こんにちは!スタッフシュンスケです。

 

本年度も9 月1 日(木)より10 月31 日(月)迄の間「自動車点検整備推進運動」強化月間として啓発活動を行なってまいります。

この活動は、二輪車を含め、点検整備が不十分な車による事故の未然防止、環境影響の低減を図ることを目的としております。

この機会にオートバーユーザーの皆さまには「日常点検整備」、「定期点検整備」の重要性を知って頂きたいと思います。

 

<押さえておきたいポイント>
1. 二輪車の正しい取扱い方
2. 日常点検・定期点検・メーカー指定点検整備の重要性
3. お客様には、点検整備を行なう義務があること
4. 不正改造の防止

【シュンスケ的補足】

各チェック項目のポイント

チェック1:ブレーキが効くだけでは× スムーズにレバーやペダルが動くことも重要

 

チェック2:油面が水平になるようにして確認。キャップから漏れや滲みがないかもチェック。

 

チェック3:車体を垂直にしてハンドルも真っすぐにしないと正しい油面が出ない。

 

チェック4:ブレーキランプが点きっ放しやナンバー灯切れは見落とすことが多い。

 

チェック5:空気圧低下はよくあるので1か月に一度充填が望ましい。ヒビ、ワレはタイヤの赤信号。

 

チェック6:こちらも車体垂直でハンドル真っすぐ。パイプやホースの接続部周辺も確認したい。

 

チェック7:セル一発始動が理想的。掛かりにくい場合、バッテリー以外の消耗も可能性有り。

 

チェック8:澱みなくスムーズに回転数が上下するのが理想。タメがある場合は放置は望ましくない。

 

チェック9:メンテ不足以外に汚れ放置によるトラブルもよくある話。

 

チェック10:チェーンそのものの摩耗は調整しても直るわけではないので、著しく伸びたチェーンはいくら調整しても安心はできない。ジャラジャラガチャガチャ音がする場合はチェーンの場合が多い。

 

如何でしょうか点検整備、普段から自身でも確認していましたか?

 

正しい見方などはわからなくて当然、不安に思ったり恥ずかしがることではありません。

日常点検の方法を知りたい方はいつでもご質問下さい。

 

私もサーキットやモトクロスのコース走行や、ツーリング前などは必ずしっかりと整備を行ってから望むようにしています。

トラブルで楽しい時間が台無しになってはつまらないですから!

 

直近のバイクイベント一覧

・9/3 BBQツーリングin都留

・9/10~11 軽井沢モーターパークde練習会

・9/22 筑波サーキットイベント(KSR&SLクラス耐久レース/走行会付きレッスン)

・9/25 ライディングスクール

・10/1 全日本モトクロス観戦ツーリング

 

KGSリバーサイドのピックアップページ一覧

カワサキオートバイやサービス内容はこちら
タイバイク/ケイズスタイルなど輸入バイクはこちら

販売中のバイク一覧はこちら

各種メンテナンス/作業工賃ページ

リバーサイドイベント一覧ページ

【安心プラン】オリジナルバイク購入サポート

【もっとあんしん】大型バイク購入追加サポート

カワサキ&輸入車の試乗について

【CR-1】バイク専用ガラスコーティング施工店

カワサキ純正部品/用品販売ショップはこちら

------------------------------------------
カワサキ正規取扱店
タイバイク直輸入販売店
KGS・リバーサイド 担当 下村
〒130-0005
東京都墨田区東駒形3-18-9
TEL 03-5608-3141
Mail jefftop@riversideshop.co.jp
URL http://www.riversideshop.co.jp/home/
営業時間:午前10時から午後8時
定休日:毎週火曜
------------------------------------------

AD

こんにちは!スタッフシュンスケです。

夏は暑いモノですが、やっぱり暑い、すごく暑いと今日再確認しました。

タイヤマハから発売されているエキサイター150で高速道路を走行中、僅かですがクラッときた瞬間があり気を引き締めました。

思い返せばしばらく水分を摂っていなかったので軽く熱中症になりかけたのかもしれません。

走っている時は汗をかいていないと思うかもしれませんが、体内の水分はばっちり出て行っています。

皆さんもツーリングやバイクに乗る際は十分にご注意ください。

 

さてここから本題。

2015年の東京モーターサイクルショーにて発表され、大注目を集めたライトウェイトスーパースポーツコンセプト、その詳細の一部がとうとう発表されました!

その名も【CBR250RR】!!!

マットガンパウダーブラックメタリック

 

アンカーグレーメタリック

 

ホンダレーシングレッド

 

カラーバリエーションは以上の3タイプ、どれもスポーツ心をくすぐるカッコイイデザインです。

 

インドネシアにて先行発表されましたが、国内販売についてはまだ詳細は未定とのこと。

インドネシアのホンダ系サイトに外観やスペックの一部詳細等が掲載されています。

http://www.astra-honda.com/cbrseries/#1

 

気になるトルク/馬力、車重、カムプロフィール等はまた未公表ですね。

ただ、予想できるのは標準でイリジウムプラグ×14000rpmのエンジン回転域、なかなかの高回転高出力エンジンではないでしょうか?

