歴史エッセイ集「今昔玉手箱」

本格的歴史エンターテイメント・エッセイ集。深くて渋い歴史的エピソード満載!! 意外性のショットガン!!


テーマ:

日本の霊性を語る時、やはり伝説の
ムー文明圏から話を起こすのが適当
だろう。眠れる予言者・エドガー
ケーシーは、人類最初の文明が芽生え
たのは20万年くらい前の超古代大陸
としている。地球物理学者の竹内均は、
太平洋とインド洋に同語・同文化を
共有する文化圏が確かに存在すること
から、象徴としてのムー文化圏を認め
ている。むろん日本列島もその一部
に含まれる。


現在語られているムー帝国は5万年前
の太平洋にあり、首都はヒラニプラ。
氷河期時代の地球は、海面が今より
140m前後低かった為、太平洋の
広大な低地は1万2000年前に
海没していったと思われる。


ムー人は10氏族から成っていた。
カラ族は中央と南アメリカへ渡り、
カラ帝国を建てた。マヤ文明の
絵文書「トロアノ古文書」にも、
兄弟たちは太平洋を渡ってきたという
ムーの記述がある。ウイグル族は
バイカル湖の南に首都を置き、中国・
モンゴル・シベリアを開拓。チベット
のラサ記録にムーが記されている。
シベリアの寒冷化で日本に渡って
きたアイヌ・縄文人のご先祖様も
含まれているだろう。ナガ族は
ビルマからインド方面に進出。
このナガ帝国の内戦はインド神話
として語り継がれているという。


ムーの聖典は「聖なる霊感の書」と
言われ、インドのンズーヒ寺院に、
ナーカル文書という粘土板に、複製
として残されている。ナーカルとは
「聖なる兄弟」の意で、母なる国ムー
からインドにやってきた聖なる兄弟
によって記された碑文いうと意味で
ある。

文書は「聖なる霊感の書」と言われ
ている。内容は天地創造と人類誕生
の話に始まる。

「宇宙のははじめ、霊そのもの
だった。生命も音もなく、あるのは
ただ静寂と空虚と暗黒のみだった。
その暗黒の底深くに、至上の霊にして
偉大なる力そのもの、創造の神たる
7頭の蛇が動いていた」


これがムーの唯一の最高神・創造の
蛇「ナラヤナ」である。

続いてナーカル文書は語る。


「人は千年の寿命を持つことが出来る。
その場合生き残るのは神から授かった
霊魂で、肉体は母なる大地に帰る。
霊魂は美神の第7の命令に属する
もので、人間は地上を支配する為に
この力を授かった。人間は鍛錬次第で、
どんな物質よりも大きな波動を、持続的
に生み出すことが出来る。大きな波動
を発することを体得すれば、前世を
見に行くことも可能になる。」

アンコールワットのアンコールとは、
ナーガルが訛ったもの。守護神は
7頭の蛇・ナーガ。日本でも旧石器・
縄文の昔から、広く神の使いとしての
蛇、巨大なエナジーの龍が信仰の対象
だった。

 

○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o

 

アマゾンのKINDLEから「日本神話夢幻/国生み国づくり神話」
を出版しました。
日本が米英蘭仏豪などのキリスト教諸国と戦争をして敗戦。
米軍GHQが進駐して教育から「神話」を消し去った。
神話を失った民族は滅び去る 
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E5%A4%A2%E5%B9%BB-%E5%9B%BD%E7%94%9F%E3%81%BF%E5%9B%BD%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E7%A5%9E%E8%A9%B1-%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E7%B9%81-ebook/dp/B01HQL2GGQ?ie=UTF8&*Version*=1&*entries*=0

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

古事記・日本書紀・旧事記・古語
拾遺を古典四書という。一方で、
アカデミズムからは外伝扱いされて
いる古伝四書というものがある。
カタカムナ文献、三笠紀(ミカサフミ)、
ウエツフミ、そしてホツマツタエ
(秀真伝)である。

