• 01 Apr
    • 嘘を付くことは意外と難しい。

      エイプリルフール! 結局、嘘を付かないまま今日が終わります。「気の利いた面白い嘘をつく」というのは意外と難しいです。 嘘をつくことは難しい!↓だから正直に生きよ! これがきっと、エイプリルフールの教訓なんだと思います。 なお、今年度から東北電子専門学校で月に1~2回程度ですが、 スポットで講師をさせていただくことになりました。 これは嘘じゃないです。 私たちリード・サインは、今年度も引き続き 仕事に対して真摯に、真剣に取り組んで参ります。 末永く、何卒よろしくお願い申し上げます。

      12
      テーマ:
  • 11 Mar
    • いつも通りの一日。

      2016年3月11日。 いつも通りの一日でした。 いつも通りに仕事をして、いろんな方と話をして、 結局まだ仕事が終わらなくて・・・笑 そんな「いつも通りの日々」を過ごせることが、 どれほど貴重かを再確認できた一日でした。 今こうして仕事を続けられていること、 私たちを必要としてくださること、心から感謝です。 皆様の仕事や人生がより良いものになるよう、 日々精進し、レベルアップしていきたいと思います。 改めて、よろしくお願いします。 株式会社リード・サイン 代表取締役 庄司 直人

      4
      テーマ:
  • 23 Feb
    • どんな名刺が良い名刺?

      名刺交換では、お互いが初対面です。 どんな話をしたら良いか、話が続くのか、大抵の人は緊張して接しています。 私自身、実は会社員時代は名刺交換をしたことがなく・・・そんな人間が急に独立して、名刺交換をするわけです。 緊張で何も話せず、何も聞けずで良い関係性が築けるはずもありません。 その時、苦肉の策として「自分で話せないないなら、代わりに名刺に書くしかない」と考えました。 名刺を2つ折りにして、自分の考えやプロフィールを書きました。 すると、少しずつリアクションがあって、相手から話しかけてくれるようになってきたのです。 人見知りの私にとって、「相手から話をしてくれる」ということはこの上ないありがたいことです。(その人見知りも、今では多少マシになりましたが) そこから相手の反応を見て名刺をリニューアルし続け、11回目のリニューアルで現在の形に落ち着きました。 だからこそ、名刺には人一倍、こだわりを持っています。制作させていただくお客さんの名刺も、非常に反応が良いと高評価です(^^) (いや、そういう意味では、ウチの名刺の制作費は安いと思うんですよ)(※ これは自慢と宣伝を含みます) なお、もらって困る名刺は・・・ (1)何をしている人か分からない(2)ツッコミどころがない(話が広げられない)(3)後から思い出せない(4)字が小さい・細かすぎて読む気がおきない(5)形状が大きすぎる、または小さすぎる こんなところでしょうか。 名前だけで覚えてもらうほどの有名人でもなければ、忘れられても仕方ないと思います。 一方、もらってありがたい名刺は・・・ (1)顔写真が載っている・顔を覚えることができる(次に会った時に困らない)・顔写真が入っていると無碍に扱いづらい・捨てづらい (2)肩書が分かりやすい・パッと見た時に「何屋さん」かが分かるように・奇をてらった、ムダに長い肩書きは逆効果(怪しく見える) (3)ツッコミどころがある・自分の経歴は文章ではなく、年表形式の方が反応が良い・実績や事例には企業名を入れる(有名な企業があるか、知っている企業があるかなど、自然と探したくなる) (4)営業アピールが過ぎない・2つ折り名刺までは営業色が出ない(内容にもよる)・冊子のような名刺は読むのが面倒&保管しづらい (5)文字が大きめ・名刺の目的は「情報を伝えること」読めない文字サイズでは意味がない・「文字が小さい=オシャレ」はNG こんな感じです。 一つ言えることは 「名刺を変えれば、相手の反応は確実に変わる」ということ。セルフイメージも上がります。要するに、自信が付きます。 私自身、名刺にこだわるようになってから「なんか面白いことをしてくれそう」という期待感でお仕事をいただくことも少なくありません。(というか、そのパターンが多いです) 名刺にこだわること、オススメです(^^)