比較車両のピストンストローク (内径×行程) と圧縮比と回転数リミットと最高出力

CBR250RR 62.0 x 41.4 mm 11.5 : 1 14000rpm 不明

YZF-R25 60.0mm×44.1mm 11.6:1 12500rpm 36ps

Ninja250 62.0mm×41.2mm 11.3:1 13000rpm 31ps

あくまで勝手なイメージではありますが、やはりCBRは36馬力以上、まさかの40馬力到達!?もあるのか?(それはないか・・・)

これだけボアストロークと圧縮比が似てる、というかNinjaよりCBRの方が圧縮比高いのに回転数は1000も上、これはもしかして、クランクが凄く軽い?

内燃機に関しては正直ド素人なので間違った予想もあると思いますが、少なくとも回るエンジンはパワーが出るものです。

愛車ZX-6Rは16000rpmまで回るのですが、そこまで回すと600ccにして相当なスピードが出ます。

もちろんリミットぎりぎりが最高出力ではないのですが、乱暴に言えばレシプロエンジンは回転数=出力ということだと思います。

まぁ一般道でパワーバンドを常に意識して走るライダーはそうそういないと思いますけどね。

やはりスポーツバイクである以上、サーキット走行は意識してしまうものです。

 

それと3ライディングモードという表示があることから、使用範囲はサーキット、ワインディング、市街地、雨天と各状況に適切に対応すると思います。

今までのノン切り替えタイプからすれば、かなり幅広くユーザーの希望に対応するようになったと言えるでしょう。(偉そうにすみません)

 

車重はトラスフレームとアルミスイングアームなどから見て、重くとも160kg台だとは思いますが、160台前半ならばR25よりもカタログ値では軽くなりますね。

もしかしたら馬力ではなくウェイトで稼いでパワーウェイトレシオを良くしているのかもしれません。

250cc2気筒シリーズのネックはやはり、回転数の立ち上がりを待つ中低速だと個人的には思います。

トルクがやや弱い分重さを感じます。半クラッチあてたりするのはエンジンにもよくないのでとりあえずナシで。そういうのは特殊応用テクだと私は思ってますので。

この辺りが私がNinja250SLがサーキット(特に中低速系)で最高に楽しいと思う所以です。

馬力はそこそこですがトルクがあるので、立ち上がり加速がビッグバイクのそれに似ていると思います。

しかも速度が低い分安全で体力的にもキツくない。ローリスクハイ楽しいですね。

まぁデザインから見ても開発陣がかなり気合を入れていると思うので、ある意味私はCBRに期待しています。

今更Ninja250以上、R25未満ということも無いでしょうし。というかエンジンって新型なんじゃないですか?

なんかヘッド周りを写さないようにしてる感がありますし、かなりの新技術をブッコんできたのでは?

まぁあくまで全て私の勝手な想像と勝手な感想です。

 

参考にさせて頂いたインプレッション動画はこちらでございます

https://www.youtube.com/watch?v=8g5TLfQ3bgA

 

ところでやっぱりカスタムしたいですよね。自分の好みの一台に仕上げる、それもバイクの楽しみ方の一つですよね!

昔作ったガンダムのプラモデルとかも丹念にバリを取ってペーパーかけたり、スミ入れしたり、合体させたり、戦わせたり、とにかく「自分だけの」というのが非常に胸熱でした。

今ではプラモデルは作らなくなったものの、金属と樹脂で出来たバイクってのを自分の好きにいぢくるのが好きですね。

こういうところは昔から変わりませんね。まだまだ中身はお子ちゃまってことですね。

不二屋のケーキ食べ放題とかチョー好きですし。

 

話が本題から逸れました。

カスタムパーツも今後豊富に出てくると予想できますが、やはり私としてはスポーツ走行向けにしたいですね。

例えばこんな風に・・・

・ラジアルハイグリップタイヤ装着

・フロントフォークはまずオイルとスプリングを変更

・リアショックをオーリンズに

・フロントブレーキはブレンボ、もちろんメッシュホース、できればレバーも手に合う物に

・マフラーを軽量且つ馬力アップ且つ吹け上がり速い物に

・バックステップ

・鍛造系ホイール

・リチウムバッテリー

・レースカウル、保安部品を外す、シートはラバー製に などなど

完全にサーキットオンリーで妄想系ですね。

まぁ上に挙げたパーツはいずれ必ず出てくると思いますが。

 

ツーリング向けにするとなるとマウント、電源、ナビなどのホルダー。

シートバッグ、スライダー、大型スクリーン、フェンダーレスキット、など。

この辺りがまず欲しくなるところですね。

 

いずれにしろ大変夢が膨らむ魅力的なバイクが登場すると思います。

発売が待ち遠しいですね!

日本に先駆けてインドネシアなどアジアで先行発売になるそうですが、リバーサイドは発売早々入手できるよう計画しています。

時期や価格などは現在全く未定となっています。

 

ところでMoto2に参戦している中上貴晶選手の益々の活躍を応援しています!

