サロネーゼ御用達の通販専門店




「トワル・ド・ジュイが好き!フランスが好き!」

フランスの最後の女王マリー・アントワネットも愛した

トワル・ド・ジュイToile de Jouy。

トワル・ド・ジュイとは、

もともと欧米の富裕層を中心として人気があった

フランスの伝統的なデザインで、

現在では、フランスのエレガントでロマンティックな雰囲気が好きな

世界中の女性たちを夢中にさせています



ビアンヴニュ BIENVENUE ♪


フランス在住のアコ・シャルロ Aco Charlotです(^-^)

1997年から1998年にかけてフランス留学。

2004年に再びフランスに渡り、

2005年にフランスで、フランス人男性(ムッシュープロフ)と結婚。


2004年から現在に至るまでフランス南西部で暮らしております。

2005年と2011年に2人の息子(ヴィク=長男、アレク=次男)を出産。


10代の頃のフランスへの何となくの憧れから始まり、

今のフランスでの暮らしに至っております。


そして、フランスの生活の中で出会い、

恋に落ちたトワル・ド・ジュイToile de Jouy


*トワルドジュイについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみて下さいね↓

トワルドジュイToile de Jouyとは?



そんなトワルドジュイのある暮らしを楽しむだけに飽き足らず、

好きが高じて、2008年10月にフランスにて起業し、

トワルドジュイ・フランス生地やタッセルなどのハンドメイド用品を扱う

オンラインショップ「フレンチスタイルジュイ French Style Jouy」を運営するまでに。

トワルドジュイを日本に広めるべく、日々活動しております


ボンヌ・ヴィジット BONNE VISITE !


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年08月09日(火)

トワルドジュイ雑誌掲載と生地展覧会販売

テーマ:トワルドジュイのこと

 


ボンジュールBonjour♪


フランス南西部在住、

トワルドジュイコーディネーター、アコ・シャルロです(*^ー^)ノ

 

 

夏の休暇で日本に一時帰国して、早いもので2週間が経とうとしています。

 

家族と一緒に、毎日、日本の夏を満喫していますよウインク

 

フランスのからっとした暑さと違って、日本は蒸し暑いですが

 

家族みんなバテることなく元気に過ごせています音譜

 

 

私もバカンスモードに入っているのですが、今日は、

 

私の経営する「フレンチスタイルジュイ」に関する

 

2つのお知らせをさせて頂きます。

 

 

6月14日から7月31日まで

 

東京渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催されていた

 

トワル・ド・ジュイ展期間中に、

 

展覧会場と同じ階にある「ブックショップ ナディッフモダン」さんで

 

「フレンチスタイルジュイ」の商品を販売させて頂き

 

大変ありがたいことに、たくさんのお客様にご利用していただきましたニコニコ

 

 

そして、本日8月9日から同ミュージアムで

 

ピーターラビット展⬇が始まっています。

http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/16_peterrabbit.html

 

 

こちらのピーターラビット展と「フレンチスタイルジュイ」の商品は

 

あまり大きな関連はないのですが

 

(ヨーロッパのものという部分では、関連がありますね)

 

このピーターラビット展の直前に開催されていた

 

トワル・ド・ジュイ展のカタログが

 

ミュージアムショップ ナディッフモダン​さんで引き続き販売されています。

 

そして、このカタログの傍らで、「フレンチスタイルジュイ」

 

トワルドジュイのカットクロスやカットクロスセットも

 

販売させて頂くことになりましたビックリマーク

 

 

トワル・ド・ジュイ展の期間中は諸事情があり、

 

トワルドジュイ生地以外の生地のみの販売をさせて頂いておりましたが、

 

ピーターラビット展では、トワルドジュイ生地を多数出させて頂いておりますひらめき電球

 

 

ただし、トワル・ド・ジュイ展の期間中は、展覧会場内に入る必要のない

 

「ブックショップ ナディッフモダン」さんの店頭での販売でしたが、

 

ピーターラビット展では

 

チケットを購入して展覧会場に入る必要のある

 

ミュージアムショップ ナディッフモダン​さん内での販売となっております。

 

 

このため、ピーターラビット展に興味があって、展覧会を見られる方のみ

 

「フレンチスタイルジュイ」のトワルドジュイ生地を

 

手に取って購入頂けることになります。

 

 

ですので、もし、東京Bunkamuraのピーターラビット展に行かれる方は

 

展覧会の出口手前にございますミュージアムショップ ナディッフモダン​さんで

 

「フレンチスタイルジュイ」のトワルドジュイ生地も

 

手に取られてみてくださいね。

 

 

ちなみに、「フレンチスタイルジュイ」

 

明日8月10日正午から9月2日10時まで夏期休業に入らせて頂きますので

 

この間のご注文受付もお休みさせて頂きます。

 

フランス本社に在庫のある生地やブレード類のご注文受付は既に終了していて

 

