おいでよZERO1【4.26後楽園】

テーマ:
{A624952C-A7F9-4881-AEAE-A77006ECC796}

このブログ、まだ死んでません!



最近は随分とNJPWユニバースづいたなぁと我ながら思うわけですが、モストフェイバリット団体ZERO1の一大決戦に向け、どっかで見たようなタイトルでZERO1ビギナー向けのプレビューいってみよ!



今大会はZERO1のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア、天下一ジュニアの決勝戦が軸。ついこの前もやってたような気もしますがそんなのキニシナイ!



最終戦となる後楽園大会ではZERO1名物の決勝前にもつれるシステムが発動、AB両ブロック得点上位による決勝進出決定戦が行われます。



なお、この天下一ジュニアは優勝すると龍が現れて願い事が1つ叶うんだぜ🐲

{1E552DBB-49D0-4A1E-80B1-F34B7406795B}

Aブロックは3wayでの決定戦。

社長にして最前線、大谷晋二郎。今もなお熱く、忘れてはいけない「大事なこと」を試合で体現しています。

準レギュラー、みちのくプロレスのフジタ”Jr”ハヤト。バチバチスタイルがZERO1に完全に噛み合ってます。この男の試合もまた熱し。

品質保証ZERO1印の外国人、ショーンギネス。声張っていこうとか言ってたら5年経ってましたw






{3B8BC9D7-63A6-437A-9E36-70020EFF84BD}

Bブロックは事実上の決勝戦か。

現ジュニアチャンプ、鈴木鼓太郎。ZERO1に上がるようになって見出した選手なので昔の事はよく知りませんが、「強さ」とネオジオン感は日本ジュニア界でも屈指じゃないかと。当然優勝候補。

対するは先日再入団を果たしたばかりの高岩竜一。大谷晋二郎と同じく第三世代なんですが、思わずヘビーだろと言いたくなる重い打撃は全盛期から衰えを見せとりません。高岩もまた「強い」。




そしてさらに注目の試合が2つ。

{0D2F3B0C-2564-4889-992F-E693BA738314}

生観戦をしたごく一部のマニアで伝説となっている試合(→11.1新木場)のリマッチが唐突に!しかも鈴木秀樹の宣材写真ナシで!w

佐藤耕平は欠場明け復帰戦となるんですが、ZERO1の復帰戦の「甘くなさ」は知る人ぞ知るところ。

両国で柴田勝頼のプロレスが響いたなら、この一戦もまた響くかと。





{BFCD6987-5D1C-4EDB-A799-8667206E4957}

NEVER初代王者田中将斗がまさかのヒールターンでブードゥーマーダーズ加入。しかしこの人の場合は単なるヒールターンに非ず、ECWを彷彿とさせるハードコアスタイル復活であの頃を知るマニアは狂喜乱舞中です。

対戦相手はリアルマッスルボマーこと、ジェームス・ライディーン。丸藤やら潮崎やら吉橋やらのチョップで興奮してるそこのあなた、ライディーンのチョップを生で見たら鼻血出しますよ!既にパワーとスピードは段違い、ここに怒りと荒々しさが加われば、田中将斗との対戦でそのハードコアぶりが全米に轟いたライバル、ザ・グラジエーター超えすら見えて来る逸材(not棚橋)ですよ!

他では見られない度の高さではこの試合が一番かもしれません🔥




このメイン級の2大カードを抑えての…

{67F5D975-8B20-4B9C-BCA7-8FC3786C87C9}

もうこれは行かなきゃバカ確定!




謎の日程前倒しはきっともうすぐ開幕するあそこのアレへと繋がる事を密かに期待しつつ、弾丸ぴあにチケット発注完了です。





それでは後楽園で!
AD