 

直近のバイクイベント一覧

・8/27 オフロード体験&練習会

・9/3 BBQツーリングin都留

・9/10~11 軽井沢モーターパークde練習会

・9/22 筑波サーキットイベント(KSR&SLクラス耐久レース/走行会付きレッスン)

・9/25 ライディングスクール

・10/1 全日本モトクロス観戦ツーリング

 

KGSリバーサイドのピックアップページ一覧

カワサキオートバイやサービス内容はこちら
タイバイク/ケイズスタイルなど輸入バイクはこちら

販売中のバイク一覧はこちら

各種メンテナンス/作業工賃ページ

リバーサイドイベント一覧ページ

【安心プラン】オリジナルバイク購入サポート

【もっとあんしん】大型バイク購入追加サポート

カワサキ&輸入車の試乗について

【CR-1】バイク専用ガラスコーティング施工店

カワサキ純正部品/用品販売ショップはこちら

------------------------------------------
カワサキ正規取扱店
タイバイク直輸入販売店
KGS・リバーサイド 担当 下村
〒130-0005
東京都墨田区東駒形3-18-9
TEL 03-5608-3141
Mail jefftop@riversideshop.co.jp
URL http://www.riversideshop.co.jp/home/
営業時間:午前10時から午後8時
定休日:毎週火曜
------------------------------------------

 

AD

 

皆さまこんにちは!スタッフシュンスケです。

年に一度の夏休みも終わり、本日より元気に営業再開しております!

 

今年の夏休みはオフロードあり、帰省あり、そして美術館ありの大変充実した夏休みを過ごさせていただきました!

 

夏休み初日の14日はいきなりオフロード練習会とトバして行きました!

今回は総勢3名のたっぷり練習コース!洗車機もOK!準備万端で向かいました!

 

参加者のお一人Hさん、KLX150Lがお気に入りです。

普段はZX-14Rに乗っている方です。

 

もうお一人はOさん、普段はKLX250でツーリングなども楽しんでます。

今回はKLX125をメインに練習。モトクロスタイヤの威力に驚いていました。

Oさんコースも行っちゃいます!

大ジャ~ンプ!といく目標を胸に熱い走りで練習していました。

 

私も今回は新兵器「ハイシート」を投入してレースに向けての練習を開始しました。

左がノーマル、右がハイシート

 

シートだけだとわかりにくいですが、車体に装着して跨ると違いが一目瞭然。

少し余裕のあった足つきがつま先ツンツン系になりました。

体が地面から遠くなるので「バイクに座ってる感」が増すのと、シッティング⇔スタンディングがスムーズ且つ前後移動もし易くなるのでモトクロスには非常に向いていると思います。

 

私の練習風景はオンボードカメラで撮影しました。

走行しているコースはクラス分けをされることが多く、今までは初心者クラスを走行していました。

今回からはレースに向けて格上と走る為中級クラスに入ることにしました。

昔に比べて少しは走れるようになったつもりですが、まだまだまだまだですね。

もっと練習して競えるようになりたいと思います!

 

【Gopro】KLX150L Riversideエディション オフビBコース中級クラス 1本目

 

 

中級に少し馴染んだとこで、2本目と言いつつ本日最後の走行。

20分の走行時間を休憩なしで走り切ることを今回は目標にしました。

モトクロスってかなりハードで体力を使うので、練習とは言え走り切れたのはかなり満足度高かったです。

 

【Gopro】KLX150L Riversideエディション オフビBコース中級クラス 2本目

 

そんなこんなで初日は1日川越でオフロードを堪能。

11月のレースに向けて少し気持ちを引き締めることができました。

 

翌日は家族とのんびり

シュンスケ娘(さえ、1歳8カ月 通称:ちゃえさん)

自宅駐車場でプール遊び。最初の頃は怖がってたのに今では慣れたもんです。

ボールを外に投げ飛ばすのが好きです。(拾うのは私達)

 

16日からは家族で母方の田舎の仙台へ帰省、新幹線と言えば駅弁は外せません!

 

おばあちゃんの家でスイカにかぶり付くちゃえさん

初めてのスイカでしたがお気に召した模様でむしゃむしゃ食べてました!

 

夏休み最後の日は芸術鑑賞。見て下さいこの知的なご尊顔。

ルネサンスの絵画鑑賞と洒落込みましたが、彼女は入ってすぐ、気持ちよさそうに寝ていました。

ちゃえさんは美術館で静かにできる気の遣えるお子でした!

 

そんなこんなであっという間に終わった夏休みでしたが、だらだらすることなく遊びきったので充実していました!

 

そして今日からはまたバイク関係のお仕事モリモリ行います!

早速カスタム、点検、商談、輸入手続きと盛りだくさんの初日でした。

脳内CPUが2ビットの私は起動に大分時間がかかりましたが、全てつつがなくご対応させていただきましたぁー!

 

明日からもバイクにまつわるご相談、トラブル、遊びイベントなんでもお話下さい!

墨田区は東京スカイツリーのお膝元、リバーサイドで皆さまのご来店をお待ちしております!

 

直近のバイクイベント一覧

・8/27 オフロード体験&練習会

・9/3 BBQツーリングin都留

・9/10~11 軽井沢モーターパークde練習会

・9/22 筑波サーキットイベント(KSR&SLクラス耐久レース/走行会付きレッスン)

・9/25 ライディングスクール

・10/1 全日本モトクロス観戦ツーリング

 

KGSリバーサイドのピックアップページ一覧

カワサキオートバイやサービス内容はこちら
タイバイク/ケイズスタイルなど輸入バイクはこちら

販売中のバイク一覧はこちら

各種メンテナンス/作業工賃ページ

リバーサイドイベント一覧ページ

【安心プラン】オリジナルバイク購入サポート

【もっとあんしん】大型バイク購入追加サポート

カワサキ&輸入車の試乗について

【CR-1】バイク専用ガラスコーティング施工店

カワサキ純正部品/用品販売ショップはこちら

------------------------------------------
カワサキ正規取扱店
タイバイク直輸入販売店
KGS・リバーサイド 担当 下村
〒130-0005
東京都墨田区東駒形3-18-9
TEL 03-5608-3141
Mail jefftop@riversideshop.co.jp
URL http://www.riversideshop.co.jp/home/
営業時間:午前10時から午後8時
定休日:毎週火曜
------------------------------------------

AD

こんにちは!スタッフシュンスケです!

