ONE OK ROCKのかっけー動画の後になんなんですが。

同い年のシンガーソングライター、タニザワトモフミ氏の名曲『くたばれJ-POP』を。

最近丸くなって毒牙抜けたんじゃねーの、と思ってる方。。安心してください、生えてますよ!



AD


この前見たNHK番組が凄かった。。

やる気ある18歳の子ら1000人を集めて、コーラスでONE OK ROCKと共演させる、という内容。

1000人の中には、ケガして部活引退したけど何か成し遂げたい子、

将来自分の店出すために料理学校通って修行してる子、

地元で酪農の道に進もうとしてるけど歌手への夢が捨てきれない子、

昔イジメられてたけどコーラス部に入って変われた子、

高校卒業で幼なじみと離れ離れになるので、最後に一緒に何かやりたい子ら、等々、

それぞれがストーリーを持って、何かしらの気持ちを持って応募してきた1000人。

曲は、これのためにONE OK ROCKが作った曲『We are』。

日本各地で練習会が行われ、本番直前のリハーサル。やる気は皆あれど、どこか優等生的な歌い方だった1000人だったが。

コーラス指導の先生の最後のお言葉。

「私だけ?激しく動いているのは。

基本は自分のありのままでいい。

歌詞にあるように、暗闇の中にも、ここに1000人いたら、1000個のカラーがあってほしい」

で、この本番。

ONE OK ROCKのボーカルの凄さは言うまでもないですが、この素人若者1000人のエネルギーがもう。18年生きてきた彼らの結晶が、今この一点に。

一生この子たちの胸に刻まれるステージですよねこれは。

皆様のまわりに、これ見てない十代の子がいたら、ぜひとも見せてほしいもんです。

いや、もう十代じゃなくても。。

AD