ホツマツタエは古事記・日本書紀
以前の古神道を語る唯一の文献で、
ヲシテ文字(神代も字)で記された
五七調歌体全40アヤ(章)から成る。
126年景行天皇時代に編纂
され、三輪神道が秘かに伝承してきた
という。内容は宇宙の始まり(アメ
ツチノハジマリ)からカミヨ(神代)
の時代、人皇ハジマリ、カンヤマト
イワレヒコ(神武天皇)から12代後の、
ヲシロワケ(景行天皇)57年までが
記載されており、古事記・日本書紀
の原典とも言われている。


この中では伊勢神宮外宮に祀られて
いる豊受大神が、タカミムスビ=
トヨケ神として登場し、孫の
アマテル神を丹後国宮津の真名井に
呼んで、道の奥(ミチノク)=道の奥義
を伝授した。丹後国宮津の真名井には、
本伊勢=本当の伊勢神宮とも言われる
「籠(この)神社」で豊受大神)、
イザナギ・イザナミ神を祀る「真名井
神社」がある。境内には籠目紋
(六芒星・ダビデの星)を描いた灯篭
があった。籠神社の祭司・海部氏族は
皇室の先祖に匹敵する家柄で、秦氏が
乗っ取るまでは物部系であった。
丹後王朝は出雲王朝と共に、龍蛇
を信仰する国津神系神社だった。


道のミとは接頭語の「御」。チは血・
地・父・乳・霊)、つまり肉体と霊、
存在するものの根源を示している。
道の奥とは、イモ(妹=女)とヲセ
男背=男)が愛し合う「イセの道」
だった。縄文時代は男根石棒は生殖
と繁栄のシンボルで、大いなる1(イタ)
=幹(キ)、杵(キネ)、カミ、、プル、
ハジメなどと呼ばれた。プルが膨張
する様をフルという。極限に達して
タリ(足)、ミチタリ(満ち足り)る。
女陰は川(シャク)=3に例えられる。
プルとシャクが2(男女)で性交・
妊娠・出産を繰り返す限りない生存
の持続が永遠の生(ミシャクリ)で
あった。川の女神は瀬織津姫である。


この神の原理は、古事記にもきっちり
踏襲されている。宇宙の根源神は
天之御中主神(アメノミナカヌシノ
カミ)。父性原理はタカミムスビノ
カミ。母性原理はククリヒメノカミ。
縄文文明1万年にわたって信仰されて
きた国津神系の神である。


伊勢神宮には本伊勢がもう1社ある。
内宮よりも成立が古い伊雑宮(いぞうの
みや)である。1671(延宝7)年、
伊雑宮の神庫から、聖徳太子が編纂
したとされる、皇室の先祖を記した
「先代旧事本紀大成経72巻」が
発見された。そこには伊雑宮の寺格
は本宮より上と記されていた。発見者・
永野采女(男)は流罪となり、出版は
ただちに禁止された。つまり藤原
不比等が封印した、国津神系の天皇家
の神話だったからだ。伊雑宮には
アマテル神と一対の龍神(水の女神)・
瀬織津姫が祀られていた。ちなみに
伊勢神宮の内宮・外宮・伊雑宮三社殿
の延長線上に籠神社がある。

 

○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o

 

アマゾンのKINDLEから「日本神話夢幻/国生み国づくり神話」
を出版しました。
日本が米英蘭仏豪などのキリスト教諸国と戦争をして敗戦。
米軍GHQが進駐して教育から「神話」を消し去った。
神話を失った民族は滅び去る 
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E5%A4%A2%E5%B9%BB-%E5%9B%BD%E7%94%9F%E3%81%BF%E5%9B%BD%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E7%A5%9E%E8%A9%B1-%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E7%B9%81-ebook/dp/B01HQL2GGQ?ie=UTF8&*Version*=1&*entries*=0
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本では、いまから1万6500年前
の土器が青森県大平山元1遺跡から
発見され、また出雲市多伎町砂原の
砂原遺跡からは、いまから12万年前
のものとみられる石器が出土している。


土偶は今から1万2千年から1万年前
の縄文早期に出現し、弥生時代には
見られなくなる素焼きの造形物だ。
妊娠した女性像がほとんどなので
地母神像と思われ、初めからバラバラ
にするのを目的として作られたらしい。
妊娠から出産は女性にとって命がけ
だった。妊婦の土偶をバラバラにする
事で、神々に安産を願ったのだ。五体
分断は壊疽からの再生を意味している。