      8
      テーマ:
  • 06 Feb
    • 「価値が違う」には、価値がある。

      「自分には向いていないから」 「そういうタイプではないから」「価値観が違うから」 そう言ってしまうことは簡単です。私自身、つい言ってしまいます。 そんな時は意識して、自分自身に問いかけるようにしています。 「向いているから、向いていないから。それがどうしたのか?」「そういうタイプって、一体どういうタイプなのか?」「その価値観は、そんなに大事な価値観なのか?」 自分を自分を決めつけてしまうのは、非常につまらないことです。自分自身に飽きてしまいます。決めつけない方が可能性は広がります。 意識していつもと違うこと、あえて逆のことをやってみるのも面白いものです。(もちろん、悪いことをするという意味ではなく) ・いつもの自分と逆の視点で、物事を考えてみる・いつもなら断っていた誘いを、あえて受けてみる・自分に似合わないことをやってみる・いつもなら読み飛ばすジャンルのニュースを読んでみる・あえて自分の王道パターン・必勝パターンを使わない 具体的に書くと大したことではありませんが、これだけでも、自分自身の変化を感じています。 特にウチのような、様々な業種の方と話す仕事には「多様な価値観と視点を持つこと」が強みになり財産にもなります。 そして、いざという時に、ピンチをチャンスに変える力になるのだと思います。

      7
      テーマ:
  • 10 Jan
    • 良い制作会社とは?

      おばんです。リード・サインの庄司直人です。 いつも気づけば精神論ばかり書いているので今日は少し実用的なことを書きます。 普段、企業やお店がホームページやチラシの制作を依頼するとき、一番悩むのは「どこに頼んだら良いの?」ということです。 どの制作会社が良いのか? それは例えば、目的がデザインなのか、結果(売上アップ)なのかによっても変わります。 「良い」という基準自体が曖昧なのです。 なので、少し別の方向から考えてみましょう。 ● お客様からよく聞く悩みや不満 【1】話を聞いてくれない(コミュニケーションが取れない)【2】なかなか連絡が取れない(または、連絡が取れなくなる)【3】お金の基準が曖昧【4】デザインのセンスが良くない 企業やお店に伺った時に「制作会社を変えたい」というご相談をいただくことがありますが、その理由の8割くらいは【1】と【2】です。 特に【2】は「それってどうなの?」というレベルですが現実として多いので、笑えない話なのです。 【3】のお金は、ちょっと難しい問題です。 基本的に仕入れがなかったり、形のないものに対して値決めをするため、業界の相場は非常に曖昧です。 単に「ホームページを作ります」と言っても、数万円~数百万円くらい幅があったりします。 常識で考えればありえない話ですが、本当にこのくらいの振り幅があります。ここまで基準が曖昧な業界というのも珍しいと思います。 そして、その曖昧さ(適当さ)が、お客様の不信感に繋がります。 ちなみに、ホームページやチラシの制作、および販促やプロモーションにおけるポイントは「費用対効果」です。かけた費用以上の結果が出て、初めて価値がある仕事と言えます。 最後に【4】はデザインセンスと書きましたが、実は、デザインや制作物に対する不満は意外と聞きません。 多少の不満があったとしても、会社を変えたいと思う決め手にはなりません。 お客様の悩みや不満のほとんどは、「コミュニケーション」によるもの、ということです。 さて、話を戻します。「どの制作会社が良いの?」という私の答えです。 ● 良い制作会社(というか、まともな会社)の基準とは 【1】きちんと話を聞いてくれること・自分たち(お客様)のことを理解してくれる・目的や目標を共有できる 【2】そもそも、きちんと連絡が取れること・(当たり前ですが)こまめに電話やメールで連絡が来る 【3】かかる費用が明確で、内訳の根拠があること・高くても安くても、根拠のある金額である・その説明が明確で、聞いて納得できるものである 【4】デザインの相性が良いこと・一般の人から見ても、良いと思えるデザインである 【5】最終的には、直感的に信用できること(結局は、ここ)・ともに分かり合い、良い仕事をしたいと思える 以上になります。 先にも書いたように、やはり「良い制作会社」の基準は非常に曖昧です。 この業界にいても、良い会社を見つけるのは難しいと感じています。 (この問題は少しずつでも、変えていこうと思います) まずは私の10年の経験による一つの答えとして、 参考になれば嬉しく思います。

