先日のテレビ番組、「ザ・インタビュー ~トップランナーの

肖像~」での宇崎竜童・舘崎晴彦両氏の対談の中で、

宇崎竜童さんが高倉健さんから「念念歩歩唱唱」という

言葉を教えられたと仰っていました。


高倉健さんから贈られたペンダントに刻まれていた言葉

だそうで、健さんの『あなたに褒められたくて』という本の

中にも書かれているようです。


自身の音楽の行く末をずっと考えていた宇崎さんにとって

大切な道標となったそうです。つまり、「日本の音楽家として

プライドを持って日々音楽を作り、エネルギーの出し惜しみ

をせず、巡礼のように淡々と歌いながら各地を廻る心構えが

できた」そうです。


念念歩歩唱唱は私も初めて聞いた言葉だったので調べて

みたのですが、元々は千日回峰を成し遂げた酒井雄哉

大阿闍梨のような比叡山の行者さんが、山中での行の時に

唱える言葉だそうです。


「今の心、今の心に、一歩一歩歩く度に、唱えて唱える」と

いうことでしょうか。


この念念ですが、十句観音経にも十句のうちのニ句が

「念念従心起 念念不離心(只今只今に心より起こし 只今

只今に心から離さず)」です。観音経偈品にも「念念勿生疑

(只今只今に疑いを生ずる勿れ)」という言葉があります。


念だけなら、やはり観音経偈品にはキーワード「念彼観音力」

が繰り返し何度も出てきます。専修念仏(せんじゅねんぶつ)、

融通念仏(ゆうずうねんぶつ)もあります。六角田中医院の

テーマワード&キーワードの正念ももちろんそうです。


つまり、仏教では「念」というのは非常に大切な言葉なのです。


一昨年より呪文・融通念呪療法を始めて、多くの方々に喜んで

いただいていますが、何時でも何処でも常住坐臥で唱えましょう

とお伝えするのですが、ついつい忘れがちになるものです。


そこで、これからは、念念従心起 念念不離心に加えて、

念念歩歩唱唱をも皆さんにもお伝えしていこうと思います。

AD