1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-10-20 16:21:30

アポノゲトン トフス

テーマ:新着・話題の水草

先日、突然入荷した新着水草、アポノゲトン トフスです。

オーストラリアの北部原産の種類と言うことで、なかなか

貴重な水草だと思いますが、入荷した形態を考えると

種子で増殖されているようで、しばらくは入荷が見込めると

思います。

しかしながら入荷数が少ないことや、入荷が球根等がなく

水中葉の草体のみであるため、いつ入荷が途切れても

おかしくはないのでは。。。と思います。

 

アポノゲトンらしい透明感のある葉に網目模様として

浮き出る葉脈が大変美しく、新芽の赤さも良いアクセントと

なっています。

入荷した株は長いもので50センチはあり、長い印象を

受けますが、サイズコントロールさえすればかなり

使える水草であると思います。

 

魅力楽しむには、まとめ植えで後景でも良いですが、

出来ればセンタープラント的に配置して、出始めの

新芽の美しさを堪能出来るような使い方や、やや

長めに伸ばして棚引く葉を上から観賞することを

オススメしたいと思います。

 

 

Aponogeton tofus

 


水草 ブログランキングへ


観葉植物 ブログランキングへ

 

↓こちらも更新中です!↓

今までの読み物版「水草プロパガンダ」はこちらです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-15 16:17:28

アヌビアス ナナ 'Pangolino' DENNERLE

テーマ:新着・話題の水草

先日、ドイツのデナリー社より新たに入荷した

アヌビアスの品種です。初回の日本上陸数は

極々わずかで、まだ実物を見たことが無い人が

大半だと思います。

 

名称はAnubias nana 'Pangolino'と言うもので、

ナナの改良品種と思われます。

Pangolinoはイタリア語で、意味はセンザンコウと言う

動物の名前でした。

草姿からセンザンコウにはあまり結びつかないのですが、

デナリーは以前にジャングルスターシリーズと言う

エキノドルスの改良品種をたくさんリリースしていた

こともあり、動物の名前を付けると言うのはなんとなく

納得出来るような気もします。

 

元がナナなので、基本的には丈夫だと思われますが、

組織培養の株は水槽環境に適応するのに時間が

かかることが稀にあります。

ナナと決定的に違うのは葉の形状で、細葉タイプと

なっています。

使い方としてはブセファランドラのような感じが

良さそうです。

小型水槽でアフリカ水景を作る際にプチナナが

メインになると思いますが、どうしても単調に

なりがちです。パンゴリーノがあると、形状が

異なるため、多少メリハリが出るのではないでしょうか。

 

当店に1カップ入荷したのですが、販売用のため

取り出さずに撮影しました。

 

 

近年のファームものの中ではトップクラスの価格で

あるため、入荷があっても数を集めるのはまだまだ

大変そうです。。。

 


水草 ブログランキングへ


ペット(魚・水中の生き物) ブログランキングへ


観葉植物 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-24 14:51:21

ネチャマンドラ アルテルニフォリア ベルガウム産 神畑インド便

テーマ:新着・話題の水草
前回の記事でご紹介しました神畑インド便ミリオフィラムと同便で
やってきたネチャマンドラです。

トチカガミ科の本種は水上葉を作らないため、輸送にはあまり
強くなく、この時の入荷でも葉が溶けかけていました。
そのため、しばらく店内の水槽で養生していたところ、ちいさな
欠片になった茎から少しずつ展開して綺麗に復活したので
ご紹介することにしました。


入荷時の画像です。葉先が無くなっています。


入荷当時は種類がわからず、質感がブリクサに似ていた
ところから「ブリクサsp.インド」と呼ばれていましたが、
後にネチャマンドラと言う属であることがわかりました。

有茎草と考えて差し支えないのですが、縦方向への伸長と同時に
ランナーでの増殖を行うため、一度なじむとかなりの速度で
増殖します。




小さくまとめ植えすると独特の雰囲気が出ます。



水草 ブログランキングへ

ペット(魚・水中の生き物) ブログランキングへ

観葉植物 ブログランキングへ


↓こちらも更新中です!↓
今までの読み物版「水草プロパガンダ」はこちらです。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-03-24 13:55:06

