┗丸型 横幅:170px

はじめまして、笹森理絵です。



発達障害のデパートと呼ばれるほど、AS、ADHD、LD、の特性を併せ持っていることを32歳で診断されました。



3人の息子も発達障害をそれぞれに持ち療育手帳所持です。

(長男は高機能自閉症と軽度のMR,次男はてんかんとADHD、3男は自閉系)



当事者、母親、精神保健福祉士、睡眠健康指導士の多様な視点を活かしての(多様性=ダイバーシティ)、発達障害ダイバーシティサポーター®として、保護者など親の会、一般の方々、教育、福祉、医療、行政などの専門職・援助職の方々に向けて、講演会や研修会の講師や委託でピアカウンセラーをさせていただいております。

詳しくはプロフィールをご参照ください。
発達障害の特性について日常生活に即した具体的な話や不登校についてのお話など、ご希望に沿ってお伝えできます。



発達障害の支援に関わる講演・研修の講師のご依頼を承りますので、まずはご相談ください。




講師などの依頼につきましては







★お名前



★所属先



★部署、役職など



★依頼内容、講演対象



★希望日時(おおむねの)



★謝礼・交通費



★その他



以上をメールに記載の上、ご連絡をお願いいたします。

詳しいことはプロフィールのページをご覧ください。






★活動


・神戸市認定ピアカウンセリング担当(毎月1回、1人1時間程度・事前予約・無料)






・発達障害の当事者、発達障害のお子さんを持つ保護者の方など対象。診断の有無は問いません。お気軽におしゃべりにおいで下さい。ただし、神戸市の事業ですので神戸市在住の方に限ります。





 問い合わせ、予約先・・・・きた障害者地域生活支援センター






        電話・・・078(596)6336



 メールが不着したり、迷惑メールに引っかかることが時々あるので、3日以内にレスがない時は、再送信をお願いいたします。




また、ネット上での個人的な相談やカウンセリング等は色んな意味で責任を持つことができませんので、現在は一切行っておりません。ご相談をいただいても、返信させていただくことができませんので、ご理解いただけると助かります。よろしくお願いいたします。






講演依頼↓



rie.sasamori@gmail.com






【送料無料】 私と三人息子は発達障害です。何か? 育つ力と育てる力 / 笹森理絵 【単行本】



¥1,575

楽天
【送料無料】 ADHD・アスペ系ママ へんちゃんのポジティブライフ 発達障害を個性に変えて /...



¥1,575

楽天




【1000円以上送料無料】家族5人違っているからおもしろい 発達障害一家、今日も元気に多動中/...



¥1,470

楽天










この8年、NHKのEテレや日本テレビの「世界仰天ニュース」など各種メディアでも活動してきました。





http://www.nhk.or.jp/heart-net/




鹿児島以南、沖縄までの南が大好きです。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-04-26 14:53:22

自他共に考えさせられました

テーマ:ブログ
先日、発達障害を持っての避難生活の困難さを書きましたが、熊本で発達障害がある人、そのご家族の避難生活の大変さがニュースに流れていますね。周囲の理解のなさを痛感したとのことが書かれていました。
ご苦労を思うと胸が痛いです。

障害者差別解消法や福祉避難所など、制度はあっても、結局のところは、こうなってしまうのが現状なんだなあと思わされるニュースでした。

本当に知ってほしい地域の一般の人ほど、特性の理解が行き渡っていないのが現状です。
日々生活する中で、知る機会が少ないし、関心を持っていない場合もあるでしょう。

でも、これって発達障害のことだけではないなあとも思います。
私自身も他の障害がある人のことをどれほど理解できているかといえば、表面上のことしかわかっていないかもしれない。
例えば視覚障害のある方や聴覚障害のある方がこういった事態になった時に、そばにいてどのように接したらいいのか、本当のところを、わかっていないかもしれません。なんとなくしかわかっていないというか。
うーん、これじゃいけないなあ…
自分の勉強不足も実感です。

自分たちのことをわかってほしいこともあるけど、それだけではなくて、他の人のことを知ることもせねばと記事を読みながら思いました。
自他共に、色々、考えさせられるニュースでした。

