空と、風と、飛行機と。

2013年から始めたハンドランチグライダー(HLG)。ヘタレ初心者なりの奮闘をつづります。


テーマ:
明日は春の旭大会。
早朝出勤の予定ですが、
GPVの予報だと5m/s以上の
強風になりそう。
90秒MAXの5R制になるという
説があるのですが、
どれだけ流されるのでしょう?
5投で終わる可能性は0に近いので、
回収体力勝負になりそうですね。
修理した4番出番もあるかも?

フライオフはなさそうですが、
さてさて無事に機体を
持って帰れるでしょうか?

まだ自転車もイスも
車に積んでいないので、
帰ったら準備しなくっちゃ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、樹着から回収した機体。
雨の日、風の日もありましたが、
よくぞこの程度のダメージで済みました。









多少の傷や凹みは仕方がないので、
欠けてしまった部分だけ、
別のバルサを接いで直します。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

金曜日は部下の送別会で飲み会。

そんなにたくさん飲んだわけではなかったのですが、

それでも土曜の朝はノンビリ、重役出勤でグリーンパークへ。

組みあがったばかりのB-野球投げ機にデサをつけて、

重りを乗せて重心を大まかに合わせます。

なかなか思った飛びにならず、

I村大師匠からは、「苦戦しとるなーっ」と一言。

東からの風で工事中の方向へ飛んでいってしまい、

なかなか思うように調整がはかどりません。

それでも最後にはマズマズの飛びになりました。

多少の風があっても、I村大師匠の飛行機は、

こともなげに飛んでいきます。

この飛び姿に憧れて、

バルサHLGを始めたんですよね。

土曜日は、一度帰宅したあと、

電車とバスを乗り継いで隣町まで繰り出します。

で、グリーンパークの大家の方々とお食事。

美味しいお酒と肴をたくさんに頂きました。

まるまる1日、楽しい日になりました。

みなさま、ありがとうございました。

 

日曜日も朝からグリーンパークへ。

この日は紙飛行機の二宮杯の予選。

私は最近、紙飛行機を全然やっていないので、

冷やかしを兼ねて応援に回ります。

土曜日に調整したばかりの

B-野球投げ機を飛ばすのですが、

前日、投げ過ぎたのか、肩と肘が重くて痛いこと。

全く満足に投げられません。

終いには無理して力んでしまい、

引っ掛けて地面に叩きつけてしまいました。

胴体がデサのヒンジの部分からポッキリ。

あぁ、せっかくソコソコ飛ぶようになっていたのに。

 

そのあとは肩が回復しないので、

古いB-SAL機を飛ばします。

こちらは重い機体なので、気持ちよく上がります。

ただ、その分、あっという間に降りてきてしまいますね。

風が吹くとスパイラル癖が顔を出すので、

来週の旭大会では使えるかどうか微妙ですね。

 

朝のうちは良かったコンディションも、

時間が経つにつれて風が強く吹いてきました。

予選会は大荒れの模様で参加者の皆様は、

お気の毒な状況になってしまいました。

S井会長のリリース直後。

主翼が捻れて大きく変形しています。

紙で剛性を出すのは大変ですね。

 

土曜の夕方はMGさんのお宅にお邪魔して、

家族ぐるみのご飯会。

MGさんお手製の餃子と小籠包を美味しく頂きました。

この日も楽しい時間を過ごさせて頂きました。

MGさんの製作途中の主翼の

スタイロ・コアを見せて頂いたのですが、

手が込んでいて繊細。

それなら100秒飛んでも納得です。

ちょっとインスピレーションの芽が出そうな気がします。

みなさま、ありがとうございました。

 

日曜日は風が強いのを覚悟の上で吉見へGo!

日の出の時刻からは20分ほど遅刻ですが、

迷わず北側の鉄塔下へ。

すると例の木のそばの地面に、

レモンイエローのカラーリングが眼に入ります。

急いで近づくとありました!!

先週のランチャーズ記録会で

木に引っかかってしまった4番機。

しかし、拾い上げてみると、

主翼だけで胴体がありません。

どうやら風で揺らされているうちに、

ヒンジのビスが抜けてしまったようです。

胴体と尾翼を探して周囲を見回しますが、

どうにも見つかりません。

で、ふッと上を見上げると、ありました!!