縄文の神の大半は女神である。日本
書紀では保食神(ウケモチノ神)、
古事記のオオゲツヒメの、作物起源
神話に関わるような祭祀に使われたの
だろう。保食神(ウケモチノ神)は
月夜見神をもてなす為、陸を向いて
口から米飯、海を向いて魚、山を
向いて獣を吐き出した。ところが
月夜見神は口から吐き出したもので
もてなすとは汚らわしいと、
ウケモチノ神を斬り殺してしまった。
すると女神の屍体の頭部から牛馬、
額から粟、眉から蚕、目から稗、
陰部から麦・大豆小豆が生まれたと
いう。月夜見の行為に激怒した
アマテラスは、これ以後月夜見には
会わず、太陽と月は別々に出る
ようになったとさ。

こうした作物起源神話は、東南アジア・
オセアニア・南北アメリカなどのイモ
栽培文化圏に広く分布する「ハイヌ
ヴェル型神話」と呼ばれている。他に
エジプトのホルス神、ギリシャの
ディオニソス神なども、五体をバラ
バラにされた後に復活する。再生の
為の死という神話は、個人レベルでは
「夢」として表れる。

シベリア諸族・アラスカエスキモー・
北米インディアン・オーストラリアの
アボリジニなどで、祖霊+精霊と対話
するシャーマンやメディスンマン予備軍
が、シャーマンになる過程で見る夢が
五体分断なのだ。夢で首を斬られる・
五体を引き裂かれる・首をくくる・
死刑を宣告されるなどの悪夢を見た
ならば、新生するために古くて穢れた
生命力(体液)や思想を廃棄する夢だと
思っていい。夢の中で何度も象徴的に
死と再生を繰り返す事で変身・変容を
遂げ、神の力の一部を行使して祖霊や
精霊と対話する力が得られるという事を、
古代人も経験則として知っていたのだ。

 

○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o

 

アマゾンのKINDLEから「日本神話夢幻/国生み国づくり神話」
を出版しました。
日本が米英蘭仏豪などのキリスト教諸国と戦争をして敗戦。
米軍GHQが進駐して教育から「神話」を消し去った。
神話を失った民族は滅び去る 
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E5%A4%A2%E5%B9%BB-%E5%9B%BD%E7%94%9F%E3%81%BF%E5%9B%BD%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E7%A5%9E%E8%A9%B1-%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E7%B9%81-ebook/dp/B01HQL2GGQ?ie=UTF8&*Version*=1&*entries*=0
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

神話とは民族の集合的無意識が持つ共通の
イメージであり、ものの見方、感じ方の伝承
である。それは文化を形成し、民族に正統性を
付与してきた。神話を物語り、語り継がれる
ことで、人々は人間の死生観、親子問題、
男女の愛、人間の愛、神々と人間の関係性、
人間の霊性、魂と肉体、自然と宇宙といった、
人間の根本的問題について、深い叡知の
ような何ものかを示唆される。

神話は民族の文化を形成する際に、暗黙の
巨大な道標の役割を果たす。逆に神話を
失った民族は、滅び去る。敗戦後日本に進駐
したGHQが、日本の教育から神話を消し去った
のもこの為である。

1つの神話圏に異なる神々が侵入する時、
民族固有の神話的自我は、渾身の力を
もってこれを排除しようとする。旧約聖書
を母体とするユダヤ・キリスト教とイスラム教
は「反自然・父姓神格神話群」に分類され、
性は悪である。一方日本のアマテラス神話は
「親自然・双性型神話群」に分類される。
神道が特異なのは、歴史的過程でヒンズー教・
仏教の「即自然・女性型神話群/性=善」
を受け入れ、秦氏の原始キリスト教をも取り
込んで「習合」してしまった点にある。
明治以降、欧米文化とキリスト教を受け入れ
始めると、性も悪の色彩が濃くなり始めた。


旧約聖書以外の世界中の神話は、創造の
根源に「母なる神」をたてた。母のように
産みだすものはすべて母と同じ象徴グループ
に分類された。大地の女神と水を司る女神、
川・泉・恵みの雨などが母神の支配下に
入った。だが母が怒れば大地が涸れ、地上の
一切は死滅する。そこで運命を支配し、
人間に死をもたらし、死後の世界=冥界・
地下世界を支配する恐怖の母神も母に属する
本質的イメージとなった。


