~最新号のご案内~



2/24(金)発売!!
『ROCK AND READ 070』
ROCK AND READ 070/シンコーミュージック
【表紙】
有村竜太朗(Plastic Tree)

【裏表紙】
キリト(Angelo)

ヒロト(A9)
春(DOG inTheパラレルワールドオーケストラ)
楓(R指定)
昴(Royz)
猟牙(RAZOR)
Daichi(NOCTURNAL BLOODLUST)
來堵(アルルカン)
チャム(コドモドラゴン)
シャラク(メトロノーム)
千聖(PENICILLIN/Crack6)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-10 12:00:00

RR70名言集!

テーマ:ROCK AND READ 070

ROCK AND READ 070

::名言集::

 

バンドってぜいたくなものだなって、それはすごく感じた。メンバーがいるってこんなにもぜいたくなことなんだって気づきました

有村竜太朗/Plastic Tree

 

自分でも笑っちゃうくらいに俺は10代のときから価値観もなにもまったく変わっていないですよ。ごく簡潔に言うと、やりたいことしかやらないの

キリト/Angelo

 

結成当初からほとんど後ろを振り返ることなく走ってきた。原点回帰して、やっと自分が立っている場所がわかったんです

ヒロト/A9

 

愛も痛みも感じるためには心が必要だし、結局は俺、みんなの心にかかわりたいんですよね。心になにかを残したい

春/DOG inTheパラレルワールドオーケストラ

 

一緒にバンドをやることに迷いはなかったですね。でも、俺、このバンドは半年で絶対に解散するって思ってました(笑)

楓/R指定

 

僕の歌詞は、『始まりのきっかけ』でありたいんですよ。なにかが始まるあの瞬間の気持ちを僕は伝えたい

昴/Royz

 

どんな目でRAZORを見てもらってもいいんですよ。どんな想いを持ってきてくれた子も最終的にはハッピーな気持ちにさせたい」

猟牙/RAZOR

 

単純な話ですよ。素手でボコボコにするよりも、拳銃つきつけたほうが早いっていうことに気づいたんです

Daichi/NOCTURNAL BLOODLUST

 

生きた証を残したいんですよ。時計まわりにしかまわらないこの世界の時計に、なにかしら作用した人間になりたい

來堵/アルルカン

 

今は夢みたいな位置にいるんですよ。けど、階段がまだまだずっと続いているんで、それを登っていきたいです

チャム/コドモドラゴン

 

『それメトロノームのパクリじゃん!』っていう人がいてよって。そしたら後輩としてかわいがるのにって思ったら誰もいなかった……

シャラク/メトロノーム

 

俺は人生遊んでるなと。20代、30代、40代、人生を使って遊んじゃってるんですよね

千聖/PENICILLIN、Crack6

 

 

ROCK AND READ 070 ROCK AND READ 070
 
Amazon

 

AD
2017-03-09 12:00:00

RR70コンテンツ紹介(写真つき)!

テーマ:ROCK AND READ 070

ROCK AND READ 070

::contents::

 

『実験結果』
有村竜太朗/Plastic Tree

昨年11月に個人作品集『デも/demo』をリリースし、今年1月には個人で東名阪ツアーも敢行した有村竜太朗。3年半ぶりの本誌登場となる今回は、「実験」と称して行なった初の個人活動の総括をしてもらった。

 

『10周年の先にある十字架』

キリト/Angelo

キリトに10周年の総括と今後の企みについて聞いた。なにが変わり、なにが変わらなかったのか。そして、なぜキリトは年を重ねるごとに若返っているようにさえ感じられるのか。彼の頭の良さと野心がかいま見えるはずだ。

 

『原点回帰ゼロ』

ヒロト/A9

10周年を機に当時の事務所から離籍したA9だが、原点回帰の意味を込めた12周年記念ライブ後、今年1月に本当の意味での「完全独立」を果たした。本誌久々の登場となるヒロトに、彼の原点でもあるHIDEのゆかりの地で取材を行なった。

 

『変わらないために変わる』

春/DOG inTheパラレルワールドオーケストラ

「2017年 DOGは変わります」と宣言し、変貌を遂げたスタンスでライブにのぞんでいるDOG。その真意について、春に語ってもらった。すべてはDOGのために、後悔しないためにーー。

 

『予測不能』

楓/R指定

結成から今まで、みんなをあっと驚かせ続けているR指定から楓が本誌初登場。厳しくしつけられたことへの反発からか少年時代をやんちゃに過ごすが、そこから救ってくれたのは、ある恩師の存在だった。情に厚く、気持ちの熱い楓が、その半生を初公開!

