紅い釣行記

瀬戸内海での鯛ラバをメインとした、ゆる~い釣行記です。


テーマ:
最近一気に暖かくなりましたね~。
春の陽気に誘われ、東京の釣り仲間の飲み会に参加すると。。。
あれ?どこかで見た顔が。
ああ~っ!トレードウインズさんで良くお会いするYさんじゃないですか(笑)


隣の席で鯛ラバ談義に盛り上がってしまいました。
しかし、Yさんがゲンちゃんの知り合いだとは。。。
いやはや、世の中は狭いものですね(笑)

しかし、調子に乗って飲み過ぎ!!
翌日出船時間が5:00と早めなので、21:00には帰ろうと思ったのですが、家に戻ると24:00前、酔いが回って家で朦朧としていると、何と3時に目覚ましアラームが(笑)
結局一度も布団に入ることもなく、寝たのか寝てないのか分からない状態。
しかも、全然酔いがさめておらず千鳥足でタックルもって船長と合流。
おえー気分悪い(笑)


いつものH氏とM氏と船着き場で合流し、5:00出船!
私は寝不足と酒酔いでダウン!船に乗ったとたんにキャビンでひっくり返ります(笑)

ポイント到着後、とりあえず釣りを始めてみますが、気分悪くて直ぐにダウン。
何とも情けない(笑)

釣り開始から約2時間の8:00頃。
ようやく酔いが抜けて、何とか釣り開始!
まだ船で鯛はあがっていないどころか、アタリすら無い状態との事。

本日は春の嵐の谷間。
昼から大荒れになるようですが、今はごらんのべた凪。
今のうちに鯛を釣っておかねば。。。


この日は海の濁りが強く鯛の活性は低め。
他船も全然釣れていない様子。

しかも、酒が抜けても二日酔いで気分が悪く、全然集中できない。。。
これは撃沈待ったなし!



18リョウガで激スロー巻き。
というかヘロヘロなのでナチュラル激スロー巻き(笑)

ガツンとアタリ!!
。。。残念、40cm級のサバでした(笑)

暫くすると、再度ガツン!!
またサバかな・・・と思っていると・・・



チャーリーでした!(笑)
同じタイミングでM氏も同サイズのチャーリーをキャッチ!

結局、この鯛はこの2枚で終了。
6名中4名が型を見れずという悲惨な結果でした。。。


先週位から釣果が落ちているようで、どうやら東京湾の鯛は産卵に入ったようですね。
産卵に参加しない小型は当たってきますが、今日釣ったチャーリーが痩せていたのが気になります。
東京湾のチャーリーといえば餡子が詰まった鯛焼きみたいな体形をしているものですが、この濁りのせいでベイトが居ないのか捕れないのか。。。
次回釣行予定の4月末までに、産卵が終わり、この濁りも収まってほしいものです。

トレードウインズ池田船長!出船前から酒酔いでダウンしてしまい申し訳ありませんでした!
釣行前日のお酒は慎みますので、次回こそナナマルをオナシャス!!

ちなみに、サバは持ち帰って味噌煮にしてみました。

めちゃくちゃ美味いんだけど(笑)


【釣果】
マダイ × 1 (30cm位)
サバ

【キャッチ率】
1/2/4

【タックル】
ロッド:紅牙AGS 72HS-METAL
リール:13セルテート2510R-PE
ライン:PE0.8号(リーダー12lb)

ロッド:RedFlip 792B-ML
リール:18リョウガ1016
ライン:PE0.8号(リーダー12lb)

テーマ:
この週末は、東京・大阪の釣友とうわかぜさんで青物キャスティングに行く予定でしたが、悪天候であえなく中止!
なんで、こんな台風のような天気が、ピンポイントで釣行日にあたるのか。。。
誰だ?
日頃の行いが悪い奴は?(笑)


さて、やる事なくなったので、酒を飲みながら釣り具のメンテをたしなみます(笑)


18リョウガにSOMのハンドル装着!