      11
      テーマ:
  • 01 Jan
    • リード・サインの経営理念ができました。

      2016年が明けまして・・・誠におめでとうございます! 株式会社リード・サインの庄司直人です。いつも大変お世話になっております。 元旦ということで唐突ですが、弊社の経営理念を発表します! 私たちは、販促という手段で 「現状を好転させる一手」を提供し、 お客様のより良い未来を創るため 末永く支援します。 「経営理念は必要だ」という話をよく聞いていたので、ここ2年くらい考えていました。 なかなか固まらず時間がかかりましたが、ようやく納得のいく経営理念になりました。 ホームページやチラシなどの販促物を作ることが私たちの仕事ですが、もう少し掘り下げると、お客様の「変えたい・変わりたい」という想いを叶えることが本当の仕事だと思っています。 お客様の現状を良いものに、 未来をさらに良いものにすることが私たちの使命です。 そして、それは短期間では成し得ないもので、信頼関係のもとに、互いに日々精進していく必要があります。 お客様のより良い未来づくりのため、私たちができる「販促」という手段で今年はさらに大きな力になれればと思います。 本年も引き続き、末永く、どうぞよろしくお願い申し上げます。

      10
      テーマ:
  • 30 Dec
    • 起業して約8年、続けてきたということ。

      リード・サインのメガネこと、庄司直人です。 先日のブログで、法人化3年目を迎えたことをご報告させていただきました。 さらにさかのぼると、個人事業主としては、来年の2月で8年目を迎えます。24歳が32歳になったわけです。 さすがに、学生に間違われることもなくなりました・・・ ここまで続けてこれているのは間違いなく「支えてくれるお客様の優しさ」によるものです。 にしても、よくぞ続けてこれたなぁと・・・時に振り返っては、自分で驚きます。 ちなみにここだけの話ですが、「起業1年目の年間の売上=今の1ヶ月の売上」です笑 「起業」というものを向き不向きで分類すれば私は、起業に向いていないと思います。 そもそも起業するような熱いタイプでもなく、 積極的でもなく、話が上手いわけでもなく。何かあればすぐに悩み、すぐに落ち込み・・・ まぁ、誰だってそんな人間を見れば「本当に大丈夫なの?」と心配になりますね笑 実際に起業当時は、「君は向いていない」「そんな考えではすぐにつぶれる」とよく言われたものです。(言われるのはツラかったです、ほんと) 起業して生き残るタイプではなかったように思います。 そんなことを常に思いながらも約8年、続けてきました。何事も、続けるというのは大切なことです。 自分が何をすべきなのか、どうなっていきたいのか、続けることでしか、見えないものがあります。 「目指したい未来」が、少しずつ形になろうとしています。 私が企業として続けている理由は、一つが「必要としていただけるお客様がいるから」でもう一つは「自分が一番成長できる環境だから」です。 会社員として働く、東京で働く、なんとなく生きる・・・他の道もあったのかもしれませんが、今のところ、起業して良かったなと思っています。 良いことも悪いことも含めて、「あの頃よりは少しは大人だろう」ということです。(SOPHIA「ビューティフル」より) でもまぁ、8年という数字はちょっと中途半端じゃないかなと・・・笑 まずは10年で、どこまで行けるか。そして15年、20年。自分は、会社はどうなっているのか。 自分で自分の可能性を否定しなければ、どんな形にもなれると思います。 どんな形にもなれるのであれば、よく多くの方と、より良い仕事ができる環境をつくりたいです。 地道でも地味でも、人として、企業として、一日一日を確実に成長していくこと。 基本姿勢は昔から変わりませんが、これまで以上に、成長の一歩を力強いものにしていこうと思います。 そして昨日よりも今日、今日よりも明日の自分に自信を持って生きていきたいのです。 という概念的な話でしたが、本日12月29日、本年の営業を無事終了します。 年明けは1月4日から。引き続き末永く、どうぞよろしくお願い申し上げます(^^) 株式会社リード・サイン代表取締役庄司 直人/スタッフ一同

