12年ぶりに新しく開発された



国産ロケット「イプシロン」が


今日打ち上げられ、



見事に衛星を軌道に乗せました。



おめでとう、良かったですね。



先月、直前の打ち上げ中止から



今度は大丈夫かなあ~、



絶対成功してほしいと、



強く思いながら



今日の打ち上げを



心待ちにしていました。




世界での衛星打ち上げ事業は



熾烈な戦いが繰り広げられているそうです。



我が国も競争に戦い抜き、


事業のみならず



地球的規模の環境変化の糸口発見、解明に



力を尽くして頂ければと思います。



東京オリンピック開催決定、



イプシロン打ち上げ成功と



明るい事が続きます。



明るい未来に向かって



前進して行きましょう。

AD

奈良漬けの新漬けを


買いに行ってきました。


9月になったら出てくるだろうと



勝手に思い込んでいたので、危ない所でした。



8月から販売されており、



既に売れ切れの店舗もあり、


大もとのお店にまで出かけて行きました。



新漬けはしろうりを



酒粕だけで漬けこまれた物です。



若い、べっ甲色できりりと辛口で、


カリカリと歯触りのよい



若武者の様なすがすがしさが



食卓一杯に広がります。


短い季節の物です。



奈良の秋口の楽しみの一つでしょうか。

AD

ここのところ、台風の影響でもあるのでしょうか。



奈良は夜のなると、


それまでの空気が入れ替わったかのように、


暑さがおさまり、


夜中には涼しさが


出てくるようになりました。



とはいえ、


日中は今まで通りの暑さなのですが。





私もお昼にはちょくちょく


レストランのランチなどに


お世話になるのですが、


お店の方の対応は様々です。


例えば、


お冷が欲しいな~と思っていると


「お冷をお注ぎ致します」


と人の心を読んだように


つかさずサービスしてくれるお店もあり




頼もうとしていてもこっちを見ていない。


手をあげても気づいてくれない。


少々イライラのつのるお店もあります。


「お客様が何を望んでいられるだろうか。


一歩先を読むように考えて


サービスをするよう考えています」と


和食のお店の女将さんが


話してくれた事を思い出しました。


私も忙しくて仕事に追われている時などは


目の前のことをこなして行くのに精一杯となり



先を読み、


一歩先を、


もう一歩先を


考えると言う余裕をなかなか持てていません。


日頃からもう一歩先を考えることを常とし


依頼者様の一段の満足感と充実感に


資するよう業務に励んで行きたいと思います。

AD

定家百首 藤原定家 和歌

テーマ:

東京の古本屋さんのHPを調べ、


塚本邦雄著「定家百首」初本版を


送ってもらいました。



私は定家の歌で諳んじているのは



「見渡せば

花も紅葉も
なかりけり
浦のとまやの
秋の夕暮れ」


ともう一首



「駒とめて
袖うちはらう
かげもなし
さののわたり
雲の夕暮れ」



の二首だけですが


俊成とともに


昔から大好きな歌です。


素人の私には



大変難しいのですが



先生のお話は示唆に富み


一言一句が勉強です。


和歌、短歌になじみ



心に通う歌に接する時


豊かでやすらいだ時間と



空間を我がものにして、


その中に身を



浸しているように思えます。

吉野神宮 平宗 吉野の隠し湯

テーマ:

今日もまた厳しい暑さとの戦いを



強いられる日となりました。


吉野警察署にお伺いするご依頼を受け、



朝方から出かけました。



滞りなく終了し、


折角の吉野なので


かねてより一度お参りしたいと


思っていました吉野神宮へ


参りました。


丁度、お昼頃となり、


平宗の本店にお邪魔することにしました。


茶がゆ、アユの料理、柿の葉寿司、葛きりなど


吉野ならではのお昼を頂き


正にこの上ない幸せと大満足でした。


平宗の近くに藤村ゆかりの宿で、


吉野の隠し湯といわれるにごり湯がある


と聞いたので少し足を延ばし


行ってみることにしました。


天然かけ流しのにごり湯で、


さっぱりとした湯あがり感です。


藤村もこのにごり湯につかったのだな~と、


思いかけなく優雅な一日を


過ごすことができました。


英気を養い


また明日から頑張りましょう。