 

リバーサイドは下記の日程にて夏季休業とさせていただきます。

 

万が一休業期間中にトラブルとなってしまった場合、リバーサイドイベント配信アカウントに登録されている方は、念の為そちらからご連絡をお願い致します。

 

それでは皆さま!よい夏休みを!

 

KGSリバーサイドのピックアップページ一覧

カワサキオートバイやサービス内容はこちら
タイバイク/ケイズスタイルなど輸入バイクはこちら

販売中のバイク一覧はこちら

各種メンテナンス/作業工賃ページ

リバーサイドイベント一覧ページ

【安心プラン】オリジナルバイク購入サポート

【もっとあんしん】大型バイク購入追加サポート

カワサキ&輸入車の試乗について

【CR-1】バイク専用ガラスコーティング施工店

カワサキ純正部品/用品販売ショップはこちら

------------------------------------------
カワサキ正規取扱店
タイバイク直輸入販売店
KGS・リバーサイド 担当 下村
〒130-0005
東京都墨田区東駒形3-18-9
TEL 03-5608-3141
Mail jefftop@riversideshop.co.jp
URL http://www.riversideshop.co.jp/home/
営業時間:午前10時から午後8時
定休日:毎週火曜
------------------------------------------

こんにちは!スタッフシュンスケです。

 

最近またH2に乗るようになりました。

このオートバイは速いです。特に加速が強烈で、車体ホールドをしっかりしないとスロットルを開ける事すらままなりません。

(その割にスロットルグリップ自体は軽やかに動くのがまたくせ者なんですよねぇ)

個人的に、旅客機の離陸でエンジンが本気出して加速が始まった時の座席に体が押しつけられる感じ、あれがかなり好きなのですが、H2の全開加速も同様にかなり好きです。

(※レーシングサーキットにおいての話です)

 

私のH2はほぼノーマル、エンジンもノーマルのままでこれほどのパワーがあるのですから、川崎重工のテクノロジーとスーパーチャージャーには楽しませて頂いております。

もちろんサスペンションも、どノーマル・・・あっ!

このモンスターバイクで走ろうっていうのに、サスペンションを調整することをすっかり忘れておりました!

標準設定のままだと前後共よく動く乗り心地の良い印象ですが、去年SUGOサーキットを走った時は(なんだか足腰が弱い気が・・・そういうバイクなのかな?)と片付けてしまいました。

折角フルアジャスタブルなサスペンションが前後に装備されているのに、そのままにしてはもったいない!

そもそも私の体重は77kg(軽い時)なので恐らく想定体重より重い。それなのにスポーツ走行しようとすれば足回りが心許ないのも道理!

 

というわけで、前置きが長くなりましたが、これからサスペンション調整を少しずつしていきたいなと思います。

まずはH2のサスペンションの調整範囲を確認です。

フロントフォーク 標準/調整範囲

プリロード 8回転締め/15回転 最弱から

コンプレッション 10クリック戻し/24クリック 最強から

リバウンド 13クリック戻し/24クリック 最強から

 

リアショック 標準/調整範囲

プリロード 18クリック締め/37クリック 最弱から

高速用コンプレッション 1回転戻し/2回転 最強から

低速用コンプレッション 6クリック戻し/18クリック 最強から

リバウンド 1と1/4回転戻し/2と1/2回転 最強から

 

これがH2の標準セッティングとなっており、ここを基準にアレコレいじっていきます。

 

フロントフォーク及びハンドル周辺

 

フロントフォークの調整機構はフォークトップキャップに集約されています。

 

リアサスペンションはスイングアーム前部中央に装着されています

 

左の黒い部分がプリロード、中央の金色の部分がコンプレッションです。

リバウンドはショック下部に調整があります。

 

とりあえず調整はプリロードから始めて行きます。

私の体重が77kgなのと、乗り心地を犠牲にして応答性を上げたいので調整の方向としてはプリロードを強めていくことにしました。

 

少し調整した結果ですが

標準 乗車時の沈み込み多め

リア9クリック締め リア沈み込み減少 やや前傾気味になったような

フロント2回転締め フロント沈み込み減少 ややフラットになったような

↓まだ前後共反発を強めたい

リア4クリック締め 大分乗車時の沈み込み減少

フロント2回転締め 大分強めな印象 ブレーキ時の安定感は大分出た

リア3クリック締め 大分踏ん張る印象 コーナー脱出で沈み込み少なく、前に進む感じ

※今ここ

 

今のところの印象はかなり強め。ツーリング程度のペースだとピッチング少なくてサスが動いてないと感じるかも。

サーキットだとかなり良いかもしれない。

フォークが踏ん張るようになった分、制動力があまり強くないことに心許なさを感じる。

強くレバーを握れば制動力は出るが、強く握らないで制動力が出て欲しい。

それからダンパーの調整は後回しです。プリロードがある程度決まるまで変更するつもりはありません。

1度に2カ所以上変更するとなぜ変化があったのか原因が分かり辛くなるし、ダンパーはそれこそドツボにはまる恐れがあります。

とりあえずライディングスタイルと体重に合わせるところから始めたいと思います。

 

