イギリスでホームステイしませんか。

イギリスの留学手配エージェント、ロビンエデュケーションのブログ


テーマ:

英語レッスン付きホームステイを手配しているせいか、留学生のサポートをしているせいか、はたまた毎月ニュースレターで ”英語一口メモ” を載せているせいか、英語教育に何か一家言あるような誤解(!)を受けるのですが、私自身はまったく並みの英語力しかなく(;^_^A、2人の息子も英語しか話せないモノリンガルです。

 

 

こんな私に、メールでご相談を頂きました。

 

 

曰く、”ティーンエージャーの息子は小さい頃から耳を慣れさせるために英語(英会話)を習わせてきたが、コツコツ覚えるのが苦手で英語に四苦八苦しており、反抗期も重なってもうやめたいと言っている、やめることはかまわないが耳が落ちて行くのがもったいない、本人は片言英語でもなんとかなると外国へ行っても臆せずにコミュニケーションを取りに行く、今後英語に前向きに接するにはどうすればよいか”

 

 

 

英語教育のプロではないので、その方面からのアドバイスはプロの方にお任せしたいと思いますが、2人の息子を持つ母親としてなら少しは意見は言えるのではないかと思います。

 

 

 

英語であれ何であれ、小さい頃からの習い事をいつ辞めるのか、という問題は、子供を持つ親なら早かれ遅かれ直面することだと思います。

 

 

理想を言えば、何らかの成果をだしてから、親子ともに納得してフェードアウト(まったくやめてしまうか、真剣度を減らして続行)するのがベストだと思うのですが、世の中そうは簡単にいかず、何にも成果を出さずに辞めたいという子供は多いし、特に親は続けてほしいけれど子供がギブアップする度合いが高いように思います。

 

 

 

うちの息子の場合はテニスでしたが、12年間続けてきて、ついにギブアップする時がやってきました。もともと精神面が弱いので試合に出ても勝てないし、試合に1日かかるので受験勉強に差し支えると判断し、”試合に行くのはもうやめよう”、と私から言い、彼も同意しました。

 

 

 

”このRatingになったらやめようね”と親子で話していたレベルがあるのですが、その一歩手前でギブアップ。

 

 

 

なので、やり残した感は半端じゃないですし、今までの成果、費やした時間とお金、を考えると、”息子さえもっとがんばれば目指していたレベルに到達できるんじゃないか、途中でやめて悔しくないのか、もったいないと思わないのか” と、どうしても恨みがましく思ってしまうんですよね。

 

 

でも、これは私のエゴ。

 

 

息子がテニスをしている姿が大好きで、レッスンの時はいつも張り付くように見ていました。ごくたまに試合に勝った時に見せる笑顔が大好きで、負けるのがわかっているのに試合に連れて行きました。

 

 

本人ももちろんテニスが大好きで続けてきたのはあるのですが、それ以上に私が続けてほしかったから。私が彼にそのレベルに到達してほしかったから。私が彼に上手になってほしかったから。

 

 

 

でも、息子ももう18歳なので、自分の事は自分で決めれば良いと思ってます。テニスは続けていますが、受験が終わって試合に出るか出ないかは自分で決めれば良いと。

 

 

 

ご相談者さんの息子さんはまだまだ若いし、親が説得して英語を続けさせることも可能な年齢でしょう。英語はテニスと違って将来必ず役に立つでしょうし。

 

 

 

でも、今を通りすぎても、また必ず決断しないといけない時がやってくる。その時にまた親が介入するのか、自分で決めさせるのか・・。

 

 

 

いつかはフェードアウトしていくけれど、その折り合い点を見つけるのはとても難しい。息子さんと良く話し合って、今やめてしまうとどうなるか、続けるとどうなるか、どこを目指しているのか、どこを着地点とするのか、を見つけられると良いですね。

 

 

 

個人的には、”海外旅行でも臆せずコミュニケーションを取りに行く”息子さんは、もうすでに十分成果を出されていると思うのですが・・。

 

 

 

 

以上、的外れな回答でしたらすみませんでしたσ(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年サマースクール、ホームステイ、語学学校、小中高生正規留学のお問い合わせは、ぜ~んぶ新サイトより、お願いします!