でもほんと、発達障害の啓発はまだまだ頑張らねばと思いました。




AD
2016-04-18 08:23:29

当事者として避難所生活を考えるに

テーマ:ブログ
とにかく一番はざわめきが聴覚過敏の私には辛いだろうなと思う。シャットアウトしたい音をうまくスルーすることができない私には、不特定多数の他人が出す音が刺すような刺激になって襲ってくるに違いない。
次には状況を読むことが苦手だから、他の避難者と状況に応じて、どう接したらいいか、よくわからないしどう話せばいいかわかりにくい。悪気はなくとも嫌な思いをさせてしまうかもしれない。
あとは立って待つのが苦手だから、炊き出しやトイレで何時間も立って待ち続けるのも困難がある。
それから自分なりのこだわりがあるから、刻々と変わる避難所の状況に自分を合わせていけるか自信がないし不安になる。様々、過敏があるから思わぬことがストレスになるかもしれないし。
余震への恐怖も手伝って不安定さは増すだろうし。
一番いいのはエスケープゾーンがあることだけど、避難所でそれは難しいだろうな。あとは、いつ何をどうしたらいいのか、何らか見通しをつけてもらえたらありがたいんだけど。そして周囲に穏やかに接してもらえたらありがたい。
現状の避難所では難しいことばかりだと思うけど、1人でも2人でも理解のある人が増えてくれたらと思うし、自分も自分とはまた違う困り感を持っている周りの人に対して、できることはやらなくちゃな、とも思います。
いずれにしても、避難所での生活は刺激と変化と状況判断がありすぎて、私たちにはあまりにも大変だろうなと感じます。

神戸市には福祉避難所の指定があるけど、どれだけ機能するのか、見当がつかない。
熊本の避難所でも、外で過ごしている車椅子の人の様子が映し出されて、ナレーションで「身体が不自由な人への対応はできていない。車椅子は場所をとるせいで避難所の中に入れない」と言われていて、切なくなりました。
身体、知的、精神、発達、どの障害に対しても、現状、対応できていないらしいことが気掛かりです。
東日本大震災での経験はどうなったのだろう。生かされているとは言い難い気がしています。

AD
2016-04-17 08:27:55

九州の皆様、お見舞い申し上げます

テーマ:ブログ
この度の地震で被災された九州の皆様に心からお見舞い申し上げます。
連日の大変な揺れやライフラインの途絶で、ご不安やご不便も大きいと思います。

そして、発達障害がある方、発達障害を持つお子さんたち、ご家族がどうされているか、大変、心配をしております。

いつ来るかわからない揺れや、先の見通しのつかなさ、ざわめきや大勢の中にいる感覚的な苦手さなど、発達障害がある人には不安なことばかりだと思います。
またそういったことを、周囲から理解されにくいので、何かと辛いことになりかねません。ご本人やご家族が不便な思いをされていないか気掛かりです。

1日も早く揺れが収まり、日常を取り戻されますことを心からお祈りしております。


AD
2016-04-14 16:34:11

本日から社会福祉士と精神保健福祉士のダブルライセンスです

テーマ:ブログ
{C9B8D1CF-EC3A-4DB0-895A-D385FFA4FC1E}

社会福祉士の登録証が無事に届きましたので、本日から社会福祉士を名乗ることができるようになりました。
精神保健福祉士とダブルライセンスです。
資格を取ろうと思いついてから、ここにたどり着くまでは、正直なところ、本当に大変でしたが、なんとか目標を達成しました。


次はこれらを活かして、私にできることをする…なのですが、さて、私に何ができるやら…。
更に精進の日々になると思います。


今後ともよろしくお願いいたします。
2016-04-13 07:30:01

特別じゃなくて日常にある特別支援教育

テーマ:ブログ
{1F4C4998-C555-4D68-A2EF-5FF3E99FD3A9}

次男は昨日、自らきちんと高校に登校していきました✨
長年不登校していたのが嘘みたいです。
久しぶりの学校は面白いんだそうです(^ ^)

このプリントは入学式の日に全員に配布されました。次男の定時制高校では特別支援教育は特別ではなく日常です。
特別支援教育対象の生徒の親の会もあって、色々と活動もしているらしい。
今の次男はそんなにお世話になることはなさそうだけど、この体制がいつでもそこにある安心感は半端ないです。
こういうのが、定時制高校に限らず、どこの高校でも当たり前になればいいのにね。
そうすれば、安心して学校に行くことができるのに。
2016-04-11 13:06:20

ピアカウンセリング5月分のお知らせ

テーマ:ピアカウンセリングのお知らせ
新しい日程が出ました。
5月は11日の水曜日にピアカウンセリング活動を実施させていただきます。


神戸市在住の方で、発達障害の当事者の方やそのご家族の方(診断の有無は問いません)のお話を約1時間、伺わせていただきます。
料金は無料です。雑談、ガス抜き、大歓迎です。お気軽にお越しください(^o^)


お問い合わせ、お申し込みは、きた障害者地域生活支援センター078-596-6336までお願いいたします。 


お待ちしておりまーす!!

