志村双葉の簡単・おいしい・キレイ ローフードのブログ

ローフードマイスター志村双葉です。人材教育 PR会社社長 働くママ暦25年。健康と美を楽しく生活に取り入れたくて、出会ったローフード。ダイエットには勿論、体の中から本当に綺麗になれるローフードの楽しさと、ちょっと便利な暮らしの工夫を紹介していきます〜!


Futaba's kitchen Raw food & Lifestyle salon 主催

ローフードマイスター 志村双葉のブログです!

百貨店や広告代理店でマーケティングや販促・広告などの仕事をしてきました。子供が10歳の時に独立し自分の会社プラズ・マを持ってからは
ビューティーブランドの開発や人材教育・PR・イベントなどに携わりました。

中でも様々な一流の化粧品ブランド様とのお仕事を通し
『綺麗になりたい!』という人々の気持ちに応えるために
何よりまず大切なのは「体の中からの本物の健康」だと思い至りました。

その本物の健康を作るものは、食べ物です。
もともとお料理や手作りが大好きだったので
ローフードと酵素栄養学に出会い
ローフードマイスター1級を取り、四ッ谷認定校校長へ。

時間がなくて忙しいワーキングママ時代の経験から
いつでも誰でも簡単に実践でき、簡単で楽しくて美味しいものを作る
ことをどうしたら合理的にできるか?を常に考えています。

ローフードをきっかけに生食・発酵・乾燥の3つの食を組み合わせた
『簡単・おいしい・キレイ』 ふたばずスタイルを発信していきます!


・・・私のメッセージは

Half Raw @ Day!
まずは「1日に食べる物の半分を生へ」

手軽なハーフローから始めるふたばずスタイルで
気軽にローベジ生活を始めてみませんか?
病気と縁のない、元気な体になって内側からの健康美を発揮しましょう。


 *講習などの予定は本ブログ、また、Facebook/HPでご案内しております。
  *レシピ開発・講演・取材等のご相談お申し込みもHPから承っております。

  *ふたばずキッチン のHP はこちらです。
    http://www.futabas-kitchen-rawfood.com/

 *ふたばずロー チョコレートのwebショップはこちらです。
    http://futabasraw.base.ec/

 *志村双葉のFacebook はこちらです。
    https://www.facebook.com/futaba39
 




テーマ:
{DF27FDDC-1079-4575-A8FD-BB117EAD3C57}

クリスマスギフトにもなるローチョコレート続々手元に。

ただいま絶賛販売中です。
ふたばずロー  ec.にて。

って宣伝したいわけではなくて、ローチョコレートについてしみじみ思うことを書きます。
ネットショップはこちら→


ローチョコレート は 見た目普通のチョコレートと変わらないので一見違いはわかりません。
ま、食べてみても、基本チョコレートの味なんで食べても分からない場合も多々あると思います。が、作ればわかることはかなりあります。

最大の違いは、材料のカカオバターとカカオパウダーが、ローだということ。
 (生。カカオ豆を焼いていない。自然に熟成させた後、天日干ししたカカオ豆が材料になった、バターとパウダーである。パウダーはアルカリ処理という工程を踏んでいない。ということ。)
ちなみに勿論有機認証のあるものを使っています。
他には甘味料として、低GI値糖のこれも有機認証のあるココナッツシュガーなどの糖分を使うのみで、他には何も使わず基本のローチョコレートが作れます。

という殆どの人が知らないことがわかります。

溶かす、テンパリングする。などは通常のチョコレートを作る工程とさほど違わないと思いますが、バターや生クリームなどの動物性乳脂肪を加えることもなく、基本のローチョコレートはごくシンプルな工程で作れます。

多分私のレッスンで、作り方を覚えた方は、ご家庭ですぐに作れる様になっていると思います。
そのくらい、実際に作ることは簡単です。

ただ、材料は高いです。(-_-)

上記に書いた様に有機認証を取り、国内で買えるカカオバター、カカオパウダー。
サンフードさんや、ナビタスさんなどなど。
調べてみてくださればギョギョっとするくらいの価格ですね。(笑)

それでも、私は作りたい。と思うし、たくさんの方に召し上がっていただきたいと思うのです。

それは、この、カカオの不思議なパワーを本当にシンプルな手作業を経るだけで体に取り込める。そのこと全部が、まるっと素敵だ!と思うからなんです。。。

なので、ローチョコレートをハンドメイドして販売する。。より、たとえ高くても材料を買い、自分で作るのが本当の本当は一番のお勧めです。

作り方は私のレシピ本に詳しいステップ付きで紹介してあります。本はこちら→




でも、それは面倒だし。材料買っても全部使えないから勿体無いし。

という方にはふたばずローのローチョコレートをお召し上がりいただきたいです。

あなた様に成りかわり心を込めて作ります。

みなかみにいる、本当に気の通じるもう1人の作り手さんの由美子さんと2人で、静かに集中して作っています。

生きた材料には、気がこもっているので、作り手の気が通うんですよね。。うまくできたローチョコレートは、、、、甘美な甘味です。


なーんて。。

え、普通のとどこが違うの?
と言われちゃうかなあ。。。

でもね、このローチョコレートは、、、
本当に甘美な甘味なんですよね。。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{BB3273AB-2AD9-4B83-8F16-F6EC5A4BFA87}