 

 



にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

 

ロンドンの友人とフランスのリール在住の友人とのプライベート旅行で、ベルギーのブルージュへ行って来ました。

 

 

ロンドンからリールまではユーロスターで1時間半。リールからブルージュはバスで約50分です。

 

 

北のベニスと言われる運河の町ブルージュは、旧市街地が世界遺産に指定されるほど美しい中世の町で、歴史ある建物が並んでいます。

 

 

ブルージュはまたムール貝やベルギーチョコなど食べ物が美味しいのでも知られています。家族旅行で何度か行ったことはあるのですが、今回は友人との旅行ということで遠足児童のようにワクワク(≧▽≦)。

 

 

うちの家族(息子2人+オット1人)と行くと買い物など一切出来ませんが、女同士だとお店をふらふら出来るのが良いですね~。

 

 

ロンドンは最近雨続きなのですが、ラッキーなことに私達がブルージュにいた2日間は最高のお天気で、気温25度以上、これ以上ない晴天でした。晴れ晴れ晴れ 

 

 

フランスの友人とも久しぶりの再会で話が尽きず、素晴らしい小旅行になりました。

 

 

マルクト広場へ向かう道。どこを撮っても絵になるわ~。

 

マルクト広場の市庁舎かしら・・。自転車で移動する人も多いです。

 

観光客を乗せた馬車が行きかいます。

 

裏路地のオープンカフェ。ザ、ヨーロッパという感じ。

 

運河はボートで回れます。

 

ライトアップされた夜がまた綺麗。どの建物も劇場のようです。

 

ちょっと歩くとチョコショップに当たるというほどチョコレート屋だらけ。

 

可愛い雑貨やさんでリネンを買いました。

 

アンティークレースでも有名なブルージュ。手作りの物は高めです。

 

ランチに食べたムール貝。旬でなくても十分美味しかったです。

白いアスパラガスは今が旬。オーランデスソースで頂きます。

ベルギーワッフルとクレープ。超美味しかった。

Dominique Persooneという人のお店のチョコレートラインでチョコを買いました。

抹茶と柚子とフランボワーズと紅茶とその他色々の詰め合わせを購入。

 

 

1泊した後またバスでリールに戻り、スーパーでお買い物して、後ろ髪ひかれまくりでユーロスターでロンドンへ戻りました。

 

 

島国のイギリスからでも、ユーロスターのおかげでフランスやベルギーにすぐに行けちゃうのが嬉しい。フランスからベルギーなんて、バスで50分。フランス在住の友人によると、やはり建物や町の雰囲気は少しフランスとは違うそうです。

 

 

息抜きも出来たし、次回の小旅行を夢見て、今日からまたがんばって働きまーすニコニコ

 

 

 

 

 

 

2017年サマースクール、ホームステイ、語学学校、小中高生正規留学のお問い合わせは、ぜ~んぶ新サイトより、お願いします!

 



にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

願書提出から2週間くらいで最初のオファーが来た。

 

 

しかも5校のうちで一番レベルの高い大学から。

 

 

”この大学からオファーが来るということは、他の大学からも来るよ”という息子の言葉通り、他の4校からも次々とオファーが来た。

 

 

初めは小躍りしたい気分だったけど、そのうちにゆっくりと疑問が沸き起こってきた。

 

 

1.息子のASの成績から考えてオファーが来るとは考えにくい大学からも来ているということは、オファーというのはほぼ誰にでも出しているのではないか?

 

 

2.Prediction(最終予想グレード)を学校がかなり底上げしてくれたのではないか?

 

 

3.公立校出身者はかなり有利なのではないか?(息子は公立校)

 

 

 

この3つの予想はほぼ当たっていたということが段々とわかってきた。

 

 

オファーはトップ大学は別にして、定員数の10倍は出していると思う。

大学側からすると、オファーを出しても来てくれる保障はどこにもないのだから、そりゃー出すだろう。後で切り捨てればよいだけの話。

 

 

PredictionはASのグレードから2段階くらい底上げしてくれたよう。1段階は普通として、2段階上げるって上げすぎ??学校の出すPredictionの信頼性はあまり無いと言われる由。

 

 

公立校はかなり有利というのは妥当なところ。まともに勝負していたら大学は私立校(+グラマー)出身者で埋まってしまう。

 

 

 

オファーには6月の最終試験でこのグレードなら合格という条件がついている(コンディショナルオファーと言う)。

 

 

求められたグレードを取れれば合格、取れなければ不合格だ。

 

 

求められているグレードは決して高くはないのだけど、息子にとっては難しいかもしれない、というレベルだった。

 

 

オファーが来たあとにすることは、オファーを持っている生徒のみが参加できるオープンデーに参加すること。

 

 

まだ見ていない大学のうち、2校を選んで親子で学校訪問してきた。

 

 

質疑応答で出る質問も、寮の選び方や就職先などかなり具体的で、真剣にこの大学への進学を考えている生徒や親が多かった。

 

 

日本の受験システムと違うのは、オファーがあった大学全てをキープできるわけではなく、5月初めまでに第1候補(Firm choice)と第2候補(Insurance=滑り止め)を選んで、残りは放棄しなければいけない。

 

 

何でもすぐに満足してしまう性格の息子は訪問した2校をすっかり気に入り、これらを第1候補と第2候補にすることにした。

 

