、その殆どがアクセスアップのみを狙ったブログである事をご承知置きください(逐次、整理します)。
 「私は有馬記念は完全的中します!外れたら金杯予想を無料にします」と特別会員募集の為のマッチポンプや期間を細切れに集金するような給食費回収、注目馬で勧誘するアクセスランキングやブログランキングの投票を強要したり、クリック誘導するようなクソ素人感覚は元々持ち合わせていませんので、当研ブログが唐突に更新停止・開店休業状態になる事があります。
 アメンバー、読者の見直しは、「コメントの内容やレベル」などを受けて独善的に行いますので、当研から外されるのが気にいらない方は、【自ら登録解除】してください。1度、自ら登録解除されても、その事だけを再登録拒絶の理由には致しませんので、ご安心ください。
 時に「解説が少ない」「後検量がない」と批判を受ける事がありますが、当研はカスリもしていない終わったレースに、後づけでコジつける安直な事は行いませんし、書こうと思っていたと後付け原稿を出してしまう程の事はしません。逆に、中れば、中ったで自慢げにその根拠を長々と浅く詳説するようなことはしません。その類は、それがお得意な巷に多数存在する一般人の片手間有料サイトに要望してください。

 尚、戦歴解析支援Aftr.py導入には、Python2.x、CherryPy及びdropboxのインストールが必須です(現在有志であるpasser氏の都合で休止中)。



にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村敢えて片岡勁太ブログと同じにカテゴリ変更しました。
NEW !
テーマ:

予定では、下の「ウインズ横手20周年記念」のテキチュウ馬券配当を「横手」に支援するハズだったのだが賭けそびれて、爆睡してしまったので、半端に引っ掛けたメイン分で代行容赦。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

 [外]騎手の枠から函館リーディングの騎乗馬が「出走取消」となってしまったので、再検証となった。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

 この結果を「パラダイスS」の再現と見てしまうのは大きな勘違いで、昨年の再現だからこそ、当研の◎は今年も16着なのである。昨年の「パラダイス1着馬」と今年の「パラダイスS1着馬」の対比に「揃目開催」への仕込が見え隠れする。

 

結局、当初の想定通り、昨年の◎を再採用した。

 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 どうも、騎手地合は、吉田隼人の15勝+最終週12頭騎乗で諦めムード。特に岩田に藤原師が肩入れする訳でもなく、ローテ通りの2頭の出走のみ。それでも出走頭数は岩田が19頭で可能性はゼロでは無い。複数は橋田満2、藤原英2、角田2、西浦勝2が目立つ程度。

 池添も兼雄から1頭しかなく学からは無く複数は安田隆行と本田優で馬主はS.モハメッド。社台系生産はノーザンFの5頭。特にここから狙うべき戦歴も今のところ不見当。

函館リーディングジョッキー
吉田隼人 15勝⑤④/70★12頭
岩田康誠 11勝⑫⑦/77☆19頭
北村友一 9勝⑨⑥/50※10頭
池添謙一 9勝⑤⑪/56*15頭
藤岡康太 9勝④⑤/64 11頭

函館リーディングトレーナー
須貝尚介 4勝⑤⑥/27※5頭 北村騎乗馬なし
池添兼雄 4勝①③/11*3頭 池添1頭
伊藤圭三 4勝①②/16★3頭 吉田1頭
藤原英昭 4勝①0/8☆10頭 岩田2頭
3勝3名 大根田 武市 角田


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日は、祝日のJRA無施行日という事で地方競馬の掻き入れで全国で6場開催が施行され、予想に追われて何も出来なかったが本日は、3場に収まったので、リアルにオッズを見ながら予想する予定でいる。と言っても、大相撲の地上波が始まれば、とっとと済ませてのんびり観戦したい欲求が出て来るのは間違い無い。

 どちらにしても、想定オッズも設定しないままに向かい合う今年の「中京記念」には、昨年◎を打って殿負けした戦歴も特別登録馬名表に存在するから、何も考えずにここに再度も考えているが...それを口に出したら、力量がバレてしまう。

 この時期は、芝でもダでも、雨が降って馬場が渋ったらどうにでも言い訳出来るから選択肢も過多になるのは、当然の話だが、それは一般的な話。それでも先週の「函館記念」でも突然の降雨の「CBC賞」でも、それなりの言い訳が多いという事実もある。

 それでも、既述のマイネルアウラートは前年56キロでべべた16着となった「パラダイスS」1着馬は今年は57キロで出走する事になる。というのも次走の「関屋」も16着に甘んじながらも「リゲル」と「NYS」を連勝して連続加算したからで、これが単勝7番人気になりそうなら再度、狙ってみたいというのが本音。

