京都両洋高校女子硬式野球部公式ブログ

チームの活動記録をブログにて解説!

創部6年目の本校女子硬式野球部。
チーム目標の『全国制覇!!』に向けて全力投球して参ります!!

彼女たちの活躍を是非ご覧下さい。


テーマ:
野尻さんに来て頂くようになって、選手たちは身体の動きを意識するようになっています。
{DFA13574-3CED-43C9-938A-FDE3E432D112}
柔軟性のチェックを行いながら、自分の動きを知って行く事ができる。
{12DCB37B-C31B-4D4B-BA62-31D930139E33}
一見野球に関係がないと思っていた選手たちも自分の動きの変化に気付いてきてるはず。
{9E9C69A2-FA53-4915-96E1-305A263D0946}

継続は力なり。
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
先日卒業したばかりの三期生の中に女子プロ野球の育成チームでチャレンジする浅野桜子選手がいます。
{59DB364F-6CD7-4F68-9EED-87AF54B8DCAD}

{108F70A8-6273-4767-9E41-05900A54B1C8}

育成チーム「レイア」の拠点が京都ということもあり、彼女の活躍がそばで見れる事は嬉しい事です。

怪我せず頑張って欲しいですね!

京都フローラには、吉田奈津選手。
兵庫ディオーネには、高塚南海選手。

二人の活躍もしっかり見届けていきたいと思います!!


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
本校女子野球部の四代目主将は横山彩実選手。
{BE7E5AE1-FB2C-4D9B-A5F6-AA7FFCF225E2}
いろんなタイプの主将がいると思いますが、彼女は、全てにおいて攻撃的。
それでいて、優しさも持ち合わせている。
 
彼女が主将に向いているかどうかは分からない。
でも彼女しか居ないと思った。
三年生の先輩が引退した直後、ちょうど選手たちの帰省中、福岡に住む彼女に直接電話をしました。
「四代目主将としてプレーでみんなを引っ張っていって欲しい」
その場で返事をくれました。
今でも覚えています。
 
〝絶対に勝つ〟という気持ちをプレーで表現してくれる。
彼女は賢いですから、一人で頑張っても勝てないことを理解しています。
チームみんなが同じ方向を向いて取り組んで行けるようにチームメイトと向き合ってくれています。
 
打撃も守備も走塁も攻撃的でありたい。
私の現役時代からの心情です。
先手必勝。
 
それを率先して見せてくれるのが彼女。
そんな選手はなかなか居ない。
 
でも今のチームの素晴らしいところは、四代目の団結力。
彼女たちの決意にブレがない。
{C13D2C20-893C-4D35-8BAE-351214E98E7F}
目標を達成する為に全力を尽くせる選手たちばかりです。
それでも私は、彼女たちに厳しい言葉を投げかけるわけですが、、、
 
なぜならグラウンドでは、気持ちのぶつかり合いです。
思いのぶつかり合いだからです。
それをプレーで表現できるようにならなければいけません。
綺麗に打つことが、かっこよく見せることだけが良い選手じゃない。
強いチームじゃないんですよね。
見せかけでは勝てません。
 
彼女たちの闘争心をプレーで表現出来る様にしてやることが私の仕事。
なんとなくで終わらせたくないし、彼女たちもそんなことは望んではいない。
 
“上手くなりたい”、“勝ちたい”
選手たちの気持ちが伝わらなければ、私はノックを打つのを止めます。
 
たった一度の高校野球人生。
厳しさから逃げるなら楽しいだけの野球で結構。
 
大切な場面で物怖じしなくて済む、度胸のある選手を育てたい。
高校生活三年間、本校の練習メニューをこなせば吸収力バツグンの彼女たちなら必ず上達します。
 
一番伸び悩む選手は、、、
長くなるので書かないでおきましょう。
 
話がそれてしまいましたが、
今年のテーマである〝覚悟〟
 
両洋ナインの一員として選手全員が挑めるかが勝負です。

{970FACD4-E880-467A-9865-500E412E1635}

主将の覚悟、この背中を見て選手たちは熱いものを感じとっているはずです。
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(1)