内閣府は15日、日本経済全体の需要と供給の差を示す「需給ギャップ」が、2009年10~12月期の国内総生産(GDP)改定値から推計するとマイナス6.4%になったと発表した。金額に換算すると、年間で約30兆円の需要不足に陥っていることを意味する。
 過去最大だった1~3月期のマイナス8.0%、年40兆円に比べると改善したものの、物価下落を招きデフレへの圧力となる需要不足は依然として高水準だ。 

【関連ニュース】
新型オペ増額を軸に討議=16日から日銀政策決定会合
デフレ脱却、ものづくり重視を=成長戦略で民主小沢氏に要望
景気判断、上方修正へ=月例報告で8カ月ぶり
内需戻っていない=10~12月GDPで
科学技術予算に重点=菅財務相

清水氏、みんなの党で出馬(産経新聞)
ドラマ撮影現場でAKB48の小道具盗む 高校生ら3人逮捕(産経新聞)
“15の春” 1万9000人巣立つ 大阪市立中学で卒業式(産経新聞)
両陛下、愛子さまに気遣い…関係児童にも配慮(読売新聞)
首相、政治の信頼回復後に消費税論議 増税なら社会保障目的税 参院予算委で(産経新聞)
AD