リゲイン総合研究所~競馬番組「表」なんて実在しない~

◆片岡勁太は実在しない「番組表」という虚像を読み解こうとするが我々は「競馬番組」の実体を解き析かす点で全く別物である。日本中央競馬会は、その名の下で施行される競馬番組の中で「何が勝っても構わないレース」の存在を許諾する事は皆無である。


「競馬番組表」なんて用語は存在しない!!
 よって「番組表理論」とは「競馬番組解析」とは全く別に存在する「アプローチ方法」として扱うので「何が勝っても構わないレース」「1着でも2着でも良い連対許可」「同枠馬は同じ成分で出来ている」などという概念は自信の無い競馬番組表論者独特のものである。そして、何よりも真の番組論者とは、誕生日がどうの、サインがどうのCMがどうのと言う類を口にする事はあり得ません。
片岡勁太は、競馬番組の付録である場別編成表のみに固執することにより主催者の意匠を占う方策を講じているが、その本文や、規定、関連法令には見向きもしない点で、我々に比して非常に疎いから、その面で、一般競馬ファンの一般的な競馬に対する戦略を知的弱者と蔑む事で、己を正当化せざるを得ない。そのような一般の存在によって我々に高配当が付与されている現実を直視しない稚拙。
 当ブログのアメンバーは、基本的に、競馬ブログを日常的に書かれている方に限定してOKを出していますが、気軽に申し込んでください。リゲイン総研は「あなたのヤル気」と称してチンケな会費をギャンブラーから掻き集めて駄賃にしながら一般人が片手間に運営するような有料素人自画自賛型予想サイトではありません。
 尚、読者登録の殆どの方は競馬番組解読研究者でも相互リンクでもありませんし、その殆どがアクセスアップのみを狙ったブログである事をご承知置きください(逐次、整理します)。
 「私は有馬記念は完全的中します!外れたら金杯予想を無料にします」と特別会員募集の為のマッチポンプや期間を細切れに集金するような給食費回収、注目馬で勧誘するアクセスランキングやブログランキングの投票を強要したり、クリック誘導するようなクソ素人感覚は元々持ち合わせていませんので、当研ブログが唐突に更新停止・開店休業状態になる事があります。
 アメンバー、読者の見直しは、「コメントの内容やレベル」などを受けて独善的に行いますので、当研から外されるのが気にいらない方は、【自ら登録解除】してください。1度、自ら登録解除されても、その事だけを再登録拒絶の理由には致しませんので、ご安心ください。
 時に「解説が少ない」「後検量がない」と批判を受ける事がありますが、当研はカスリもしていない終わったレースに、後づけでコジつける安直な事は行いませんし、書こうと思っていたと後付け原稿を出してしまう程の事はしません。逆に、中れば、中ったで自慢げにその根拠を長々と浅く詳説するようなことはしません。その類は、それがお得意な巷に多数存在する一般人の片手間有料サイトに要望してください。

 尚、戦歴解析支援Aftr.py導入には、Python2.x、CherryPy及びdropboxのインストールが必須です(現在有志であるpasser氏の都合で休止中)。



にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村敢えて片岡勁太ブログと同じにカテゴリ変更しました。
NEW !
テーマ:

 ダンゴが掲示板を埋めたからって喜んだり自慢したりするほど子供では無い。重要なのは「想定順位」で◎も▲も着外では、タラレバ連複小僧に成り下がってしまう。

 

 データ番組は、前走で人気馬がいいだの、1着馬は単勝1~3番人気馬から選べなどど言ってくる。ドバイWCなら、素直にアロゲートから組むし、後方でごちゃついても、どこぞのキャスターのように、ビビったり震えたりしない。だが、「宮記念」は。。「豆腐プロレス」のように、台本通りにスタントマンカットが入る訳には行かない。当初の◎は昨年戦出走馬の101ティーハーフだったが、仕方なく変更した。