インディアンミリオ ベルガウム産 神畑インド便

テーマ:新着・話題の水草
神畑インド便では、前回ご紹介しましたクリプトコリネの仲間や
近縁のラゲナンドラ属が入荷しますが、それと共に多くの有茎草も
入荷します。

有名なところで、もうすでに一般的な種類になっている
「ハイグロフィラ ピンナティフィダ」
「ロタラ ロトンジフォリア ワイナード」
などがあります。
インドはロタラとハイグロが多く自生しており、ロトンジフォリアや
マクランドラも多数入荷しています。ハイグロも複数種の入荷が
見られます。

しかしながら、今回ご紹介するのはミリオフィラムの仲間です。
インド便では2~3回の入荷だったように思います。
今回の物はミリオの中では一番新しい入荷で、以前の物とは
産地が違うように思います。

入荷時はやや傷んでおり、新しい水槽に入れたら本体は徐々に
枯れてしまったのですが、葉腋に付いていた果実から種子が
散らばり、多数の株が得られました。

ミリオの芽生え

そのまま育成すると、繊細で美しい水中葉を展開しました。


とても丈夫でよく育つ種類だったようで、その後はすぐに
長く育ちました。なかなか良いミリオですね。
現地採集物の中から、水草水槽に有用な種類を見つけるのも
楽しい作業です。
数年前にその性質を発見して、世に紹介したNewラージパールも
今やレイアウトでは定番中の定番になっていますね。




水草 ブログランキングへ

ペット(魚・水中の生き物) ブログランキングへ

観葉植物 ブログランキングへ

今までの読み物版「水草プロパガンダ」はこちら
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-02-23 17:48:16

クリプトコリネ スピラリス Var. カウディゲラ? 神畑インド便

テーマ:植物の動画
生体問屋である神畑養魚は、魚はもちろん水草やその他の植物に
関しても、新たなルートや種類を開拓してくれている貴重な存在です。

その神畑が何年も前から扱っているのがインドのルートです。
神畑インド便として、水草マニアの間ではもうお馴染みになっています。
インドはあまり採集者たちも行かず、今となっては神畑の便でしか
入荷がありません。

インドには日本で古くから知られる水草の自生地があり、
意外な種類がインド産だったりします。

その中でも代表的なものがクリプトコリネです。
インドにはスピラリスと言う種類があるのですが、今までは
1~2タイプほどしか認知されておらず、スピラリスと言えば
緑色のやや幅のある細葉で、葉長30~40㎝くらいと言うのが
想像するイメージではないでしょうか。
しかしながら、そのスピラリスにも多くのバリエーションが存在することが
はっきりとわかったのが神畑インド便での入荷でした。

本種はその中の1タイプで、サイズは60レギュラーでも使える程度、
しなやかで細い葉を持つため、中~後景に使いやすいと思います。
タイトルに「?」を付けてあるのは、外見上の特徴から、標本の画像や
紹介されている育成画像等に照らし合わせて、恐らく間違いないとは
思いますが、確定させたわけではないと言う理由によります。




群生する姿が大変美しいと思います。
本種は長いランナーをあまり出さずに直近に子株を付けるように
増えていきます。そのため、同様の形状でアクアリストに馴染み深い
バランサエやレトロスピラリスのように意図しない離れた場所から
突然子株を生じることがあまりなく、レイアウトを乱すことなく
群生してくれます。

このようにレイアウトと無縁のワイルド(野生採集物)水草の中にも
レイアウトに有用な優れた種類が埋もれていることがあります。
近年で最も有名なのはNewラージパールで、最初に日本に届いた際に
育成したのですが、見た目は単なるラージパールでしたが、育成
している中で、底床にめり込むように這うことを見つけた時、
「これはきっと新たな前景草になる!」
と確信しましたが、予想通りどころかそれ以上の物になりました。

