イギリスでホームステイしませんか。

イギリスの留学手配エージェント、ロビンエデュケーションのブログ


テーマ:

願書提出から2週間くらいで最初のオファーが来た。

 

 

しかも5校のうちで一番レベルの高い大学から。

 

 

”この大学からオファーが来るということは、他の大学からも来るよ”という息子の言葉通り、他の4校からも次々とオファーが来た。

 

 

初めは小躍りしたい気分だったけど、そのうちにゆっくりと疑問が沸き起こってきた。

 

 

1.息子のASの成績から考えてオファーが来るとは考えにくい大学からも来ているということは、オファーというのはほぼ誰にでも出しているのではないか?

 

 

2.Prediction(最終予想グレード)を学校がかなり底上げしてくれたのではないか?

 

 

3.公立校出身者はかなり有利なのではないか?(息子は公立校)

 

 

 

この3つの予想はほぼ当たっていたということが段々とわかってきた。

 

 

オファーはトップ大学は別にして、定員数の10倍は出していると思う。

大学側からすると、オファーを出しても来てくれる保障はどこにもないのだから、そりゃー出すだろう。後で切り捨てればよいだけの話。

 

 

PredictionはASのグレードから2段階くらい底上げしてくれたよう。1段階は普通として、2段階上げるって上げすぎ??学校の出すPredictionの信頼性はあまり無いと言われる由。

 

 

公立校はかなり有利というのは妥当なところ。まともに勝負していたら大学は私立校(+グラマー)出身者で埋まってしまう。

 

 

 

オファーには6月の最終試験でこのグレードなら合格という条件がついている(コンディショナルオファーと言う)。

 

 

求められたグレードを取れれば合格、取れなければ不合格だ。

 

 

求められているグレードは決して高くはないのだけど、息子にとっては難しいかもしれない、というレベルだった。

 

 

オファーが来たあとにすることは、オファーを持っている生徒のみが参加できるオープンデーに参加すること。

 

 

まだ見ていない大学のうち、2校を選んで親子で学校訪問してきた。

 

 

質疑応答で出る質問も、寮の選び方や就職先などかなり具体的で、真剣にこの大学への進学を考えている生徒や親が多かった。

 

 

日本の受験システムと違うのは、オファーがあった大学全てをキープできるわけではなく、5月初めまでに第1候補(Firm choice)と第2候補(Insurance=滑り止め)を選んで、残りは放棄しなければいけない。

 

 

何でもすぐに満足してしまう性格の息子は訪問した2校をすっかり気に入り、これらを第1候補と第2候補にすることにした。

 

 

私は一番最初にオファーをくれた一番レベルの高い大学へ行ってほしかったけれど、息子は見学にも行かず、2番目にレベルの高い大学を第1候補とした。

 

 

ちなみに第1と第2の順番を決めたら、その後は変えてはいけない。最終試験でどちらの大学にも合格できるグレードが取れたら、必ず第1候補として選んだ大学に行かなければならない。

 

 

 

やっと目標とする大学が決まったのが4月半ば。

 

 

あとは求められたグレードに向かって頑張るしかない頑張る

 

 

・・・・と思っているのは親のみで、本人はお気楽モード全開口笛

 

 

”今頑張らずにいつ頑張るんじゃ―” むかっむかっむかっ

 

 

と叫んでみるものの、生まれつきお気楽者のオランダ人ダディのDNAと、誰も頑張らないイギリスで生まれ育った上誰もがんばらない公立校出身という環境的DNAが99.99%を占め、”努力、根性、向上心”の塊である日本人のDNAは0.01%程度に隅の方に追いやられているお気楽息子には通じない。

 

 

 

2月にあった学校の模擬試験の結果はかなり上がってきているとはいえ、まだまだ求められているグレードには手が届かない。

 

 

試験まであと3か月。

 

 

考えた末、英語の家庭教師をつけることにした。英語はどちらかと言うと得意科目のはずだけど、出来不出来にかなりムラがあり、試験でどうすれば点が取れるかというテクニックがわかっていない。

 

 

家庭教師サイトで一番値段の高い家庭教師を選んで来てもらうことにした。

 

 

これだけの値段(1時間60ポンド)を取るということは、自信があるのだろうと予想してのこと。

 

 

 

現れた家庭教師はなんとアメリカ人らしかったが(はっきり聞いていないけどアクセントがアメリカン)、ネイティブには変わりないし、イギリス人の生ぬるい家庭教師より良い感じ。

 

 

 

数学の家庭教師2人(1人は父親)、英語の家庭教師1人、地理はご自身でどうぞ~、という体制で、最後の3か月を乗り切れるのか?!

 

 

 

試験はすでに目前に迫ってきている叫び

 

 

 

 

2017年サマースクール、ホームステイ、語学学校、小中高生正規留学のお問い合わせは、ぜ~んぶ新サイトより、お願いします!