2016年戦結果


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

 中山の「両国特別」も、直近施行が2012年のダ12の単発戦、その前が2009年で、そこで芝18戦の歴史と決別したが、今年の復活性再生は、その芝18戦で施行された。だから、どうしたかを明確に示す事が出来ないのは、知見が不足しているからである。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 毎度、お馴染み、リゲ研の人気馬潰し

どこぞみたいに「枠連なら大テキチュウ!」なんて糞な事は、言わない。

 いやぁ、やはり3場開催は忙しく、昼飯抜いたまま今、全レース予想をエントリー完了という有様。編成で気になったのは3歳戦でなく「天神橋」の方で復活性単発戦で直近は1996年だっけか。。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 これら前年比較は、毎週のルーチンだが、今週はG1施行週という事で、リプログ元として掲載しておく。リプログして記事を書くのは、あくまでも予定であるが。

 前年変化で顕著なところは、3歳条件戦の日程移動だが、これが据置の「毎日杯」に影響を与えるのか否か。ミモザ賞はクラシックで何度となく機能した老舗の番組であるし「大寒桜賞」は東日本大震災の翌年に新設された「青葉賞」出走馬への能検戦である。

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:

 「毎日杯」について何も事前稿を用意しなかったので、直前だが、少し書いてみる。

 

 出走馬が決定し、18頭に対して過半数以下の8頭立となって揃目不能戦となった。淘汰が進んでないクラシック前の3歳戦では、少頭数の場合は1頭乃至2頭の有力馬に恐れを為した馬主が特別登録料惜しさに出走を避けると言われるのが一般論で、まぁ、過去判例でも少頭数の平均配当が比較的低い傾向になるのは当然で、そんな実力馬を中心に組む馬券が中る確率は、それなりに再現される。しかし、それは確率を超える事は無いのである。つまり、10頭立戦で1着起用されたスマートオーディン13頭立戦を制したキズナも確率通りの結果である。しかし、「東京優駿」では、前者が5番人気で6着、後者は1番人気でダービー馬に昇華した。この差は単勝人気順を構成する戦歴や出走構成によるものである。通常、「東京優駿」では、上位人気で皐月賞馬になった戦歴を単勝1番人気馬に押し上げるが、そうはならなかった事情が「80周年記念」にあるのか否かは解らないが、ジャンケンが強いからダービー馬になったのでは無いのは間違いないし、特定キモオタの組織票が功奏した訳では無い。
 昔々の出走頭数の話では、社台直系の馬は、フルゲートで狙うなど様々な妄想ジンクスがあったが、クラブ馬全盛の現行競馬では、使う人もいないだろう。

 さて「毎日杯」の少頭数と言うと、誰もが思い出すのがキングカメハメハの2004年今年、G1コースとなった芝2000m戦だった頃の「毎日杯」だが出走馬にキンカメ産駒は存在しない。
 新馬戦が8頭立戦のキセキは競馬アプリ「WIN!競馬 forスゴ得」を開発した会社(デジマース)の女社長石川女史の馬で、フジキセキ産駒もつけなかったキセキという馬名を採用する大胆さには敬意を表する。3文字馬名が好きなのだろう。
 出走馬には、高馬と呼ばれる2億超馬サトノアーサーも存在し、これが集票力を発揮するのかもしれないし、同馬が2着加算した「きさらぎ賞」も8頭立。
 叩き3走目になる(地)トラストの「クローバー賞」も8頭立で2着。「きさらぎ賞」で1着したアメリカズカップが「野路菊S」の8頭立戦という唯一性をを採用したのであれば単勝6番人気が勝てば官軍である。
 さっきの話に戻るが、有力馬で遠慮する馬もいれば、初距離になる芝の重賞に参戦する鹿児島産馬も存在するから、日本競馬は同じ事が繰り返せない。
 ガンサリュートは、親子制覇がかかるダノンシャンティ産駒で、祖父がフジキセキで、これが当研の◎になるだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 「高松宮記念」は悪魔の館~キングヘイロー、トロットスターの系譜~
 その昔、そんなオカルト説法を片岡勁太が文字にした事があったが、それ以降は、そのオカルトは、2度と文字になる事は無かった。今は、弟子筋なのか解らないが、ネットを見る事が無い片岡が預かる知らぬところで、トウシロアイドルユニットを全面に押し出して語っている。これも我々から見るとオカルトの色彩よりキモオタ色彩が強い文章がネットに漏れている様は、逆に片岡の爺さんが哀れで擁護したくもなる。
 当研が、このブログで、爺さんの事に触れると、決まってコメントで、「もうそろそろ放置プレイでいいのでは?」「好きにさせれば」と要らぬ心配をしてくれる方がいる。親・片岡なのかも、アンチリゲ研か否かも解らないのだが....「脱・片岡」「捨・片岡」は当研のモチベーションの源である。元、FAX会員であると自己紹介した、その人が、この類のコメントの総ての主なのかは解らない。
 あのブログの低い文章力や、下品な色使いは、ブログ開設当初を担っていた丁稚頭とやらと同じである事は誰でも解るだろうが、元々、その文章の行間には、片岡を小馬鹿にする思想がプンプンしていたゴーストライターである。

