riding a bicycle

最近はロードバイク、おうち、多肉、読書…たまに仕事。


テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事柄、いろいろなモノを見たり、いろいろなところへ行ったり。広く浅く(たまに狭く深く)、動き回るのが習い性です。

 

 

 

 

 

 

リサーチに、仕事の資料をひっくり返していたら、そのなかで尾形真理子さんが、とても気に入っている場所に「圓通寺」をあげている記事があって、おおっ!!と嬉しく、ひと息に時間が巻き戻されて、なつかしくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

博報堂のクリエイティブディレクターである尾形さんは、たぶん、LUMINEの広告でとても馴染みがある方です。電車の中吊り広告や駅貼りポスターで

 

 

 

 

「自分を根っこから否定しない。自分をまるごと肯定しない。」

 

 

 

 

「恋は奇跡。愛は意思。」

 

 

 

 

「風はすべて追い風。わたしがどこを向くかだ。」

 

 

 

 

 

…と、「残る」強い言葉を、蜷川実花さんのビジュアルで見せる、力がある広告を作リ続けています。

 

 

 

 

 

--------------

 

 

 

 

 

圓通寺には、公式HPはありません(ググってみて、いまだにないんだ!と驚いた)。

 

 

 

 

 

 

 

さまざまな紹介サイトやBlogが出てくるので、なんとなく、どんなところなのかが分かるかなあ…。でも、ここは、自分の足で行ってみて、自分の眼で見て、五感で身体の隅々まで染み込ませるように、感じたい。そんな場所です。

 

 

 

 

 

 

 

私が初めて圓通寺へ行ったのは、高校の修学旅行。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん当時は、インターネットはなく(まだポケベル&PHSが混在していた時代…)、自由行動日のプランを決めるには、ガイドブックと時刻表と先輩のクチコミしかなかった。たった1日の行程(たしか7カ所くらい回ったような)に、圓通寺を無理やり詰め込んだ記憶があります。

 

 

 

 

 

 

 

なんで行こうと思ったのかな…(忘)  たぶん、「絶対行ったほうがいいよ!」と、先輩から聞いたのかな。

 

 

 

 

 

 

 

数軒の民家と田畑のまんなかに、ぽつりとある寺。いったい何が、見どころなのだろうと、境内に入り、奥へ進んでいくと。

 

 

 

 

 

 

 

目の前に、無限の風景がありました。

 

 

 

 

 

 

 

こぢんまりとした枯山水の庭と生け垣。

 

 

 

 

 

 

その先に杉と檜の木立。

 

 

 

 

 

 

さらに、その木々の間、遥か先に比叡山の山並みを望む。

 

 

 

 

 

 

言葉を失って、吸い込まれるように、見とれていて。立ち去りがたくて。いつまでもいつまでも、眺めていたくて。。。

 

 

 

 

 

 

 

百聞は一見に如かず…書ききれないものです。こうした作庭の手法を「借景」というのだと、後で知りました。

 

 

 

 

 

 

 

当時(20年以上前!)は撮影不可でしたが、今では、画像検索でも出てきます。ただ、そうした画像では体験できない風景です(断言)。

 

 

 

 

 

 

学生の頃、そして社会人になってからも、京都の寺社や街中を見て歩くのが好きで、よく京都へ通っていました。

 

 

 

 

 

 

 

お金がなかったから、行きは深夜バス。着いたら、ひとが少ない朝のうちに、行きたいところへ真っ先に行って、ひたすら、ぼんやり、じっくり…眺めていた。

 

 

 

 

 

 

 

いまとなっては、ほんとうに貴重なひとときだったなあ…と思い返す。

 

 

 

 

 

 

 

圓通寺は…夏と秋は行ったかな。でも、春と冬はまだ見ることができていない。たまに、京都出張の機会もありますが、なかなか、足をのばすことができずにいます。

 

 

 

 

 

 

 

学生の頃は、借景を守るための建築規制が議論されていました。現在は、きちんと規制されているはず。でも、すでに当時、比叡山の山肌にはロープウェーが引かれていて。庭から望む、山に刻まれたそのひと筋の跡を、残念に思ったっけ…

 

 

 

 

 

 

 

あの場所は、ある意味で、自分の原点なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

最近、旧いことを思い出すことが多いせいかな…今度チャンスがあったら、絶対に行ってみよう、とメモ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(本文と写真は関係ありません   ^^;  )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。