1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-01-10 15:28:55

東京オートサロン番外編

テーマ:ぐっとくるコラム

やはり、これも見逃せません(^o^)


まえまみちゃん、はじめまして♪




えへっ (^.^)





KUMHOタイヤのコリアンビューティーなおねーさん♪








Zeetexのおねーさん♪




デンソのおねーさん♪




Gazooのおねーさん♪




るん♪ ヽ(^o^)/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-01-10 14:56:37

東京オートサロン2015

テーマ:ぐっとくるコラム
オートサロン行ってきました!
今回のおめあてはなんといってもこれ。
MX-5カップカー!!!











日本、ヨーロッパ、アメリカのそれぞれでシリーズ戦が開催され、上位入賞者による世界戦を、開催するらしい(^o^)/

アメリカではプロドライバーも多く参戦する上級カテゴリー?となっているが、国内向けには入門カテゴリーとして展開したいとのこと。
したがって全国開催ではなく東日本、西日本のシリーズにするとか、ラジアルタイヤの採用とか、右ハンドル仕様も検討されているらしい。


まぁ、いずれもまだ検討中とのことなのであくまでかもよ?ってことで。。。


でも、まさに色々なことを検討しているところなので、要望があったら是非お聞かせくださいとのことでしたぞ♪(^o^)





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-12-29 15:26:07

富士チャンピオンレース最終戦

テーマ:富士チャンピオンレース

みなさま、あけましておめでとうございます♪

Comming Soonとか言っといて、とうとう年越してしまいました( ̄▽ ̄;)

年の初めのブログが去年のレースレポートっていうのも、いかがなものかと思いますがめげずにレースレポートアップします(笑)

前回の第3戦もさぼっちゃったしね。。。(^^;


それでは、最終う戦の模様をお伝えする前に、
2014シーズンのここまでの流れをおさらいを少し。。。


開幕戦、第2戦とクラス優勝して迎えた第3戦。
予選は総合6位、クラス2位。
初めて23号車にクラストップをポジションを奪われる。
しかし23号車に予選中のペナルティがくだって8グリッド降格となってしまう。
NA6で1800勢をかきわけて順位を上げててくるのは並大抵のことではない。
ガチで戦えないのはとても残念だけど、正直、今回のレース勝てると思った。
しかし、そんな油断をレースの神様は見逃してくれなかった。
スタートでミスってあっというまに後続に呑み込れると、
13コーナーで前のクルマにつまって挙動を乱したところを23号車にオーバーテイクされてしまう。
追撃を試みるが後からのプレッシャーが激しくそれもままならず、結局そのままチェッカー。
クラス2位、昨年からの連勝記録は6勝でストップ。
終わってみれば予選、決勝とも完敗だった。
これでシリーズポイントは23号山川さんと5ポイント差。
最終戦で勝った方がチャンピオンだ。



そして迎えた最終戦。
早朝のFSWの気温は-4度!
日が昇って少し気温が上がったとはいえ、凍てつく寒さの中、予選スタート。




この寒さでエンジンはパワーが出ているがタイヤになかなか熱が入らない。
先頭でコースインして単独走行、4周目、2'07.4。
少し早めのタイミングだがスローダウンしてスリップをもらいに行く。
1,11,71,88号車の集団が通過!
 最後尾の88号車にくらいついてアタック開始。
ストレート、若干距離が開いてしまったがまだスリップは効いてる。
88号車はスリップを嫌ったのか300Rで離脱、その前の71号車を追う。
最終コーナーで追いついてスリップに入る。


2分6秒623

コースレコード更新!





総合2位、クラストップ。
予選時間は少し残っているけどタイヤ温存、悠々とピットに凱旋帰還。
コーナーで速いNA6が1800のストレートスピードに引っ張られて発生する逆転現象。
こういう所はロードスターカップのレギュレーションの妙である。



決勝、ポールポジションはチームメイトの1号車やまくん。

ウチはフロントローイン側にポジションを取る。

大山オートのNA8、NA6がフロントローに並んだ。






ここまでは最高の展開でした。
しかし、決勝、事件はいきなり起こります。
スタート直後、ストレート後方で多重クラッシュが発生。
先頭集団は後方で発生したこのアクシデントをまだ知らない。
S.Cが入って全コースイエローコーションとなったが激しいポジション争いの中で
フラッグを見落してしまい最終コーナー立ち上がりで88号車を抜いてしまう。
直後に視界の片隅でイエローフラッグを確認、前方にS.Cが!!!


やっちまったぁ!!!


いくつかの細かい要因が重なりました。
周りの数台がレーシングスピードのまま激しいバトル状態だったこと。
HANS装着によって側方視界が限られていたこと。。。
しかし、何をどう言っても明らかなペナルティ対象。
完全に思考回路が停止しました。


どうする? どーする???


どーしようもない。。。orz


しかしパニックに陥っている間もなく300RでS.Cのライト消灯。
レース再開。
とにかくペナルティを消化してレースに復帰するしかない。
周回ごとにコントロールタワーを確認する。
だけどペナルティが出ない。


どうなってんの?


とうとう、ペナルティは提示されることなく総合5位、クラストップでフィニッシュ。
もんもんとした気持ちで表彰台へ。
そして暫定表彰終了後、やはりペナルティの裁定が出ました。
40秒加算、クラス4位。

19台中7台にペナルティが出る大荒れのレースとなってしまいました。
これでNA6クラスのシリーズチャンピオンは大逆転で23号車山川さんが獲得。
なんだか山川さんにも申し訳けないことをしてしまいました。
来シーズン、ガチで取り返しに行きます。
お相手、よろしく!


2014シーズンも沢山の皆さんにお世話になりました。
メンテナンスガレージの大山オートさん、協賛各社様、
ボランティアでレースを手伝ってくれるチームの皆さん、
本当にお世話になりました。
2015年シーズンもよろしくお願いいたします。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。