{A74429C4-2A68-4E2F-9462-B6986437A43C}

{2EF8D1F2-B22D-4B6E-A40C-5CA30BDA0F37}

{AB722B4B-B2A7-4296-955D-5D278B71DBCB}

クリスマスギフトに、もちろん自分用に。
ローチョコレート ボンボン は
有機ローカカオバター 有機ローカカオパウダー 有機ココナッツシュガーのみで作ったハンドメイド。カラー部分は有機ローカカオバターと、生カシューナッツ、ルクマパウダー、有機ココナッツシュガーで作ったホワイトチョコレートに、ラズベリーパウダー(ピンク)、スピルリナ(グリーン)、ターメリック(黄色)をほんの少し加えてあります。

全て、白砂糖、乳製品、添加物なしの安心してめしあがれるローチョコレートです!

ふたばずロー の、ネットショップのみでの少量販売ですので、よかったら是非お試しくださいね!

https://futabasraw.base.ec     ふたばずロー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{6FB6D196-5736-4497-9846-07DF43F8604A}

愛して止まぬ美味しい野菜やナッツたち。

私はかつては、お肉を食べていました。
が、今はもう食べません。
理由は一言では説明できないのですが、今はもう動物のお肉を食べたいと思わないので食べなくなりました。

じゃあローフードだけですか?

よく聞かれますが、ローフードだけでは現実の生活は難しいです。家族が望まない。外食に行けば友達に気兼ねさせる。。。

また、物価の高い都内で、こだわりの食材だけを買おうと、食材探しに買い物ばかりをするわけにもいきません。今はネットの力でなんでも買えますが、本当は自分の目で見て、手で触って品物を買いたいと思うので、それもあまり積極的には望まない。などなど、全てを理想のローフードライフにするのはまだちょっと難しいです。(でも、いつか無理なく自然に楽しくそうできるようになりたい、と思っています)

なんせ、食べるものを美味しそうかどうかだけで判断していて、生きた(加熱処理していない)食品には酵素があることなんて知らなかったし考えたこともなかった、、ところからのスタートです。

全てを一気に変えられないし、緩やかに、でも目指す方向が見えたのだから、それを続けて行けばいいかなー、と思っています。

たしかに、私はローフードに出会い、加熱しなくても美味しいものがあることを知って、それから何故なんだろう?と作り方からまず興味を持ち始めて、ぐいぐい食べるものを見る目が変わり始めました。

目からウロコがボロボロ落ちるように、食品添加物のことや、農薬のことや、ひいては遺伝子組換えの事、化学薬品、医療のこと、そして今の政治や社会のことまで、視野が自然に広がっていきました。

すでに相当な大人のつもりでいた私が、いかにあきめくらだったのかを知って、今までの無知を恥じたし真実を探したい、もっと知りたい気持ちに変わってきたと思います。

朝はスムージー、ランチもサラダ中心。
夕食は家族の希望も取り入れて野菜中心に魚介類や大豆食品を取り入れる。

そんなハーフローをまず目指そう、と自分も実践してきたし、私からも Half Raw @ Day 1日に食べるものの半分を生にと提案してきました。

ただ、一つの未解決な課題がありました。

ハーフローの、残りのハーフはどうするのがいいか?まさか、ハーフローで、もうハーフは◯クドナルド、という人はいないだろう。とはいえ、もう半分をどんな食スタイルで十分な生きるエネルギーがとれるのか??   です。

私は実際に家族がお肉が食べたい、といえば肉料理も作りますが、私は食べない。じゃあ魚料理を別にもう一つ作るか、というのも二人暮らしじゃあね。。となると、野菜中心で納豆や厚揚げなどの大豆食品の食事になるわけです。

カロリーは高くないですが、栄養が足りない。
特にたんぱく質が不足しがち、、、になってしまう。ここが引っかかっていました。

(だから、巨大な粒のサプリをごっくん飲んだりしていたわけです。。本当に飲みにくい、あれ)

実は今も悩ましい昨年来のバネ指も、もしかしたらたんぱく質不足が原因じゃないか?なんて疑ったりしてました。

その疑問に光が当たったのが、、
まだ詳しくは発表できませんが、今トライしているハーフローと、残りのハーフをどうするか?計画です。

実は、実践的な栄養指導をしてくださる先生に会いました。私のこの疑問に対するアドバイスを頂いて、また目からウロコがボロっと落ちて(笑)

たんぱく質が大切、、炭水化物も大切。

目の敵にされがちな糖質だけど、パンや砂糖はやめたほうがいいものの、お米や玄米からの炭水化物の栄養も足りないと栄養不足なんだ、、と。
なるほど。そうだな、とまたまたはっ!