2016-04-05 18:43:32

定時制高校を選んでよかった

テーマ:ブログ
{9224AC50-8BB1-433E-884E-2C904B123884}

定時制高校に素晴らしい成績で合格を決めた次男ですが、定時制高校を選択して本当に良かったと入学式前ですが、既に思っています。

オープンハイスクールの時から、障害がある生徒への対応の説明が当たり前のように組み込まれており、就職のサポートについても各機関連携のもとに行うと言われていました。

で、いざ合格して、合格者説明会に行ったところ、説明会後に療育手帳を持っている生徒を集める会が開かれ、別にお手紙をいただきました。
個別の支援計画を立てるための資料です。

学校側のサポート体制が入学前からしっかり対策されており、先生方も意識してくださっているので、安心して入学式を迎えられそうです(^o^)

この定時制高校を選択して、本当に良かったです✨✨
入学式が楽しみです^o^



2016-04-02 06:14:17

入学式が終わりました

テーマ:ブログ
{B6535A57-7D5B-4CC2-BD84-636E91881C3B}

昨日は長男の福祉型専攻科エコールKOBEの入学式でした。
先輩方、先生方の大歓迎の手作り入学式が温かくて嬉しかったです。
新入生は一人一人、決意表明をしました。
長男はパソコンと美術に力を入れたいと言っていました。

エコールKOBEができて5年。
念願の専攻科でした。
これまでは特別支援学校を出たら、就職か作業所かという選択肢しかなかったのが、エコールKOBEの登場で、引き続き学ぶという選択肢ができました。

2年間ではありますが、心豊かに様々な経験を通して、人間的成長をしてほしいと思います。

今日は土曜登校で早速1日目がスタートします。本人は緊張気味ですが、段々馴染んでいくことでしょう。

専攻科は今、日本に少しずつ広がって来ています。どこの地域にいても、特別支援学校卒業後、引き続き学ぶという選択肢ができればいいなと願います。

もっとも感性豊かな年代に、仲間たちと学ぶ、体験するということは、後々、とても大切なものになると思います。
2016-03-29 19:01:12

タコウィンナーはあかんらしい

テーマ:ブログ
今日はちょっといつもと違うことにチャレンジして、三男の弁当のウィンナーに切れ込みを入れて炒めて、タコウィンナーにしました。
母としては、ちびっと頑張った気分でいたんだけど…

帰ってきた本人に聞くと、なんと、「イヤだったから、普通のウィンナーにして」という。

超味覚過敏な息子なので、それが原因かと思ったら、見た目の問題でした。
ウィンナーはウィンナーの形でないとあかんらしい。

やっぱりいつもと変わらないのがいいのね(^_^;)(^_^;)
よくわかってるはずの私でも、こうして失敗することがあります。
あちゃー。

よかれと思ってやっても、全然良くない時もあって、いつも通りを崩さない方がいい時があるんですよね。
2016-03-27 06:00:06

安心して死にたい

テーマ:ブログ
最近、一緒に活動している障害がある子を持つママたちの思いを聞く機会がありました。
日頃は飄々としているママ達も、過去を振り返り、我が子のことを改めて話した時、みんな涙するんですよね。
もう大きくなっている我が子のことでも、改めて振り返るとみんな涙が出る感じ。
それだけ、日頃は自分の気持ちに蓋をして、過ごしているんだなと、横で聞いていて思いました。
何年経とうが、子どもが何歳になろうが、心の底にある思いに変わりはないんだなあと改めて実感。
私もそこは同じなんだろうと思います。
まあ、私は感情を外に出しにくいので、感極まるということはなかなかできないのだけど、改めて考えるとそこは一緒だと思います。
子どもは子どもなりに成長してくれているのだけど、超えてきた道のりが道のりだっただけに、母は心に色々持っていますよね。
そういった気持ちをシェアできる仲間がいることは、私はラッキーなのだと思います。
1人で抱え込んでしまうと、ほんとにしんどいものね。

そして、ここで解決ってことはなくて、成長とともに、気がかりになる内容は変わっていって、結局、親の心配は死ぬまで変わらないんだろうと最近、思います。

私や旦那が亡き後、息子達がどう暮らすか、そこはやっぱり気がかりです。
例えば療育手帳の更新手続き、障害年金の手続き、携帯電話の手続き、ハローワーク通い、福祉サービスの手続き、日常生活、いつか来るであろう老朽化した自宅の処分、私たち親の介護や葬儀など、とても息子達でできると思えない。まず、こんな不便な田舎にいると、移動手段からしてどうしようもないし。いつどこにどうやっていったらいいか、今のうちから教えておかないと、心配で安心して死ぬことすらできません。

学校に行っている間は、そこまで考えていなかったけど、成人が近づいてきた我が子を見ると、一気にその辺が気がかりになってきました。
こういう不安を解消する社会資源がやはり必要なんだろうなと思います。

安心して親が死ねること、最終目標だなあとつくづく。 
先のことばかり考えても仕方がないとは言いますが、親はやっぱり考えてしまいます。その気持ちを支援者の方には受け止めてもらいたいなと思います。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。