イギリスでホームステイしませんか。

イギリスの留学手配エージェント、ロビンエデュケーションのブログ


テーマ:

先日、チェルトナムにあるグロスターシャーカレッジで行われているサマースクールに参加中の生徒さんを訪問してきました。

 

 

ヒースロー空港から北西へ約2時間。コッツウオルズの中心都市チェルトナムにあるグロスターシャーカレッジは、グロスターとチェルトナムとあともう一カ所にキャンパスがありますが、サマースクールはチェルトナムキャンパスで行われています。

 

 

チェルトナムには私のビジネスパートナーのイギリス人男性Vが住んでおり、彼の案内でカレッジを訪問しました。

 

 

カレッジは町のはずれの方にあるすごく近代的な建物で、まだ建ってから10年くらいではないかと思われます。3階立てで、1階はレセプションや図書室、食堂、事務所など。2階にカフェテリアと教室、3階も教室と事務所です。

 

 

サマースクールは午前中英語レッスン、午後はレッスンや遠足&アクティビティ、週末も1日遠足。滞在はホームステイです。

 

 

 

 

 

 

この夏、サマースクールに参加しているのは、フランスと日本のハーフの男の子、レオナルド君、17歳。

 

 

レオナルド君のママから頼まれてサマースクールを手配したけれど、ご本人とは初対面。

いきなり現れた私に、”誰~、このおばさん・・” と思ったことでしょうヽ(;´Д`)ノ

 

 

 

レオナルド君は日本語ぺ~らぺら。英語もとっても上手。もちろんフランス語はネイティブですので、17歳にして3か国語を操る語学の達人です。

 

 

 

おまけに超フレンドリーで、知らないおばさんの私にも愛想良く対応し、ものすごく礼儀正しい。今時の男の子なんだけど、ずば抜けた社会性があり只者ではない感じ。

 

 

 

とってもリラックスして、サマースクールを楽しんでいる様子に一安心しました。

Vが手配してくれたホストファミリーもとても親切で、快適に過ごしているようです。

 

 

レオママのさとみなさんがブログに様子を書いてくれました。ドキドキ

http://ameblo.jp/satomina-paris/entry-12180617903.html

 

 

 

ランチをしに食堂へ行くと、日本人の高校生達がいっぱいいました。毎年グループで来ているようです。

 

 

公立カレッジでのサマースクールは国籍別に人数制限をしないので、日本人に限らずイタリアやフランスからの団体とかちあうと、一クラス14名中半分がその国籍者になってしまう可能性があります。ですので、団体がいつ来るか予約前に確かめた方が良いと思います。(特にジュニアコースへ行かれる場合)

 

 

ボーディングスクールでのサマースクールは国籍別に人数制限をしていますので、一つの国籍者は全体の10~15%。これ以上になるとストップがかかり、”日本人はこの期間満席”とお達しが来たりします。

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

 

チェルトナムは本当に美しい町。コッツウオルズ特有のライムストーンの建物があちこちにあり、公園もたくさんあり皆のんびり寝転がっています。

 

 

 

以前チェルトナムに来た時は時間がなくてちゃんと見学できなかったので、今日こそは!と思っていたら、私の車に乗り込んできたVが、”はい、そこ右~” ”そこ左ね~”  とまるで教習所のインストラクターのように指示を出し、私、運転手(笑)。美しい公園やタウンも”車窓見学”となりました(←しかも運転しているのでじっくり見れないし(`×´))

 

 

 

しかし、結構町が大きいので、徒歩であちこち見て回るには無理があるのかもしれません。

 

 

運転していて写真も撮れなかったのでチェルトナムの画像お借りしております。

 

 

 

 

 

チェルトナムにはホームステイ先もたくさんあるのですが、そのうちの一軒にVと一緒にお邪魔してきました。

 

 

いつも思うのですが、都会(ロンドンやサリー)と違って地方は人がより素朴で親切なような気がします。Vもくどいほど親切です(笑)。

 

 

Vいわく、”ロンドンはMoney conscious” なんだそう。”お金を意識しすぎ?”というか、なんでも金・金・金、なのだとか。基本的にイギリス人は、”お金は少しあればそれでいい” と思っているふしがあり、”あくせく働いてたくさんお金稼いで何になる~?” な感じです。

 

 

 

ホストマザーとお庭でティータイム

 

 

 

レオナルド君とも会えたし、美しいチェルトナムの町も見れたし、おいしいお茶もいただいて、楽しい1日となりました。ニコニコ

 

 

 

次回のサマースクール訪問記もお楽しみに!