      1
      テーマ:
  • 20 Dec
    • お客様の「変えたい・変わりたい」という想いを叶えること

      株式会社リード・サインの庄司直人です。 最近ブログの更新回数が減っている気もしますが・・・引き続き、頑張ります。 さて、私たちは販促や制作に関していろいろなご相談をいただきます。 その中で多くお聞きする言葉が「何かしなきゃいけない」「何かしていきたい」です。 すでに現状に満足していて、何もしなくて大丈夫という方はいません。 もしホームページやチラシがなくともビジネスが成り立つなら、それに越したことはありません。余計な販促費や広告費がなければ、その分値段を安くできたり、お客様に還元もできます。 ただ、現実はほとんどそうもいかないので私たちのような仕事があるわけで・・・笑 今のホームページの状況を変えたい、販促や宣伝を仕切り直しをしたい、数年後のために今から行動しておきたいやりたいことがあっとも、やり方が分からない、などなど・・・ その根底にあるのは「変えたい・変わりたい」という想いなんだと思います。 だから、私たちはその想いに応えなければなりません。 それは例えば・・・今まで思い付かなかったアイデアだったり、第三者としての客観的な視点だったり、一般の人に分かりやすく伝える表現だったり、安心や信頼を伝えるデザインだったり、様々なものがあります。つまり「新しい何か」を求められているわけです。 そのための手段が販促や宣伝であり、ツールとしてホームページやチラシを制作しています。 今がなくして、未来はありません。 お客様の現状を良いものに変え、未来をより良いものにしていくこと。 そのために、じっくりと話を聞き、前向きに考え、ともに動き、支えること。 私たちはとても小さな会社ですが、そのようなことを日々意識して、お客様と向き合っています。 まぁね、オチは特にないですね・・・orz

      4
      テーマ:
  • 03 Dec
    • 株式会社リード・サインの3年目が始まりました。

      本日12月3日、 「株式会社リード・サイン」としての3年目がスタートします! たくさんの皆様のおかげで、2期目を無事に終えることができました。 改めて、私たちの一番の自慢は「お客様」です。ウチのお客様は素敵な皆様ばかりで、本当に恵まれていると思います。 いつも本当に、ありがとうございます。 2期目を振り返ると、企業として、私個人としても「このままじゃダメなんだ」ということに気づけた一年でした。(年越しみたいなコメントですね) 守井さんに連れていっていただいたシンガポールの4日間、これが大きかったです。 何でもできるのに、何もしないのも、おかしな話です。やるべきこと、やりたいこともたくさんあります。 「現状満足=衰退」という言葉の重みも感じましたが、そのことに気づけたのは大きかったです。 だからこそ、3期目は「変化すること」に貪欲でありたいと。まずはやってみようと思います。 そして、その変化の積み重ねを、結果として「成長」と呼べるように、「リード・サイン飛躍の3期目」と後世まで残せるように、精一杯、良い仕事をしていきたいと思います。 なお、企業のテーマは「お客様の未来を妄想する」ことで、私個人のテーマは「自分自身に飽きないように生きる」ことです。 具体的な目標は、年賀状に書きます笑 改めまして、これからも末永く仲良くしてください!何卒よろしくお願い申し上げます。 <お知らせ>近日中に「リード・サイン全集 vol.1」をリリースします。ミュージシャンで言うところのベストアルバムみたいなものです。どうぞお気軽に資料請求してください。

      6
      テーマ:
  • 19 Nov
    • 日本酒と私。

      リード・サインの庄司直人です。 また堅苦しい内容が続きましたので、今日は少し道をそれたい(?)と思います。 昨日11月18日の夜、松島の「むとう屋」さんの「宮城の地酒と手打ちそばの会(萩野酒造さん編)」に参加させていただきました。 日本酒を飲めるようになって、約4年くらいでしょうか。それまでは「日本酒なんて・・・」という感じで大嫌いでした苦笑 そんな私のターニングポイントになったのが2010年、栗原市の萩野酒造さんのホームページ制作で、デザインを担当させていただいたことでした。 ちなみに、こちらです↓ 萩野酒造株式会社(宮城県栗原市)|萩の鶴・日輪田 http://www.hagino-shuzou.co.jp 最初はダメだった日本酒が少しずつ飲めるようになり、 少しずつ「美味しいかも」と感じてきて・・・ で、気づいたら「日本酒の会」に参加するほどになっていたわけで笑 だから、萩野酒造さんの「萩の鶴」「日輪田」が 自分にとっての日本酒の原点です。贔屓目なしに旨いです。 そして、今も仲良くしてくれるのが嬉しいことだったりします。(むとう屋さんも仲良くしていただき、嬉しい限りです) あ、ちなみに「日本酒が好き=すごい飲む」みたいに思われますが、日本酒を味見をすることが好きなので、量は飲まずとも大丈夫です。(一応けっこう飲める方ですが、二日酔いが本当に嫌いなのです) まぁ、そんな感じで・・・ 酒蔵さんの販促・制作をお待ちしています。 (公私混同とか言われそう)

