2009-05-18 13:43:39

■戦評■2009J1第12節 京都-千葉 「ふわとろでまったり」

テーマ:フットボール
ひさしぶり!みんな元気!?
試合内容は寒かったけど、風邪ひかないようにね!

■京都2-1千葉
■短評

前節ホーム初勝利で意気揚々と乗り込んだ京都で、千葉はあまりにもあっさりと負けてしまった。

ホームの京都は4-1-2-3なのか4-1-4-1なのか。キーパー水谷。DFが右から角田、水本、韓国人、染谷。アンカーに安藤、その前に佐藤がいて、更に前にディエゴ。右に渡邊、左に林、1トップはお子さん生まれたパウリーニョ。なんでカト久さん、こんなセンターバック好きなの。対する千葉は3ボランチ気味中盤ダイヤモンドの4-4-2。キーパー岡本、DFが右から和田、坂本、ボスナー、青木。中盤の底に中後、その両サイドをアレックスと下村。2列目に深井を置き、2トップは巻と新居。ダイヤモンドは砕けない!とジョジョ第4部にあやかったフォーメーションとなりました。

しかし、試合が始まってみるとあっさりと砕け散った。笑 前半の最初だけは巻のポストから何度かチャンスを作った。しかし、前節まで継続していたプレスは鳴りを潜め、うまくどこからプレスに行くのか整理されず、カウンター特化の京都にいいようにボールを回される始末。そういう場合は気合で行くしかないのだが、気持ちを見せたのはピッチ上でもほとんどいなかった。また、偶然ボールを奪っても、雨のピッチも相まってボールが前に行かず。特に中後の出来は酷く、あらゆるパスがカットされていた。どうしちゃったのよ。そんな状況で試合になるはずもなく、前半には渡邊にボスナーが新型携帯もびっくりの軽い守備であっさりと抜かれ、佐藤ゆうたんにシュートを撃たれて、そのこぼれ球をパウさんに押し込まれる。その後も状況は好転せず、再び渡邊に滅多に見ないような綺麗なスルーパスを出されて、またまたパウさん。お子さんおめでとう。その後、深井を右に出したりしたものの全く状況は好転せず、ハーフタイム。正直、2点ですんでよかったというようなひどい出来。「あー、この生地、ほんとふわっふわっですねえー!」と美食レポーターも納得の舌触り。「ミスの宝石箱やー!!」とあのデブが叫んだかどうかは定かではありません。試合にならんがな、これじゃ。

後半、怒りの三枚代えでもしてくるかと思ったが、ベンチに谷澤と工藤しかいなかった。笑 それでも、中後を工藤、新居を谷澤に代えると、ちゃんとプレスと攻撃が機能し始めるのだから面白いもの。ただ、それでも引いた京都を崩せるほどではなく、セットプレーから巻の頭で一点を返すのがやっと。いえーい!久々の何も残らない試合だZE!

千葉は一試合無駄にした。アウェーで何度かこの4-4-2カウンター特化はやっているのだが、機能しているのを見たことがない。ナビスコの新居と谷澤2トップでは割といけてたんだっけか?しかし、現状2つのフォーメーションを使い分けるほどの余裕も力量もないので、変にホームとアウェーで戦い方を変えないほうがいいんじゃないかな。連戦中で疲労を考慮するならともかく、終わってからやり方変える意味がわからん。それと、ミシェウがいないのは単純にベンチ外?なのかな。なんで結果を出した選手を使わないんだろう。ミラーたん頼みますよ。あと、連戦が終わってほっとしたのか、選手のメンタル面での疲労も見られた。判断や後一歩が少しずつ遅い感じ。ただ、馴染みのないやり方に戸惑ったのかもしれないので、そこらへんはようわからん。まあ、長いシーズンこんな試合もあるよね、という試合でした。切り替え、切り替え。それと、だれそれ代えろって話もあるけど、この試合はそれ以前の問題。

京都は相変わらずイタリアの匂い漂う固いチーム構成。カウンターから先制、後はイタリアンジョブを完遂とカト久さん面白いな。あんだけ守備固めて、ディエゴとパウリーニョがいれば降格はないでしょう。とりあえず、あまり語ることはない。笑

■picture of player 新居辰基
久々の先発だったが、まるで機能しなかった。まあ、そんな形は一度もなかったんだから仕方がない。パスを出してくれる選手がいれば生きるのだが、彼が千葉に来てから中々そういう形のチーム構成になっていない。我慢の時…なのだが、いい加減本人もやんなってることだと思う。だいぶモチベーションが落ちてるんじゃないだろうか。せめて谷澤、ミシェウのどちらかと組ませてあげたいなあ。俺、好きなんだよね、新居。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。