2009-04-20 20:12:46

■戦評■J12009第6節 FC東京-千葉 「ドラマティックになる理由」

テーマ:フットボール
久々の現地観戦でした!
国立なんてしばらくぶりだなー。
五輪招致のイベントで鈴木大地が聖火点灯してた。「バサロ」コールはやめろw

■FC東京1-2千葉
■戦評

去年の最終戦以来の顔合わせは、結果も同じ劇的なものとなってしまった。

FC東京は4-5-1?4-1-4-1?キーパーが権田。DFが右から体力バカ1、今野、佐原、体力バカ2。中盤の底にはにゅーと若い米本、右に石川、左にカボレ。1トップ下に梶山。1トップには近藤・ザ・フィジカル。対する千葉は4-1-2-3。キーパーが今季初お目見えの岡本。DFが右から坂本、池田、ボスナー、青木。アンカーに斉藤、その前にアレックス&工藤。FWが右から米倉、巻、深井。

前半はFC東京のゲームだった。前節いいサッカーをした千葉だったが、この試合では巻がうまく競り勝てない。それもそのはず、相手は佐原。那須・茶野とは比べ物にならないほど空中戦が強く、巻とのプロレスはお手の物。また、相方の今野もカバーリングは非常にうまく、こぼれ球を上手く拾っていた。なので、空中戦は駄目。また、地上戦でもFC東京の早い寄せにボールをつなげず、勝てないとはわかっていてもとにかくボールを前に蹴るしかなかった。ここで面白かったのは、送り先。巻のところがイマイチだったので、ひたすら米倉を狙っていた。米倉は右サイドで長友とマッチアップになり、イーブンなボールであればほぼ競り勝っていた。岡本のキックはいいね。ただ、周りにそれを拾う意識がなかったので、非常に無駄ではあったが。笑 ま、ともかくそんな感じで千葉は難しい前半となってしまった。言い方を悪くすると、「サッカーにならない」。逆にFC東京はいい前半だったのでは。中盤の早い寄せからボールを奪取し、石川、近藤、カボレを走らせる形が機能していた。なので、その流れから石川が蹴りこんだのは必然に近かった。また、米倉に触発されたのか、権田も左サイドのカボレ目掛けてロングボールを蹴っていた。まあ、これも競り勝ってはいたが、カボレはヘディングがいまいち下手。とにかく、FC東京優勢のまま前半終了。

後半やばいなーと思っていたのだが、いきなりミラー監督はギャンブル采配。負傷の池田に代えて、和田を右SBに投入。坂本をCBにずらす。大丈夫なのかなあ、と思っていたのだが、これが悪くなかった。元々相手が1トップのため、その競り合いはボスナーに任せてカバーリングメインの仕事で、それは経験に勝る坂本の方が池田よりもはるかに上だった。また、和田・坂本は池田・坂本よりもつなぎの面で上で、ボールもつなげるようになってきた。相手がバテたのもあるけれど、中盤中央でアレックス、工藤がつなげるようになった。そして、しばらくは五分五分の展開。千葉はボールはつなげるのだが、最後が合わない。FC東京はカウンターを繰り出すのだが、シュートまでいかない。そんな展開の中、後半残り15分でFC東京は本当にぴたりと足が止まってしまった。飛ばしてきたのもあるんだろうが、傍目に見ると異常なほどの足の止まり方。特にDF陣は酷く、佐原が巻に競り勝てなくなる。でも、なんで同じ数だけ跳んでるのに、巻は平気なの。兵器なの?そうなるとペースは千葉。終盤に足が止まる悪癖は鳴りを潜め、プレスプレスプレス。そして、残り5分。ボールを奪ったアレックスのグラウンダークロスから巻の左足!これで完全にFC逆転負けは電池切れ。徳永とかジャンプすらできない。ロスタイムには途中出場した谷澤のオシャレスルーパスから深井がループシュートでジ・エンド。俺、大喜び。

千葉は結果が出たのがよかった。前節と比べると攻撃面は物足りなかったが、それでも諦めずに戦ったのがよかった。終盤に足が止まる悪癖もなかった。先制されたことで変に引きすぎなかったのがよかったか。まあ、敗色濃厚のひでー試合だったけど、今は結果が何よりだろう。しかし、選手はこれでしばらくFC東京には負ける気がしないだろうなあ。

FC劇的な逆転負けは去年の最終戦の再現をしてしまった。ゲームコントロールの面で進歩がなく、終盤に赤嶺を投入するなど、采配も不可解だった。あの状態だとやれることも限られてるんだろうが、そもそもそういう状況になるまで走らせるゲームプランはどうなのか、という話。劇的な負け方をするのは単に運が悪いのではなく、それ相応の理由がある。悪くはない面子なのにイマイチ勝ち切れないのは、トータルで試合を運営する意識がチームに欠けているのではないだろうか。まあそうは言っても、千葉よりはだいぶ上。笑


