報告 松戸青少年科学館

テーマ:

 

先週の土曜日に開催させていただいた

松戸青少年科学館さんのロボットセミナーを

ご報告させていただきます。

 

セミナーは9:30~12:00(低学年対象)と

13:30~16:00(高学年&中学生対象)の二回。

小学生中心のセミナーで2時間半は長い!?ので

途中15分の休憩を挟みました。

 

午前午後のセミナー共に定員20名で

申込者は各60名以上だったそうですから

3倍以上の倍率の抽選を通ったラッキーな方に

ご参加いただいたというコトになりますネェ~

 

私ごときのセミナーに、たっくさんご応募いただき

感謝感謝です。

ありがとうございます。

そして、抽選に漏れてしまった方はごめんなさいです。

 

セミナーでは、マズ最初にMANOI君と一緒に

ラジオ体操をしてもらってから

ドローンや競技会用二足歩行ロボット(KHR-3)の操縦を

実際に体験してもらった上で

それじゃ~!

どやってロボットを作っているのか説明させていただきました。

 

ATSUMOアイドロイド5も登場させましたヨ!

恋ダンスは一緒に踊ってくれる生徒さんも!!

 

いやぁ~

恋ダンスは、どこまで持ってくれますかネェ~!?

マルマルモリが流行っていたときは一年半くらい?

ようかい体操の時も一年くらいでした・・・・・

 

最後には、あのカンヌでブンロンズトロフィーを受けた

LOTTE/トーリロボで息チェックです。

 

今にして思えば

トーリロボはメチャメチャ苦労しましたから

(匂いセンサーは専門外?)

評価されて、嬉しい!の一言しかありません。

 

またCMで再登場!してくれると有り難い!!デス。

 

松戸青少年会館さんからは

来年もよろしく!と言われていますんで

6月の定番行事になりそうです。

 

光栄ですし、楽しみです!

毎年恒例の行事が増えると

新ネタの仕込みが大変ですが

(毎年毎年、同じ内容ではネ・・・・・)

ロボットが年々進化するのは当たり前!!

それくらいクリヤ(新ネタ披露)できないようじゃ

セミナーや講演の講師依頼がなくなっちゃいマス。

 

これからも新しい領域にチャレンジし続けますネ~

 

ではまた。

 

 byロボットプロデューサーOkamoto

 

 

AD

こんにちは!

ロボットゆうえんちスタッフ小泉です(*'▽')★

 

以前のブログでトーリロボの活躍をお話いたしましたが

そのときの記事はこちら( *´艸`)

 

なんと!!!!

世界最大級の広告賞カンヌライオンズのメディア部門でブロンズを獲得いたしました!!!

 

 

メディア部門には
全世界から2946作品、日本からは64作品の応募があったそうです。

 

そのうち、
ショートリスト入りは、290作品(全作品の10分の1の確率)
さらに!!
ブロンズからグランプリまでの色がつくのが約130作品程(全作品の20分の1の確率)
という難関なのだそうです!!!!!!

本当に素晴らしい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

朝から晩まで

餃子食べては息チェック、カレーを食べては息チェック

田舎生まれ田舎育ちの私が、重いバッテリーとパーツを担いで

都内の撮影現場で道に迷って皆様をお待たせし迷惑をかけたり(*_*;

私だけでも、大変なこと沢山あったので

広告製作会社さんやロボット製作にかかわった

スタッフ、エンジニアはもっと大変だったと思います・・・

 

なので、今回の受賞は本当に感動しました!

 

こんな素晴らしいCM,ロボットに関わることができて

本当に光栄で、ただただ嬉しいです!

 

これからも、世界中の人を感動させるロボット作りの

サポートしていきたいと思います(`・ω・´)ゞ

 

これからもロボットゆうえんちを宜しくお願い致します!

 

-----------------------------------------------------

ロボットゆうえんち修理工房兼事務所の新設を致しましたが

電話回線の工事が長引いており、

電話及びFAXが使えない状態でございます。

暫くの間は

アミューあつぎ ロボットゆうえんち 080-4081-6371

にお電話くださいます様、よろしくお願い申し上げます。

また、ロボコンマガジン2017年7月号掲載の求人広告についての

お問い合わせにつきましても上記電話番号までご連絡をお願い致します。

ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんが

何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社MANOI企画/ロボットゆうえんち

 

 

AD

こんにちは。

ロボットゆうえんち薬師寺です。

 

今週末はイベントが目白押し。

先日は松戸のイベントのご紹介がありましたが、その翌日は埼玉県加須市の加須未来館で行われますラベンダー祭りに参加します。

 

http://www.kazo-city.or.jp/miraikan/event.html

 

