スキンシップゼロ夫婦

テーマ:

アメブロの人気ブログ。

スキンシップゼロ夫婦

 

 

夫婦なのにスキンシップゼロ。

セックスレス夫婦の上をいっている。

 

世の中には色んな夫婦がいるもんだ。

 

 

妻のまゆ(ブロガー)さんは夫のみーさんとお付き合いして結婚して、その過程でキスもなんにもないことに、悩んだり自分からアプローチしてみたり…っていうことを記事にしている。

みーさんからまゆさんへのアプローチは、ゼロ。

日常会話はしているけど、会話すらほとんどまゆさん発信。

 

極度の恥ずかしがり屋、ってことらしい。

人見知り、らしい。

 

中年晩婚夫婦(年齢ははっきり記載されていない)でまゆさんより6歳年上のみーさん、シャイボーイ。

30代後半か40代…の男性が、シャイボーイ。

 

 

GACKT曰く、「人見知りって言っていいのは20代まで」との発言に(自分もコミュ障だけど)深く納得したわたし。

 

いい年こいた男性が……シャイボーイ?

 

妻のラブフィルターの強力さよ。

 

この世には性欲が無い人間はいる。性的に淡白な人間もいる。

男性は女性より性欲があると言われているけれど、そんなことはないと思う。男性でもあんまりその気にならないタイプっている。

 

 

 

だから、みーさんがそういうタイプだとしても不思議はない。

 

 

でも、それとシャイボーイであることとは関係ないよね。

 

 

 

気質的なものか器質的なものかは知らないけど、キスもハグも(当然セックスも)しないんだから、根本的にスキンシップしたくない性質なんだろう。

 

最近の記事で「父親になる自信がない」から子づくりも拒否していたみーさん。

まゆさんは「どうしても子どもが欲しかったわけじゃない」し「事前に話合わなかった自分も悪い」から、子どものいない人生を選択した。

 

自分で考えて決めた、とある。

 

 

ここでもみーさんを責めないまゆさん。

本当に夫のことが好きなんだろう。

 

ほんわかカワイイ絵柄で語られる夫婦の日常は、へたなホラー漫画より地獄絵図のように見えるけれど…、

 

 

スキンシップがなくても愛情はある。

スキンシップがなくてもみーさんが好き。

 

と、いうことなのだそう。

 

 

色んな夫婦があるものだ。

 

 

 

 

 

 

 


AD

高台家の人々が完結したので、次はアシガールに切り替えていこう、と思っていたらドラマ化の報が。

 

戦国タイムスリップものは信長協奏曲だの信長のシェフだの既にそこそこいい感じに実写化に成功しているジャンル。

しかも放送局がNHKなら時代劇は手堅くやってくれるんじゃない?期待できそう。

作者の森本梢子といえばごくせんで実写化は大成功してるしね。デカワンコの多部未華子ちゃんも可愛かった!

 

ちなみに原作のアシガール。

マンガね、すっごく面白い。

実はちょっと前から読みだしてるんだけど、燃え&萌え!

 

高台家の人々の木絵がほっこり癒し系女子とすれば、アシガールの唯は猪突猛進肉食女子!

 

走るし戦うしつっこむし可愛いし、そりゃー若君も…うにゃうにゃ……いかん、またネタバレしそうに!

 

アシガール(漫画)はまた今度、感想記事書こう。

 

 

関連記事
今買い集めている漫画 

好きな漫画教えるから一致した人は教えてね 





高台家の人々の記事
高台家の人々 1巻 

高台家の人々 5巻 

高台家の人々 6巻完結 王子には美しい心が見えたのでした 


 

 

 

 

 

 

 人気漫画『アシガール』がドラマ化され、2017年9月23日(土)より放送を開始する予定だ。これまで数々の人気作品が登場してきたNHK「土曜時代ドラマ」枠での放送とあって、原作ファンからは「戦国時代の描写にすごい期待できそう!」「合戦のシーンとか沢山のエキストラ使ってド迫力に描いてほしい!」との声が上がっている。

 同漫画は『ごくせん』の森本梢子が描いたタイムスリップコメディ。オシャレもダメ、勉強もダメ、恋愛も興味なしの女子高生・速川唯が、ある日弟の作ったタイムマシンで戦国時代にタイムスリップしてしまうという物語。

 そんな同漫画が、「忠臣蔵の恋 ~四十八人目の忠臣~」や「みをつくし料理帖」といったドラマが放送されてきたNHK「土曜時代ドラマ」枠でドラマ化。制作スタッフも、これまで様々な“時代劇”を手掛けてきた経験豊かな顔ぶれがそろった。脚本を務めるのは、金曜時代劇「慶次郎縁側日記」や大河ドラマ「花燃ゆ」などでお馴染みの宮村優子。そして演出には「精霊の守り人 悲しき破壊神」の中島由貴や、大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」の伊勢田雅也などが参加している。

 これには原作ファンも「『アシガール』実写化! それもNHK! 理想的すぎる!」「スタッフがかなりガチwww 時代劇としてもかなり楽しめそうだな」「戦国時代の街並みとかも忠実に再現してくれそう」「だいぶ時代劇よりのスタッフ陣揃えたな(笑)」と期待大な様子。中には「かなりコメディ色の強い作品だからNHKでのドラマ化は予想外だった」と驚きの声も。

 またドラマに出演するキャスト陣は黒島結菜と健太郎の2人が発表されており、こちらも「なかなか良さげなキャスト陣で期待がもてる」と好評。さらに2017年5月27日(土)発売の『ココハナ』7月号には出演者2人と森本のコメントが掲載されている。少しでも早くドラマの情報を知りたい人は、こちらも要チェックだ。

■ドラマ「アシガール」
放送開始予定:2017年9月23日(土)
放送時間:毎週土曜18:05~18:43(全12回予定)
原作:森本梢子
脚本:宮村優子
出演:黒島結菜、健太郎 ほか
演出:中島由貴、伊勢田雅也、鹿島悠

 

 

 

 

 

 

AD

メタルスライムをゲットした。

 

 

スライム2匹目。

 

 

 

 

スライム目薬のケースである。

 

 

 

スライム目薬のケースならスライム目薬のオマケにしてくれればいいのに、普通の目薬のオマケであった。

 

 

 

 

目薬さし放題。

 

 

AD