しかしながら近年は、そういった未知の水草に出会うことも
挑戦する人も、めっきり減ってしまいました。



水草 ブログランキングへ


ペット(魚・水中の生き物) ブログランキングへ


観葉植物 ブログランキングへ

読み物版「水草プロパガンダ」はこちら
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-02-01 19:58:20

様々な葉模様のアグラオネマ ピクタム

テーマ:植物の動画
水草業界だけでなく、ゆっくりですが更なる広がりを見せている
アグラオネマ ピクタムですが、以前は水草の水上育成から
派生した方法で育成されることが多いのですが、元来丈夫な
観葉植物の仲間であるので、特にケースに収容しなくても
育成することが出来ます。

また、葉の模様が最大の特徴であるピクタムは、横から見るよりも
上から見た方が美しい葉を楽しむことが出来るので、しっかりと
育ち始めたら、ある程度の温度は必要なものの、それ以外は割と
寛容なので、魅力的な観葉植物として育成するのも良いと思います。

今回の動画でご紹介するのは、野生のピクタムが採集されるように
なった初期に入荷したタイプです。
しかしながら、その最初にこのような美しいタイプが多数見つかったのは
本当にすごいことだと思います。
また、その後数年が経過していますが、今なお新しい模様の株が
入荷するのもピクタムの凄いところです。

現在これらの株は、店内の観葉植物・株の見本として普通の鉢植えで
管理しています。エアコンもON/OFFまちまちなので、水槽はあるものの
空中湿度は意外と低めだと思いますが、特に葉が縮れることはありません。



10タイプのピクタムを寄せ集めてあります。
どれも個性的で、それなりのサイズのため迫力があります。


育成は容易で、ピクタムの長所としてその美しい葉模様と共に
丈夫さが挙げれると思います。
ただし、ピクタムをこれから始めようと思われた場合、葉っぱが
1~2枚の状態や、殆ど棒のみ、または殆ど茎が無い状態の物は
かなりのリスクが伴いますので、葉数と茎の長さがある程度
確認できる育成済みの株を入手すれば問題無いでしょう。



観葉植物 ブログランキングへ

花・ガーデニング ブログランキングへ

水草 ブログランキングへ


今までの読み物版「水草プロパガンダ」はこちら
アグラオネマ ピクタムの遊び方についてもアップしてあります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-11-07 13:38:36

ホマロメナ sp. '竜鱗' (LA便)

テーマ:植物の動画
インドネシアのスマトラ島は風変わりなホマロメナが
色々あります。
先日新たにLA便で入荷した本種も、また特徴的でした。

葉の表面はざらざらとした質感でやや凹凸があり、
縁は歯車のようにギザギザとしていて、今までの
種類とはまた違った特徴を持っています。

その佇まいから採集者によって「竜鱗」と言う名称が
付けられました。
LAさん=採集者がスマトラ島で発見した変わったホマロメナは、
その見た目から「蛇腹」「狐尾」と名付けられており、
今回はその第3弾となっています。
以前の2種も併せて再度ご紹介しておこうと思います。
いずれも大きな株ではないので、最大限に特徴をお伝え出来て
いませんが、ご参考までにご覧下さい。


今回発見された「竜鱗」



以前発見された「狐尾」(少し見づらいです)


最初に発見された「蛇腹」



観葉植物 ブログランキングへ


花・ガーデニング ブログランキングへ


ペット(魚・水中の生き物) ブログランキングへ

今までの読み物版「水草プロパガンダ」はこちら
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-11-02 12:19:54

グラティオラ ヴィスキデュラ (トロピカ T/Cカップ)

テーマ:新着・話題の水草
組織培養(T/C)カップ(寒天培地に生えているカップ入り水草)の水草で
おなじみになっている、デンマークのトロピカ社からの新着水草、
「グラティオラ ヴィスキデュラ(Gratiola viscidula)」が
入荷しました。

