2005-09-10

入店のこと ~予約時間を過ぎたらどうするの?~

テーマ:テーブルマナー

予約を入れた時刻に行くことは当然ですが
必ずしも全員が時間通りに辿り着けるわけではありません。
電車が遅れたり、道に迷ったり、想定外のことが起こったり・・・。
時間にうるさい人でも絶対ってことはないのです。


入店は予約時間の5分前後が望ましいです。
だから早く着けばよいというものでもありません。
また予約を入れた時間には、
予約を入れた人数で行くことが非常に大切です。
コース料理は2人以上からオーダーするもの。
ひとりでも遅れると料理がスタートできません。
だから、人数を揃えてから入店することが望ましいのです。



私の場合ですが
15分以上遅れそうなとき、電話を入れるようにしています。
「何時に予約した○○ですが・・・着くのが何時ごろになりそうなのですが・・・・」
という感じの電話をしています。
ラストオーダーに影響する場合は別ですが、

多くのレストランでは
「お電話有り難う御座います。お気をつけてお越しください」
というような優しい対応をしてくれるはずです。

また忘れがちですが、

早く着いてしまうときも、電話をする方がよいでしょう。
店側も対応の準備(心構え)があると思うので・・・。



レストランに着くと、スタッフがお出迎えしてくれます。
何十分も前から外でスタッフが待っているレストランもあれば
店内からこっそりうかがっているレストランもあります。
温かく迎えられると同時に
予約した名前を聞かれるので、落ち着いてはっきり答えましょう。


中に入ると受付(レセプション)もしくはクロークで荷物を預けます。
預けるときに注意して欲しいのが
  ・男性は財布を預けないこと。
  ・女性はハンドバック(小さなポーチ)を預けないこと。

レストランでは席で会計をします。
財布が手元にないと、ちょっと格好悪いので注意しましょう。
女性のハンドバックは、ファッションの一部みたいなものです。
だからクロークで預けるものではないので、これも注意しましょう。
基本は男性は手ぶら、女性はハンドバック1つだと思ってください。



クロークで鞄を預けると
ダイニングもしくはウェイティングルームに案内されます。
このとき歩く順番は、以下のような順がよいとされています。
  案内がいるとき   →   1.案内人 2.女性 3.男性

  案内がいないとき →   1.男性 2.女性

女性をうまくエスコートすれば、この流れに自然となりますが、

しかし、日本の女性は男性の後ろを歩く癖があります。
女性が前を歩かない(このルールを知らない)からといって、

無理に誘導する(口論になる)のはスマートではありません。

自然の流れで、この並びになることが理想ですが、

無理なときは、この順序を気にせず進んだ方がスマートです。


レストランでは男性が女性をエスコートするものです。

マナーに困ったとき「エスコートするんだ」って気持ちを忘れなければ

意外とスマートに対応できるものです。



注意事項
 ■大きな荷物を持って入店しないこと
  特にホテルのレストランの場合、

  大きな荷物を抱えて入店する人をよく見かけます。

  大きな荷物を持たないことは、暗黙の了解みたいなものなので覚えていてください。


 ■鞄を預けないとき

  鞄を預けるか聞かれたとき、預けなくてもそれほど問題はありません。

  4人用のテーブルに案内された場合は、

  空いている椅子に鞄を置くよう勧められます。

  もし空いている椅子がないときは

  ウェイターの邪魔にならない足元に置くケースが多いです。


 ■ハンドバック

  女性のハンドバックは、

  背中と椅子の間(おしりの辺り)に置くか、

  ウェイターの邪魔にならない椅子の下に置きます。

  たまに、椅子に掛けている人を見かけますが

  これはウェイターの邪魔になるので注意しましょう。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

restaurantさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。