JPSAツアーを終えて…

テーマ:

昨年、選手生活を終え…

今年からジャッジという今までとは全く立場でJPSAツアーをフォローし

2017年度のツアーが無事に終了しました。

大洗

 

種子島

 

遠い所は電車で…

 

湘南

 

種子島

 

大洗

 

仙台

 

種子島

 

 

 

 

 

 

ジャッジ…

 

思った以上に大変な仕事で、変な話し選手の時より全然大変…笑

 

選手の時は自分のペースで自分のヒートだけに合わせられていましたが、

ジャッジとなると朝から夕方まで、ヒートが行われている時は気が張りっ放し出し!

 

もちろん見落とすなんてことは絶対にあってはならない事ですし、

選手のライディングに対し、自分が入れた点数が選手の勝敗に直接影響するわけですから、それはそれは責任重大ですよ!!

 

ジャッジは瞬時の判断力も必要ですし、

キーとなるライディングを憶えておく記憶力も大切。

試合は常に変化するのでスピードも必要です。

 

それが1日8時間とか9時間とか…

それが3~4日間毎日…

 

現役時代もこのライディングは何点なんて考えたりもしていましたが、

やはり実際にそれを数字に書き込むとなると、しかもそれが全ライディングとなると

結構難しいものなのです。

 

なので、試合が終わった時にはぐったり・・笑

身体が疲れるのではなく精神的な疲れですね〜

 

人生の中で今が1番頭を使っているのではないでしょうか!?笑

 

ジャッジ中

 

こいつで点数を入れます

 

グッタリ…笑

 

 

 

基本、僕は師匠でありJPSAヘッドジャッジの沼尻さんと行動を共にしています。

家も近所だから行くのも一緒で、部屋も一緒だし、

ビールを飲むタイミングも大体一緒!笑

 

そして飲みながら、その日行われたヒート、ジャッジの反省会が

当たり前のように行われ、いろいろ教えてもらってます。

 

ヘッドジャッジは他のジャッジよりも朝早く会場入りし、

場所やその日のスケジュールをコンテストディレクターと協議しています。

最近は僕もそれに同行させてもらって、ジャッジとして新米の1番下っ端なので、

他のジャッジの方達が来る前に、ペンやなんやら、ジャッジをする為の細かいセッティングは僕の仕事かと勝手に思い込んでやっております〜

 

 

燃えつきました…笑

 

 

ヘッドジャッジは疲れています…笑

 

 

 

今までプロサーファーという完全に個人だけの事でやってきましたが、

今はこうやってJPSAという組織の1員としてやっていて、

初めて世の中に出たと言いますか、そういう事を経験出来ている事は自分に凄くプラスになっていますね!

 

基本、重度の人見知りなので、

最初は皆さんとなかなかコミュニケーションが取れませんでしたが、

時間が経つにつれ少しずつお話をさせてもらって、その土地土地のカルチャーやらローカルの皆さんとも触れ合える事が出来て、自分の中のコミュニティーが少しずつではありますが広がって来ているのも凄く嬉しいです。

 

こういう事は凄く大切にしたい…

 

ディレクターとヘッドジャッジ

 

伊豆

 

ジャッジチーム

 

設営チーム

 

JPSAチーム

 

理事長のお誕生日

 

ジャッジチーム

 

 

 

話しは全然変わってしまいますが、

現役を終えてジャッジをしてから、身体の方がグングン大きくなり、

体重が過去最高記録を更新中です!

 

新島

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

夏の終わり…

テーマ:

ちょっと前の事ですが、

夏の終わりに素敵な写真を撮ってもらいました!!

 

このポイントはあまりチューブにはならないのですが

この日はなぜかチューブ祭り!!

 

しかも運良くプロカメラマンである佐原健司君も登場して

上の3枚は彼が撮ってくれた写真です!!

 

 

朝は3人だけの貸し切り!