グラティオラ ヴィスキデュラ


最初、話だけを聞いた段階では「ベトナムゴマノハグサ」の
逆輸入かと想像したのですが、産地が北米とのことで、
別種だということがわかりました。

そこで画像を調べると、葉がベトナムゴマノハグサのように
輪生せず対生のようで、サイズが少し小さい感じでした。
グラティオラと言えば、日本のオオアブノメと言う水草があり、
本種の展開する草姿はそれに似た形状となっています。

トロピカのサイトにある解説文やインターネットの画像から、
前景草と言うよりは前景と中景のつなぎ的な役割になるような
印象です。もちろん、水槽サイズによりその用途は多少なりとも
変わると思いますが、程よい感じのボリュームで育つようです。


カップから取り出してみましたが、凄いボリュームです。

組織培養の水草は本来の大きさよりもかなり小さい状態で
入荷することが多いので、画像から察するに本種もあと少し
大きくなると思います。

もちろんサイズ的には小型水槽でも十分使えそうですので、
レイアウトの模様替えに使ってみてはいかがでしょうか。



今までの読み物版「水草プロパガンダ」はこちら


水草 ブログランキングへ


ペット(魚・水中の生き物) ブログランキングへ


観葉植物 ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-19 17:10:24

ボルビティス ヘテロクリタ "カスピダータ"

テーマ:新着・話題の水草
先日、新たに入荷したボルビティスの新着種、
B.ヘテロクリタ "カスピダータ"をご紹介します。

どこか見覚えがあるな。。。と感じた方は鋭いです。
何年も前に入荷して、流通しているボルビティスの
ベビーリーフと言う種類があるのですが、そちらは
B.ヘテロクリタ "ディフォルミス"で、同じヘテロクリタの
異なるタイプ言うことになります。

このボルビティス ヘテロクリタと言う種類は、
昔からアクアリウムで親しまれてきたジャワファンの
ことですので、形状は大きく異なりますが、
ざっくりと同じ種類と言うことです。

カスピダータとディフォルミスですが、海外での
起源はベルリン=ダーレム植物園のようです。
ただし、日本ではディフォルミスの初入荷は
別のルートでした。

さて、本種はヘテロクリタですので、水中化
するためには二酸化炭素を添加し、なかなか
展開しなかったり、成長が遅くても根気よく
水槽に慣らしていくようにします。、
また、苔の付着には注意するようにしましょう。


まだ水上葉です。


今までの読み物版「水草プロパガンダ」はこちら


水草 ブログランキングへ

ペット(魚・水中の生き物) ブログランキングへ

観葉植物 ブログランキングへ



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-10-13 18:29:49

イエローアマニア(ネサエア ペディケラータ)

テーマ:水草の実際
今回ご紹介するイエローアマニアは、その名の通り
黄色い葉をしています。黄緑色の水草は多いですが、
黄色い水草は少ないので貴重な存在です。
その葉色に加え、茎が赤いと言う点も色彩的な魅力です。
そして本種は大きめの水草にありがちな炭酸ガスの
添加による間延びを殆どしない性質です。

本種もそうでしたが、底床が大磯砂しかない時代には
育成にてこずるような種類であっても、今はソイルが
あったり炭酸ガスの添加が容易に出来るようになったりして、
普通に育つようになりました。

最近のレイアウトは水景を広く見せると言うことに
終始しているようなので、どうしても葉が細い・細かい
種類や小型種(前景用)ばかりがもてはやされています
例えば、Newラージパール、ベトナムゴマノハグサ、
オーストラリアンヒドロコティレと言った小さな種類も
良いですが、もし育成したことが無いのであれば、
たまにはこういった昔のスターたちに触れてみるのも
楽しいものだと思いますし、新たな発見があるかもしれません。





今までの読み物版「水草プロパガンダ」はこちら


水草 ブログランキングへ

ペット(魚・水中の生き物) ブログランキングへ

観葉植物 ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。