一方、旧約聖書は、カナンの大地母神・
イシュタルとの闘争がメインテーマに
なっている。聖書が主張する神ヤハウエ=
イエス・キリストと人間との位置関係は
「支配と被支配の縦の服従関係である。
霊=ヤハウエ、イエス・キリストは善で
あり、大地と女・肉=性は悪魔である。
ここから堕落した自然、魔女である地球
という自然敵視の思想が現れた。


メソポタミア神話を原型として生まれた
失楽園神話は、聖書文明の集合無意識層
に深く根付いている。エデンの園からの
追放という最も重い罰を受けたと思い込ま
されている人類の最終ゴールは、神が創造
したエデンの園への帰還以外にはあり
得ない。ゆえにこの世界は絶対に「終末」
に向かう必要がある。終末の兆候は
キリスト再臨の喜ばしい出来事なのである。

人類文明の形成は、現象的現実を超えて、
意識の深層に深く根付いている集合無意識
の呼び声に呼応して行われている。人類の
文明史の担い手は、民族固有の深層意識に
深くコントロールされながら、その様式、
行程が展開されてゆく。「神話的自我」が
現実世界の水先案内人となるのである。

 

○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o

 

アマゾンのKINDLEから「日本神話夢幻/国生み国づくり神話」
を出版しました。
日本が米英蘭仏豪などのキリスト教諸国と戦争をして敗戦。
米軍GHQが進駐して教育から「神話」を消し去った。
神話を失った民族は滅び去る 
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E5%A4%A2%E5%B9%BB-%E5%9B%BD%E7%94%9F%E3%81%BF%E5%9B%BD%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E7%A5%9E%E8%A9%B1-%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E7%B9%81-ebook/dp/B01HQL2GGQ?ie=UTF8&*Version*=1&*entries*=0
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本が米英蘭仏豪などのキリスト教諸国と
戦争をして敗戦。米軍GHQが進駐して、教育
から「神話」を消し去った。神話は民族の
文化を形成する際に、暗黙の巨大な道標の
役割を果たす。神話を失った民族は滅び去る。


古事記は冒頭「天地初めて発(ひら)けし時、
高天原に成りし神の名は、天之御中主神
(アメノミナカヌシノカミ)、次に高御
産巣日神(タカミムスビノカミ)、次に
神産巣日神(カミムスビノカミ)。この三柱
(みはしら)の神はみな独神(ひとりがみ)
と成りまして、身を隠したまひき」と、
堂々と「三位三体」を宣言している。欧米
キリスト教の「三位一体」とは、思考の根幹
から異質なのである。キリスト教世界が、
渾身の力で日本神話を排除しようとする
理由がここにある。


神と子と聖霊が三位一体として一点に
同一化してしまうことで、階級社会序列
というピラミッド型の構造を生み出す。
思考の鋳型の特徴である。それはやがて、
上下対立の流れ、戦争経済闘争へと結び
つく。これに対して「三位三体」の思考
の鋳型からは、古代エジプト神学の
「色・音・形の重なり」と同様、決して
一体化=同一化されたり、一点収束する
事なく、始まり=αもなければ終わり=Ω
もない円環世界が展開してゆく。終末は
訪れず、聖書の黙示録預言は成立しない。

 

 

○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o

アマゾンのKINDLEから「日本神話夢幻/国生み国づくり神話」
を出版しました。
日本が米英蘭仏豪などのキリスト教諸国と戦争をして敗戦。
米軍GHQが進駐して教育から「神話」を消し去った。
神話を失った民族は滅び去る 
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E5%A4%A2%E5%B9%BB-%E5%9B%BD%E7%94%9F%E3%81%BF%E5%9B%BD%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E7%A5%9E%E8%A9%B1-%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E7%B9%81-ebook/dp/B01HQL2GGQ?ie=UTF8&*Version*=1&*entries*=0
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

和御魂(にぎみたま)奇御霊(くしみたま)
幸御霊(さきみたま)、荒御霊(あらみたま)
の四魂は、直霊(なおひ)という一霊に
集約される。直霊とは神の分霊(わけみたま)
であり、ゆえに人は誰もが皆、神の子で
ある。これが神道の根本的概念であり、
おそらく日本人でなければ理解出来ない
かもしれない。

