鳥取県を舞台にした連続不審死で、昨年10月に自宅で変死した鳥取市の無職、田口和美さん(当時58歳)について、県警捜査本部が殺人容疑での立件を断念したことが23日、捜査関係者への取材で分かった。捜査本部は近く解散する見通し。

 鳥取市の元ホステス、上田美由紀被告(36)の周辺で7人の男性が変死。上田被告はこのうち鳥取市の自営業、円山秀樹さん(当時57歳)と同県若桜町のトラック運転手、矢部和実さん(当時47歳)への強盗殺人罪で起訴された。この2人と田口さんを除く4人については事件の可能性は低いとみられていた。

 田口さんは昨年10月27日早朝、自宅アパートで心肺停止状態で見つかり、間もなく死亡した。前日午後7時半ごろ、上田被告が田口さんに睡眠導入剤7、8錠を2回に分けて飲ませたところが隣人に目撃されていた。捜査関係者によると、田口さんの体内から複数の睡眠導入剤が検出されたが、田口さんは心臓に持病があり、睡眠導入剤服用と死亡との因果関係が解明できなかったという。ヒ素などの毒物と違い誰にでも手に入る睡眠薬を飲ませた事案で、状況証拠だけで殺人容疑を立件するのは難しいと判断したという。

【関連ニュース】
鳥取不審死:上田容疑者を強盗殺人罪で追起訴
鳥取連続不審死:上田被告、運転手強殺容疑で再逮捕
鳥取・男性連続不審死:矢部さん強殺罪で上田容疑者追起訴
男性連続不審死:転売目的で車詐取 上田容疑者ら逮捕 /鳥取

警察署内のトイレで男性自殺未遂 栃木(産経新聞)
堀内恒夫氏の公認を発表(産経新聞)
<訃報>山村若晴司さん67歳=日本舞踊家(毎日新聞)
保育園で36人食中毒、4歳児が一時入院(読売新聞)
関ジャニ∞の渋谷すばるさん新宿で追突事故(産経新聞)
AD