明日正午までは、日本に在庫のあるタッセルや小物類などのみの

 

ご注文受付を承っています。

 

ですので、現在から9月2日までに、トワルドジュイの生地を購入頂けるのは、

 

東京Bunkamuraのピーターラビット展内のみになっております。

 

 

 

 

そしてもう一つのご案内は、

 

今週発売された「コットンフレンド」2016年秋号の87ページからの

 

「世界のファブリックブランド特集=世界の布をめぐる旅」内にて

 

トワルドジュイが紹介されていますひらめき電球

 

 

このトワルドジュイの紹介ページの内容作成には

 

「フレンチスタイルジュイ」が協力させて頂きましたベル


 

「フレンチスタイルジュイ」提供のトワルドジュイ生地を使って

 

コットンフレンドさんのクリエーターさんが作られた

 

クッションも掲載されていますよ音譜

 

 

トワルドジュイの他にもフランスやヨーロッパのプリント生地が

 

いくつか紹介されていますので、興味のある方は

 

「コットンフレンド」2016年秋号を見られてみて下さいね(o^-')b

 

 



メルスィー・プール・ヴォートル・ヴィジット
Merci pour votre visite.
ご訪問ありがとうございました。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年07月27日(水)

お手軽♪トワルドジュイの夏用日替わりバッグ

テーマ:トワルドジュイとファッション

 


ボンジュールBonjour♪


フランス南西部在住、

トワルドジュイコーディネーター、アコ・シャルロです(*^ー^)ノ

 


現在、CHARLES de GAULLE シャルル・ド・ゴール空港にて、

 

フライトの待ち時間に記事を書いています。

 

ちなみに、フランスでは、シャルル・ド・ゴール空港のことを手短かに、

 

ROISSY ロワッシー と呼ぶ人も多いですひらめき電球

 

私もシャルル・ド・ゴールよりも簡単に言えるのでロワッシーを使います。

 

 

なぜに空港に居るかというと、

 

本日26日の夜の便で、日本に一時帰国するからですウインク

 

この記事は予約投稿しているので、

 

記事がアップされた頃は実家でくつろいでいる頃でしょう。

 

 

2年ぶりの日本ラブラブ

 

2週間先に日本入りしている夫くんと子供たちは

 

日本の夏を満喫しているようです音譜

 

普段、お昼寝をすることのない10歳の長男も

 

お昼寝するほど遊んでいるそうです。

 

日本の暑さもお昼寝の要因かもしれませんね〜。

 

フランスのお隣の国、スペインでは、夏の暑さをしのぐために

 

長〜い昼休みを取るようですが、そんな感覚なのかもしれません(・∀・)

 

 

この日本帰国に向けて、先日の記事でご紹介した

 

夏の日替わりバッグ用の巾着を作り

 

現在、もちろん、持参しております。

 

 

そこで今日は、出来上がった巾着&バッグの写真をご紹介しますね。

 

こちらは巾着をつけてない状態のバッグ⬇

日替わりトワルドジュイバッグ

 

日替わりトワルドジュイバッグ

 

 

そして、最初に選んだのは、赤色の復刻版トワルドジュイ⬇

日替わりトワルドジュイバッグ

復刻版tdj四季の喜び(トワル、白ベース赤)​
 

日替わりトワルドジュイバッグ

 

日替わりトワルドジュイバッグ

 

日替わりトワルドジュイバッグ

 

日替わりトワルドジュイバッグ

 

日本旅行に持って行く洋服に赤色があること、

 

赤でも合いそうな洋服が他にもあったので、まずはこの色を選びました。

 

 

わかりにくいですが、マチの部分には花柄の別の生地を使っています⬇

 

日替わりトワルドジュイバッグ

 

使っているのは、マドゥヴァンのアリスの大柄のほうです。

(写真&商品欄がないので、夏休み明け9月くらいに

「フレンチスタイルジュイ」に商品アップの予定。)

 

現在ショップ上にあるのは小柄のほう⬇

アリス(白ベース赤・デッサン小)

 

 

今日使っているのもこちらの赤です。

 

 

 

そして、夏と言えば、やっぱりブルー。

 

持参の洋服にもブルー系が含まれているので、

 

もう一色はブルーを選びました。

 

私が夏のものを作るときに、頻繁に利用するこちらのトワルドジュイ⬇

日替わりトワルドジュイバッグ

水の物語(白ベースブルー) 

 

いつも他の生地も色々と見てみるのですが

 

結局落ち着くのがこの生地だったりします。

 

日替わりトワルドジュイバッグ

 

日替わりトワルドジュイバッグ

 

 

そして、夏らしいマリーンブルーのストライプと

 

前後でリバーシブルにしてみました。

日替わりトワルドジュイバッグ

マノン(マリーンブルー)色番72​

 

日替わりトワルドジュイバッグ

 

日替わりトワルドジュイバッグ

 