主翼が外れたあと、

尾翼が枝に引っかかってしまったようです。

ですが、引っかかっている場所は、

最初の場所からはだいぶ降りた枝。

7~8mくらいの高さだったので、

竿1本で回収できました。

いや~嬉しい!!

主翼には傷や凹み、

欠けてしまった後縁部分がありましたが、

十分修理可能な範囲。

何度か投げてみましたが、

少し尾翼をいじっただけで、

十分飛んでくれるようになりました。

欠けてしまった部分に接ぎをして修理しましょう。

 

その後、風があったのですが、

尾翼を修理した2番機と3番機を調整。

2番機はほんのちょっとラダーを戻して、

水平にツイストを入れたら元の飛びに戻りました。

3番機は3mmのバルサを使ったため、

少し水平尾翼が重くなってしまったので、

機首重りを足さなければなりませんでしたが、

また安定した飛びを取り戻してくれました。

しかし、2番機も1番機と同じく、

カテ4から屋外にコンバートした機体なので、

少し風が吹くと途端に落ち着きをなくして、

スパイラルに入りそうになります。

こうなってくると、1・2番機は無風~微風用、

3・4・5番機は風の日用と使い分けていく必要がありそうです。

来週の旭大会が心配だなぁ。

 

この日は、風が吹いていたこともあって、

8時過ぎには撤収。

2時間ほどでしたが、良い練習になりました。

帰宅後は家族とメットライフドーム(西武ドーム)へ。

西武ライオンズのオープン戦を観に行きました。

凡戦でしたが、勝ったので良しとしましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日曜日はランチャーズ記録会3月に参加してきました。

2月は家族サービスで欠席でしたので、2か月振りです。

朝、広場に着くと既にいつもの面々が到着しています。

朝焼けのMGさん。

日の出前からバシバシ投げまくっています。

しかし、この日にMGさんは、お子さんの行事で早退。

記録会は欠席でした。

無風のときは100秒overを何回も出していたそうなので、

残念ですね。

 

さて、車を降りると思いの外寒かったのですが、風は無風~微風。

早速、準備を始めます。

まずは1番機。

まだ身体が暖まっていないので、高さは出ていませんが、

さすがに1番機の飛びをするので、壊れないうちにしまいます。

 

次は2番機。

こちらも先週、調整をしてあったので、

すぐにソコソコの飛びをしてくれます。

リンレイALLでツルピ化したので、気持ち高くなった気がします。

記録会には、この2番機で出ようかな?

と、思っている矢先に悲劇が待っています。

拾い上げた機体の垂直尾翼が破損。

鈴鹿で壊して、瞬間で直してあったのですが、

瞬間で直したすぐ横からまたもや折れてしまいました。

その頃から北風が2m/s程になってきて、

発航場所を北側の鉄塔下に移動します。

 

 

2番機が破損して、仕方がないので、旧1番機である現3番機。

この機体は18%もの上反角がついているので、

頂点での返りと安定感は抜群です。

で、こちらもわずかな調整で臨戦態勢に。

久々に3番機で記録で記録会に臨もうと思っている矢先に、

またもや悲劇が待ち構えていました。

今度は水平尾翼が折れてしまいました。

やはりこの水平尾翼も以前、木に引っ掛けて壊れて、

瞬間で直してあったものでした。

よりによってこのタイミングで壊れるとは。

両機とも家に持ち帰って尾翼を交換して直すことにします。

 

そうなるともう、鈴鹿で飛ばした4番機の出番です。

記録会まで時間がなく、普段からよく飛ばしているのでブッツケ本番です。

今月の記録会も60秒MAX,10-5、内1投はスーパーMAX120秒で、

スーパーMAXを宣言したときのタイムは必ず採用されます。

1投目、記録会開始早々に分かりやすいサーマルが来て、

ゆうゆうMAXをゲット。

スーパーMAXにしておけばよかったと公開しきり。

2投目、風向きが東に変わっていて、北側の発行位置からではちょっと投げ難い。

HRAさんから、「オイ、いつもの木に入れるなよ!!」なんて言われるものだから、

案の定、西側の高い木の方向へ。

そして悪いことに20m以上ありそうな高い場所にバサリ。

2本、竿をつなげても届く高さではありません。

ついでに枝が込みあっていて、少々の風では落ちてきそうにもありません。

仕方なく、この日の回収は断念。

次の週末にでも見に行きましょう。

 