聖書文明社会で神の子といえば、イエス・
キリスト以外にはありえない。これは
動かしがたい真理であり絶対の教義なのだ。
ゆえに人はイエスの信者か、悪魔の信者
か、無神論者かとして精神世界を漂流して
いるのである。

直霊のことを、ユング心理学では自己
(セルフ)と表現している。それは個人の
内なる神であり、究極の自分自身である。
私たちの意識と無意識全てを統括し、
生命の意味と役割を教えてくれる自我の
本体である。夢の中では、得も言われぬ
光と暖かさ+充足感として現れる。イエス
は「神は愛なり」と言い、インドの賢者は
「汝それなり」と示した。仏教では梵我
一如が適切な表現だろう。

だが究極というくらいだから、セルフ発見
の旅は困難の連続となる。本能の嵐に
翻弄され、環境と教育などによって刷り
込まれた観念や偏見、信念の幻想が立ち
はだかる。第一自我の関心は、自分の
外側に向かう性質がある。自己の内面探究
は苦痛だからだ。神の本質である愛と光も、
自己の外側に求めようとする。その理想像
の代表がイエスと言える。

「汝それなり」で間違いやすいのも、
それを外側の対象だと勘違いして学習
しようとすることにある。パソコンに
ついてならば、外側の対象だから学習
出来る。けれど神について、愛について、
光について学習すればするほど、周辺の
知識は蓄積され、神学者や哲学者には
なれるだろうが、内なる神という本質は
取り逃がし続ける。何生にもわたって。
頭脳明晰な人ほど、この罠にはまり
やすい。思考法がそういう風にプログラム
されているからだ。

気づくためには、外から内に方向を
変えるだけでいい。求めていれば、その
気づきをサポートしてくれるソウルメイト
が必ず現れる。あるいし準備が整った時、
必ず師が現れる。これは私自身も体験
した宇宙の摂理なのだ。


━この世界の盟主となるものは、武力や金力
ではなく、あらゆる国の歴史を抜き超えた、
最も古く尊い家柄でなくてはならない。

世界の文化はアジアにはじまってアジアに
帰る。それは、アジアの高峰、日本に立ち
戻らなければならない。われわれは神に
感謝する。われわれに日本という尊い国を
創っておいてくれたことを・・

アルバート・アインシュタイン━

 

○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o

 

アマゾンのKINDLEから「日本神話夢幻/国生み国づくり神話」
を出版しました。
日本が米英蘭仏豪などのキリスト教諸国と戦争をして敗戦。
米軍GHQが進駐して教育から「神話」を消し去った。
神話を失った民族は滅び去る 
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E5%A4%A2%E5%B9%BB-%E5%9B%BD%E7%94%9F%E3%81%BF%E5%9B%BD%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E7%A5%9E%E8%A9%B1-%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E7%B9%81-ebook/dp/B01HQL2GGQ?ie=UTF8&*Version*=1&*entries*=0
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「魂魄(こんぱく)この世にとどまりて
恨み晴らさでおくべきやぁ」とは古典的
怪談の名せりふ。で、この魂魄とは、
2つの要素から成り立っている。魄は
肉体の内側にあるエネルギー体で、
ヨーガではチャクラとナディから成る
微細身。俗に幽体離脱の幽体などと
呼ぶ。

魂は肉体や幽体の最深部に潜む神の分け
御霊で。神道では直霊(なおひ)と言う。
直霊は4つの性質から成る。和合・
協調を司る和御魂(にぎみたま)、英知
を司る奇御霊(くしみたま)、愛情を
司る幸御霊(さきみたま)、勇気や忍耐力
を司る荒御霊(あらみたま)である。

伊勢神宮内宮に祀られているのは、
天照大神の和御霊である。天照大神の
荒御霊は、縄文の女神でもある瀬織津姫
として、別に祀られている。この一霊
四魂は全ての人間に等しく存在する
ばかりでなく、動植物にも宿っている。
これほど優れた宇宙観・人間観・自然観
を持つ宗教は、世界的に見ても稀なこと
なのだ。

四魂とは、人間存在を成り立たせている
古典的表現で、ユング心理学では一霊を
セルフ(自己)で表現し、心理的機能を
「直観・感覚・思考・感情」とした。
そして最も発達した機能ごとに、直観
タイプ、感覚タイプなどと分類した。
これを優性機能という。

