1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-22 08:02:46

ADHD やる気が起きない

テーマ:ブログ

ADHDが問題なのか、それとも息子本人の問題なのか。

第二弾 やる気が起きない問題を考えます。

 

やる気が起きないと一口に言っても、単に始動が遅いというだけでなく、徐々に上達するという道のりに対するやる気が持続しないという点に着目していきます。

 

現在、息子にスイミングを再開させたい私と、やりたくない息子との間で落としどころなど見つかるはずもなく、歩み寄れる可能性すら感じる事が無い日々が続いています。それでもなんとか感覚の違う部分を浮き彫りにさせるべく、恒例の質問タイムを設けてみました。

 

私: スイミングで、タイムが少しでも早くなるとか泳ぎ方がきれいになるとか、少し先の自分の姿を想像してちょっと努力してみようとか思わないの?

 

息子: 思わないし、想像しない。

 

1問目にして直球の回答。質問タイム終了となったのは言うまでもありません。

 

時間の感覚が違うから先をイメージしにくい、というのは理解していたつもりでしたが、スポーツをしている際にも『こうしたら上手くなるかも』というイメージができていない事が分かっただけでなく、

 

息子:『だって、オリンピックとか狙わせようとしてるでしょ?そんなのやりたくない』

 

とまで言い出しました。

オリンピックを甘く見すぎだし、自分の能力を客観的に見る事が出来ていない証拠だし、大真面目に言ってくる息子をあわれにすら思えてきてしまいました。

 

面白いからやる、つまらないからやらない。完全に5歳児の理屈です。

こういう5歳児理論が通らなくなってくる学校生活の中で、すべてが『やらされている』つまらない作業の連続であるからやる気が起きない、そして見当はずれの理由を振りかざして自分の殻にこもるという、この合わせ技は外から見ると無気力という3文字に集約されるのかもしれません。

 

また、オリンピックとか興味ないし、という一言も見逃せません。

自己の評価の低さが伺えます。

自信を持たせるために後押ししているはずのスポーツで、自信どころか自分自身を見失っているのかもしれません。でも体力づくりのためにスポーツはさせたい。悩ましい所です。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-02-21 05:06:39

ADHD 目標が定まらない

テーマ:ブログ

ADHDだからと簡単に片づけて良いのか、あるいはこれは単に息子本人の問題なのかはわかりませんが、目標が定まらないという問題に直面しています。少なくとも私は問題視しています。

 

目標と言っても壮大なスケールでの話では無く、『もうちょっと上手くなるためにはどうしたらいいか』とか『何が違っているんだろう』と少し先の事をイメージして、自分をそこにもっていくという程度の話です。

 

昨日、息子とラケットボールをしに行きました。近所に施設があるので行ってみたんですね。日ごろ私の事をデブだ、のろまだと罵倒する息子ですが、実は私は学生時代にスカッシュという似たようなスポーツを比較的真面目に練習していたので、昔取った杵柄、初心者の息子には負けませんでした。

 

継続的に運動することを馬鹿にしている息子は、明らかに体力低下とラケットを振るという技術が伴わない事から、1時間程度のゲームでしたがクタクタになっていました。

 

問題はここからなんです。

 

さらっと私が『基礎体力が落ちているから何かスポーツした方がいい。それからラケット振る時に腰が入ってないから、テニスかラケットボールのクラスがあるなら基礎だけでも通ってみたら。』とこの2点を勧めてみました。

 

しかしこれも拒否。

 

ちょっと先の出来るようになった自分を想像できないのか、する気がないのか。何もかも拒否する息子にいら立ちが押さえられません。軽い気持ちでやってみようと思えない、ここを修正していくことが至上命題です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-16 05:15:23

ADHD 先生のリードがすごい

テーマ:ブログ
ロボットクラスを選択授業として取っている息子なのですが、この先生が若くて、いわゆる『自分が中学生の時に受けたかった授業』を展開してくださっている、というのが客観的に見た印象で、先生ご本人はもちろんのこと生徒がその授業をとても楽しんでいるのは言うまでもありません。大変ありがたい限りです。
 
プログラムの仕方や回路などは当然の事、それを使ってクラス内でレースをするとか、学校の畑の為に自動給水装置をみんなで作って設置するとか(これはその後あった大嵐で全滅したらしいですが)、実生活に直結するイメージを持たせてくださるのがいいなあ、という印象です。
 
キットを与えられて、それを組み立てて、というのは授業としては楽でしょうが実際にキットを組み立てている子供側も生活との接点が見えづらく飽きたり、興味を失ったりしがちだと過去の経験上感じていました。こちらの先生は、この技術があるとこういう仕事に就くことができて、給料はこのくらいという所までリアルな話をしてくれているようです。中学生のレベルで理解がしやすい素晴らしいリードだと思います。
 
先日は、溶接の技術があるとどのくらい役に立つか、どういう仕事につけて、年収はどのくらいか、という話を聞いてきて息子が『溶接すごいよ、高校生になったら溶接の授業受けられるって、絶対取る』と前向きに話をしていました。夫のガラクタの中に溶接道具がある事は言いそびれましたが、前向きに選択授業を考える良いきっかけにはなっている気がします。
 
分かりやすいイメージができるサポートをする事の大事さを再確認しただけでなく、こんな先生に出会えて良かったな~と思わずにいられません。
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。