 

 

 

 

ホームステイのお問合せはこちらから!

 

正規留学の手配致します。お問い合わせはこちらから!

 

サマースクールのお問合せはこちらから!

 

 



にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月に入り、各学校でのサマースクールが始まっております。

 

生徒さんの到着は週末が多いので、私も毎週末は空港通い。

 

出発&到着ロビーとも、ものすごい人、人、人。

 

 

 

 

到着ロビーには、世界中からサマースクールや語学学校に参加する小中高生が集まって来ます。

 

 

”どんな学校から迎えが来ているのかな~” と覗いて歩くのも楽しい。

 

 

この人たち、全員違うサマースクールの送迎スタッフ

 

 

今日、私が迎えに来た生徒さんは、Felstedでのサマースクールに参加します。

 

一番左端の兄ちゃんがFelstedの送迎スタッフ。後ろ姿でわかりませんが、1Dばりのイケメンさわやか兄ちゃんです( ´艸`)。

 

生徒さんが無事に出てきた時に、一緒に記念撮影をパチリドキドキ

 

 

 

つい先日、私は遅ればせながらLINEデビューをはたしたので、到着の模様をお母様とLINEで実況中継していましたよ。

 

 

LINEってなんて便利なの~爆  笑爆  笑

 

 

今まで、”LINE?必要ないっしょ” と使っていなかったのが、今じゃあスタンプ押したくて仕方ないし(爆)。

 

有料スタンプいっぱい買い込んでるし(子供かっ!)

 

 

リアルタイムで到着の様子をお伝え出来るなんて、まったく便利な世の中になりました~。

 

 

 

いつも空港へはお迎えに来るだけで、サマースクールまでは送らないのですが、一昨日は空港の近くのサマースクールに行く生徒さんを送って行きました。

 

 

到着して登録をすませたあと、お食事を一緒に頂きました。

 

ラムのひき肉とクスクスで、なかなかおいしかったですよ。(写真今ひとつですが・・)

 

 

 

 

今朝は夏休みで帰国する長期留学生の送迎のため、またまた空港へ。

 

しばらく空港通いが続きます。

 

 

 

ところで、欧州でテロが続き、ご心配頂いていますイギリスの治安ですが、私が感じたところではいつもと変わりがなく、のん気かもしれませんが危険を感じたことはありません。ヘイトクライムが増加していると日本で報道されているようですが、私自身は遭遇したことがなく、周りでそういう目にあった人も知りません。

 

 

 

日本の報道が過熱しているのか、私が暢気すぎるのか・・・この温度差の違いはどこから??

 

 

皆さん、テロに負けずに楽しみましょう!!(^O^)

 

 

 

 

 

ホームステイのお問合せはこちらから!

 

正規留学の手配致します。お問い合わせはこちらから!

 

サマースクールのお問合せはこちらから!

 

 



にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
パリ在住のカリスマ通訳&コーディネーター、サトミーナさんがご自身のブログで私の紹介記事を書いてくれましたо(ж>▽<)y ☆








この夏の息子さんのサマースクールを手配させて頂いたのですが、まだ始まってもいないうちからこんなに褒めていただいて、大感激・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


サトミーナさん、ありがとうございました!!



ちなみにサトミーナさんとはこんな方(ご自身のプロフィールより)。


パリを中心としてヨーロッパで、通訳・コーディネーターをしています。

展示会や市場調査に来られる方。
買い付けに来られる方。
日系企業の駐在で来られる方。
撮影関係で来られる方。
個人旅行の人。
商品の売り込み営業に来られる方。
不動産を探しに来る人。

実に様々な目的をもたれて、パリに来られるクライアントの方々にパッションをもって、毎日、刺激的にお仕事させていただいています。

出会いを大切に、おもてなしの心で、素直に正直に、まだ、お会いできていない方に、こちらで、お会い出来ること、楽しみにしています。


サトミーナさんのブログ(の中の私の紹介記事)


サトミーナさんのホームページ




パリで一度お会いしたことがあるのですが、そりゃーパワフルな、仕事の出来るバリバリのキャリアウーマンという印象。フランス語、英語、イタリア語、日本語がペラペラです。