      5
      テーマ:
  • 07 Nov
    • いつか何かの役に立つかもしれない

      おばんです、リード・サインの庄司直人です。 ウチがお仕事をさせていただくお客様は、本当に多種多様です。仕事の業種・立場・規模、年齢や性別も全く異なります。仕事に対する目的・目標や価値観も異なります。 例えば、ある日の仕事内容を見ても、脳ドック、人材教育、塗装リフォーム、漁師、うなぎなど・・・改めて、本当に規則性がないですね。笑(あ、すべて宮城県内のお客様という共通項はあります) ですので、お仕事をさせていただく際は、必然的に多種多様なお話をさせていただくことになります。 その時に、その業種や業界のことを「全く知りません」「興味がありません」では仕事になりません。「あ、そんなことも知らないの」と見限られてしまいます(ちなみに、逆に知りすぎていてもダメなのですが・・・まぁその話はまた別の時に) だからこそ「多種多様な情報を仕入れる雑食さ」の大切さを身にしみて感じています。 いろいろな人とお話をする機会(外に出る機会)を自発的に作ることはもちろん、テレビ・新聞・インターネットからの情報は、あまり選り好みしないようにしています。何気にポッドキャストも気に入っています(今さらですが いつ・どこで・どんなタイミングで、それが役に立つかは分かりません。でも、自分が経験したこと、学んだこと、身につけたこと、見たこと、聞いたことが糧になり財産になります。 まぁ、どうしてこんなこと(ある種、当たり前のこと)を書くのかというと・・・昔は全く何もしていなかったからです^^; 苦笑 今だから言えますが、20代の頃は「すみません、一から教えてください!」で何とかなっていたと思います。 正確に言うと「何とかなった」ではなく、周りの皆様が優しくて気を遣ってくれたんだなと・・・しみじみと、改めて感謝です。 というわけで、販促や制作の業界の難しさを改めて感じています。 ただその一方で、それが刺激であり、 様々な業種のプロと深い話ができるという特権ですので、日々確実に、力をつけて進んでいきたいと思います(^^)

      5
      テーマ:
  • 25 Oct
    • 仕事を楽しむ

      「仕事は楽しいですか?」 と聞かれることが時々ありますが、どう答えようか悩みます。 そもそも「仕事を楽しみたい」「楽しんで仕事をしたい」とあまり考えたことがありません。 もちろん瞬間で切り取れば楽しいと思えますし、やってて良かったと思う時も多々あります。 が、迷いなく「楽しいです」とは言いません。 なぜなら私たちは 「お客様を支援する仕事」だからです。 自分たちの考える販促方法や、制作する販促物によって、お客様の仕事の命運を分けることになります。 お客様から大切なお金をいただいているのに「自分たちが楽しもう」というのが先に来るのは個人的にちょっと違和感があります。 基本的に先に来るのは「責任」や「プレッシャー」です。(精神衛生的には、あまり良くないかもしれません笑) でも、先にもふれたように決して仕事がつまらないとは思っていません。 月並みですが、非常に大きなやりがいを感じています。 さらに言うと「生きている心地がする」という感じでしょうか。 仕事によって苦しむことや悩むことが多々ありますが、逆に今の仕事がなくなったら、自分の存在価値もなくなるような気がします。 自分にとって仕事とは「社会的役割を果たす」ということです。 必要とされていることで 「あぁ、生きていて良いんだなぁ」と・・・(大げさ まぁここまで、明るくならない話をしていますが笑 ウチの会社の雰囲気や、普段やっていることを周りの方々が「楽しそうだね」と言ってくれるので、もしかしたら、自分で思っているよりも楽しんでいるのかもしれません。 「結局どっちなんだよ」という話ですが、ひとまずこんな感じです(逃

