┗丸型 横幅:170px

はじめまして、笹森理絵です。







発達障害のデパートと呼ばれるほど、AS、ADHD、LD、の特性を併せ持っていることを32歳で診断されました。



3人の息子も発達障害をそれぞれに持ち療育手帳所持です。

(長男は高機能自閉症と軽度のMR,次男はてんかんとADHD、3男は自閉系)





当事者、母親、精神保健福祉士、睡眠健康指導士の多様な視点を活かしての(多様性=ダイバーシティ)、発達障害ダイバーシティサポーター®として、保護者など親の会、一般の方々、教育、福祉、医療、行政などの専門職・援助職の方々に向けて、講演会や研修会の講師や委託でピアカウンセラーをさせていただいております。

詳しくはプロフィールをご参照ください。
研修の内容につきましては、リクエスト下さい。
発達障害の特性について日常生活に即した具体的な話や不登校についてのお話など、ご希望に沿ってお伝えできます。



発達障害の支援に関わる講演・研修の講師、委託カウンセラーなどのご依頼を承りますので、まずはご相談ください。




講師依頼・カウンセリング依頼について依頼をご希望の方は







★お名前



★所属先



★部署、役職など



★依頼内容、講演対象



★希望日時(おおむねの)



★謝礼・交通費



★その他



以上をメールに記載の上、ご連絡をお願いいたします。

詳しいことはプロフィールのページをご覧ください。






★活動


・神戸市認定ピアカウンセリング担当(毎月1回、1人1時間程度・事前予約・無料)






・発達障害の当事者、発達障害のお子さんを持つ保護者の方など対象。診断の有無は問いません。お気軽におしゃべりにおいで下さい。ただし、神戸市の事業ですので神戸市在住の方に限ります。





 問い合わせ、予約先・・・・きた障害者地域生活支援センター






        電話・・・078(596)6336



 メールが不着したり、迷惑メールに引っかかることが時々あるので、3日以内にレスがない時は、再送信をお願いいたします。




また、ネット上での個人的な相談やカウンセリング等は色んな意味で責任を持つことができませんので、現在は一切行っておりません。ご相談をいただいても、返信させていただくことができませんので、ご理解いただけると助かります。よろしくお願いいたします。






講演依頼↓



rie.sasamori@gmail.com






【送料無料】 私と三人息子は発達障害です。何か? 育つ力と育てる力 / 笹森理絵 【単行本】



¥1,575

楽天
【送料無料】 ADHD・アスペ系ママ へんちゃんのポジティブライフ 発達障害を個性に変えて /...



¥1,575

楽天




【1000円以上送料無料】家族5人違っているからおもしろい 発達障害一家、今日も元気に多動中/...



¥1,470

楽天










この8年、NHKのEテレや日本テレビの「世界仰天ニュース」など各種メディアでも活動してきました。





http://www.nhk.or.jp/heart-net/




鹿児島以南、沖縄までの南が大好きです。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-11-26 09:25:26

表紙ができました〜〜

テーマ:ブログ
「大人の発達障害」をうまく生きる、うまく活かす (小学館新書)/小学館
¥778
Amazon.co.jp


とうとう、表紙ができました。
新書なので、シンプル。
実際に売る時は帯がついていると思いますが~~。
表紙がついて、なんか嬉しい。
Amazonや楽天で予約受付しているようです。

田中康雄先生との共著なのですが、ちょっとした工夫のある共著です。よくあるのは、手分けしてそれぞれのパートを持って書きますが、今回は双方がクロスする形で書いている部分があって、面白いかもです。
何しろ新書なので、サイズも小さいし、お値段もおすすめしやすい感じ。
でも中身はとっても濃厚で、具体的です。
いっぱいの思いがこもった本です、手に取っていただけると嬉しいです。

大人も子どもも発達障害を上手に生きる、うまく日々に活かすこととはどういうことか、一緒に考えてみませんか??













