Rie fu Official Blog by Ameba

Rie fuオフィシャルブログ by Ameba


テーマ:
{F87B901B-A176-487C-989E-C225C997F19F}

少し経ってしまいましたが、前日観た素晴らしいライブのレポート。

女性シンガーソングライターとして、様々な伝説を残してきたキャロルキング。
彼女のキャリアはソングライターとして10代から始まり、自身のアルバムがヒットする前から当時のパートナーのジェリー ゴフィンと一緒に、この曲もそうだったの!というぐらい60年代の数々のヒットを飛ばしてました。
そして本人名義で1971年にリリースされた名作アルバム、タペストリー。リリースから45年、ロンドンのハイドパークでこのアルバム全曲がセットリストという貴重なライブを観ることができました。

ライブ会場のハイドパークには、小さな村級のセット、バーや屋台などが特設され、ステージは豆粒でしたが巨大スクリーンと観客の一体感で最高の雰囲気でした。
{44A2916E-6219-4A23-938D-AA571524045C}

{00041A80-B20E-4D52-A7AB-259ED9D6331A}

{0B6047EA-6265-40EB-A547-BC47B675CB05}
6万5千人の観客の前に現れたキャロルキング。なんと74歳!
{8FCCB762-9532-4C51-822B-61A861218BF4}

ハスキーでストレートな声でアルバム一曲目のI Feel the Earth Moveから始まり、曲順通りに進んでいくライブ。レコードを裏返す箇所では実際にその映像が流れるという演出もありました。

そして途中で娘で同じく歌手/プロデューサーのルイーズ ゴフィンが出てきて一緒に歌うというシーンも。
{93E610C0-F892-4769-B3AF-4CF97657D4A1}

しかしキャロルキングの娘なんて何もしなくても何世代に渡って食っていけるんじゃないかという考えがついよぎってしまいました。

このセットリスト、全曲一緒に歌いっぱなし!!この名作を生で聴ける日が来るなんて思ってもみませんでした。
{EA42BDA7-E459-4E8E-9FB0-43E3C3AF9289}

最後はキャロルキング曲で構成されたミュージカルのキャストがステージに登場しという嬉しい演出もあり、たっぷりパワフルな74歳のステージでした。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Rie fuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
長年のショッパホリックとしてロンドンで個人的に一番好きなデパートが、100年以上の歴史を持つ老舗店リバティー。
{D77BFB72-8980-413E-ADB2-8D21637DE1D5}
品揃えはもちろんのこと、建物が素敵なんですね。
{E4630E33-9187-4BD8-B908-32210D171835}
もともと日本やアジアからの調度品を売るお店だったというところも何か縁を感じます。
{6D74CF32-1BED-4B9F-8D05-64559EEA2D4A}

そしてリバティーといえばこちらのリバティープリントが有名。
{3A3CD59A-9A28-4929-9EF7-755BD532B4FC}

{C6FEED6E-1ABA-4D0A-8CE8-A79223FAA0F1}
{0D591D41-11B9-4E38-85EA-313F1A7C10DB}

{6935713C-DA9F-4B8B-8F85-4F5B5F8B602B}

柄は花柄からペイズリーまで、生地の種類は衣類用から家具用まで幅広いセレクション。
イギリスならではのこの生地の柄の家具を飾りたいとずっと思っていたんですが、生地代だけでソファ買えちゃうぐらいのお値段、、そこでクッションカバーだけ手作りしてみました。
{5762D7EA-F2AD-4DC4-AC2D-C48A05E2D26B}
雑で不器用ながらも洋裁は大好きなので、1日で完成してしまいました!古いソファが生まれ変わったようで嬉しい爆笑
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Rie fuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
先日の国民投票でイギリスのEU離脱派が勝利という結果になりました。
日本人なので投票権に関しては蚊帳の外ですが、これからのイギリスでの暮らしに大きな影響がありそうです。
金融市場の数値のように感覚ではすぐには実感できませんが、現地の報道では『離婚』という表現も耳にします。これから独身貴族に戻って自分にたっぷりお金と時間を費やせる、というかんじでしょうか。これに対して視野が狭い、独りよがり、という見方と、愛国心、自国を大切にできる、という両極端の意見に分かれるんですね。

気になったのは、地域別の投票結果です。

BBCニュースサイトより


黄色の残留派が多数なのはロンドン、スコットランド、北アイルランドの3つの地域。
ちなみに私が今住んでいるのはSouth Westという地域ですが、ここでもかろうじて離脱派が過半数ですね。

ロンドンに留学していた頃から約10年が経ち、二度目のイギリス生活は主人の仕事の都合でロンドン郊外の長閑な田舎でのスタートでした。
{41BA6CA5-7D94-4695-A924-B48C2FC8AD91}



{E47C1AD1-8FF3-46C0-A47B-547912E9CAEC}

移住してからというものこの2、3ヶ月で田舎の大自然を満喫しつつも、いつも何か違和感を感じているというのが正直なところです。
それはものすごく白人率が多いということ。
私の住む街ではアジア人はまず見かけないし、見かけたときには密かな仲間意識をアイコンタクトで送ってしまいたくなるほどです。
ロンドンはせわしなく家賃も高騰しているから少し郊外の落ち着いた環境で伸び伸び子育てしたい、という人にはちょうどいい立地のここサリー州では、アジア人は本当にマイノリティー中のマイノリティー。
ロンドンに住んでいたときは考えたこともなかったこの違和感の正体が、この地域別の結果からはっきりと掴めた気がします。イギリスの中でもロンドンという場所は様々なカルチャーがミックスされた、特別で刺激的な場所だったんですね。

もちろん日本でもそうですよね。
東京で外人を見かけても驚かないけど、田舎になるほど珍しがられる。
(ちなみにこちらの田舎ではあからさまに日本人を珍しがるようなそぶりはありません。正直な子供にはたまにじっと見られるけど)
そもそも日本の『外人』という言葉の、外と内を分けている発想が、同じ島国のイギリス人にも根付いているように感じます。
これは勝手な見解ですが日本人よりもプライドの根付き方が頑固。
その感覚を疎外感と捉えることは簡単ですが、逆に個性やアイディアに変えてイギリスでの音楽活動に生かしていきたいと思っています。

自分のことにまとめてしまいましたが、実際の離脱の手続きには何年かかかるとのことで、誰も先行きが予測できないこの投票結果の影響は、長い目で見ていくしかなさそうです。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)
Rie fuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み