 今年の「安田記念」は6歳馬サトノアラジンが制したが、そこからの直行馬も57キロで1頭存在するが8歳馬である。1着馬を狙うなら、5歳か6歳という、出目の流れが6枠5枠の順番になるが、アテには出来ない。騎手は6歳馬ピークトラムに武豊という噂やワンアンドオンリーもヨコテンという話もあるが、そんなバイアス騎手よりも福永の5歳馬グランシルクの方が気になるのは「第62回京王杯」の影響だが、所詮、勝てない美浦所属馬である。

 それよりも「函館2歳S」に騎乗するカク外ティターン騎手が騎乗する馬の枠の方が気になるところであるが、またの機会で。 (追記)結局、未発表段階だがティターンが騎乗するのは函館16スズカマンサクになりそうで、万作と言いいながら、牝馬。もう1頭、JRA所属の[外]ルメールが函館11減量勝歴のベイビーキャズに騎乗するようである。この重賞(函館2S)にガイジン騎手が騎乗するのは珍しく、2008年のホワイト以来である。当時はまだ「ラベンダー賞」が存在していた。対角値を持つ牡馬の戦歴が除外レースで1着起用となった。その前の[外]騎手もホワイトで2004年のアンブロワーズ(牝)であった。これが今年も採用されるかどうかは解らない。だがホワイトは「中京記念」の(外)の7歳馬レッドレイヴンに騎乗するようである。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

テーマ:

 梅雨明け宣言が躊躇している間に猛暑モードが本格化している現状。「1開催分」を剥奪された北海道シリーズも当たり前のように「全6日開催」に抗う事無く淡々と施行を行っている。
 これを「特異」だ「タブー」だ「一過性」だと主張していた打たれ弱いムキは、地下に潜らねばプライドが維持出来ない状況は「東京優駿」を例に挙げなくても何ら、事欠かない編成の常態化。
 競馬番組の今週の移動は特別登録馬名表ベースでは、「3回中京」所属の「香嵐渓特別」が「尾頭橋特別」に変更なっただけで自身は従前「第2節」を居場所にしていたものを2013年以来の「最終週」に戻されただけである。「尾頭」なんやから「初日」か「最終日」が良く似合うと思うのは個人的な思考の話で主催者とは関係ない。(香嵐渓は第1節で既済)
 昨年、除外馬を出し、準OPを2着した降級馬シャコラブランが昇級初戦馬に敗退して収束した1000万条件戦である。今年もダ1200m戦には手がつけられていない。
 既にお気づきの方もいるだろうが、「中京記念」のと同じ2012年に芝20戦から離脱した点を共有しているのが、この「尾頭橋特別」である。と言っても起用性にダート戦歴が必要だとか、単純な結びつきは無い。

 そんな重賞に関係の無い下級条件など興味がねぇ。と言う方は是非、読み飛ばして頂きたい。重賞の話をするとワンアンドオンリーは橋口慎介師の思惑を思われている方は、是非ともピークトラムから馬券を組むといいが、どちらにしても前年2着の人気離散馬でも、そこそこ人気になるだろうが、それに2キロ差で圧勝したウインガニオンがここでは1キロ差で役得という大衆やメディアの考え方もあるだろう。
 どちらにしても、「パラダイスS」と「米子S」が、ある順序でキーレースとなるのがマイル化した老舗である「トヨタ賞中京記念」だから、それも当然の話である。 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 いや、そうとは思わないが、結果として、一般の一部メディア予想屋が「福島民報杯」から「鳴尾

記念」や「新潟大賞典」を1着したキャラが出た事を理由の当該レースレベルが高いという安易な説に基づいて、これを2着したフェルメツァ推しという展開を予想していた。当研の◎も同馬だが、その理由はレースレベルだとか、そんなものでは無いし、そもそも「民報杯」は今年ハンデ戦で施行されているから、そこからハンデ戦を戦う事がどういう事かを考えれば。

 既述の「鳴尾記念」も「新潟大賞典」もサマーシリーズとは異なる春季4歳上重賞である点が懸念事項として存在していた。マルターズアポジーが論外なのは誰でも解るが「ラNK賞」と「七夕賞」を短絡する論理に違和感を感じた。既述の重量で1着起用された戦歴が連対外からや同枠馬という身分である事から1着でが無く2着。現物ではなく同枠馬という説もあったようだが、こちらもそちらも絵空事と結論づけられた。そのスルーされた2着枠から「函館記念」にケイティプライドが特別登録している。同馬のハンデは、52.0キロのままになるだろう。その前に同馬の立場は前年2着現物馬というものであるからフェルメッツァよりも集票するかもしれない。さらに、前年1着馬マイネルミラノは「福島民報杯」の1着馬を兼任する(から、ハンデは58.0に到達するし、前年2着馬の馬名も存在するから、サンプル探しのキーにする方もいるだろう。先週は何も書かなかったのに、いつもの妙なクレームは無かったので、感謝の意を込めて月曜から少し書いた。地方予想はリアルタイムで今、盛岡6Rが発走となる。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。