このストライプは、いかにも夏!というイメージで

 

海に持って行きたいですね。

 

日替わりトワルドジュイバッグ

 

日替わりトワルドジュイバッグ

 

 

2年前の一時帰国では、

 

お気に入りのトワルドジュイ生地でオーダーメイドで作ってもらった

 

トワルドジュイのケリー風バッグを持ち歩くことも多かったですが

 

今回は、子供たちと行動することがほとんどなので

 

こういうカジュアルバッグを使うことにしました。

 

今回はケリー風バッグはフランスでお留守番です。

 

(ちょっと蓋の取っ手部分の修理が必要なので、

 

作って頂いたショップRionさんに修理してもらうため、蓋だけ持参)

 

 

 

今年は、この日替わりカジュアルバッグと共に、

 

日本の夏を楽しみます音譜

 

 


メルスィー・プール・ヴォートル・ヴィジット
Merci pour votre visite.
ご訪問ありがとうございました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月20日(水)

涼しさを演出☆フランスの素敵な麻生地

テーマ:フランス生地と色

 


ボンジュールBonjour♪


フランス南西部在住、

トワルドジュイコーディネーター、アコ・シャルロです(*^ー^)ノ



フランス南西部は、この数日猛暑で、とても暑いです晴れ
 

(今朝は雨が降ったので少し涼しくなりました。)

 

 

フランスの家は石やコンクリート造りが多いからなのか、

 

外の熱を遮断するので、こういう猛暑のときは、

 

窓を締め切って、更にカーテンや雨戸を閉めておけば

 

家の中は比較的、涼しく過ごせます。

 

 

私は冷えやすい体質なので、フランスの家の中で過ごす分には

 

扇風機とか冷房とか必要ないことが多いですが、

 

このところ、ちょっと扇風機をかけたいかも〜と思う程暑かったです。

 

来週には、日本入りしますが、きっともっと暑いのでしょうね〜ヽ(*'0'*)ツ

 

 

 

今日は、暑さ対策として、

 

インテリアに使うと涼しい雰囲気も演出できる

 

ランlin(麻)の生地をご紹介しますひらめき電球

 

 

以前の記事でも書いたことがありますが

 

麻の生地は、私はフランスに来てから好きになりました。

 

フランスのお家では、麻地を使ったインテリアをよく目にします。

 

主張しすぎない色合いやナチュラルな雰囲気が、

 

自然体で生きている人が多い

 

フランスの人たちの好みに合うのかもしれませんねウインク

 

 

 

麻の生地は、季節を問わず活用出来る生地ですが

 

夏は涼しさも演出してくれます音譜

 

カーテンにするのはもちろん、クッションカバーに使ったり

 

その他、インテリア小物に使うだけでも涼しげな雰囲気になります。

 

特に夏場はブルーのデザインが施されているものは、より涼しげですよねグッド!

 

 

まずは、コットンに麻が20%混じった天使柄のトワルドジュイ⬇

布:天使セラファン(ブルー、麻) 

 

フランスインテリアファブリックメーカー、テヴノンThevenon社のもので

 

長年人気のあるトワルドジュイ生地です。

 

天使とバラの組み合わせが、女心をくすぐりますラブラブ

 

(この生地のまがい物っぽいものを見かけたことがありますが

 

やはり本場フランスのものとは質も見た目も断然劣ってました・・・。)

 

 

 

次に、ブルーの麻地100%のトワルドジュイ生地⬇

布:ロシュランベール(紺) 

 

こちらはフランスインテリアファブリックメーカー、ストフStof社のもの。

 

紺地に赤のアクセントが目を引きますが、

 

麻地の風合いが軽やかな印象を与えますひらめき電球

 

 

 

そして最後に、コットン100%の生地なのに

 

麻のような風合いのシャンブレー織りのトワルドジュイ⬇

 

布:メラニー(シャンブレーブルー)

 

フランスメーカー、マドゥヴァンMas d'Ousvan社のもの。

 

マドゥヴァン社の「マドゥヴァン」の生地は先日すべて廃盤が決定しました。

 

この独特のシャンブレー織りのトワルドジュイを手に出来るのも

 

残り僅かだと思うと残念ですね・・・。

 

マドゥヴァンの生地は、インテリアファブリックよりも

 

パッチワークなどの生地と同じくらいの薄い生地なので

 

お洋服やパジャマなどを作るのにも適してますひらめき電球

 

 

 

ブルー以外のデザインでも涼しげな雰囲気になるものは多いので、

 

フランス・ヨーロッパの他の麻生地も見られてみてくださいね⬇

http://www.fsjouy.com/product-group/87?available=1

 

 

 

皆さんも麻生地を活用して、

 

フランス流の涼しさを演出してみられてはいかがでしょうかはてなマーク

 

 


メルスィー・プール・ヴォートル・ヴィジット
Merci pour votre visite.

ご訪問ありがとうございました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>