AD
2014-11-25 19:20:10

祖母の味と母の味はそれなのか

テーマ:ブログ
{D1AEBFE4-2AFE-4641-A616-188D0EF013AF:01}

家の中で派手に転んで膝を打ってしまい、いてててて。次男が代わりに三男を風呂に入れてくれています。
ありがたや…

今日は焼きそばしましたが…うちの息子たちの好きなメニューはちょっと面白い。
味覚過敏が強く、幼い頃から食べられないものだらけなんで…

「おばあちゃんの味はお豆腐だけの味噌汁」
「お母さんの味は肉しか入ってない焼きそば」

最初は、えぇーっ…って思ったけど、うちの息子らしい感想に、今は納得しています(笑)
ネギやら野菜が入るとダメだから(^_^;)
長男は随分と食べられるものが増えたから、今日も野菜入り焼きそばをモリモリ食べてくれました。
足りなくてご飯を足して、そばめしにして食べていました。すごーい。

あいててて、膝が打ち身で赤くなってる(T ^ T)

AD
2014-11-24 06:18:57

長男が施設から戻りました

テーマ:ブログ
{375B84E2-D2DA-4FFA-9D19-C00521B40299:01}

{592F383A-7BD7-4E83-A80F-3AB2B8AB602F:01}

{4DC325B1-47F2-401F-8266-E74FFBC8DE5C:01}

{70A98159-F588-424E-83B6-194766C58AB8:01}

兄弟衝突がひどくなって、14歳で家を出て施設入所していた長男がとうとう、昨日、退所して自宅に帰って来ました。
我が家にとっては記念すべき日でした。
まさか、こんな日が来るなんて思っていませんでした。

3年前、14歳の長男はまるで夜逃げをするかのような状態で行き詰まった状態で施設に転がり込むように避難的に入所しました。私の精神保健福祉士の国家試験の数日前のことでした。
14歳の我が子を手放すことに悩みと戸惑いは覚えましたが、長男の「自分の人生は自分で選びたい」という強い意志に基づいて粛々と手続きをし、離れて暮らす選択をしたのでした。

当初はホームシックを助長してもいけないと思い、会いに行くのを辛抱し、途中から主に旦那が土曜にこちらから会いに行くようになりました。でも、自宅には寄ることすらできない日々が1年半続きました。

でも、その間に次男の大きな成長もあって1年5ヶ月で兄弟再開を果たすことができ、そこからは週末だけ帰宅の日々。
変わらず、距離感をもって生活していました。

施設入所してから約3年。
兄弟間も二人の成長のおかげでだいぶ安定したこともあり、そろそろ、自宅生活に戻ることを検討し、そして昨日、実現し、無事に長男のお引越しを済ませました。

2階に彼の部屋をしつらえ、家族5人、新しいスタートです。

3年前、彼を14歳で手離す時には母として、本当に戸惑い悩みもしましたが、本人の意思が強かったので、彼の思いに沿うために手続きで走り回ったのを思い出します。おまけに国家試験を数日後に控えた状態で、本当にどうなるかと思いましたが・・・。
入所直後はホームシックを助長しないように、私は会いたい気持ちを抑えるのが大変だったのも思い出します。
本人もいざ、入所して家を離れ、最初はやはりその生活に慣れるまでは相当苦労をしたと思います。

でも、施設の職員さん、学校の先生がた、施設と学校と共通のお友達、色んな方に支えてもらい、育ててもらい、長男は本当に強く優しくなりました。
彼は地域の皆様に育ててもらった思いがします。

NOが言えず困っていた長男、折り合いのつけ方がうまくいかなかった次男、それが今では双方が成長し、上手に断ったりお願いしたりができるようになって、1年5ヶ月かかって再会でき、週末だけ自宅に帰宅できるようになって更に1年5ヶ月。

3年かかりましたが、こうして皆様に育てていただいた長男が私たちのところに帰って来てくれて、本当に嬉しいです。
感謝の気持ちで一杯です。
3年前は、この先いったいどうなるのだろうと思ったけど、こんな日が来るなんて。

トンネルにはやはり出口や日の差す穴があるのだなあと実感したものです。
我が家は何度も何度も色んな暗い、真っ暗なトンネルを抜けて来ました。でも、思うのは、必ず出口はあるなあということです。

その時は悲壮な気分でも、希望はある・・・そう思えば、次に暗いトンネルがまたやってきたとしても、きっと大丈夫・・・そんな思いがします。
でも一人ではこのトンネルは抜けられません。
沢山の方のサポートがあったからこそです。
そこはすごく大事だなあと思うところ。
トンネルは一人だとうまくまっすぐ歩けない。
いろんな人に手をつないでもらって、一緒に歩いてもらってこそだと思います。

それを今回のことで改めて思ったのでした。
AD
2014-11-16 06:26:30

三男、支援学級からのスタートです

テーマ:ブログ


寒いですね。
風邪を二週間、引きずったままになっています。皆さんはお元気でしょうか。
目の悪い私にはやはりこれくらい大きな字だとよく見えていいなあ。

さて、先日、三男の入学前の健診が終わりました。結果から述べると、支援学級からのスタートとなりました。

生まれて1年前後から今に至るまで、病院、保健所、保育所、福祉事務所、施設、小学校、子ども家庭センターとつながってきているので、上の二人の時とは違い、相互の情報交換もスムーズで、非常に進路を決めやすかったです。
時代は変わったなあとつくづく思います。