ところで、H2用のオーリング製リアショックって販売されてるんですよね・・・イイナ

 

KGSリバーサイドのピックアップページ一覧

カワサキオートバイやサービス内容はこちら
タイバイク/ケイズスタイルなど輸入バイクはこちら

販売中のバイク一覧はこちら

各種メンテナンス/作業工賃ページ

リバーサイドイベント一覧ページ

【安心プラン】オリジナルバイク購入サポート

【もっとあんしん】大型バイク購入追加サポート

カワサキ&輸入車の試乗について

【CR-1】バイク専用ガラスコーティング施工店

カワサキ純正部品/用品販売ショップはこちら

------------------------------------------
カワサキ正規取扱店
タイバイク直輸入販売店
KGS・リバーサイド 担当 下村
〒130-0005
東京都墨田区東駒形3-18-9
TEL 03-5608-3141
Mail jefftop@riversideshop.co.jp
URL http://www.riversideshop.co.jp/home/
営業時間:午前10時から午後8時
定休日:毎週火曜
------------------------------------------

こんにちは!スタッフシュンスケです。

 

今日から小学校は夏休みらしく、朝6時30分から小気味よいテーマと共に、ラジオ体操を行う元気な声がお目ざめ前の東京の下町にコダマしました。

私はというとそれをしり目にグースカグースカ・・・とはいかず。

地元町会の役員をさせて頂いており、名誉なことにラジオ体操の運営スタッフの一人をなっております。

普段の起床は8時頃の為、ちょいと布団から抜けだすのが難儀ですが、開催期間の16日間は頑張りたいと思います。(言うは易し、行うは難し)

 

まぁ1年の中でこの時期しかラジオ体操なんてしないモンで、一日が始まって既に結構な時間が経過したのですがまだ午前中、不思議な感覚です。

早起きは三文の得と言いますが、時は金成りと考えると既に三文以上得をしたのではないかな?と思います。

タイムイズマネー、時間がなによりも価値があるということですね。

 

ところで皆さんはCR-1(シーアールワン)というガラスコーティングをご存じでしょうか?

車やオートバイ、自転車などにも可能なコーティングなのですが、特徴の一つとして「汚れが落ちやすい」というものがあります。

汚れが落ちやすくなれば洗車の時間も短縮できます!ういた時間でチェーンオイルをさすも良し、眺めてうっとりするも良し、ますます自分のバイクが好きになってしまいますね!

10年持続するCR-1の詳細についてはこちらをご覧下さい!

http://www.riversideshop.co.jp/Kawasaki/CR-1.html

 

こちらは今回CR-1のご依頼を頂きましたNinja250でございます。

頻繁に洗車をするので時間短縮と表面保護を期待されていました。

 

今回は既に走行しているバイク(既販車)なので施工行程はこうなりました。

入庫(車体チェック)

小キズ消し(ポリッシング)

油落とし(特にホイール)

洗車1回目(汚れ落とし)

洗車2回目(下地作り)

乾燥(3~4日待ちます)

コーティング(手塗りとエアーガン両方で行います)

完成←今ここ

(ちなみに新車の場合は小キズ消しが無いだけで、それ以外は同じ行程です)

 

そして完成した状態がこちら!

コーティングを行ってもツヤがでるわけではないのですが、曲線部分の写り込みが特に目立つようになり、テャテャに見えます。

 

今回はフルコースの内容で、エキゾーストパイプやサイレンサー部もコーティング済み。

耐熱温度1300℃以上のコーティングの為、高温になる部分もコーティングすることが可能です。

 

いつも頑張る愛車へのご褒美に、ガラスコーティング、如何でしょうか?

【CR-1】リバーサイドはバイク専用ガラスコーティング施工店です

 

KGSリバーサイドのピックアップページ一覧

カワサキオートバイやサービス内容はこちら
タイバイク/ケイズスタイルなど輸入バイクはこちら

販売中のバイク一覧はこちら

各種メンテナンス/作業工賃ページ

リバーサイドイベント一覧ページ

【安心プラン】オリジナルバイク購入サポート

【もっとあんしん】大型バイク購入追加サポート

カワサキ&輸入車の試乗について

【CR-1】バイク専用ガラスコーティング施工店

カワサキ純正部品/用品販売ショップはこちら

------------------------------------------
カワサキ正規取扱店
タイバイク直輸入販売店
KGS・リバーサイド 担当 下村
〒130-0005
東京都墨田区東駒形3-18-9
TEL 03-5608-3141
Mail jefftop@riversideshop.co.jp
URL http://www.riversideshop.co.jp/home/
営業時間:午前10時から午後8時
定休日:毎週火曜
------------------------------------------

こんにちは!スタッフシュンスケです。

 

7月17日はリバーサイドのオフロード体験&練習会をいつものオフロードビレッジにて開催、

今回は5名のご参加をいただきました!

皆さん炎天下の中でもへばることなく最後まで走り切りました!すごい!

 

午前中は今回オフロード初参加のSさんに密着!

