先日(9/29)、目黒ブルースアレイジャパンにて

DA・PINCHのファーストアルバム発売記念ライブが行われるとのことで

観に行ってきました!




佐野 聡さん(TR)の面白~いMCに、

鈴木 正則さん(TP)、夏目 一朗さん(Key)の妙に引き込まれる曲紹介など

終始笑いっぱなしの楽しいライブでした(^^)










もちろん演奏は最っ高ー!にカッコよくて、中でも松原さんのギターソロは

「腹」に響くのを超えて、「奥歯」に響くほど力強かったです!





ライブ後に行われたサイン会も、メンバー10人は流石に無理かなと思いきや、

演奏同様の見事なチームプレイでメンバー全員のサインを

コンプリートさせて頂くことができ、我が家の家宝が増えました!!






また、松原さんの奥様である南部さんにもご挨拶することができ、最高の夜を楽しみました(^-^)v

またチャンスがあったら行きたいです!

AD

キーボード奏者であり、作曲家の南部昌江さんが2005年に発表したアルバム

「nanboo!」を入手!!





南部さんと言えば、私の尊敬するスーパーギタリスト松原正樹さんの奥様なのです。







これは一刻も早く聴き込まねばなりませんっ!






という訳で数日聴いてみての個人的な感想です。


アルバム全体として、フュージョンという印象よりは、耳に馴染みやすい「極上のPOP」だと感じました!



特にM-5以降、後半の曲の輝きは凄いです。


中でもM-5、M-7の松原さんのギターはカッコいいです。

メロディにカチッ!とはまって疾走しまくっております!

南部さんのリードの巧さだと思います( *´艸`)



そしてM-9「雪の舞」。

この曲がかかると思わずやっていた作業を止め、ステレオに体を向けて聴き入ってしまうほどの綺麗な曲でした(^^♪
雪が降る季節に聴いてみたいです。



そしてそしてアルバムの最後を飾るM-10「吟月」。

先日、スーパームーンを眺めながら意図的にこの曲を聴いたのですが、ハマり過ぎです(^^♪!
疲れた脳内を浄化してくれるような、これまた綺麗な曲でした。


とにかく、このアルバムは聴く人に様々な妄想(笑)を与えてくれる、

そんな素敵でPOPな曲が詰まったアルバムです。



それにしても、今月はCDを買いまくってしまったなあ~(*_*)


でも、たくさんの良いアルバムに出会えたし、明日の仕事の「やる気」に繋がっているので、

これはこれでアリかなと(^^)。



来月の松原さん関係のリリースも楽しみです。

AD







「ホレス・シルヴァー/27番目の男」




若き日のブレッカー兄弟が参加した1972年リリースの名盤。




999円のNice Priceだったことと、


ホレスとブレッカー兄弟のファンキーサウンドを聴きたくなって


特に期待もせず購入。















ところが1曲目からヤラレました(>_<)!
















正直、ホレスと言えば


50~60年代のサウンドこそが最高最強だろうと


勝手に思っていたのですが、そんなことはないですねー。




これはとても良い出会いをしました!




またヴァイブラフォン奏者のデビッド・フリードマンとの作品も


バランスよく配置され、非常に渋くてこれまたカッコいいです(^^)










ホレス・シルヴァーは残念ながら本年の6月に他界。


一度でいいから全盛期の頃の生演奏を聴いてみたかったです(T-T)






とにかく、


我が家に999円の宝物が1つ増えました(^-^)v







AD