去年も丁度この時期に参加させて頂きましたが、今年も参加します。

(去年のイベント写真は・・・取ってないっす、すんませんorz)

今回はサッカー体験とステージの予定です。

タイトルでは行ってまいりますと書いておりますが、今回は私ではなく岡本プロデューサーとGIY園長が伺います。

週末お暇な方は是非、加須未来館まで。

 

それではまた。

 

薬師寺

AD

松戸青少年会館セミナー

テーマ:

 

今週末の土曜日には

松戸青少年会館さんで

子供たち向けのロボットセミナーを開催させていただきます。

 

松戸青少年会館

http://www.city.matsudo.chiba.jp/shisetsu-guide/kaikan_hole/seisyounenkaikan/index.html

 

この写真は一昨年のセミナーの様子。

 

ここ数年、ありがたいことに毎年行わせていただいており

今年にいたってはAM(低学年)&PM(高学年)講演とも

定員の三倍以上の申し込みがあるそうです。

 

今から参加を希望競れる皆様

恐縮ながら、今からの受講は難しいようです。

ご理解をお願いいたします。

 

セミナーの内容としては

実際にロボットをたっくさん持ち込んで

競技会用ロボは操縦してもらいながら

ロボットへの知識を増やしてもらおう!ってな作戦です。

 

お子さん対象の時は

セミナーと言っても、体験操縦中心でないと

盛り上がりません!からネェ~

 

お子さん相手に2時間以上のセミナーですから

動画もご覧いただく考えです。

 

TVやイベントで実際にやってきたステージなど

『あっ!コレ見た!!』なんてコトになると

TVで見たロボを実際に見られる!ワケなので

子供たちの目の輝きがいっそう増してくれます。

 

ただ一点!だけ

講師としては、泣きそうな問題があるんです。。。。。

 

松戸青少年会館さんのセミナー会場は3F!

エレベーターの無い建物なので

この量のロボを階段で持ち込みます!

※10往復くらい?

 

コレが50過ぎのおっさんには少々キツイ!?

毎年、ヘロヘロの状態でセミナー開始!になります。

スタッフを連れて行く方法もあるんですが

逆に搬入と撤収以外はヤルことが無い・・・・・

それはそれで無駄ですよネェ~

 

う~ン、老体にムチ売って頑張りマス!!!

 

ではまた。

 

 byロボットプロデューサーOkamoto

 

 

 

 

神戸電子専門学校さんでのセミナーをしてきました!

 

高校生&在校生、それに数名の一般参加希望者で

そうですネ~、50~60名だったでしょうか?

 

ロボットもフル参戦!です。

 

ロボットは動いてナンボ!

実物を見てもらわないと話になりませんカラねぇ~

 

搬入&撤収が早いのも小型ロボの特徴です。

コレだけ持ち込んで、さらに全~部を動かして

搬入時間は30分です!!

 

一時間半のセミナーに

搬入設営が半日なんてありえません。。。。。

 

セミナーは学校のホールをお借りしました。

 

在校生は、もちろん

高校生の参加は装うとおりだったんですが

いやぁ~一般の方の参加があるとは思いませんでした。

※専門学校ですから・・・・・

 

事前の告知と言っても

学校のHPとロボットゆうえんちブログ

それから写真のように学校前のポスターだけ!?

 

ホントっ!に、よくぞ見つけてくれました!!

感謝感謝の気持ちでいっぱいデス。

 

セミナーの後の質問コーナーも長かった!!

 

実際に手を取ってみたり

スマホで撮影したり

かれこれ30分くらいはやってたような気が・・・・・

 

全然OK!なんですヨ。

私はマニアですから、自慢話は三度の飯より大好き!

これからもセミナー・講演・ステージなどなど

ほぼ毎週末、日本のどこかでやってマス。

どこかで見かけたときは、ぜひご遠慮無くお申し出ください。

 

質問も、写真撮影も、なんでも喜んで対応します!

なんだか、最近はサインを頼まれるケースも増えました。。。。

 

う~ん、私のサインには何の価値もありませんが

サインに書き込むMANOI君のイラストは

永井豪先生からの直伝です!!

※マンガ家さん志望の皆さんが参加するコンテストで

審査員をご一緒させていただいた際に

イラストを書くコツを教えてもらいました。

 

永井豪先生直伝のイラストには

多少の価値があるかも!?

※とは言っても、イラストは直伝でも

書いているのは私なので

やっぱり価値はないと思いますが・・・・

 

ではまた。

 

 byロボットプロデューサーOkamoto