基本のフォームからじっくり練習していきます。

 

コース外に小さなスペースがあるのでそこでみっちり基礎。

フォーム、目線、心構えなど、抑えていた方が良いポイントがいくつかあります。

 

少ししたら加速と減速フォームの基本フォームを練習します。

 

午後は初参加Sさんもコースをメインに他の参加者と一緒に走行しました。

 

2回目参加のHさんは持ち前のオンロード走行をベースに練習走行

 

4回目参加のMさんはサーキット走行も嗜みますが、今回はフォームがうまく出来なかったと嘆いていました

 

Sさん 初めてなのにどんどん自分なりの走りを見つけて上達していました

 

Hさん 幾多の転倒を乗り越えスピードコントロールに安定感が出てきました

 

奥のMさん スロットルを開ける!という気持ちがにじみ出るフォームにだんだん近づいてきました

手前のHさん コーナーアプローチでもリラックスが感じられます

からの脱出加速うぅ~!

 

皆さん一心不乱に練習してくれて大変嬉しい限りです!

 

最後に初の試みでしたが模擬レースを行い、少々闘争心を刺激して見た所、これが思った以上に良い効果を生みました。

危なくない様同時スタートはやめ、一人ひとり順番にスタート。

速い人ほど後からスタートして追いかける方式にしました。

ドキドキしてアドレナリンが出て楽しいですからね!

3周1セットで全部で3セット行いました。

 

先頭スタートは初参加Sさん ドキドキしながら逃げていました

それでも焦ることなく走行できたのにはセンスを感じます!

 

二番手スタートにMさん 頑張って追いかけつつ逃げていました

 

3番手スタートにHさん 頑張るけれど前との差は思うようには縮まらない、不思議ですね~。

 

そして逃げるSさん。

 

スタート間隔を開けているとはいえ、結局3回ともSさんが逃げ切り優勝。

やっぱり楽しみながら練習する人は成長が早いです!

もちろん他の皆さんも毎回参加毎にぐんぐん上達しています。

モトクロスを初めた頃の私に比べてよっぽど皆さんの方が上手だと思います。アレレ?

 

最後は全員で片付け&洗車タイム!リバーのタイヤ付き洗車機が大活躍でした!

※画像はイメージ図です(走行前撮影)

 

楽しい!痩せる!上手くなる!3拍子揃ったオフロード体験&練習会、今回も怪我人出すことなく無事終了!

また次回も一緒に走りましょう!

残念ながら今回は都合が合わなかった方や、参加してみたいけど~という方も次回のご参加お待ちしてます!

次回は8月14日(日) 同じくオフロードビレッジでの練習会を予定しています。

事前に保険申し込み等が必要な為、保険に入っていない方は予めご相談下さい。

オフロードバイクや装備の貸し出しもしています。

詳しくはこちら

 

KGSリバーサイドのピックアップページ一覧

カワサキオートバイやサービス内容はこちら
タイバイク/ケイズスタイルなど輸入バイクはこちら

販売中のバイク一覧はこちら

各種メンテナンス/作業工賃ページ

リバーサイドイベント一覧ページ

【安心プラン】オリジナルバイク購入サポート

【もっとあんしん】大型バイク購入追加サポート

カワサキ&輸入車の試乗について

【CR-1】バイク専用ガラスコーティング施工店

カワサキ純正部品/用品販売ショップはこちら

------------------------------------------
カワサキ正規取扱店
タイバイク直輸入販売店
KGS・リバーサイド 担当 下村
〒130-0005
東京都墨田区東駒形3-18-9
TEL 03-5608-3141
Mail jefftop@riversideshop.co.jp
URL http://www.riversideshop.co.jp/home/
営業時間:午前10時から午後8時
定休日:毎週火曜
------------------------------------------

こんにちは!スタッフシュンスケです。

 

今日の東京のお天気は晴れくもり雷くもり雷とめまぐるしいです。

突然降りだすゲリラ豪雨で「夏がやって来たなぁ~」と、季節感を感じます。

降り注ぐ雨粒を避け!稲妻より速く走る!

ことはできないので、突然の降雨でも対処できるように、この時期のツーリングでは雨具の用意を強くオススメします。

体が濡れるとコンビニに入る時に嫌な顔をされるばかりか、体力を存外激しく消耗します。

注意力低下や居眠り運転(バイクって意外と寝ちゃうんです)に注意して下さい。

 

さて今回は、タイで人気爆発!ヤマハの150ccバイク、M-SLAZです。

このモデルはグレー、レッド、ブラック、ブルーの4色がラインナップされており、リバーサイドにはグレーの試乗車を用意しています。

前回記事はこちら【闇を切り裂け】M-SLAZ(エムスラッツ)鮮烈にデビュー!

 

今回はブルーとブラックの2モデル現車が到着しましたので紹介したいと思います。

まずはブルーから

 

ブルー&ホワイトのカラーリングが爽やかなヤマハのイメージにピッタリです

 

ヘッドライトはLEDを標準装備としてます。結構明るいです。

 

よく効きそうなラジエターをしています

 

フロントタイヤ

キャストホイール 110/70-17チューブレス装着 ハイグリップバイアスやラジアルタイヤも選択肢に入りますね!