 そんなゲスい話は留保するとして、記憶が確かなら、爺さんは、3/26施行の「宮記念」が3月中旬に移動したと錯誤していたが、まぁ、そんな些細は仕方ないが、朝青龍に引退勧告するような馬鹿な国技大相撲は、小相撲として、近い将来、奄美大島の二の舞になると予言していたが、中間はそうと言えなくもないが、朝青龍引退後7年を経て当時も幕内にいた稀勢の里が日本出身横綱としてまさか誕生するとは、努々思わなかった事だろう。


 大相撲の次回取組というのは、その日の番組の中間で発表されるが、それは抽選などのランダムでは無く実行委員会(かどうかは知らない)が番組の興趣を高める為に意匠が込められ組まれる点に於いてボートレースと共にオペレーションの介在が日本競馬である。

 この「宮記念」の稿で、爺さんは「日本の競馬は、たった2頭の名馬(ダービー馬と春天馬)を選ぶ為に1年を費やして行われるゲーム」と断言し、その他のG1競走は何が勝とうとも一向に構わないと言及している。その例えとして「朝青龍抜きで1年間行う大相撲」としている。

 意味の無い話で字数を増やしてしまった。何か書こうとしたら、こうなってしまった。すまぬ。

またコメント来るのかなぁ。いつものようにレスつけないので、ご容赦。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 結局、教唆ではなく2着同枠示唆という事になった。こんな示唆は、ゴロゴロと存在するから、覚えているだけでも大変だ。

少々時間が余ってしまったので、戯言を綴りたく候。

小牧特別に小牧がいない。勝浦特別に勝浦がいない。三浦特別に三浦がいない。

いなくたって、サインは動く!? それって教唆なのか示唆なのか?

当研の独善は、教唆馬は1着馬と相互関係にあるものと勝手に定義している。

さて、小牧特別は、小牧が出ていても勝った事など無い。直近の出走は再生前の

2008年の6着。教唆馬は自らが着に入らないから教唆する。

今年の小牧特別では、松若風馬の2枠03番ビップレボルシオンが1着すれば

教唆馬として認めてやるが、果たして如何なものか?

2、3着では駄目。それは単純な示唆でしかない。

だから、難しいのである。だから、あまり信頼を置いていないのである。

騎手と言えば話は変わるが、「中山」→「中山」で騎乗できる関東所属の方が絶対有利なのは、誰でも理解出来るだろう。移動が無いのだから、その分、拘束時間も長くなるが。

戸崎は、勝つべくして勝っていると言っても、3日連続でなくても勝ってるから誰も関心は示さない。

成長があるのか無いのか昨年の同一番組の◎馬が。。。笑ろてなしゃぁないか。まだ解らん。

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。