3歳男児が三重大病院で受けた手術後に低酸素脳症になり、4年半後に死亡したのは手術中に医師が適切な処置をしなかったのが原因として、両親が三重大に約1億2600万円の損害賠償を求めた訴訟で、津地裁(堀内照美裁判長)は28日、医師の過失を認め、約5900万円の賠償を命じた。

 判決理由で堀内裁判長は「手術中、血液の酸素濃度は安全値を下回っていたが、医師は冷却して体温を下げるなどの措置を怠った。そのため脳に酸素が不足し、低酸素脳症になった」と述べた。

 判決によると、男児は平成11年11月、三重大病院で肺動脈血管のねじれを治す手術を受けた。手術は成功したが、血液中の酸素濃度が安全値を下回っていたのに、自らの血液を薄めて使う体外循環が約2時間続けられたため、その後意識障害が表れ低酸素脳症となった。男児は16年5月、低酸素脳症が引き起こした肺炎で7歳で死亡した。

 三重大病院は「判決内容を読んだ上で対応を検討したい」としている。

【関連記事】
病院に7600万円賠償命令 手術後の安全管理不十分
県立病院の手術ミスで香川県に4千万賠償命令
心臓手術の医療ミス認定 病院側に7千万円賠償命令
芦原病院訴訟で大阪市に1億円賠償命令
患者死亡で病院の過失認定 愛知・小牧市に6千万賠償命令

「政治とカネ」解明に全力=自民全国幹事長会議-谷垣総裁(時事通信)
留学生 長期の外国人生徒数、初の減少 08年度(毎日新聞)
看護師殺人未遂が時効=私的懸賞金も、有力情報なく-大阪府警(時事通信)
<JR阪和線>踏切の遮断棒折れ、5万人に影響(毎日新聞)
国の借金、最大の973兆円に=国民1人当たり763万円-10年度末見込み(時事通信)
AD