Google AIY Voice Kit とラズパイで

簡易 Google Home を自作しました。

 

 

まず、VoiceKitとRaspberry Pi 3 Model B を準備するのは当然ながら、

まだ注意するポイントがありました。

■注意ポイント

  • 無料でできるのは英語版
  • 両面テープが必要
  • 細いプラスドライバーが必要

 

まず、課金なしでできるのは、英語版のみということ。

日本語対応やカスタマイズにはお金がかかる(トライアルあり)

 

両面テープは、なくても工夫次第でできるかなと思いましたが、

やはりあった方が良いです。

 

プラスドライバーは#0のものが必要です。

 

手順や設定は他のサイトを見れば

参考になるものがあるのでそちらに任せますが、

まだまだかゆいところに手が届かない部分がありました。

 

それが、

・ラズパイ起動時にGoogleアシスタントを自動起動したい

・初期ボリュームがでかい

 

当方、楽をして

VoiceKitと一緒にRaspberry Pi 3 Model Bをセット購入したので、

ある程度セットアップ済みのSDカードでした。

その環境前提です。

 

■Googleアシスタントを自動起動

起動時に自動化する方法はいくつかあるようですが、

今回は systemd を使う方法で試したいと思います。

 

まず、どこでも良いのでスクリプトを作成します。

 

$ vi my_assistant.service
Description=My awesome assistant app

[Service]
ExecStart=/bin/bash -c '/home/pi/AIY-voice-kit-python/env/bin/python3 -u src/my_assistant.py'
WorkingDirectory=/home/pi/AIY-voice-kit-python
Restart=always
User=pi

[Install]
WantedBy=multi-user.target

 

と記述して保存します。

保存したファイルを以下のように移動します。

$ sudo mv my_assistant.service /lib/systemd/system/

 

そしたら、以下のコマンドで

サービスとして登録しておきます。

ついでに一応開始させておきましょう。

$sudo systemctl enable my_assistant.service
$sudo service my_assistant start

 

■初期ボリュームを変更

ボリュームの変更は amixer コマンドでできます。

が、出力デバイス名を知る必要があります。
 

$ sudo amixer -M
Simple mixer control 'Master' , 0

 

この環境では「Master」という名前のようです。

※他に「PCM」とか

 

とりあえず音量を70% にしてみる。

 

$ sudo amixer sset Master 70% 

 

ちゃんとボリュームが変わりました。

これをOS起動時に自動セットするようにします。

 

起動時に自動化する方法はいくつかあるようですが、

今回は /etc/rc.local に処理を書き込む方法で試したいと思います。

 

$ sudo vi /etc/rc.local
if [〜]
…
fi
exit 0

 

とか既に書かれていますが、

この fi と exit 0 の間に処理したいことを記述して

if [〜]
…
fi

amixer set Master 70%

exit 0

 

としました。

これで保存すればOK。

 

 

これで無事

ラズパイ起動時に

そのまま良い音量でGoogleアシスタントが使える状態になりました。

 

 

AD

Google検索をすると、

検索結果がGoogleMapデフォルトになってしまう現象があった。

 

アドレスバーから入力しても、結果はGoogleMap

Googleの入力部分で入力しても、結果はGoogleMap

ブラウザ再起動してみても、結果はGoogleMap

※ちなみにブラウザはChrome

 

 

もう検索対象が「Google マップ検索」ってなってしまってる。

 

「何これ、バグ?」

と思って、Yahooのリアルタイム検索で「GoogleMap」を検索してみたが、

特にそんな事象で盛り上がっている訳はなかった。

 

私だけ??

 

ということは設定関連?

 

ユーザーを変えて同じことをやってみると、

あれ大丈夫。。。

 

さっきのユーザーだけおかしい。

設定があるはず!

どこにあるんだ!?

よし調べよう!

結果はGoogleMap。

ムカっ!!

デフォルトYahooにするぞコノヤロ!

 

設定はここでできました。

 

chrome://settings/search

 

[検索エンジン]の

[アドレスバーで使用される検索エンジンです]

の項目が「Googleマップ」になっていた!

 

 

なぜこうなったか、原因は不明だが、ここを「Google」に変更してっと。

 

 

もう一度検索してみると

 

 

無事解決。

 

 

 

AD

iOS11にアップデートしてからか、

AppStoreがリニューアルされてからか、

どちらにせよ2017年9月以降、

アプリのアップデートが不安定でした。

 

すべてのアプリが全くアップデートされない訳ではないが、

アップデートできるはずのアプリがアップデートできないことがある。

 

ここでは、

アップデートできないと言っているのは、

AppStoreアプリのアプリ詳細ページで

「アップデート」ボタンとなるはずが、

「開く」ボタンのままになっている状態を言っています。

 

アプリのバージョン番号や日付を見ると、

最新の状態に更新はされているようだが、

アップデートするきっかけがない。。。

明日になれば勝手にバックグラウンドで自動アップデートされる?

 

あ、そういえば、

自動アップデート(自動ダウンロード)はシステム設定で

設定できたはずだが、あえてOFFにしてた。

が、それはPocketWi-Fiで勝手にパケット使ってほしくないのであえてOFFにしている。

 

調べていると、

実はiOS11.1の不具合で、

App Storeからのアプリダウンロード・アップデートが始まらない・遅いことがある

という事象があるらしいことが分かった。

 

でもこれは、「アップデート」ボタンを押した後の話でしょ?

と取れるので、また別の問題かなと。

 

調べても出てこないので、一旦諦め。

その後もいくつかのアプリで同様の現象があったが、

気づくといつの間にかアップデートされているということがよくあった。

 

その後、アップデートが必要で注目するチャンスがあったので、

スクショを取りながらと思ってAppStoreをチェックすると、

どうやら症状から推測できることがあった。

 

どうも

アプリ詳細ページにおいて、
未アップデートのアプリであっても、
アップデートを認識するまでは、ボタンが更新されないようです。

 

アップデートが必要と分かっている

「Amazon Prime Photo」アプリにおいて

 

検索でアプリ詳細ページを開くと
ボタンが「開く」になっていた。

※この時、アップデートタブのバッジは11

 

 

アップデートタブへ移動し、

プルリフレッシュすると、

アップデート候補が増え、

その中に「Amazon Prime Photo」アプリも登場

※このことでアップデートタブのバッジは22に増えた

 

 

その後再びアプリ詳細ページを開くと、
ボタンが「アップデート」に変わってました。

 

 

これは、

Appleのバグなのか仕様なのか定かではありませんが、

アップデートできないと思って、

アプリをアンインストールして再インストールしてしまうユーザーもいると思うので、

紛らわしいし何とかして欲しいところだ。

 

 

Prime Photos Prime Photos
 
Amazon

 

AD

無事審査が通り、公開されました!

「秘書!これ言いづらいから代わりにお願い!」

あなたの秘書が言いづらいことも代わりにしゃべってくれます。 すみません。ごめん。ありがとう。うれしい。すき。感謝。たすかった。恥ずかしがらなくても大丈夫

 

 

こんな感じで使えます。(使ってもらえます)

 

 

 

やばっ恥ずかし!というときの後付け(あとづけ)でギリギリセーフ

 

https://store.line.me/stickershop/product/1676392