このブログでも何度か自白?しております通り

恥かしながら

これだけ、色~んなロボを作らせていただいてはいても

私、ロボットの専門教育は受けておりません・・・・・

 

にもかかわらず!

神奈川工科大学では客員教授をやらせてもらってます。

※現場からのたたき上げってコトです。

 

今日は、その講座の雰囲気をご紹介しますネ。

 

今年のテーマは、社会でも通用する新しいロボットを考え

プレゼン用の企画書まで作ろう!デス。

※通称:社会人予備校

 

講師ではあるけれど、企業の経営者として

ありえないモノは即却下!

温かい心は極力抑えて、厳しく判断するコトで

社会で即戦力になるロボット技術者を作るのが目的です。

 

私が講座を受け持つのは月一回。

毎月、実際に使われているロボットを見せたり

中身や製造&開発過程を説明したりしております。

 

教養ナシ!の私が講師ですからネェ~

それに、毎日学校に行ってませんから

神奈川工科大/兵頭教授にも
ご尽力願っています(上写真中央)。

 

2018年1月の講座では

地元有力企業の社長さんたちを招いて

各チーム(学生たち)が仕上げた企画書を

プレゼン形式で説明してもらいました。

※写真の最前列の4名様です。

 

実際に、それぞれの会社や団体で

採用、または検討に値する内容になっているかを

社長さんたちに判断してもらっちゃいました。

 

この写真は、最終プレゼン講座の開始前。

 

さすがに実際の社長さんたちにプレゼンするとあって

学生たちも、いつもとは緊張感が違いましたネ~

 

学生たちのプレゼンの結果はと言いますと・・・・・

 

提案した4企画とも!

とりあえずの合格点(要検討)はいただけたようです。

ATSUMO(地元のモノづくり団体)の役員会で

ご検討頂けるコトになりました!!!

 

いやぁ~良かった!良かったです。

昨年までの状態では、マジでこのままプレゼンしたら

私が、社長さんたちから 『会社をナメてんのか!』 と

怒られてもしかたない!?みたいな内容もあったんで

今回の結果には、私もホッとしています。

 

学生にも、社会本番!のような緊張感が経験できて
授業としても、意味深いモノになったと思っています。

本当に良かったです。

特に期限までに完成させる!が徹底できたのはGOOD!

 

あれっ!?ちょっと待ってくださいヨ。。。。。

 

ATSUMOの役員会に

学生をゾロゾロ連れて行くわけには行かないですから

本当の意味での本番(役員会)では

私が発表・プレゼンする!ってコトですよネ~

 

あららら~

今度は私のプレゼン能力が試される?

う~ん、ココは頑張るしかない!ですネ。

 

ではまた。

 

 byロボットプロデューサーOkamoto

 

 

AD

 

ロボットゆうえんちのホームグラウンド

厚木市で月一回(土日開催)行っている

小学生ロボットバトルトーナメント大会を

ご報告いたします。

 

会場は2018年から、ロボットゆうえんちも入居している

アミュー厚木/B1Fのイベント広場にて

開催させていただくコトになりました。

※あつぎロボットゆうえんちは3F

 

一日3回、各定員先着16名で行います。

 

敗者復活戦もありますからネ~

どなたも最低2試合は行えますヨ。

それに3位までに入れば賞品が出ますし

全員、参加賞(ロボットカード)ももらえちゃいます!

 

メインレフリーはROBO-ONE公認レフリーの薬師寺君。

 

B1Fに会場が移ったコトで

試合を見学してくれるギャラリーも増えました!!

これを機会に、参加者がもっと増えてくれるとウレシイですネ~

 

名実ともに厚木目物!に成長させようと

本気で考えてマス!!!

 

こちらは表彰式の様子です。

 

参加者が7名以下の回は

参加者全員が総当たりで対戦します。

勝敗数が同率になった場合は

直接対決の結果で上位を決めるやり方です。

 

こちらはトーナメント(8名以上)になった回の表彰式。

 

やっぱり参加者は多い方が盛り上がりますヨねぇ~

まあ、参加人数が少ない方が

賞品をもらえる確率は増えるでしょうが

競技会の緊張感や、勝利した時の感激などなど

本当の意味の達成感は大人数の回でないと味わえませんよネ!

 

参加者さん全員に最高の達成感を味わってもらえるよう

これからも、もっともっと、たっくさんの人に参加してもらえるよう

私たちも集客に頑張りたいと思います。

 

次回の開催は2/3&2/4です。

お近くにご用事のある方は、ぜひご参加ください。

私も、もちろん運営で参加しますヨ。

 

ではまた。

 

 byロボットプロデューサーOkamoto

 

AD

 

2017年も多かったんですが

今年になってからは

さらにプログラム教室のご依頼が増えてマスね~

 

この写真は多摩六都科学館さんで

プログラム教室をさせていただいた時の説明です。

 

私たちのプログラム教室は初級メニューが3種類。

A1クラス:LEDタイプ

A2クラス:センサー入力

A3クラス:サーボモーター制御

※各参加費¥500(一時間程度)

 

初級(Aクラス)を全て受けていただいた後は

お好きな教材を選んでいただいて

より深い内容に入っていくBクラス。

※Bクラスは参加費¥1000(二時間程度)

 

さらにその先は

ロボコンに出たい!ROBO-ONEに出たい!など

その方のご希望に合わせて個別講習会を行っています。

 

教材(Arduino付き)の販売もしてるんですヨ。

 

やっぱり、特にBクラスはご家庭でお子さんがトライして

判らないこと!や、やりたいこと!を

説明しながら進めてゆくのがベスト!ですからネ~

 

講師はアスリートCUPの優勝経験者!

