2013年秋期アニメ

テーマ:

今月からこのクールの新しいアニメ始まりました。

ってことで、久しぶりにアニメ記事でもチマチマ書こうかと・・・

現時点で大体平均3話くらいどの作品も放送されてるんじゃないかと思います。

そろそろ序盤の時点で面白い or 面白くないの判断ができてくる作品もあるのではと。(まぁ、中盤以降面白くなる作品もあるのでゴニョゴニョ・・・



さて、とりま私が今期観てる作品群ちゃっちゃと挙げてきます。





『リトルバスターズ!Refrain』

個人的に今期の鉄板作品の一つと思って観てます。

3話の時点で、ちょっとずつシナリオの核心に近づいていっててこれからどんどん面白くなっていきそう。

安心して観ていけます。




『WHITE ALBUM2』

アニメ化決まってから、放送始まって実際観るまで全く期待してませんでした。

で、実際観てみると、思いの外悪くなく「あれ、まぁいいんじゃね・・・?」くらいの評価に。演出もそんな悪くないですし。

多少原作との差異はあるものの、不自然さは今のところ感じません。

このまま「やらかさ」なければ、切らずに観ていける・・・はず。

話数的にICで終わりそうってのは、色んな意味でどうよと思わなくもないですが。





『夜桜四重奏~ハナノウタ~』

「ヨザカル」の新アニメ・・・は良いんだけど、もうちょっとヤスダさんの絵、意識して作画しよ?

話的にも、原作1話から始まってるのに結構オリジナル要素入ってる・・・

評価的には、今のところ可もなく不可もなくって感じ。

切るかどうかは、今後の展開次第ですが、「USG」が担当してるOPは気に入ってます。





『機巧少女は傷つかない』

原作未読、アニメから入った作品です。

とりあえず1話は、世界観とかよく分からんまま置いてかれた感が強かったなぁ・・・

2話以降色々説明とか入ってなんとなく世界観が分かってきた感じ。

典型的なラノベ原作アニメですね。





『境界の彼方』

個人的に今期の鉄板その2(暫定)

1話目から普通に面白いと思いました。

キャラの設定、掛け合いの面白さ、世界観、ストーリー、どれも安定して観れます。

あと、何気に好きなのがEDの映像と楽曲。雰囲気のマッチング具合がパない・・・

観てない方にはお薦めしたいです。





『凪のあすから』

個人的に今期の鉄板その3(暫定)

『リトバスR』同様、放送前から期待してた作品。製作もP.A.WORKSだし・・・

最初主人公の男の子、短気でバカなガキ(私の嫌いなキャラのタイプ)かと思ってたんですが、意外にちゃんとモノを考えられる子でした、ヨカッタヨカッタ。

思春期の少年少女達の初々しい青春群像劇的な話なんかねぇ・・・とか思ってたら、予想してたより内容重い・・・

海で暮らす人と陸で暮らす人との差異や確執、隔たり、それらの描写の仕方は上手で話に引き込まれた感はあります。

その反面、演出は微妙で、海の中で生活してる感じがあまりしない・・・





『革命機ヴァルヴレイヴ2』

まぁ、1期も観てたので一応観とこうかと。

今のとこ評価は、まだよく分からんとしか言えない・・・これからだよね、うん。





『インフィニット・ストラトス2』

『IS』の2期目。

う~ん、何ていうかクソ・・・?

話に脈絡なくて展開意味不明だし、作画悪くてキャラに魅力全然ないし、バトル要素少なくてコメディ要素多い割に全然キャラ同士の掛け合いも面白くないし・・・

3話まで観てみて面白いと思える要素が全くないんですけど。逆にここまで叩く要素しかないっていう事実も凄いよ。

製作側も製作過程で、これがホントに面白いものかどうかは分からなくても、少なくとも観ててつまらんってことは分かるでしょうに。

あ~、ここまで一つの作品disったのホント久しぶり・・・

・・・・・・これ以上は何も言うまい。





『ストライク・ザ・ブラッド』

原作1巻だけ読んで切ってた作品。

・・・なんですが、アニメは普通に観れました。

まぁ、典型的な異能者バトルモノである程度頭空っぽにして観れてます。





と、ざっと今期視聴してる作品挙げてみました。

今のところ観てるのは9作品。

この内、何作品最後まで切らずに観れるのか。

・・・もう切りそうな作品もありますが。


AD

るろ剣OVA

テーマ:

今日の夜中に何を思ったのか、「るろうに剣心」のOVA、「追憶編」と「星霜編」を観ました。

観終わってみれば午前3時orz

で、観た結果結構感じ入るものがあったので、gdgdと書いていこうかなと思い至り・・・




Reality Color


「追憶編」

以前にも何度か観た作品です。

だって軒並み周りの評価良いんですもの。

まぁ、原作の再現箇所が過去編なので納得なんですけどね。

内容自体は、基本原作準拠で所々オリジナル要素入れてアレンジしてます。

今作は剣心・巴ともにそれぞれ人間の心の綺麗な面と汚い面を非常に上手に表現できてるなぁ、という所感。

原作では剣心視点だったのが、今作では巴視点になってるように感じ、特に彼女の葛藤・二律背反からくる心の機微をクローズアップしていた感じです。

また、少年誌である原作よりかは雰囲気が暗めでシリアスになっていて、多少のグロ描写もあるので若干対象年齢上がってる印象を受けます。

とは言っても、作品自体の出来は素晴らしいですし、OVAならではの創りこみもきっちり型に嵌っていて完成度高いので、原作知ってる方もそうでない方も一度観てみて欲しい1作。

確かに万人受けするよ、これは。




Reality Color


続いて「星霜編」

こっちは今回初めて観ました。

「追憶編」とは打って変わって今作の評価はあまりよくない様子、同じOVAなのに・・・

曰く、ハッピーエンドじゃない・バッドエンドは嫌、内容が原作と比較して重すぎる、アニメ版と作画が全然違う、原作の明るい要素が1秒もなかった、原作とキャラ(の性格)が全然違うetc....

・・・と、批判の声が多いみたいです。

実際観た感じ、確かにそれらの気持ちは分からなくもないなと思いました。

これ観た方、特に原作を知ってる方は少なからずショックを受けるでしょう。

容赦なく人の弱い部分を抉られ、辛い気持ちにさせられる感じ・・・


です・・・が、が、私的には今作有りです。

終盤で2人が再会したシーンやその時のお互いの会話とか、もうボロボロ泣きながら観てました。

悲しすぎ+切なすぎて半端なく感動させられました。

やれ重すぎるだの救いがないだの批判も多く言われてますが、


2人とも自分の「こう生きたい」と思う生き方を貫いて生き切った・・・


その果てにようやく得た安らぎ――


それだけでも2人の人生は救われていたんじゃないのかと私は思います。

でなければ、あそこまで穏やかで綺麗な最期を迎えられるわけないでしょう・・・

今作の解説でも、恨みとその許し(浄化)というのがテーマになっているらしいですし、話の展開的にも整合性は取れてるわけですし。

こっちの方は万人には全然おすすめできません。(特に、原作のハッピーエンドで納得した方とかには・・・)

が、鬱・グロ耐性ある方や、原作で剣心が言っていた「剣と心を賭して戦いの人生を完遂した結果」を見たかった方には、是非観て欲しいですね。

感動できる方はとても感動すると思いますので。



そういえば、「るろ剣」ではいわゆる「薫派」と「巴派」があるそうですね。(マジ・・・?

まぁ、どちらのキャラも魅力的だし、仕方ない・・・のか?

ちなみに私は・・・・・・

AD