優性機能を二つの補助機能がフォロー
する。これが意識出来る3機能である。
しかし4番目の機能は、無意識下に
沈殿していて、未発達のまま抑圧され
ている。これを劣性機能という。逆に
言えば、この劣性機能を意識して顕現
出来れば「全体」となるのだ。

キリスト教は父と子と聖霊の三位一体。
3は意識の聖数。つまり4番目の劣性
機能は聖母マリア。彼女はオリエント
世界で広く信仰されている地母神であり、
大地・女・蛇に象徴される悪魔的存在
なのだ。これが欧米世界の人間観や自然観
の無意識に潜んでいる。

この構造は神道にも潜んでいるかも
しれない。縄文の昔から信仰されてきた、
天照大神の荒御霊・瀬織津姫である。
明治以降つい最近まで、日本の歴史教育
では縄文時代を狩猟採集の非文明的
原始社会と見下していたからだ。日本
文化の基調に豊かな精神文化を持った
縄文時代があることの意味は大きい。

 

 

○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o

 

アマゾンのKINDLEから「日本神話夢幻/国生み国づくり神話」
を出版しました。
日本が米英蘭仏豪などのキリスト教諸国と戦争をして敗戦。
米軍GHQが進駐して教育から「神話」を消し去った。
神話を失った民族は滅び去る 
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E5%A4%A2%E5%B9%BB-%E5%9B%BD%E7%94%9F%E3%81%BF%E5%9B%BD%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E7%A5%9E%E8%A9%B1-%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E7%B9%81-ebook/dp/B01HQL2GGQ?ie=UTF8&*Version*=1&*entries*=0
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「アマテラスは3度目の使者として、
武勇の誉れ高いタケミカズチノオと
アメノトリフネを地上に送った。
2柱の神は地上に降りると、剣を地上
に立て、その切っ先にあぐらをかいて
座り、オオクニヌシに国譲りを迫った。

オオクニヌシは返事を渋ったが、彼の
息子のヤエコトシロは、異存はないと
答えて身を隠した。タケミカズチノオ
の強談判に反対したのは、オオクニヌシ
の息子のタケミナカタであった。
そこでタケミカズチはタケミナカタと
相撲をとり、雌雄を決した。勝負は
あっけなく決まり、タケミナカタは
信濃の諏訪に逃げた。ここに至って
オオクニヌシは国譲りを決意した。
彼は出雲に退いてそこに御殿を築き、
出雲の神となった。

これが「古事記」に記された天孫族が、
出雲族より国を譲り受けた時のエピソード
である。なぜか唐突に「諏訪」という
地が出現する。

「なんで唐突に諏訪なのか?」

と疑問を持った私は、ずぶずぶと、
日本のワンダーゾーンの渦中に引き
込まれていったのである。

諏訪の真東に「鹿島」がある。言うまで
もなく、鹿島神宮の地である。祭神は
タケミカズチノオ。地図上で一直線と
いう位置関係が気にかかる。この直線
を西に延長すると、白山と大日岳の
中間を通過する。

直線という配置には「結界」の意図を
感じる。代表的結界は、円か、六芒星
か、五芒星。とりあえず二等辺三角形
を探してみる。諏訪を中心にしてコン
パスの一端を鹿島に置く。そしてその
直径で円を描き、円周上に重要な
ポイントがないかどうかを探してみた。
その結果、思わずのけぞった。

「京都~比叡山・・・」

京都には秦氏が創建した上下賀茂神社
や伏見稲荷など、重要神社がひしめい
ている。比叡山は京の鬼門を守護する
結界でもある。諏訪と伊勢神宮を直線
で結ぶと、北の延長線上に誤差はある
ものの出羽三山がある。鹿島と伊勢神宮
を直線で結ぶと、西の延長線上に、
大分の宇佐八幡宮が・・・

さらに伊勢神宮を中心にして鹿島を直径
にしたコンパスを西に振ると、ぴたりと
出雲大社にあたったのである。つまり
重要神社は意図的に「結界」として
配置されていたわけである。