      6
      テーマ:
  • 19 Oct
    • 毒にも薬にもならない仕事

      おばんです、リード・サインの庄司直人でございます。 最近特に意識しているのが「毒にも薬にもならない仕事をしない」ということ。 結果を出せない、目に留まらない、何とも思われない「空気みたいな」ホームページやチラシは、とても嫌だなと思います。 私の存在意義は「必要とされること」です。 だから、誰からも必要とされないものを作るということは、 自分の存在意義がないと言われるようなものです。 これはけっこうツラいです。 ここ最近は「毒にも薬にもならない仕事になっていないか?」 という自問自答を、一つの判断としています。 まぁもちろん、誰も「毒になる仕事」なんて求めていませんが。お客様にとっての「最良の薬をつくる」ことが、私たちの目指すところです。 以上、ブログとしては少々中途半端ですが自分への備考録の意味もあり、このまま書いておきますm(__)m

      5
      テーマ:
  • 10 Oct
    • ホームページを作ることは、自分自身と向き合うこと。

      こんにちは、今日もリード・サインの庄司直人です。 来年2016年1月、私たちのホームページを新しくリニューアルします。 (する予定です)(さて、予告通りにいくでしょうか!) 「ホームページを作るというのは、自分自身と向き合うことです」 「企業として、自分自身として、これまでの『棚卸し』です」 お客様のホームページを制作させていただく中で、こんなお話することがありますが・・・ 自分たちのホームページのリニューアルを始めてみて、「あぁやっぱり、その通りだなぁ」って思っています笑 ホームページを作ることが、いかに悩み考えることなのか・・・自分たちのホームページを考える上で、改めて実感しています^^; 私たちが今、何をしているのか。何が個性で、それが相手にはどう伝わっているのか。どんな人に見てほしいのか。どんなお客様と仕事がしたいのか。どうしたら相談しやすい環境をつくれるのか。どうしたらより身近に、親しみやすく感じてもらえるのか。 私たちはこれまで、何をしてきたのか。そして、これから何を目指すのか・・・ ホームページを制作する課程において、少なからず、企業と自分の現在・過去・未来と向き合うことになります。 だから、考えたらキリがないです、ほんと・・・非常に多くのエネルギーが必要になりますm(__)m でも、こんな機会でもなければ、企業として、自分自身として、真正面からじっくり向き合うことはほとんどありません。 じっくり向き合って出した答えが、企業として、自分自身として、次のステージを目指す指針になります。そこに、ホームページを作る一つの価値があると思うのです。 正直、キレイなホームページを作るだけなら簡単です。でも、ホームページを作る目的は、キレイさではないと考えています。(もちろん、キレイさも大切です) 自分たちの魅力や情報を、届けるべき人に確実に届けること。その上で、見た人に行動を取ってもらうこと。それが「結果を出す」ということです。 ホームページを制作するのは、やはり「結果を出したい」からです。 自己満足では自分以外、誰一人喜びません。 無論、画一的な必勝法や、テンプレートでは一時しのぎにしかなりません。 だからイチイチ悩みますし、どんより深く考えます。 そこから生まれた答えにこそ人は惹きつけられて、「選ばれるホームページ=選ばれる企業・自分自身」になると思うのです。 とまぁ、そんな感じで 勢いで書いてしまいましたが・・・ ひとまず直近の懸念事項は、私たちのホームページが無事リニューアルされるかどうかですorz どうかご声援のほど、よろしくお願い申し上げます。

      6
      テーマ:
  • 02 Oct
    • 「勝山」蔵元、杜氏と楽しむ秋の味覚の会席料理

      こんばんは、リード・サインの庄司直人です。ここ最近、似た傾向のブログが続いたので、今日は方向性を変えたいと思います。 先月9月28日(月)に「『勝山』蔵元、杜氏と楽しむ秋の味覚の会席料理」にご縁あり参加させていただきました。 めったに行けるものではありませんが、「たまの贅沢は良いものだ」ということでご勘弁を・・・ 本当に、贅沢で優雅な時間で、あっという間でした。 詳しくは言葉でアレコレ書くよりも、写真を見れば分かると思いますので割愛します。 (伝えられる言葉を持ちあわせていない、ということです) ちなみに実際、料理だけで2万円以上だそうです。日本酒は協賛とのことで、そういう意味では非常にお得とも言えます。 まぁ「たまの贅沢は人生勉強だ」ということです(ポジティブ 今後、数ヶ月に一度開催されるとのことですので ご興味のある方は是非。 以下、写真が続きます(料理と日本酒もほんの一部です)

      4
      テーマ:
  • 27 Sep
    • 「お客様にとって価値のある情報」であるか?