 

とても良い時間でした♪

 

AD

JPSA第2戦 伊豆…

テーマ:

木曜日から伊豆へ…

今まではコンペティターとして行っていたので、

沢山ボードを持って車で行くのが定番だったのですが、

 

今回はジャッジで、しかも電車で行くのは初めて…

 

また違う楽しさ、緊張感ですね〜♪

 

 

下田に着くなりJPSA様のお迎えで…

コンテストディレクターのズッチョさんwith下田駅

 

 

コンペティター時代の時は目標でありライバルであり、

そしてチャンピオンでありの大先輩方のお迎えは嬉しいのですが

恐縮ですね〜笑

前には理事長の牛越さんも…

 

 

白浜…

大会前日は波がありましたが…

 

 

大会初日は白浜は波が無くなってしまい多々度に移動。

波はそこそこ良く、みんな良いサーフィンしていましたね!

 

 

トラックの中で丸1日10何時間ジャッジをしています。

選手の全ライディングを全て観て、それに対して点をつけて

勝敗が決まるわけですから、一瞬たりとも気を緩める事は出来ません。

気も張りつめっぱなしです。

もちろんヒートによってバラツキはありますが、

20分ヒートで基本40本近くは乗りますね〜

それを1日中全部観るのはなかなか大仕事です。

 

2日目は本当に波が小さく、選手はもちろん、運営側も判断が大変。

結局、試合は中断になりましたが、時間も限られているし

波が上がる保証も無いし、この判断は本当に大変だと思う。

 

夜は8時くらいにはもう疲れ過ぎてダウン。

しっかりと寝て、頭をクリアにしないと次の日に差し支えます。

奥で寝ているのは同級生である越後ショウヘイ君。

 

書くのが面倒になって来たので辞めます。

まぁ、そんな感じの伊豆でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

ジャッジ業…

テーマ:

JPSAロングボード第3戦のジャッジとして、

千葉の太東に行ってきまして…

 

今大会は初日から波があり、

昨日は肩頭のライダブルな波が来ていて

やっている選手達も楽しそうに試合をしていましたね!!

 

 

正直・・・

プロのロングボーダー達のライディングというものを

今までしっかりと観た事が無なったのですが、

男子も女子もトップのメンバー達はみんな上手!!

 

エキサイティングなライディングがどんどん飛び出す試合だったので

ジャッジをしていても非常に面白かった!!

 

 

僕的に今気になる選手は、女子の小山みなみ選手。

まだ17歳だったかな?

 

この子はめっちゃ上手いですね〜〜!!

レールの使い方が男子女子の中でもダントツに1番上手いと思います。

みんな一生懸命ノーズとかやってましたが、この子は全てが一つの流れと言うか、全ての事をサラッと奇麗にやってのけちゃう。

 

この子は今の日本のロングボードシーンに新しい風を吹かせてくれると思いますよ♪

 

 

ジャッジ業はと言いますと…

めっちゃ大変です!!!笑

 

今までは選手として、今は裏方のジャッジとして大会に関わっていて、

表と裏みたいな部分を知ったのですが、本当に大変💦

 

選手はもちろん勝つ為に真剣ですから

それだけジャッジメンバー全員めちゃくちゃ真剣です!!

 

 

 

 

1日中、選手のライディングから絶対に目を離さず、

選手達の微妙なボードコントロールやいろいろなアプローチの違いを

しっかりと判断分析し、それで点をつけて選手の勝敗が決まるわけですからハンパじゃない責任重大なお仕事!!

 

しかも次から次へと選手は波に乗ってくるわけですから

ゆっくりと考えている暇もなく、タイムリーに判断して行かなくてななりません〜。

 

まぁ、基本的にルールとかではなくサーフィンの事をしっかりと理解している人やしっかりとした経験がないと出来ないお仕事でしょうね。

 

ジャッジに限らず毎大会で活躍している裏方の皆さん達は、

大会の成功に向けてめちゃめちゃめちゃめちゃ真剣にやっております!!