 

『始まり』

昴/Royz

前回登場から約4年、バンドの危機を乗り越えあらためて気づけたという「歌う理由」とは。誰かの「始まり」でありたいと願い、美しい「終わり」に向かって懸命に走り続ける昴が、ファン、メンバー、夢について、リアルな思いを吐き出してくれた。

 

『カミソリ』

猟牙/RAZOR

BORN解散から約5ヶ月後、新バンドRAZORのボーカルとして再びステージに立った猟牙。Sadieの剣とタッグを組んだこともあり、またたく間に注目を集めた。そこに至るまでの葛藤や悩み、そして、自身の生きがいと生き様を語る。

 

『「主観」+「客観」=「寛容」』

Daichi/NOCTURNAL BLOODLUST

良い意味で「大人」になったというDaichiに、その変化をじっくりと振り返ってもらった。ノクブラがもっと大きなものを包み込めるようにーーより深い闇に足を踏み入れたようだ。

 

『レイプミー』

來堵/アルルカン

昔からなんでもこなせるタイプだったこともあり「いい子」に過ごしていたが、その反動から音楽に夢中になったという來堵。そのころから揺るがないものーーアルルカンでの活動を経て少し穏やかになった來堵が、自身の原点を見つめ直す。

 

『天邪鬼』

チャム/コドモドラゴン

ヴィジュアル系に憧れたのも、ドラムを選んだ理由も「変わっているものが好きだったから」だと語るチャム。コドモドラゴンの未来について、そして、今目指すライブ像とは? チャムの「根本」と「今」を探ったパーソナルインタビュー。

 

『再起動。』

シャラク/メトロノーム

7年ぶりに再起動し、初のメジャーデビューを果たしたメトロノーム。求められていることをやるという保守的な姿勢でありながらも、攻め入るタイミングを見計らっているようなシャラクに、バンドの在り方と自身の変化について聞いた。

 

『ソロデビュー20周年、バンド結成25周年』

千聖/PENICILLIN、Crack6

昨年ソロデビュー20周年、今年2月14日にPENICCILIN結成25周年と、2年連続で「節目」を迎えた千聖に、あらためてここで、それぞれを総括してもらった。

 

 

 

 

 

AD
2017-03-08 12:00:00

RR70編集後記その12(千聖/PENICILLIN、Crack6)

テーマ:ROCK AND READ 070

現在発売中の「ROCK AND READ 070」の編集後記もいよいよ本日でラスト、

最後を締めてくれるのはこの人、ロック界のだじゃれ王こと(笑)、千聖さんです!

 

ソロデビュー20周年に続いて、今年の2月14日にはPENICILLIN結成25周年を迎え、とにかくめでたい、ここ最近の千聖さん。

 

「俺は人生遊んでるなと。20代、30代、40代、人生を使って遊んじゃってるんですよね」

 

そんなふうに生きたいと、きっと男子なら誰でも思うと思うんですけど、

今回の千聖さんのインタビューを読んでいたら、

あ、この人は間違いなく50代、60代、70代も遊んでるな、

って思ってしまいました(笑)。

 

うらやましいぜミスター!

 

というわけで、

そんな千聖さんのカッコいいオフショットを。

 

 

そして、撮影後のリラックスした千聖さんのオフショットを。

 

ふふふ。

 

「ROCK AND READ 070」は現在好評発売中です。

 

お近くの書店やCDショップで見つからない方は、アマゾンなどでネット購入もできますので、ひとつ、よろしくです。

 

ROCK AND READ 070 ROCK AND READ 070
 
Amazon

 

AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。