      こんばんは、本日も庄司直人です。 このブログを書くのは私だけなので、そもそも名乗る必要はないのです。 (;・∀・) さて、私たちはホームページやチラシを制作するのが主な仕事です。ヒアリングをさせていただいた上で、どのような表現手法で発信するか考えます。 で、その際に「極力避けていること」が一つあります。それは「同業他社を悪く言い、自分たちを良く見せる手法」です。 「悪い業者に騙されていませんか?」「A社・B社と比べてウチが一番!」 みたいな、いずれもよく見かけるウリ文句ですね。その手法自体は悪いとは言いませんし、ある一定の効果は見込めます。 ただ、お客様が知りたいことは他と比べて価値がある情報や、業界の内部事情ではなくて「お客様にとって価値のある情報」ではないでしょうか? 「あっちが悪い」「こっちが悪い」と競い合って「ウチなら安心ですよ!」と言われてもお客様は不安になったり、疑心暗鬼になってしまいます。 「だったら、業界自体を良くしてよ!」ってなります。 だからこそ、お客様にとって役に立って安心できるような「前向きな情報」で選んでもらえることが大切だと思うのです。 実際に、お客様にとって価値ある前向きな情報は自然と波長の合う、質の高いお客様を連れてきてくれます。それが良い関係づくりにつながります。 ホームページやチラシが接点になって、良い関係が築かれていく様子は、私たちにとっても嬉しいです。やっててよかったと思える瞬間です。 もちろん「お客様にとって本当に価値のある情報」で打ち出すのは簡単ではありませんが、その信念は変えずに「良いお客様とのつながりをつくる販促物」を作り続けていきたいと思います。

      6
      テーマ:
  • 22 Sep
    • 「停滞と衰退」と「変化と成長」について

      こんばんは、リード・サインの庄司直人です。いつもありがとうございますm(__)m さて、誤解を恐れず言うのであれば私自身、最近まで「停滞」していたんだと思います。 振り返ってみると1年ちょっと、変化も成長もしていなかったなと。「変化も成長も拒んでいた」という方が正しいですね。 正直、目の前のことに手一杯で余裕がなく、視野が狭くなっていることにも気付けませんでした。(もちろん、目の前のことに全力を尽くすことも大切ですが) できるだけリスクを避けて、過去の成功体験でそれなりにやっていく。 仕事の質自体は下がっていないと自負できますが、そんな人間は、誰が見たってつまらないです。停滞と衰退は同義です。 お客様が私たちの仕事に求めているのは当たり障りのない回答ではありません。 「今よりもっとお客様を盛り上げたい!」「そのために何を仕掛けていこうか?」 今までにない視点や解決策、アイデアを必要としていただけているのだと思っています。 私はそもそも、天賦の才能は持ちあわせていません。どちらかと言わずとも、ダメな部分の方が多いです。 だからこそ、外からの刺激に抵抗せず、受け入れて一歩ずつ変化していくしかありません。 その変化が、時に「軸がブレている」と評されることもありますが、変化の繰り返しこそが、成長になるのだと信じています。 そうやって、ここまで続けてきたつもりです。 「自分に飽きないように生きる」「人生を分かったふりしない」私の変わらぬモットーです。 ますます育ち盛りの30代です。今一度、自分や会社の「変化と成長」を楽しんでいきたいと思います。 自戒の意を込めて。

