フランス発 トワルドジュイのある暮らし -好きを生きる-

大好きなトワル・ド・ジュイ Toile de Jouy の魅力を広めるためにフランスで起業。
好き・やりたいことに集中することは、使命を生きることに繋がる。
使命を生きるということは、至福に満ちた人生を送ることである。

「トワル・ド・ジュイが好き!」

フランスの最後の女王マリー・アントワネットも愛した

トワル・ド・ジュイ Toile de Jouy。

トワル・ド・ジュイとは、欧米の富裕層を中心として人気があった

フランスの伝統的なデザインで、現在では、

フランスのエレガントでロマンティックな雰囲気が好きな

世界中の女性たちを夢中にさせています



フランス生活の中で出会い、恋に落ちたトワル・ド・ジュイ。

*トワルドジュイについてもっと詳しく知りたい方は、
こちらの記事を読んでみて下さいね→トワルドジュイToile de Jouyとは?


トワル・ド・ジュイのある暮らしを楽しむだけに飽き足らず

好きが高じて、2008年10月にフランスにて起業し、オンラインショップ

「フレンチスタイルジュイ French Style Jouy」を運営するまでに。



自分の「好き」を追求しながら、人生の使命への道を歩んでいます。


NEW !
テーマ:

 


ボンジュールBonjour♪


フランス南西部在住、

トワルドジュイコーディネーター、竹内 彩子です(*^ー^)ノ



このところ、フランス南西部は寒くなっていて

 

昨日の朝はマイナス4度だったようです雪の結晶


昨年末に

 

「パリオートクチュールコレクション衣装制作の舞台裏」⬇

http://ameblo.jp/rubis22112007/entry-12232614505.html

という記事で、フランスのテレビ番組をご紹介したのですが

 

この記事中にリンクを貼っていたフランス5のテレビ局サイトでは

 

日本からは見られないということを教えてもらいました。

 

それで、他で探したところ、

 

Youtubeにこの番組の全内容が上がっていたので、

 

上記年末記事にリンクを追加しました。

 

興味持たれてた方はぜひYoutubeでご覧くださいね。

 

Youtubeで直接、

 

「Les trésors de la haute couture」で検索しても出てくると思いますひらめき電球

 

 

このオートクチュールの番組は、ノエルNoel(クリスマス)に

 

夫の両親宅に滞在したときに見たのですが、

 

同じときに義両親宅で読んだ雑誌に、

 

約65%のフランスの人たちが、クリスマスに香水を贈ったことがある

 

という調査結果が載っていました。

 

小さめの町でさえも香水専門店がありますし、

 

匂いに敏感な人が多い国なので、

 

すごく頷ける結果だな〜と思いました。

 

60代後半になる義両親も毎年夫婦お互いに香水を贈り合いますし

 

私もクリスマスには香水をもらいます。

 

 

そんな香水の国、フランスにちなんで、

 

今日は、香水に関連したデザインのヨーロッパ生地&ワッペンを

 

ご紹介しようと思います音譜

 

 

香水瓶と女性のデザインがフェミニンなジャカード織り生地⬇

パルファン・コローニュ(ジャカード, グレイ)

 

 

ジャンポール・ゴルチエなどの有名どころの

香水瓶風デザインが施されたジャカード織り生地⬇

パフュームリー(ジャカード、香水、ベージュベース、水色・ピンク・イエロー)

 

 

クラシカルな香水瓶ラベルがデザインされたゴブラン織り生地⬇

ゴブラン織り香水ラベル

 

 

香水瓶ラベルと優しい花のデザインが施されたプリント生地⬇

香水・花(ピンク)

 

 

ゲルランGuerlain(ゲラン)の香水

ラ・プティット・ローブ・ノワールLa petite robe noir

にインスピレーションを得てデザインされたと思われる生地⬇

プチ・ローブ・ド・パリ生地一覧

 

 

最後に、フランスメーカー、ラ・ステファノワーズの

おしゃれな香水瓶の形をしたワッペン8種類⬇

香水瓶型のワッペン一覧



香水瓶そのものであったり、ラベルであったり、イメージであったり、

 

これぞフランス!というデザインなので、

 

フランスのイメージを出したいときに使うのにも最適ですねウインク

 




メルスィー・プール・ヴォートル・ヴィジット
Merci pour votre visite.
ご訪問ありがとうございました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 