ブレーキも軽そうなディスクブレーキと2ポットキャリパー搭載、しっかりした制動力があります。

 

サイレンサーには大きいカバーが装着され、タンデムライダーの乗降の際にも接触によるヤケドがないよう配慮されています。

 

ステップ周りはかなり凝った作りになっています。造形も美しいですが、ペダルのスムーズさや操作性の良さも非常に高いです。

 

車体を見渡すといちいち主張するゴールドのフロントフォークですが、見た目もさることながら、フォークとしての機能がこの価格帯の標準装備としては桁違いに良いです。

サーキットを本気で攻めるのでなければ十分余りある性能となっています。

特に奥での踏ん張りと縮みダンパーがよく効いており、柔らか過ぎず硬過ぎず、程良い動きからくる強い安心感を感じます。

 

テールランプもLEDで、オシャレな光を後方に放ちます。

 

画像だと少々分かりにくいですが、スイングアームがかなり長いです。

スイングアームが長いと良いです。動きが緩やかになるし、ショックの吸収が良いです。

他の車両と比べて驚いたのですが、一度に3~4速ギヤを落として軽くリアタイヤを滑らせようとしても、滑らない・・・

なぜでしょう?リアブレーキとシフトダウンを併用して滑るか暴れるかどちらかは起そうとしても、殆ど起きない・・・なぜじゃ?

検証したわけではないですが、感触から言うとリアショックとスイングアームでかなり挙動が吸収されてます。

 

リアブレーキもディスクで安定した動作があります。

 

シートは座面が広くて2~3時間走ってもお尻痛くなりにくいのですが、妙に乗りやすくてフィット感がしっくりくるな~と思っていたところ、シート形状がかなり巧妙なデザインになっていました。

シートど真ん中を基準として、前方(タンク側)は上り坂、お股のフィット感が良いです。

タンク密着乗りが好きな私としてはかなり高評価!

シートど真ん中はかなりフラット、座面が広く、面圧が分散するのでお尻楽チン!

シート後方の両サイド外側は若干上がって、お尻ひっかかる!体重掛けやすい!

寝かしこみ始めの妙なフィット感はこれが原因だと思います!

 

キーはシンプルな機能プラスシャッター付きでイタズラ対策

 

 

ここからはブラックです。

マットブラックを基調としたデザインがシックな高級感を演出してます。

フロントフォークは他と同じゴールドでかなり目立ちます。

ゴールドとブラックは色合いが良いですね。

 

 

初めて乗った時は独特のライディングポジションにかなり違和感がありましたが、バランスの取りやすい着座位置と姿勢を見つけてからは大変乗り易くなったM-SLAZです。

 

エンジン振動の弱さ、ギヤチェンジメカニズムのスムーズさ、車体の軽さとハンドリングの素直さ。

どれをとっても全くストレスを感じないM-SLAZ。

高速道路も乗れる軽二輪なのでツーリングだってもちろん行けます!

のんびりツーリング向けのメインバイクとしても、大排気量車のセカンドバイクとしても、この乗りやすさと操作性の良さは凄くオススメです。

 

気になる方は是非リバーサイドで試乗して下さい!

 

タイヤマハ公式ページはこちら
M-SLAZのスペック表はこちら

車両本体 税込 46万3300円!(輸入代行費込み)

諸経費合計 5万7610円(自賠責12ヶ月)

乗り出し参考総額 52万910円

ETCやスマホホルダー、USB電源など便利パーツももちろん搭載可能です。

カスタムもお気軽にご相談下さい!

 

全国通販、業販OK!自宅配送、デポ止め配送費用などもお見積り致します。

 

支払方法は店頭支払い、銀行振込み、クレジットローン(金利3.9%)からお選び頂けます。

クレジットローンはスマートフォンを利用しての申し込みが出来ます。

専用サイトへのリンクを個別にメールで送りますので、即日申し込み、審査も可能!

面倒な書類のやり取りは一切ありません!

 

お支払いシミュレーションも可能です、お見積りご依頼の際に

・ローン金額

・回数(6.10.12.15.18.20.24.30.36.42.48.54.60)

・ボーナス支払い有無(有りの場合は一回のボーナスあたりいくら加算するか)

以上をお伝え下さい。

複数パターンもお調べ可能です。一度に内容全てお伝え下さい。

 

M-SLAZ以外の輸入車も通販&遠隔ローン販売が可能です。

タイヤマハエキサイター150/タイカワサキ KLX150BF なども最近注目の車両です。

 

KGSリバーサイドのピックアップページ一覧

カワサキオートバイやサービス内容はこちら
タイバイク/ケイズスタイルなど輸入バイクはこちら

販売中のバイク一覧はこちら

各種メンテナンス/作業工賃ページ

リバーサイドイベント一覧ページ

【安心プラン】オリジナルバイク購入サポート

【もっとあんしん】大型バイク購入追加サポート

カワサキ&輸入車の試乗について

【CR-1】バイク専用ガラスコーティング施工店

カワサキ純正部品/用品販売ショップはこちら

------------------------------------------
カワサキ正規取扱店
タイバイク直輸入販売店
KGS・リバーサイド 担当 下村
〒130-0005
東京都墨田区東駒形3-18-9
TEL 03-5608-3141
Mail jefftop@riversideshop.co.jp
URL http://www.riversideshop.co.jp/home/
営業時間:午前10時から午後8時
定休日:毎週火曜
------------------------------------------

OHL I NS ZRX1200DAEGプレミアムパッケージ( 100セット限定)


【 受注期間 】
2016年7月1日( 金) ~ 9月30日( 金)


【内容】
オールブランニューにモデファイされこの春デビューした最新フロントフォークと正規取扱店限定車で装着されたリヤショック( 圧側ゴールドダイヤル) を復刻し、特別感を演出したものをセットで数量限定の販売をいたします。( カワサキだけの特別仕様で100セット限定)


【価格】
・販売価格: 442, 800円( 本体価格410, 000円/消費税32, 8 00円)

 

こんにちは!スタッフシュンスケです!