かといって怖いとか近寄りがたいとかいう感じではまったくなくて、誰にでもフレンドリーでついお話がはずむ気さくさがあります。



ファッション業界にいらしたのでパリに買い付けに来られるバイヤーさんとか、フランス語ペラペラなのはもちろんですがコーディネーター力に優れていらっしゃるのでフランスでビジネスされたい企業の方とかには、なくてはならない存在なんでしょうね。



普通のおじちゃんおばちゃんに褒められただけでも十分うれしいのに、サトミーナさんのようなお仕事バリバリこなす女性に褒めていただいて、もう天にも昇る心地アップ



私も少しでもサトミーナさんのようになれるように、がんばらねば!!



あ、まずはさぼりがちなブログの更新からですね・・(^_^;)




まだまだ間に合う、この夏の小中高生のサマースクール絶賛受付中!
お問い合わせはこちらからどうぞ。





にほんブログ村



にほんブログ村



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
”サマースクールを始めましたので学校見学に来ませんか?”といううれしいお誘いを学校のサマースクール担当者様からいただき、ロンドン郊外にある男子校を訪問してきました。


Whitgiftはロンドン南部クロイドンというところにある私立男子校で、創立は400年前。ヘンリー8世が所有していたこともあり、何となくハンプトンコートを思わせるような造りです。



クロイドンはIKEAがあるので時々行きますが、高級住宅地と殺伐とした地域が入り乱れ、なんかあまり印象がよろしくない。しかも男子校ということで、ちょっと男臭いむさくるしい所を勝手に想像していましたが、行ってみて驚きました。


高級住宅街の中にある広々とした敷地内に立っている赤煉瓦の建物はパレスのよう。この日はどこかの国の大使さんが見学に来ていたせいなのか、校門には誘導する係の人がちゃんといて、”OOに車を止めてください”とわかりやすく説明してくれました。学校は広すぎてどこに止めればよいのかわかりにくいので、これだけで印象が大分良くなります。






車を止めてレセプションに向かって歩いていると、フラミンゴ発見!!フラミンゴ





学校にフラミンゴ~?!


なんか異色の取り合わせに軽く驚きつつレセプションにたどり着くと、受付けには私の名前のビジターカードがすでに用意されていて、とてもスムーズ。
しばらく待っていると、担当のエドワードさんが現れました。


とても温和な感じのジェントルマンです。


さっそく学校内を見学に案内してくださったのですが、またまた驚く光景が!


中庭に放し飼いのクジャク発見!






しかも何匹もいる~(・∀・)


横には大きな鳥のケージがあって、ここはバードワールドか?!


”元々はプレゼントとして贈られたのが始まりで、それ以来飼うようになった”そうです。


中庭には日本庭園もあって桜が咲いていました。日本大使がオープニングにいらっしゃったそうです。






案内していただいたのは教室、アセンブリーホール、エキシビションホール、スポーツホール、寮、食堂です。


エキシビションホールでは第1次世界大戦の催しがされていて一般公開されています。ここの前庭には創立者であるJohn Whitgift卿の小さな銅像と迷路があります。迷路があるあたり、やはりヘンリー8世が住んでいたハンプトンコートを思わせます。


特筆すべきはスポーツホールの素晴らしさ。実はサマースクールのプログラムを見た時に、”もう少しアカデミックな内容でも良いのでは?”とエドワードさんにお伝えしたところ、”でも素晴らしい施設を体験しないのは勿体ない”と言われました。見学してみて納得。卒業生からオリンピック選手を出しているほどのスポーツの充実度。普段から教えているコーチ陣がサマーでも教えるそうです。(午後に選択したスポーツが出来る)


この学校はほとんどがデイボーダー(通いの生徒)で、寮を作ったのは3年前。それを機にサマースクールを始めたということですが、寮は1つしかないのでキャパは男女あわせて100名ちょっと。出来て3年目なのでとても綺麗。2人か3人部屋で(個室もあり)、各部屋ともトイレシャワー付き。なんとリフト(エレベーター)もついているので、2階へ重いスーツケースを運ぶのに便利です。



