野焼き

テーマ:

昨日は会社が所有する土地に積んであった雑草で焚き火をしてました。

 

1週間前に刈った草がだいぶん乾いたので野焼きにしました。

 

最近は、ちょっと煙が出ると煙たいだとか、洗濯物が汚れると近隣からクレームが多いようですが、幸い土地の周りに人家は無かったので煙のトラブルなしに済みました。

焼く量も少しづつにして目立たないようにしました。

 

小春日和の田畑は長閑で、焚き火もよく燃えます。

 

 昨日焼いたのが全体の1/3程なので、残りはまた別の風のない日に焼きたいと思います。

 

AD

切り下げ

テーマ:

店舗の建設には、道路との乗り入れ口を何箇所作り、どれぐらいの幅にするかがいつも課題になります。

 

テナントが思うような箇所数と幅が取れれば良いのですが、安全上なかなか思うようにはいきません。

 

警察等行政との協議では、出来るだけ少なく狭い幅の出入口を指示してきます。

店舗の運用上そんな幅では用をなさないと言うケースも多々あります。

 

希望の幅を取るために、テナント側は搬入車両が入るとか、大型車が通るとかで希望の幅を要求していきます。

 

例えば、飲食店の出入口は幅6mはほしいところで、スーパーなら8〜10mあれば搬入車も使えます。

でも、役所任せの言い分だとワンサイズ狭い幅を指示してくるので、それに対抗するために何かと理由をつけて要望して行くのです。

 

逆に、広過ぎる出入口は車の通行速度も速くなるので危険です。運用上問題無い幅があれば良いのです。

 

先般も切り下げの協議をしていて、2箇所はダメとの指示がありました。

でも、ドライブスルーなので2箇所は必須なわけで、1箇所では話になりません。

今後、どう理由付けして切り下げの個数と幅を取るか方策を検討して行きます。

AD

修繕引当

テーマ:

最近、会社が所有する店舗建物に不具合が出て、修理費用が発生しています。

 

トイレの水のつまりや雨漏れ、ドアのヒンジ等、建築後15年以上経ったものなので、修理箇所も多くなってきました。

 

本来、修繕金として毎月の賃料からいくらか見込んで、修繕積立金としてプールしておきたいところですが、悲しいかな修理は余計にかかる費用として、発生するたびにもったいないと思いながら支払うことになります。

 

建物を所有すれば維持経費は掛かるものとして、毎月引き当てておけば、いざ出費が必要になった時にも準備はできるのです。

 

ただ、ほとんどのオーナーは、修理が必要になった時は、何でこんな負担をしなくてはいけないか?とお金が出て行くことを嘆きます。

建物を所有するのに付きものの経費ですから、掛かるのが当たり前なのにそういうことは普段から気にしてなくて、いざ発生すると余計な経費のように思われるのです。

 

きちんと毎月引き当てておけば、予算から修繕となるのに、都合の良いようにしか考えられないものなんですね。

AD