 

皆さま当然承知で、今更こんなこと言うのもなんですが・・・暑いですねぇ~晴れ

あまりに暑いのでバイクに乗っている際、信号待ちする時はいつも腕をひっくり返して待っています。

腕の表しか焼けてないとびん坊っちゃまみたいなので、内側も焼きたいと軽く願っています。

 

さて暑い暑いと言っても仕方がないので、暑い夏を熱い気持ちで乗り切りましょう!

深緑深まるこの季節はオフロード、林道などが大自然を満喫できて楽しそうです!

ミニモトより大きく、250クラスよりも小さい150ccクラスが最近注目を集めています。

装備も豪華なこのKLX150BFは初心者~中級者でも扱い易く、気軽に乗れるバイクです。

 

フロントフォークは倒立で、剛性、衝撃吸収、摺動性などもよく、エンジンパワーに勝っており安心です。

 

リアショックはプリロード調整機能を備え、ライダーの体重に合わせて5段階から選べます。

初期値は下から2段目で、体重の軽いライダーはもう一段弱める事ができます。

体重のあるライダーやリアに負荷を掛けられるライダーはあと3段調整幅が残っています。

兄弟機のKLX150Lでモトクロスを行う私は最強にして丁度良いです。(体重77kg)

 

タイヤサイズが250クラスと同じというのが最大の強みです。

フロント21インチ、リア18インチはミニモトのそれを圧倒的に凌駕する走破性を持っています。

轍、窪み、障害物もなんのそのです!

フロントタイヤ2.75-21 リアタイヤ4.10-18を標準装備していますが、ワンサイズアップとなるフルサイズ用モトクロスタイヤなども装着可能です。

※フェンダーなどに接触する場合もありますので、取り外しなどの対策が必要になる場合もあります。

 

アンダーガードを標準装備でガレ場も安心ですね!

 

リアスプロケットガードも標準装備、転倒時に足を巻き込まれて指を切断!とならないので安心ですね!

 

フレームにはヒールガードが標準装備されています。オフロードブーツで乗る場合、上級者程ここが擦れて塗装がハゲます。

自分のバイクのカカトが当たる部分が擦れていたら上級者の仲間入りできるかも!?

 

ハンドルバーは高めで姿勢が起きてラクチン!最近流行りのファットバーで剛性確保&振動軽減の役割もある模様。

ハンドガードも標準装備で他者や木の枝に接触しても安心です!

 

メーターパネルは簡素な内容となっていますが、燃料計を備えており大変便利!

 

そしてナントキャブ車!キャブチューニングやプラグ系チューニングも楽しめる今どきレアなバイクです!

170ccカスタムして燃調合わせたらパワー出て楽しいです!

 

 

KLX150BF かなり遊べます。

スペック等詳細はこちら

 

車両本体価格 47万4000円(税込)

参考支払い総額 52万2000円(税込)

 

全国通販、業販OK!自宅、デポ止め配送費用などもお見積り致します。

 

支払方法は店頭支払い、銀行振込み、クレジットローン(金利3.9%)からお選び頂けます。

クレジットローンはスマートフォンを利用しての申し込みが出来ます。

専用サイトへのリンクを個別にメールで送りますので、即日申し込み、審査も可能!

面倒な書類のやり取りは一切ありません!

 

お支払いシミュレーションも可能です、お見積りご依頼の際に

・ローン金額

・回数(6.10.12.15.18.20.24.30.36.42.48.54.60)

・ボーナス支払い有無(有りの場合は一回のボーナスあたりいくら加算するか)

以上をお伝え下さい。

複数パターンもお調べ可能です。一度に内容全てお伝え下さい。

 

KLX150BF以外の輸入車も通販&遠隔ローン販売が可能です。

タイヤマハ M-SLAZ/エキサイター150なども最近注目の車両です。

 

いつでもお気軽にご相談下さい!

 

リバーサイドのホームページはこちらです

カワサキモデルサイトhttp://riversideshop.co.jp/kawasaki.html
輸入モデルサイトhttp://riversideshop.co.jp/home/th/allthaibike.html

販売中のバイク一覧http://www.bikebros.co.jp/shopsearch/3/1078/?area=&sort=prc-DS

リバーサイド作業工賃ページhttp://www.riversideshop.co.jp/Kawasaki/maintenance.html

リバーサイドイベント一覧ページhttp://riversideshop.co.jp/Kawasaki/event.html

------------------------------------------
カワサキ正規取扱店
タイバイク直輸入販売店
KGS・リバーサイド 担当 下村
〒130-0005
東京都墨田区東駒形3-18-9
TEL 03-5608-3141
Mail jefftop@riversideshop.co.jp
URL http://www.riversideshop.co.jp/home/
営業時間:午前10時から午後8時
定休日:毎週火曜
------------------------------------------