○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o


アマゾンのKINDLEから「日本神話夢幻/国生み国づくり神話」
を出版しました。
日本が米英蘭仏豪などのキリスト教諸国と戦争をして敗戦。
米軍GHQが進駐して教育から「神話」を消し去った。
神話を失った民族は滅び去る 
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E5%A4%A2%E5%B9%BB-%E5%9B%BD%E7%94%9F%E3%81%BF%E5%9B%BD%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E7%A5%9E%E8%A9%B1-%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E7%B9%81-ebook/dp/B01HQL2GGQ?ie=UTF8&*Version*=1&*entries*=0

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

奈良県の大和平野から見下ろす山々は、
青い垣根で囲まれたような聖域で、
古代の人々は神の仕掛けを造った。
「古事記」にも
「倭は国のまほろば たたなづく青垣 
 山こもれる 倭し美はし」

とあり、三輪山と纏向山(まきむくやま)
は太古の聖山だった。特に三輪山は
「大神神社(おおみわじんじゃ)」の
御神体を成し、本殿を置かず、拝殿
の奥に「三つ鳥居」を通して三輪山を
拝する。その構造は、元初三神の祀りの
様が伝えられ、「記紀」の上では、
わが国最古の神社として知られている。

「三輪山」は最古の聖域で、その神体山
を拝する「大神神社」の入り口に巨大な
鳥居がそそり立つ。本来、鳥居とは水に
至る門の役目があり、そこが結界と
なって境を示している。三輪山に祀ら
れる「大物主神」は「蛇神」とされて
いるが、同時に「水神」「雷神」とも
言われる。だから、三輪山は入山が禁制
となってきた。水は海の水であり、
絶対神の民族が海を越えて渡ってきた
由来になっている。

大神神社は古神道「物部神道」である。
ニニギノミコトを祖神とする神武天皇が
畿内大和に来た時には、既にニギハヤヒ
が大和民族として存在していた。
ニギハヤヒは物部氏の祖神である。
秦氏の天孫族系の神道は、後からやって
来たもので、国譲りを受けて物部神道を
乗っ取っていく。だから三輪山は最古の
神である「元初三神」を興りとする。
「大神神社」の大神主家は、大神姓で
あり、三輪氏だった。中世に高宮氏と
改めた大神氏は、「三本杉」「丸の内
三つの輪」の社紋を用いた。これは
「三位三体」を象徴し、山名の「三輪」
も京都府太秦の「蚕の社」に立つ「三柱
鳥居」の断面と同じである。

藤原氏の勢力が拡大するに従い、物部
神道は表舞台から消えていく。藤原
不比等の頃「物部祝詞」が封印され、
不比等が黒幕になって編纂した「記紀」
の中で、物部氏の扱いは最小限に抑え
られる。

710年、第43代・元明天皇の御世に
「平城京遷都」が行われた際、物部氏の
石上朝臣麻呂が藤原京の留守役に残さ
れる事態になる。この処置は不比等が
下したもので、それ以降物部氏は表舞台
から完全に姿を消してしまう。つまり、
藤原京に取り残されたのである。

石上氏と言えば、物部氏の主流で、その
名を冠した「石上神社」には物部氏の祖
を祀るとともに、数々の謎の儀式が伝承
されていた。中でも最も奇異なのが
「物部祝詞」と言われるものである。
祝詞は

「一二三四五六七八九十(ひふみよい
 むなやこと)」

と唱え、その後

「布瑠部由良由良止布瑠部(ふるべゆら
 ゆらとふるべ)」

と言う謎の祝詞が加わる。これと同じ
祝詞が、旧暦11月に宮中で行われる
「鎮魂祭」で唱えられており、天皇家の
祝詞に物部祝詞が入り込んでいる。さらに
物部氏の儀式に、弓を鳴らすものがある。
これは今でも天皇家で赤子が生まれると、
隣の部屋で同じ儀式が執行される。
愛子さまの時も行われた。これは古代
日本で弓の弦を鳴らすことは極めて軍事的
で、物部氏にとって重要な呪術だった。
その呪術を石上麻呂が不比等の前で見せた
もである。この呪術は三輪山の神を呼び
出す呪術だった。三輪山の麓にあるのが
日本最古の社「大神神社」で、三輪の神
は大物主神である。