まあ、もし三男が初めての子どもだったり、初めての経験の子どもだったら、戸惑いや不安はやはり大きなものだったのでしょうが、ありがたいことに色々な社会資源とつながっているだけでなく各所の理解が高まったので、一人で抱えて悩まずに済んだので助かりました。
長男の時は幼稚園や保健所や通級教室との繋がりはあったものの、今のように各所で「発達障害」そのものが浸透していなかったので、それ以上の支援や社会資源につながれず、そこで何も発揮できないままに卒園し、通常学級に入り、本にも書きましたが、非常に苦労をさせてしまったのでね・・・。

その点、三男は3歳で障がい児のすこやか保育も受けられたし、手帳の交付も速やかだったし、彼なりにだけど、のびのびと保育園生活を過ごし、いい感じで小学校に受け入れもしてもらえそうです。

いや勿論、それは黙って転がり込んで来たのでは当然なくて、保護者としてあっちこっちと探して働きかけて、話しかけて、お願いして、色んな努力もしたというのも確かなのですけれど。でもそういった親の努力が無駄にならずに、きちんと繋がる環境が地域にあったことが良かったと思います。

三男本人は、健診の列に見慣れない子どもたち(よその幼稚園の子とか)がわいわいいるのを見たとたん、態度を豹変させて、憂いっぽく壁にもたれかかり、

「オレ・・・・ええわ・・・いや、ええから(行かないということ)」

と言ったのには、もう呆然(汗)
ええわ・・・ってわけには行かないので、どうしようかとバクバクしていたら、同じ保育所のお子さんが見えて呼んでくれたので、やっと近づけました。ああ、よかった・・・。

で、その前から子ども家庭センターや学校、保育所ともお話をしていた通り、最初の支援が肝心な子なので、まずは支援級からスタートの方向で進めることに決めることができまして、親としても、ホッと一安心。


長男があのあったかい教室を卒業してから5年、再び、三男も同じ教室でスタートです。
長男は途中転籍でしたが、三男は1からの支援級スタートです。
ある意味、私も見通しがついているので、入学への不安はあまりなくて、楽しみです。

まー・・・喫緊の課題はまだ彼が紙おむつを愛してやまないところかなあ~~。学校のトイレに行けるか・・・そこからがスタートになる感じかもな~~。

写真は沖永良部島の貝を耳に当てて、「波の音」を聞いて喜んでいる三男です。
2014-11-11 11:29:57

予約が始まりました

テーマ:著作出版のお知らせ
「大人の発達障害」をうまく生きる、うまく活かす (小学館新書)


Amazonで予約がスタートしました。
自他ともに役に立つエッセンス、考え方が詰まっています。
発達障害の人、かも?の人、そうでなくても生きづらさを感じている人、周囲にどう接したらいいかわかにくい人がいる人、是非、ご一読くださればと思います。
今回は、今まで書かなかったようなことも書いてみました。
本の中で田中先生と対談形式になっている部分もあります。

また、表題は大人の発達障害ですが、内容としてはとても具体的で、大人だけでなく子どものことにも活かせるので、どうぞ年齢にこだわらず、手に取っていただけたらとも思います。
新書なのでお値段もお財布に優しいです✨

よろしくお願いします。













2014-11-10 17:30:55

発刊の予告です

テーマ:ブログ
少し先のことですが、早めにお知らせします。
Eテレの『ハートをつなごう』『福祉ネットワーク』で何度もご一緒させていただきました、北海道の児童精神科医、田中康雄先生とコラボ出版させていただく運びになりました。

大人の…とありますが、どの年代の方にも活きる、そして、自分自身にも活きる知恵やノウハウが満載の本です。
田中康雄先生が書いてくださった文章がすごいです。

発刊は12月1日です。
以下に小学館の紹介ページのURLを載せていますので、ポチッと押して読んでいただけたら幸いです。
よろしくお願いします。


大人の発達障害をうまく生きる、うまく活かす
私は風邪でまだ声がハスキーのまんましか出ませんで、次男に『怖い声』と呼ばれています(^_^;)
今年の風邪、手強い…

というわけで、まずは取り急ぎのご紹介です。
2014-10-29 15:14:00

無事に大仕事終了

テーマ:ブログ
{F980E486-5524-4AE3-9057-868B5E9D2201:01}

こども家庭センターでの三男の再判定が無事に終わりました。
長男の時から毎回ながら、この日はほんとにドキドキします。
この10年、息子三人代わる代わるに判定を受けて来ていますが、慣れるということがないですね(^_^;)