ボンジュールBonjour♪


フランス南西部在住、

トワルドジュイコーディネーター、竹内 彩子です(*^ー^)ノ



今年に入って初めての記事ですね。

 

2017年もよろしくお願いしますニコニコ

 

 

私は、大晦日もお正月も、自宅で家族とのんびり過ごしましたカメ

 

日本大好きなフランス人の夫が、数ヶ月前に、

 

日本のテレビ番組がリアルタイムで観られるものに契約したので

 

大晦日はリアルタイムのゆく年くる年で

 

日本の年越し(フランス時間は31日16時)を見ましたよ目

 

 

フランスは1月1日だけが祝日なので

 

2日からは日常に戻り(祝日が日曜日に重なっても振替休日はないので)

 

3日からは学校も始まりました。

 

 

フランスのお正月はクリスマスのおまけみたいな感じなので

 

毎年、年が明けた気があまりしないのですが

 

仕事を始めると、取引先から新年の新カタログや新料金表が来るので

 

新年になったなと感じるこの頃です(・∀・)/

 

 

新しいカタログが出ると同時に、廃盤になる商品も出てくるのですが、

 

今回、フランスインテリアファブリックメーカー

 

テヴノン(Thevenon)社の生地で、

 

意外な生地が廃盤になったので、

 

今日は、この生地のことをご紹介しようと思いますビックリマーク

 

 

 

今回、廃盤になった意外な生地というのは、

 

トワルドジュイ風花柄ペルゼポリスのピンクベース

 

ペルゼポリス(ピンクベース)

 

 

このペルゼポリスは、長年人気のあるデザインで、

 

これまで、新色や廃盤色も出ていましたが、

 

このピンクベースの色は、

 

おそらくこの柄が出たと同時に出された色で

 

私が「フレンチスタイルジュイ」を始めた以前からあるので

 

8年よりも前から存在する色です。

 

 

デザインも人気ですが、この色は長年残っているだけあって、

 

ペルゼポリスの中でも特に人気のある色でもありますひらめき電球

 

 

佐藤由美子さんのこちらの本⬇の表紙の作品にも使われています。

 

カルトナージュ おしゃれな布箱

 

 

そんな定番の人気色が廃盤になるなんて・・・

 

どんなに人気のものでも

 

永続的に存続する商品はないということを今回改めて実感したのでしたパー

 

 

幸いにも、「フレンチスタイルジュイ」では、

 

この廃盤のピンクベースの在庫を多めに持っているので、

 

今のところ、まだ、ご提供可能です⬇

 

廃盤布:ペルゼポリス(ピンクベース)

 

廃盤はぎれ70x50:ペルゼポリス(ピンクベース)

 

 

 

ペルゼポリスのデザイン自体が廃盤になったわけでなく

 

この一色のみが廃盤になりましたが、

 

今回、新しい色が追加されたわけではないので、

 

今後ペルゼポリスのデザイン自体がなくなってしまうこともあり得るかも。

 

 

ちなみに、現行品として残った色は、こちらの2色⬇

ペルゼポリス(生成りベースピンク)

 

 

ペルゼポリス(ブルー・グリーン)

 


華やかなペルシャ風の花のデザインに加え

 

フランスらしい美しい色合いの生地なので

 

ポーチなどの小物だったり

 

インテリアの一部にちょっと使うだけでも、目を惹く生地アップ

 

クッションカバー:テヴノン ペルゼポリス(ピンクベース)

 

完全に廃盤にならないことを願っています。



このペルゼポリス(ピンクベース)の他にも

 

残念だな〜と思った廃盤品もあり、

 

少し在庫が残っているものもありますので、

 

下のページで廃盤品を確認してみてくださいね⬇

 

廃盤品一覧ページ

http://www.fsjouy.com/product-group/90




メルスィー・プール・ヴォートル・ヴィジット
Merci pour votre visite.
ご訪問ありがとうございました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 


ボンジュールBonjour♪


フランス南西部在住、

トワルドジュイコーディネーター、竹内 彩子です(*^ー^)ノ

 

 

先週末のノエルNoel(クリスマス)は

 

いつものようにロワール川沿いにある義両親宅で

 

美味しいお料理を堪能しながら過ごしました音譜

 

 

義両親宅に滞在すると

 