新旧リョウガ揃い踏み。
う~む、やっぱりシルバー系の色にして欲しかったよ。

これでディープも大丈夫。。。なのですが、東京湾は既に水深50m以浅の浅場にポイントが移行しており、こんな重装備は要りません(笑)
正直、スティーズA TWが丁度いいくらい。

18リョウガは愛媛に持って帰って、代わりにスティーズA TWを東京へ持ってこうかと考えています、

では。

テーマ:
この週末で東京の桜は散ってしまいましたが、なんとか金曜日の晩に滑り込みでお花見を楽しむことができました。

目黒川周辺の夜桜。
物凄い人、そして外国人の多さ(笑)
まともに歩くこともできません。


そして代官山の桜のあるテラスで優雅にワインを頂きます。
明日釣りだというのに、ついつい深酒してしまいました(笑)



さて、未だホーム松山での開幕戦が行えていないのに、東京湾では早や6戦目です(笑)
会社釣り同好会でトレードウインズさんをチャーターしての釣行です!

前日の酒が全然抜けていませんが、船長が迎えにきてくれるので安心(笑)
本当にいつもありがとうございます。
正直東京の方が釣りに行くのは楽です(笑)

いつもH氏、それに鯛ラバ初挑戦のB氏とM氏の計4名で7:00出船!
私の釣り座は左舷ミヨシ。
ちなみに、B氏はカワハギ釣り師、M氏は元バサー。
釣りの基本はおさえているお二人ですので、やってくれるでしょう!

東京→伊豆諸島行きの水中翼船が爆走する傍らで釣り開始。


昔は松山→尾道間でこの水中翼船が稼働していたんですよね。
私は物心ついた頃から海を爆走する水中翼船を見てきたんで、何ともノスタルジックな気分です。


釣り始めのタイミングで下げ潮MAX!
春の大潮は強烈、水深40mそこそこの浅場ですが、鯛ラバ100g以上でないと厳しい。
暫くは潮がキツすぎるせいか全くアタリ無し。
開始から2時間、やっと潮が緩み始めたタイミングでガツン!!


セルテートのドラグ唸らせたのは、60cmに近い大型!
東京湾の鯛は体高があり全体的に丸みを帯びているので、写真では小さく見えちゃうんですよね。
瀬戸内海だとチャリコが丸くて、40cm超えてくるとスリムになりますよね。
東京湾の鯛はチャリコ体形でそのまま大きくなる感じ。

この最近いつも終盤まで追い込まれていましたが、今日は序盤に釣って一安心(笑)
しかし、今日は全体的に渋め。

ポツリポツリと拾い釣り状態。何とか初挑戦のお二人も鯛をキャッチして大喜び。
この強潮の中、きちんとタッチアンドゴーができているので、安心してみていましたがやはり釣ってくれました!
私も40サイズを追加して2枚目!



潮止まりから、上げ潮が流れ始めるまでは静かな時間。
今日はべた凪ですが、激しく往来する大型貨物船の引き波のせいで、船上は大揺れ(笑)


上げ潮になると太刀魚が出没し始めます。
M氏が指5本超えの良型を仕留めますが、私はビンビン玉タングステンをスッパリやられました(笑)
そのあとも底から10m以上でアタリがあると、まず太刀魚。
皆さんフックやネクタイが噛み切られてます。
美味しいんで釣れるのはいいのですが、鯛ラバ仕掛けではロストが多いのが頂けませんよね。
正直厄介者です。

タチウオに混じって、船中チャリを数枚追加。
最後の流し、もくもくと鯛ラバを巻いていたB氏に強烈なアタリ!!
バルケッタから恐ろしい勢いでラインが出ていきます。
船長、これは大型青物と判断。全員に仕掛けを回収させ、船で追いかけますが。。。
何とB氏のリールのラインが全部出されてジ・エンド!
恐らく10kg超えのブリでしょう。残念!

終ってみれば船中4名で7枚。私は3枚。
ちょっと渋かったですが、それでもこの時期にこれだけ釣れるのですから、東京湾は本当によい鯛ラバフィールドですよね。釣っていて本当に楽しいです。


トレードウインズ池田船長、渋い中初心者2名に鯛を釣らせて頂き、ありがとうございました!
そろそろ東京湾でもナナマルを釣り上げたいので、次回釣行時にオナシャス!!


【釣果】
マダイ × 3 (56cm、40cm、32cm)
ホウボウ

【キャッチ率】
3/4/7

【タックル】
ロッド:紅牙AGS 72HS-METAL
リール:13セルテート2510R-PE
ライン:PE0.8号(リーダー12lb)

ロッド:RedFlip 792B-ML
リール:18リョウガ1016
ライン:PE0.8号(リーダー12lb)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。