長男は素直にそのまま指示に従うタイプなので、別の心配はいりませんが、特に三男は超奔放?なので、この日を考えては気が重くなっていました。
案の定、心理検査のとっかかりに苦労しました。
パズル的なこと、方程式的なパターン的な答えなどは得意な人なので、のってしまえばそれなりにやりこなします。
ただ、そこからだけでは彼の社会生活の難しさははかりづらいこともまた確かなのでありますが…
いやー、ほんとにドキドキ。
また二年後と思うと、既に憂鬱な気が。

三人息子を育てていて思いますが、やはり就学前の育児が一番、しんどいです。
三人目で慣れているのにこれなんだから、そりゃ、初めてのお子さんや初めての経験だったりするとそのストレスは大変なものだと思います。

これも出産と同じで、ある意味、喉元過ぎてしまえば的なところを、大きくなった長男次男で感じていましたが、実際に三男がこの歳になって、再実感。
育児現役だからこそ…って大きいですね。
リアルですから(^_^;)

不安感はさすがに上の二人の時よりはるかに薄いけど、とにかく、しんどいなあと思います。歳もいってるからなおさらかな…
老眼もひどいし(^_^;)
最近、ブログの更新が滞っているのも、老眼が原因です。
老眼がこんなに不便とは思わなかった。
老眼を別の言い方をすれば、視力調節障害というわけですが、なってみて初めてその大変さがわかりました。
今まで、老眼への理解が薄かった自分に反省です(^_^;)

長男はただいま、現場実習3日目。B型作業所に行かせてもらっています。
慣れないことや環境が苦手な人なのですが、残りあと2日、頑張って欲しいなあと思います。




2014-10-18 08:24:17

チャレンジ

テーマ:ブログ
{5FF02D30-FBC5-426F-A1B3-9FA407475D87:01}

実は私は字を書くのが、子どもの頃から苦手です。
中学校の国語の先生から通知表に『くせ字がひどい、ペン習字をしなさい』と書かれたり、高校の政治経済の先生に『お前の字が汚すぎて採点しにくい』と言われたり……

字のバランスをとりにくいし、うまく力の加減ができなかったり、色々あって、どうにもうまく書けませんでした。

そこをなんとかしようともなかなか思えなくて、何回かはチャレンジしかけたものの挫折。

そんな私がこの歳になって、チャレンジしだしたのが、ボールペン習字です。
そろそろ、自分の字と向き合おうかと思えて。決して無理はせず、やれる時にやる、ゆるい感じですが、続いています。
いきなり綺麗な字にはなりはしないけど、意識するだけでも違うものだなあと思ったりして。

こういうことも、強制されるとなかなかうまくいきませんが、自分から感じて取り組むと続くものだなあと改めて実感します。



2014-10-10 07:52:00

知ると感じるの違い

テーマ:ブログ
{63F295F6-B4AA-4D31-B350-349F7FA280BF:01}

少しずつ紅葉していますね。
秋の深まりを感じます。

今、神戸は嵐の前の静けさ…
沖縄や奄美の皆様は大丈夫でしょうか…とても気掛かりです。
なんとか被害最少を祈るばかりです。
神戸もまだ六甲山系はあちこち崩落したままで、六甲北有料道路も片側通行が8月の台風以来、いまだ続いています。
やっと少しずつ復旧はしてきたので、この台風でまた不便にならないかドキドキ…


ブログの更新が間延びしていてすみません(^_^;)(^_^;)


このところ、考えさせられることが多くて、その分、色々な課題にも気がつきます。
私の印象として感じるところは、発達障害の支援というか、理解の部分について、今一度、振り返りが必要なんではないかと。
知っているということと、感じることは違います。
つまり、頭で知っていることと、実際に感じていることは違う。
心から感じたことで起こす行動と、単に知ったつもりの状態から起こす行動とでは、あまりに意味が違ってくることに、まず気が付かねばならないということでしょうか。
私自身もそこを考える日々です。


2014-09-29 10:54:37

再び、福井県大野市へお邪魔いたします

テーマ:ブログ
{F14D6E2C-522F-46A8-8B63-8E6842327260:01}

福井県大野市に再びお邪魔いたしますm(_ _)m
今回は旦那と掛け合いながら、更に突っ込んだお話をする予定ですので、よろしくお願いします。
さてどんなお話しが飛び出しますやら(笑)

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>