ここからは1番機を出すしかありません。

しかし、朝とは打って変わって、この1番機の調子が良くありません。

高く上がって、安定して飛んでいると思っても、

突然失速して急降下、さらにそこからスパイラルに入ってしまいます。

3投目、4投目は完璧に投げられたにもかかわらず、

このパターンにはまってしまい60秒にわずかに届かず、55秒と54秒。

5投目にようやく2つ目のMAXが取れますが、

6投目はやはり同じパターンで、57秒。

そんなこんなしながら、4MAXとるのに、実に9投を要してしまいました。

しかし、それでも残す1投はスーパーMAX。

このとき既にONYACANさんとN中さんが余裕で4MAXを記録していました。

さらにその後、A澤怪鳥と、なんとHRAさんが4MAX。

実質的に120秒のフライオフですね。

 

最後に残したスーパーMAX、最初に投げたのはA澤怪鳥。

離れた場所から見ていたのですが、120秒には届いていない様子。

次に投げたのはHRAさん。

しかし、上昇気流はまったくなく、120秒には遠く及ばず。

次のN中さんは、完璧にサーマルを捕らえて120秒over。

相変わらずの勝負勘というか、サーマル読みです。

私が少し先に投げて、最後はONYACANさん。

私の機体は頂点で漕いでしまい、大きく高度ロス。

さらにその後もスパイラルに入りそうになりながら落ち着きません。

低いところでサーマルの助けがあったものの、焼け石に水で66秒。

撃沈です。

その頃、ONYACANさんの機体ははるか高高度へ。

これは回収できないのではないかと思ったら、

もの凄い高さでデサが開き、場内で無事回収。

お見事でした。

 

そんな訳でフライオフはN中さんとONYACANさんのお二人。

いつものようにHRAさんの号令で一斉発航です。

タイミングの違いでわずかにONYACANさんが先に投げます。

発航場所から数十m離れた場所で、2機はほぼ同じ辺りを飛んでいます。

そこには小さいサーマルがあるようで、2機とも入っているようで入りきれない様子。

気流のいたずらで、空中で2機は一進一退の大接戦。

何度も逆転、再逆転を繰り返して、最後にN中さんに軍配が上がりました。

フライオフのタイムは113秒だそうです。おめでとうございます!

 

記録会後の練習。

やまめさんが投げているのは中0さんの機体なのですが、

初めて作った大型SAL機とは思えない飛びをしていました。

いやー、さすがですね。

そして、このやまめさんのフォームですが、

前傾が保たれた体軸から、腕と機体が一直線になるトップ。

回転するしないの違いこそあれ、理想のトップですね。

 

1番機の不調の原因が分からず、やまめさんにお聞きしました。

すると、垂直尾翼が大きいので、旋回しづらいために、

耐え切れず失速しているのだとか。

垂直尾翼が小さければ機首を振れて旋回に入れるのに。

ちょっとした気流でこの癖が出てしまうようなのですが、

今の私の投げと設計では仕方ないと諦めるしかありません。

この1番機は、無風~微風専用とするしかないですね。

 

さて、家に帰ってから壊れた2機の尾翼を交換。

さらに作りかけだったB-野球投げ機を組み立てて塗装。

あとはデサの仕掛けと、重心を合わせて完成です。

あと、返りの悪かったB-野球投げ機を改造。

機首の下側にヒノキを足して頭下げに。

返りの改善に効いてくれるといいな。

 

WBCが面白くて、なかなかブログを更新する暇がありません。

困ったものです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は風が強かったので、家でノンビリ。
翼型に削ってほったらかしに
なっていたBサイズ翼が、
2枚ほどあったので、
上反角をつけました。
で、それだけ。
胴体つけたり、デサつけたりはまた今度。







明日はランチャーズ記録会。
先月は欠席してしまったので、
たくさん飛ばして取り返すくらい
楽しまなければ。
風が弱いといいな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。