 

 

 



にほんブログ村

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「英国学校教育」 の記事

テーマ:

日本の桜に匹敵するのではないかと思うのが、ブルーベル。

 

 

新緑に紫って、映えるわ~。

 

 

友達と近所の森へ。フットパスをずんずん進む歩く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝から優雅なお散歩タイムでした(≧▽≦)

 

 

さ、また帰って仕事しようっと・・。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

語学留学中のAさんと一緒に、憧れのハイクレア城を訪問してきました。

 

言わずと知れたダウントンアビーの舞台となったお城です。

 

 

1年に何日も一般公開されていないのでチケット入手が難しいのですが、今回は幸運にもゲットすることが出来ました。

 

 

最寄り駅はNewbury。ロンドンパディントン駅から約1時間なので、比較的ロンドンから来やすい所にあります。ここでAさんをピックアップし、車で約10分でお城の入り口に到着。

 

 

入口からは羊がたくさんいるフィールドをぬけ、延々と車で走り、やっとお城が見えてきます。

 

 

きゃああヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

 

 

ドラマとおんなじ光景にテンション上がる上がるラブラブラブラブラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注)内部は撮影禁止ですので、この画像はイメージより借りてます。

 

 

図書室、玄関ホール、大階段、寝室(ドラマでは00の部屋などの表示あり)、ダイニングルーム、などを見学出来ました。

 

 

現在の所有者の伯爵ファミリーの写真と共に、ドラマの写真もあちこちに飾られていて、すっかりダウントンアビーの世界に浸ってしまった~

ラブラブ

 

まだDVD見直さないとな~ニコニコドキドキ

 

 

お庭はとにかく広大で、ゆるやかな緑に包まれています。南向きの寝室からはこの素晴らしい庭が見渡せます。シークレットガーデンがあったり、パンテオンみたいな建物があったり、あちこちにベンチが置かれていて、座ってゆっくりお城を堪能できる位置にあります。

 

 

カフェやギフトショップもあって、皆すごい買い物してましたわ・・。

 

 

 

あ~満足、満足。

 

 

留学中のAさんとも久しぶりにお会いして、語学学校や旅行の計画など、楽しくお話しさせて頂きました。

 

 

 

とても楽しい1日となりましたニコニコ

 

2017年サマースクール、ホームステイ、語学学校、小中高生正規留学のお問い合わせは、ぜ~んぶ新サイトより、お願いします!

 

 



にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

春らしい陽気が続く今日この頃・・晴れ

 

 

トロトロと眠ってしまいそうですが、試験前なのでぐっとこらえて頑張って勉強している息子・・・・

 

 

と言いたいところですが、

 

 

 

いつまで寝てるねーんΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!パンチ!

 

 

相変わらず受験生の自覚のない、お気楽息子でございます。がっかり

 

 

 

去年の秋から心を入れ替えて勉強を始めた・・・と思っていたのは母のみで、相変わらずマイペースを続け、とりあえずA2の数学の家庭教師をつけ、AS数学はオットが教え、英語と地理は自分で勉強するスタイルで乗り切っている。

 

 

10月頃にいよいよUCASの願書受付が始まったが、一向にアプライする様子はなく、

 

 

一体いつになったらアプライするのかしら~メラメラ

 

 

とイライラする母をよそに、の~んびり構える息子。

 

 

私立校に通う生徒は秋にはほぼ願書を出し終え、あちこちでオファーをもらっているという話を聞くというのに、息子の学校(公立校)ではまだ誰もアプライしていないどころか、願書と共に提出するセルフステイトメント(自己推薦文)をまだ書き始めてもいないというのんびりさで、

 

 

 

この差は何????

 

 

 

”いつ出すの?志望校は決まったの?”と聞いても、

 

 

”締め切り(1月15日)までに出せばいいんだよむかっ。早く出しても有利にはならないって、大学の説明会でも言ってたし” と正当な理屈で返されると、

 

 

 

”建前上はそうだけど、大学だってオファー出し過ぎたから控えようとか、後になって思うかもしれないから、早く出す方が良いに決まっているでしょむかっ” と言っても、まったく聞く耳持たずえーん

 

 

 

もう放っておくしかない・・・と思ってそれ以上言わなかったら、いつの間にか勉強したい学部が変わっていて、志望大学もちゃんと5つ選んでいた。(UCASには5校アプライ出来る)

 

 

 

彼なりに色々考え、学部は当初希望していた建築は学力的に無理と判断し、地理&サイエンスに変わっていた。

 

 

 

大学はピンからキリまで5校選んである。1、2校を除き聞いたこともない大学なので、そこが良いのかどうかもわからないけど、調べるのも面倒なので、”もうどこでもいっか” 状態にドクロ

 

 

 

しかし、冬休み目前になっても願書を出す気配はなく、セルフステイトメントも書いていない。

 

 

締め切りまであと1か月。

 

 

”セルフステイトメントは冬休みにダディに手伝ってもらって書くことにする”