自宅ではめったに見ないテレビを見る機会が多いのですが


今回の滞在中にパリ、オートクチュールに関する

 

興味深い番組を見たので

 

今日はそれを皆さんにもシェアしようと思いますニコニコ

 

 

 

 

 

 

シャネルChanel、イヴ・サンローランYves Saint Laurent、

 

クリスチャン・ディオールChristian Diorなど、

 

フランスオートクチュールhaute coutureコレクションの

 

舞台でお披露目される衣装たち。

 

これらの衣装を作る過程に焦点を当てた番組で、

 

何百年も前から使われている技法を使った手刺繍を施している様子、

(全体的に刺繍に焦点があたってますが、最初の30分くらいは特に重点的です)

 

羽根や花などのモチーフ、靴を作っているアトリエの様子、

 

何百時間もかけて出来上がった衣装、

 

過去の素晴らしい衣装などが紹介されていますひらめき電球

 

(シャネル関連の内容が多めです。)
 

 

こちら⬇のFrance 5(フランスのテレビチャンネル)のリンク先で

 

12月31日まで、この番組の全内容動画(1時間35分)が配信されていますが、

 

日本・フランス国外からも見られるかどうかはわかりません。

 

http://www.france5.fr/emission/les-tresors-de-la-haute-couture/diffusion-du-25-12-2016-17h30

 

*1月12日にも再放送されるようなので、

1月12日以降に再度、France 5のサイトで1週間程見られるかもしれません。

 

 

Youtubeに上がっていたので、こちらで見られます⬇(2017年1月17日追記)

 

 

さすがモード本場フランスの職人技なだけあって

 

すべてが芸術作品ですアップ

 

フランス語がわからなくても映像で見て頂けるだけでも

 

楽しめると思うので、興味ある方は、ぜひ、見てみてくださいねビックリマーク

 

フランス語の勉強をされている方は、

 

動画画面にカーソルを合わせたときに

 

右下のほうに出るアイコンをクリックして

 

francaisを選ぶとフランス語字幕が現れます。

 

 

最初の刺繍に焦点が当たっているところで

 

下記内容のようなお話をされていて、すごく納得しました。

 

映像で出てくる刺繍を見ていると、本当に、ただ手先が器用だ

 

ということだけでは出来ないような芸術の域の作品ばかりでしたからね宝石紫

 

La broderie n'est pas un metier, c'est une passion.

Le supplement d'ame est obligatoire, parce que la broderie, ce n'est pas juste 3 perles posees comme ca.

C'est une broderie qui est faite avec le coeur et la main.

Quelqu'un qui regarde de pres la broderie ressent cette emotion.

La broderie, c'est de l'emotion.

 

<私なりの日本語訳>

刺繍は、単なる仕事ではなく、情熱だ。

高い精神性(情熱、心)が必須だ。なぜなら、刺繍は、3つのビーズをこんな風に置くだけという単純なことではないから。

刺繍は、心と手を使って作られている。

その刺繍を間近で見た人はそれに感情を感じるだろう。

刺繍は感情なのだ。


 

 

以下、いくつか、私が興味を持った場面を時間と共に書き出しておきます。

 

 

10:00 おそらく日本人だと思われるディオールの刺繍職人

Tomomiさんという方が刺繍している様子

 

28:40 イヴ・サン・ローランの1988年のコレクション、

ゴッホの絵画ひまわり、アイリスをイメージしたジャケット

 

39:30 今回初めてテレビカメラに映されることが許可された

シャネルの秘蔵品倉庫や秘蔵品

 

47:00 シャネル衣装に使われているシルクの椿モチーフが作られる過程

 

56:22 ディオールのショー前日の様子

 

57:17 マサロMassaroの靴のアトリエ

 

1:04:50 1200時間かけて作られた淡いピンク色のシャネルの衣装

 

1:10:50 シャネルのショーが始まる数分前の舞台裏

 

1:15:27 ディオールのプリーツスカートとプリーツが作られる過程

 

1:22:04 スキャパレリSchiaparelliの2016年の

陶器が縫い込まれているドレスと陶芸家のアトリエ

 

1:28:14 セメントが施されたシャネルのドレス

 

 


メルスィー・プール・ヴォートル・ヴィジット
Merci pour votre visite.
ご訪問ありがとうございました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)