 

私は一番最初にオファーをくれた一番レベルの高い大学へ行ってほしかったけれど、息子は見学にも行かず、2番目にレベルの高い大学を第1候補とした。

 

 

ちなみに第1と第2の順番を決めたら、その後は変えてはいけない。最終試験でどちらの大学にも合格できるグレードが取れたら、必ず第1候補として選んだ大学に行かなければならない。

 

 

 

やっと目標とする大学が決まったのが4月半ば。

 

 

あとは求められたグレードに向かって頑張るしかない頑張る

 

 

・・・・と思っているのは親のみで、本人はお気楽モード全開口笛

 

 

”今頑張らずにいつ頑張るんじゃ―” むかっむかっむかっ

 

 

と叫んでみるものの、生まれつきお気楽者のオランダ人ダディのDNAと、誰も頑張らないイギリスで生まれ育った上誰もがんばらない公立校出身という環境的DNAが99.99%を占め、”努力、根性、向上心”の塊である日本人のDNAは0.01%程度に隅の方に追いやられているお気楽息子には通じない。

 

 

 

2月にあった学校の模擬試験の結果はかなり上がってきているとはいえ、まだまだ求められているグレードには手が届かない。

 

 

試験まであと3か月。

 

 

考えた末、英語の家庭教師をつけることにした。英語はどちらかと言うと得意科目のはずだけど、出来不出来にかなりムラがあり、試験でどうすれば点が取れるかというテクニックがわかっていない。

 

 

家庭教師サイトで一番値段の高い家庭教師を選んで来てもらうことにした。

 

 

これだけの値段(1時間60ポンド)を取るということは、自信があるのだろうと予想してのこと。

 

 

 

現れた家庭教師はなんとアメリカ人らしかったが(はっきり聞いていないけどアクセントがアメリカン)、ネイティブには変わりないし、イギリス人の生ぬるい家庭教師より良い感じ。

 

 

 

数学の家庭教師2人(1人は父親)、英語の家庭教師1人、地理はご自身でどうぞ~、という体制で、最後の3か月を乗り切れるのか?!

 

 

 

試験はすでに目前に迫ってきている叫び

 

 

 

 

2017年サマースクール、ホームステイ、語学学校、小中高生正規留学のお問い合わせは、ぜ~んぶ新サイトより、お願いします!

 

 

 



にほんブログ村

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本の桜に匹敵するのではないかと思うのが、ブルーベル。

 

 

新緑に紫って、映えるわ~。

 

 

友達と近所の森へ。フットパスをずんずん進む歩く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝から優雅なお散歩タイムでした(≧▽≦)

 

 

さ、また帰って仕事しようっと・・。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

語学留学中のAさんと一緒に、憧れのハイクレア城を訪問してきました。

 

言わずと知れたダウントンアビーの舞台となったお城です。

 

 

1年に何日も一般公開されていないのでチケット入手が難しいのですが、今回は幸運にもゲットすることが出来ました。

 

 

最寄り駅はNewbury。ロンドンパディントン駅から約1時間なので、比較的ロンドンから来やすい所にあります。ここでAさんをピックアップし、車で約10分でお城の入り口に到着。

 

 

入口からは羊がたくさんいるフィールドをぬけ、延々と車で走り、やっとお城が見えてきます。

 

 

きゃああヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

 

 

ドラマとおんなじ光景にテンション上がる上がるラブラブラブラブラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注)内部は撮影禁止ですので、この画像はイメージより借りてます。

 

 

図書室、玄関ホール、大階段、寝室(ドラマでは00の部屋などの表示あり)、ダイニングルーム、などを見学出来ました。

 

 

現在の所有者の伯爵ファミリーの写真と共に、ドラマの写真もあちこちに飾られていて、すっかりダウントンアビーの世界に浸ってしまった~

ラブラブ

 

まだDVD見直さないとな~ニコニコドキドキ

 

 

お庭はとにかく広大で、ゆるやかな緑に包まれています。南向きの寝室からはこの素晴らしい庭が見渡せます。シークレットガーデンがあったり、パンテオンみたいな建物があったり、あちこちにベンチが置かれていて、座ってゆっくりお城を堪能できる位置にあります。

 

 

カフェやギフトショップもあって、皆すごい買い物してましたわ・・。

 

 

 

あ~満足、満足。

 

 

留学中のAさんとも久しぶりにお会いして、語学学校や旅行の計画など、楽しくお話しさせて頂きました。

 

 

 

とても楽しい1日となりましたニコニコ

 

2017年サマースクール、ホームステイ、語学学校、小中高生正規留学のお問い合わせは、ぜ~んぶ新サイトより、お願いします!

 

 



にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)