 

 

というので、”くれぐれも、くれっぐれも頼んだぞ。ついでに次男の数学も頼むムキー” とあんまり頼りにならないの~んびりしたオットデレデレに言い残して、私は日本に帰国した。

 

 

 

お正月を日本で過ごし、帰ってきてみると、セルフステイトメントは何とか書き上がっていた。

 

 

見せてもらうと、かなりオットが手伝ったふしがあり、そこには大学での勉強を夢見る志の高い青年像が描かれていた。ニヒヒ

 

 

 

ふ~、やっとここまできたか~。

 

 

 

冬休みはあっという間に終わり、学校が始まった。

 

 

締め切りまであと10日。

 

 

まだ出さない。

 

 

ギリギリまでやろうとしない性格はオットそっくり。

 

 

もしかして前日まで出さないつもりかも。叫び

 

 

私はASの再試験の申し込みがきちんと受理されたかどうか気が気でなく、3回くらい学校担当者にメールで確かめた。

 

 

 

そして今週末が締め切りという週の月曜日、学校から帰ってきた息子、”今日出したよ~”。

 

 

 

やっと出したか~・・・。前日に出そうとしてアクシデントか何かで出せずにパニックになっている息子を想像していただけに、とりあえずホッとした。

 

 

 

 

”友人はまだセルフステイメント書いてないらしいよ” って、締め切りまであと数日ですが・・・。今まで何してたん??

 

 

 

とにかく願書を提出してしまったらあとはどーでもよくなり、オファーが来なくても仕方ないな、と、なるべく考えないようにした。あの成績じゃあ、オファーが来る可能性は低いし、オファーが来る場合でも、いつ来るのかもわからない。

 

 

 

と思っていたら、なんと初めてのオファーが来たー!!!!

 

 

 

 

続く・・・

 

 

 

 

2017年サマースクール、ホームステイ、語学学校、小中高生正規留学のお問い合わせは、ぜ~んぶ新サイトより、お願いします!

 

 

 



にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今月は春休みということもあり、4組の親子ホームステイのお客様をお迎えいたしました。

 

 

それぞれの親子のご希望に合うように私が選ばせて頂いたホストファミリー宅で、皆様楽しまれているようで、まずは一安心。

 

 

親子ホームステイは、お母様と小学生~中学1年生くらいまでの年齢の息子さんや娘さんです。

 

 

ホームステイ中は、お子様は英語のレッスン(外出してのカジュアルレッスンも可能)、ロンドン1日観光でミュージアムやロンドン塔へ行ったり、ホストファミリーと地元の観光名所へお出かけしたり、犬の散歩やスーパーへの買い出し、ガーデンセンターなど、日常生活をホストファミリーと一緒に楽しまれております。

 

 

 

先日はお料理上手のポールさん宅に滞在中の親子ホームステイのお客様を訪問し、私までポールさんの美味しいランチをご馳走になりました。お客様から美味しいとお聞きしていたものの、実際に頂くのは初めて。

 

 

 

サーモンと茹でポテトをマリネしてレモンマヨネーズで味付けしたものでしたが、昼間からなんて手が込んでいるのラブラブ

 

 

食べかけ写真ですみませんあせる

 

 

 

 

今日はロンドン郊外でのホームステイを終えてコッツウオルズでのホームステイに向かわれるお客様を空港のバスターミナルまで送迎してきました。到着時に風邪を引いていたお子様も、すっかり良くなり、明るい表情で良かった~爆  笑

 

 

 

 

 

 

 

また明日もバスターミナルまで別の親子の方の送迎に行って来ます。

こちらのお子様は元気な男の子で、ホストファミリー宅のお兄ちゃんに遊んでもらって大喜びのようで、帰りたくない~と言っているとか。

 

 

コッツウオルズでは弊社の1日ツアーに参加されたり、近郊の町を電車で訪れたり、3泊ほどフリープランで過ごされます。

 

  

 

 

子供が小さい時にご主人なしで旅行する場合、普通は何なく出来る事でもつい面倒になったり、迷ったりしないか心配になったり、自分1人の責任で無事に行って戻ってこなければならないプレッシャーで無意識に緊張していたり、しがちですよね。

 

 

そういう時、ちょっと現地でわからない事が聞けたり、送迎があったり、やさしいホストファミリーに話を聞いてもらえたりすると、ホッとするかな~・・などと思いつつ、皆様に快適にお過ごし頂けるようにホストファミリー共々頑張っております。頑張る

 

 

 

 

 

先日、車で走っていると、黄色いカーペットが出現!!

 

もう春なんだな~、と嬉しくなりましたニコニコ

 

きっとお客様も、コッツウオルズへ移動する車窓から、菜の花畑を楽しまれたことでしょう。

 

 

 

 

2017年サマースクール、ホームステイ、語学学校、小中高生正規留学のお問い合わせは、ぜ~んぶ新サイトより、お願いします!

 

 



にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)