スタッフの新藤君が中心です。

※レフリー薬師寺君の回もあります。

こちらの写真は神奈川県大和市さんのご依頼で

特別に開催したライントレース。

 

多摩六都科学館さん、大和市さん共に

今年も開催させていただくことが決まっているので

お近くにお住まいの方は

日程/時間/会場などなど

主催者さんからの発表をお待ちくださいネ。

 

えっ!私は講師をしないのか?デスって・・・・・

 

いやいや、私なんかは講師には向かないでしょう!

恥ずかしながら、私は電子専門の教育を受けておらず

まったくの自流でロボを作ってきちゃいましたから

お子さんの講師に向いているとは思えません。。。。。

 

よく言えば、現場からのたたき上げ!?

普通に言ったら我流!?なんです。

 

やっぱり、せっかく教わるんだったら

専用の教育を受けた講師の方が良いですからネ~

 

まだまだ、私たちのプログラム教室は

始めたばかりで、進化の途中です。

ご意見などもあったら、ぜひぜひお聞かせください。

 

ではまた。

 

 byロボットプロデューサーOkamoto

 

AD

 

今週末(1/13&14)は

今年最初の小学生ロボットバトルトーナメント!です。

 

色~んなTV番組でも紹介されて

今や!地元厚木市の名物ですからネェ~

気合も、力も入ってますヨ!!

 

会場:アミューあつぎB1F

http://www.amyu-atsugi.jp/

時間:11:00、14:00、17:00

参加定員:各回定員16名

参加費:¥500

 

2017年までは、アミューあつぎ9Fが会場でしたが

今年から、B1Fでの開催になりますので

参加予定の方は、お気を付けくださいネ。

 

初めての方は

とにかく、体一つで時間前に会場へお越しください。

 

私たちが調整した競技会用二足歩行ロボットKHR-3で

3分一ラウンド/3ダウン制のバトルに挑戦していただきます!

敗者復活戦もあれば、賞品&参加賞もありますよ。

 

会場も今年から変わる!と言うコトで

2018年度は小学生バトルトーナメントにも

グ、グッと、さらに力を入れ直して

私も運営に参加させていただこう!と思っています。

※少なくとも3月までは!スケジュール空けました!!

 

ROBO-ONE/A級レフリーの薬師寺君がジャッジをし

私も実況・解説・審査員で参加させていただきますので

体制的にはROBO-ONE本戦に近い体制で

小学生にロボットバトルを楽しんでもらう考えデス。

 

事前の申込も、資格も、まったく必要ありません!

ロボットバトルをやってみたい小学生は

ぜひぜひ、ご参加ください!!

お待ちしてますヨ~

 

ではまた。

 

 byロボットプロデューサーOkamoto

 

 

 

 

年末年始のロクトロボットパークが

おかげさまで、大好評のうちに終了しました。

 

会場にお越しいただいた

約2万人の皆さん、全てに御礼いたします。

ありがとうございました。

 

サッカー・バスケットボール・ブロック運びに

ロボットアームを体験操縦してくれた方々は

延べで、ナンと!5万人を超えましたヨ~!!!

 

一番人気のロボットバトル体験操縦コーナーは

いつでも長蛇の列が出来て

いやぁ~、もうスッゴイ人気でした!

 

バトルはロボットの壊れ方が

他の体験操縦とは違いますからネェ~

※倍以上のスピードで故障しちゃいます・・・・・

 

今以上にロボットが壊れない工夫・進化を実現して

来年は、もっと開催時間を延ばしたい!と思います。

 

MANOI君も開園時のお出迎えから

会場内でのラジオ体操、さらに閉館時のお見送りまで

今回も大活躍!でした。

 

一日二回開催したロボット開発者への質問コーナーも

最終日には、こ~んなになりました!

 

ほとんど同じ質問は掲示されなかったので

何件のご質問にお答えしたかは判りませんが

おそらく数百!?だったと思います。

 

中には、ワープやタイムマシンはできるの?

みたいな質問もあって、私もお答えしていて楽しかった!デス。

 

最後の写真は、講談社/アトムを作ろう!コーナー。

 

お孫さん、お子さんを会場に連れてきた大人の方が

『今からでも作っってみたいけど、大丈夫なの?』

みたいな、ご相談がけっこうありましたネェ~

 

もちろん大丈夫ですヨ!

TELでのご相談も私たちがお答えしています!!

それに、万一、途中でギブアップ!?したとしても

私たちが組立代行を受け付けています。

 

ご興味のある方は、ぜひ一度!ご相談ください。

ロボットゆうえんち修理工房で

ご相談にお応えしております。

 

ロボットゆうえんち修理工房

TEL:046-225-5210

 

今日は、毎年の恒例イベント

多摩六都科学館/ロボートパークを

ご報告させていただきました。

 

ではまた。

 

 byロボットプロデューサーOkamoto