■picture of player 坂本將貴
いきなりCB起用でそれが成功。坂本のCBなんて、オシム以来だよ、見たの。しかも4バックのセンターは初めてじゃないかな?しかし、器用にこなすどころか、池田以上のコントロールを見せた。カウンター時の対処は完璧だったし、特にボスナーが思い切って前に出れるのがいい。それと、組み立ては雲泥の差。相手が1トップのとき限定だろうけど、考えてもいいのでは。和田も使えるようになるしね。しかし、ミラー監督はやけっぱちになった時のほうがいい采配するなあ。笑
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-04-14 20:17:32

■戦評■2009J1第5節 千葉-磐田 「え?また僕たちで蹴落としあうの?」

テーマ:フットボール
■千葉1-1磐田
■短評

未勝利同士、去年のリプレイかと思わせるようなどろどろの最下位決戦だったが、内容はそれほどどろどろでもなく、かと言って爽快でもない。飯を食いながらのテレビ観戦なので、簡単に。

千葉は4-3-3。キーパー櫛野、DFが右から坂本、池田、ボスナー、青木。中盤のアンカーに斉藤大先生、その前方右に工藤、左にアレックス。トップは真ん中に巻で、右に谷澤、左に深井。対する磐田はキーパー川口、DFが右から駒野、那須、茶野、山本A。中盤の底にロドリゴ&山本B、右に太田、左に村井。2トップがなんでこの二人なのに最下位なの磐田、の前田&ジウシーニョ。

前半は完全に千葉。巻を生かしてボールを拾うという意識が徹底されていて、競り合ったボールを谷澤、深井、アレックス、深井が拾う拾う。巻は足元下手だけど、1タッチの落としは非常にうまい。適切な距離にいれば、繋がるのよ。また、相手が空中戦に弱いこともあって、プロレスでも完勝。那須は元々弱いのだが、茶野はどうしちゃったのとこっちが心配になるくらいだった。ほんと、どうしちゃったの。おかげで巻得意のごちゃごちゃゴールでうやむやのうちに先制。そして、千葉は守備もよかった。鋭い出足でプレッシャーをかけ、磐田にサッカーをさせない。それを促したのは、アンカーの斉藤。彼がいることで、工藤とアレックスが自由にプレッシャーをかけることができた。その勢いに磐田はたじたじ。ボランチのところで全くボールを捌けない。特にロドリゴの出来は酷く、受けられない、潰せない、捌けないの春の入学三点セット。山本Bも頑張ってはいたが、これではサッカーにならない。J1でも上位に位置すると思われる2トップだったが、前半はピッチ上を彷徨うしかなかった。

後半もしばらくは千葉ペース。ただ、前半と違ってプレッシャーが弱まったことで、磐田はボールを繋げるようになる。サイド、特に右サイドの太田を基点として、前田、ジウシーニョにボールが供給されるようになる。ただ、千葉も決定機を許したわけではなく、相対的には互角だったか。しかし、そのうちに千葉はいつもの悪癖で押し込まれるようになる。最大の問題だった前線で時間を作れないことだが、この試合でもそれを露呈。前田に点を獲られたのはボスナーがぼんくらだったからだが、そこに至るまでの流れは非常に悪かった。もうちょっとミシェウの投入が早かったらなあ。その後はボコボコの殴り合い。しかし、両者とも最後の詰めで精度を欠くのは、やはり下位チーム同士の対戦だからか。最終的には痛みわけ。今季も降格争いよろしくね☆の試合でした。

とは言っても、千葉は悪くなかったんじゃないか。今までの「わー、試合になんねー。」という絶望感はなく、だいぶ改善されてきた。やることが決まってきたので、吹っ切れたか。後はこれをどこまで貫けるか。課題は前線で時間を作ること、自分たちの体力を温存しながらゲームを進めること、カウンターで仕留めること。ほとんどは、ゲームマネジメントの話ですな。ここはミラー監督の忍耐を期待したい。しばらくは我慢が必要かもしれないが、そうしないと細部が詰まっていかないので。「神は細部に宿る」とも言うし、色んなものを細部に詰め込んでいっちゃえばいいんじゃないかな。いつまで経っても出番がない岡本さんとか。後、まあ、真面目な話、初勝利の喜びは近いと思うよ。

磐田はうーん、どうしましょう。前線、サイドに人材を揃えながら、そこに有効なボールが供給されない現状はどう考えても異常。明らかにいびつなチーム構成が今季も監督を苦しめている。あのボランチ二人で1シーズン持たせるのはかなり厳しいだろう。上田がいればまた違うと思うが、彼はまだ怪我?また、CBも想像以上に空中戦に弱く、空爆型FWを抱えるチームにはかなり苦戦すること間違いなし。どう考えても韓国代表FWを獲っている場合じゃない。このチームのスカウトはどうしちゃったんだろうか。心配だ。

■picture of player 工藤浩平
中央に戻って元気ハツラツ。となりのバカがもっと元気ハツラツなので目立たないが、キープにパスにプレスに大活躍。やっぱりサイドの選手じゃないよね。しかし、まだゲームをコントロールできる領域までには達してない。10番を背負っているのだから、今季はもう一段階剥けてくれることを期待したい。じゃないと、けっこう厳しいぜ、千葉。それはともかく、その髪型はなんなんだ。サイドを刈り上げって久々に見たぞ。ていうか、↓こういう人になっちゃったのかと思ったよ。


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)犬飼は消毒だ~っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。