去年は毎週80名ほどが参加し、今年は100名前後だそうですが、あまり大規模にはプロモーションするつもりはないようです。


こんな大きな学校に100名ほどの学生だとスカスカですね~。でもアットホームで皆と知り合えて良いと思います。


あと特徴はイギリス人生徒も参加すること。午後にプロジェクトワークというのがあって、ライフスキルやコミュニケーション、プレゼンテーションなどを一緒に学びます。スポーツやアクティビティも一緒に行い、夜はイギリス人生徒は帰宅、外国人学生は寮へ。

同世代のネイティブとの交流は貴重ですから、これからイギリス人学生と交流できるサマースクールが増えてくるかもしれませんね。


学校主催なので、普段から英語を教えている先生がそのままサマースクールでも教えます。寮母さんやケータリングスタッフも通年同じ。


”去年1週目に参加者にアンケートを取ったら、食事が今一つと言われたんだ。だからすぐにケータリングスタッフと相談して食事内容を外国人向けに変えてみた。いつもイギリス料理ばかりだったので不評だったのかも。こういうことをすぐに対処できるのも学校主催だからね”とエドワードさん。

素早い対応がうれしいですね。

国籍制限もあって、1つの国籍者の定員は20%です。


ロンドン中心まで約30分。遠足はロンドンが中心ですがオックスフォードやハリーポッターミュージアム、テーマパークへも行きます。


最寄りのタウンまでは徒歩10分程度だそうですが、ロンドンに近いせいもあり治安面を心配し、学校外への生徒同士での外出は不可です。安全面にも力を入れているということで安心できますね。


学校見学が終わるころには、”治安の悪いロンドンにある男臭い男子校”という思い込みはすっかり飛んでいき、この学校の大フアンになっていた私ラブラブ


なんでも思い込みはいけませんね(^^;)・・・反省。



ということで、おすすめサマースクールがまた1校増えました
(^-^)/



にほんブログ村



にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
よ~し、今年はちらしを作ろう!と決めたものの、どうやって作ればよいのかまったく知識なし。
(-"-;A


とりあえずチラシデザイナーさんが必要ということで、イギリスや日本の会社に色々問い合わせてみて、最終的にイギリス在住の日本人の方にお願いしました。



デザイナーさんが決まればあとは、”00を宣伝したいからテキトーにおまかせします~”で良いのかと思っていたらとんでもなかった・・・。(^_^;)



どういう風に作りたいかとか、イメージとか、テキストとか、を伝えなければ、自分の思っているようなちらしには仕上がらないという当然のこともあまりよくわかっていませんでした。



必然的に、サンプルの段階で何度も何度も修正をしてもらうことになってしまい、デザイナーさんにはご迷惑をおかけしてしまいました。



が、そのかいあって、なんとかイメージ通りに仕上がったと思います。



次の難関は印刷会社を探すこと。



日本の会社だと印刷も全て丸投げできるようですが、こちらはやはりデザイナーさんはデザインのみで、印刷会社は自分で探さないといけないようです。もちろんデザイナーさんが印刷会社を知っている場合もあるはずですが、私のお願いしたデザイナーさんはデザインまででした。



日本人のみで作業を行っていると、おもしろいように物事がサクサクと進むのですが、いったんイギリス人が入ればそこで作業は停滞します(もちろん例外もあるでしょうが)。



地元の印刷会社にしようと思ったものの、なんか思いもよらないことが待ち受けていそうな嫌な予感。



ここまで順調にサクサク進んでいたけれど、印刷がイギリス人かよ~・・・。(´д`lll) 。



案の定、問い合わせ段階で量が少なくて断られたり、サンプルの受け渡しがうまくいかなくて数日無駄にするといったことはあったものの、サンプルが渡ればあとは驚くほどすんなりいきました!



危惧していた色の出具合もすごく綺麗!



初めてのチラシが完成でーすクラッカー


ちらしを作ろう!と思い立ってから1か月で完成しました。我ながらがんばった!



そして今日、封筒につめられたチラシたちは私の手を離れ、海を渡っていきました。




着いた先でかわいがられるんだよ~。



一応ペラペラではなく捨てにくい厚さになっております(笑)。






表がグリーンで裏がブルー。私の写真ものってまーす(〃∇〃)



今年はテロの影響でヨーロッパは敬遠されるかな~と思っていたのですが、例年以上のお問合せをいただきうれしい限り。


皆様もぜひサマースクールで充実した夏休みをお過ごしくださいね!





にほんブログ村



にほんブログ村




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)