子どもたちの将来を考える

某大学の現状を間近で感じながら、我が子たちの進む道を日々考えています。思春期や家庭学習、アラフォーの生活について残しています。


テーマ:
奉仕しの心


尽くす心


という言葉を使ったり、
見かけたりしますが、
娘を見ているとその言葉がまるで造りもののように感じます。


誰かのために

何かのために

行う行動に対し、第三者が分かりやすいよう表現した言葉であって


行動した本人に、上記のような気持ちや感情があるようでは、実はニセモノではないかと感じるようになりました。



つまり、
私が家族のため~、子どもたちのため~と思い行ってきた行動も、実はニセモノであり、真の意図は自己満足であったり、そんな自分を認めてというアピールだったのでは?と娘を見ていて気づいたのです。



娘は自分の休み時間や
休日を返上してまで
学校や先生のチカラになろうとします。


それは、奉仕しなきゃ!とか、生徒としてすべきこと!などの使命感などはなく



ただやりたい!


それだけなのです。そこに雑多な気持ちはないのです。


だから娘に

「学校によく尽くすね~奉仕の心を養ったのね~!」


と言っても通じません。


本人にはそのつもりはないから。

まさにキョトンです。


これが、真の尽くす心なんだと気付かせてもらいました。



よく、子どもは親の鏡と言いますが


いえいえ


子どもは鏡をぶら下げているのではなく、人としての在り方(経典?もしくは聖書?)をぶら下げ親に示しているのでは??と思う今日この頃です。



この先、私は「あなたのために~」「あなたの事を思って~」なんて口にすることはないでしょう。


あなたのため=自分のため


ですもの(^^;;
でもそんなに簡単に出来るかしら(-。-;
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。