      6
      テーマ:
  • 09 Sep
    • 「好きな言葉」に対する補足説明

      おばんでございます、リード・サインの庄司直人です。 本日はどうでも良い内容を書きます! 私のメールの署名欄などに「好きな言葉」として4つほどキーワードを書いています。 ので、今回はその4つについて補足説明させていただきます。 特に深い意味はありません。 (1)源泉かけ流し 最近はあまり行けていないですが、源泉かけ流しの日帰り温泉を探すのが好きです。 どちらかと言えば、あまり知られていない温泉を見つけたいですね。以前は宮城にも秘湯が多かったようですが、 震災後に閉館してしまったところが多く、残念。 近場で源泉かけ流し温泉に入れるという意味では 仙台市内の「明日の湯温泉」が好きです。 そして「定義温泉」が気になって仕方ありませんが おそらく一生、辿り着くことはないかと・・・ (2)純米吟醸中取り 日本酒は3年ほど前から好きになりました。(その前は大嫌いで全く飲めませんでした) 「純米吟醸中取り」と書きましたが最近は「本醸造」で美味しい日本酒を探しています。 ● 愛宕の松 特別仕込 本醸 極(宮城県)● 朝日鷹 特別本醸造(山形県) 今のところ、この2つが別格で美味しいです。四合瓶で1,000円程度というのが驚きです。 (3)劇場公演 これはAKB48(またはHKT48)の劇場公演のことです。一時期ハマって、当選する度に意気揚々と東京に行っていました。 正直なところ、最近はすっかり熱が下がってしまい・・・今年に入ってからは一度も行っていませんm(__)m (4)巨大仏 もはや仙台市民にとっては風景と化している 「仙台大観音」のような巨大仏です。 なぜ好きかと言われると「日常の中にある、あからさまな違和感」だからです(謎 ● 福岡大仏(東長寺/福岡県)● 成田山大仏(成田山 仙台分院/宮城県)● 愛子大仏(佛國寺/宮城県) この3つは何度見ても面白い(怖い)です。 次点では「丈六阿弥陀如来坐像(保昌寺/宮城県)」でしょうか。こちらもなかなか面白い(怖い)です。オススメはしません。 以上、4つです。 これだけ見ると少々頭の変な人みたいに見えますが、 いたって平然としていますので大丈夫です! 書いていて思いましたが、そろそろ好きな言葉の更新が必要ですね。

      7
      テーマ:
  • 06 Sep
    • 「仕事をしない」という仕事

      最近意図して「週に一度は休む日を作る」ことに取り組んでいます。 普段、土日も仕事をしていることが少なくありません。(営業日としては土日祝日休みで、当然スタッフは休みにしています。念のため。) しかし、そうやって目の前の仕事に集中しすぎるとどうなるか? 「一般消費者の感覚が失われていく」と感じています。 段々と視野が狭くなって、消費者が何を考えいるか分からなくなる。これが、私たちの仕事には致命傷になります。 私たちの仕事において重要な役割はどこまでも「一般消費者であること」と考えています。 ホームページやチラシなどの媒体を見るのは、ほとんどが一般消費者だからです。 もし消費者の立場だったらどう捉えるか、どう感じるか。これが失われると「消費者に届かない=結果が出ない」ということになります。 常にアンテナを掲げ、視野を広げ、価値観をフラットにしておくことが結果としてお客様への貢献になると考えています。 長くなりましたが、最近は少なくとも週に一度は休みにしてあえて目の前の仕事から距離を取るようにしています。 観光したり、スーパーに行ったり、家事をしたり、ライブやイベントに行ったり・・・何ということのない一日ですが、これが仕事に対しても良い影響をもたらします。 ですので一応・・・「休む=寝る」ではありません。いや、もともと寝るのは大好きなんですがm(__)m ちなみに今日は、久々に仙台市科学館に行きました。改めて見ると、なかなか意外とマニアックな場所ですね。笑

      1
      テーマ:
  • 26 Aug
    • 「第三者の立場で判断する」という仕事です。

      おばんです。毎度リード・サインの庄司直人です。 突然ですが、私は生まれも育ちも仙台です。(厳密に言うと、黒松→水の森→木町→原町です) ですので、現在も仙台で仕事をさせていただいている以上、やはり宮城県内で商売をされている方々のお役に立ちたいと思っています。 ただし、業種や規模は一切限定していません。 例えば今日も・・・ 整骨院のことを考え、塗装のことを考え、魚のことを考え、カレーのことを考え、婚活のことを考え、手ぬぐいのことを考え・・・ そんな一日が日常です。笑 一見すると、煩雑で専門性に欠けると思われがちです。 でも実際は、様々な業界をフラットに見ることで第三者の立場で判断することができます。 「第三者の立場で判断する」私たちに求められる重要な役割です。 当たり前に思っていることでも別の視点から見ることで、全く異なる見え方になります。 そんな「新しい価値」を見つけて、再構築すること。私たちリード・サインの語源でもあります。 「リード・サイン → rede sign → re:design(デザインを再構築する)」(もちろん、単に見た目のデザインでなく、問題解決のためのデザインです) だからこれからも、業種や規模を限定することはない、と思います。(この業種に強い、という見せ方はアリですが^^;) ちなみに、今の仕事の好きなところは「様々な業種のプロのお話を直に聞けること」です。 これは楽しいです。ここには書けない話も含めて・・・一つひとつが学びですね(^^)笑

      4
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。