大物主神は「古事記」では大国主命、芦原
醜男、八千矛として知られ、「日本書紀」
では大己貴神として出てくるが、正体は
物部氏の祖神=饒速日命(ニギハヤヒ)で
ある。つまり、大国主命=饒速日命=大物
主神で、今も皇室が祖の儀式を行う理由は、
物部氏を絶対に無視できないからである。
その物部氏=国津神と天皇家=天津神が
和解したのでが、2013年の「伊勢神宮」
「出雲大社」の同年式年遷宮なのでである。


○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o



アマゾンのKINDLEから「日本神話夢幻/国生み国づくり神話」
を出版しました。
日本が米英蘭仏豪などのキリスト教諸国と戦争をして敗戦。
米軍GHQが進駐して教育から「神話」を消し去った。
神話を失った民族は滅び去る 

 
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E5%A4%A2%E5%B9%BB-%E5%9B%BD%E7%94%9F%E3%81%BF%E5%9B%BD%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E7%A5%9E%E8%A9%B1-%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E7%B9%81-ebook/dp/B01HQL2GGQ?ie=UTF8&*Version*=1&*entries*=0

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

大国主は、海から渡ってきた少名毘古名
の神とともに国づくりに励んだが、
やがて少名毘古名は常世国に帰ってしま
われた。そのため大国主の憂いは深く、

「自分ひとりでどうしてこの世を
つくっていくことができようか。いずれの
神が私とともに国づくりをしてくださる
だろうか。どうか明らかにお示しください。」

と、自らの思いを言霊(ことだま)に乗せて
詔(の)りい出された。

するとこの時、眼前の海にまばゆい光を
反射して現れ出てくる神があった。その神
は、実に大国主の「和魂(にぎみたま)」
そのものであった。あるいは「幸魂
(さきみたま)「奇魂(くしみたま)」その
ものだった。

その神は大国主に言った。

「よくわが分霊(わけみたま)の鎮まる神体
を治めなさい。そうすれば、私はあなたと
ともに国づくりを行うでしょう。けれども
私を十分に祀らぬときは、国は成りがたい
と思いなさい。」

そこで大国主は、「いずこに、どのように
して貴神を治め祀らせていただけばよろしい
のでしょう」と神に問うた。

「倭(やまと)の国の四囲をぐるりと取り囲む
青山のうちの東の山、三諸山(みもろやま=
三輪山)に斉(いつ)き奉りなさい。」

そこで大国主は、仰せのとおりにこの神を、
大和の三諸山に斉き祀った。


*少名毘古名=永遠の少年は、長く地上=
 意識世界に留まるべきではない。彼は
 地下から、折にふれて援助を与えるべき
 存在であって、意識と同一化すべきでは
 ない。私たちは大国主のように、
 少名毘古名を一度受け入れて意識化した
 後、それを統合しなければならない。
 統合することによってのみ、大国主の魂
 が自立して、「自己(セルフ)」と出会う
 ことが出来るのである。


*四魂=和魂・幸魂・奇魂・荒魂は、
 生きとし生けるものすべてに備わって
 いる生命エネルギーの、働きと性質に
 よる分類である。四魂は究極的には
 一霊=直霊(なおひ)に帰する。
 一霊は神の分霊(わけみたま)であり、
 これこそが自己(セルフ)=自分の魂その
 ものなのである。日本では「人は神の子」
 なのである。イエス・キリストだけが
 神の子などという滑稽な神話を信じて
 いる者たちと異質なのは当然である。
 キリスト教圏で自己の魂の独立性を主張
 しようものならば、異端・魔道のレッテル
 が貼られる。再度言うが、日本人の
 心の中に神は常在しているのである。



○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o


アマゾンのKINDLEから「日本神話夢幻/国生み国づくり神話」
を出版しました。
日本が米英蘭仏豪などのキリスト教諸国と戦争をして敗戦。
米軍GHQが進駐して教育から「神話」を消し去った。
神話を失った民族は滅び去る 


https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E5%A4%A2%E5%B9%BB-%E5%9B%BD%E7%94%9F%E3%81%BF%E5%9B%BD%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E7%A5%9E%E8%A9%B1-%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E7%B9%81-ebook/dp/B01HQL2GGQ?ie=UTF8&*Version*=1&*entries*=0

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。