でも、私は毎日のご飯がしち面倒臭くなることは、、、もともとがいや。(笑)
作るのが簡単で美味しくて、見た目が綺麗な「簡単おいしいキレイ」 がマイスタイルなので、あくまでもこの範囲でできることでトライしています。

たんぱく質。

やっぱり大切。

肉を食べないで、必要な量摂るのは大変💦

じゃあ、どうする??を工夫しました。
これも知ってはっとして、意識してやらないと最初はなかなか身につかなかった。

ありがたい機会です。(で、詳しいことは追ってまた、、)

たんぱく質、大切。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{30621AD6-24EF-4EA6-8984-161057841881}

今日は来年掲載の雑誌のご取材で、料理を11品!
みよ、この山ほどの材料。

が、肝心の取材時の撮影を全くしておらず(笑)

途中ハプニングもあった為、あたふたしたんだわね、、、

今回の企画はとても学びや発見がたくさんあり、いい経験になりました。
また詳しいことはおってブログにも書けると思います。

楽しかったなぁー!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{5472D5B9-F7A0-4B02-98F1-3E8BCF9FDEB4}

ウォーキングで外苑を通ると
オリンピック会場の工事のために広々空が開いているので東京体育館の屋根が良く見える。

何度見ても
こんなにも


コレに似てませんか?

{CFC5AB87-8AA0-4CDE-A336-61BE7D7DE3AB}

カブトガニ(のお腹側)
わたしは似てると思うんだけど、違う?

、にしても、今まで見ることなかったよなあ、、
やがてまた見えなくなるんだなあ、、

と思ったから、パチリしました。



{2D3B94C6-C7BD-48BF-82D1-F10825C94965}

そして野球場周りに広がる青空を眺めながらひたすら歩く。



今こうしてこの場所をハアハア歩いている自分
なんて、、30年前の私は思いもしなかったな。

そう、今は当然で、なんとも思っていないことでも、かつての私には想定の範囲ですらなかったことが、いつの間にかできている。

家から歩いて外苑前を回って帰ってくる。

だけなんだから、もともと住んでいる人ならなんてこともない。

でも、そうじゃない私たちが今できるのは、20代、30代、40代、と、その時々に夫婦それぞれが一生懸命に生きてきたから、の結果なんだよね。

そしてその一生懸命だった時代はいつの間にかもう通過して、これから先はまた違う意味で一生懸命に生きていく未来が待っている。

今までは今しか見ていなかったから、つい短いスパンでしか物事をとらえられずにきたんだなあ。

さて、そろそろ少し長い目で自分を見てみよう。
あとどれだけ生きている時間があるんだろう?

競技場ができてオリンピックが開催される2020年には、東京体育館のカブトガニはもう見えない。
でも、多分そんなことは誰も気がつかない。

もっと先には、、私はおばあさんになり、生きていく為のガッツはきっともっと穏やかになるだろう。その時、私はどうしていたいかな?

今の私には想像もできない、その時の普通のなかで暮らしているのかしら?

頭の中が過去 今 未来 のあちこちに蝶々みたいに飛びながら思いを巡らせる。。



私は混沌としたスピード社会の中でも、心の芯が揺らがない様な、淡々と、無駄のない、美しい時間で暮らし続けたいな。

もう惑わされたり、踊らされたりしたくないし、しないでもいい。地味で単純な生きる営みの流れの中で、気持ちを込めて、手仕事の速度で、できることをして、気の通う人達と、静かだけど満ちた時間が送りたい。

そんな、ことを考えたのでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{3368B4C1-6853-46B7-BB87-4300A0530E2A}

あの雪からの脱出から4日目。置き去りにしてきた車(と、その中に入れっぱなしの機材たち)を引き取りに諏訪まで行ってきました!

今日の諏訪湖は穏やかで綺麗でした✨

下諏訪で車を預かってくださった由美さんと再会し、無事にマイカー(代車だが)に再会。
あー、良かった。置かせてくださったあやさんありがとう!

それから雪でお会い出来なかった方たちと諏訪湖畔にあるくらすわにでお会いして、来春以降の楽しい企画話をあれこれと。

くらすわ、とは養命酒さんが運営している諏訪ならではの特産品や野菜たっぷりのレストランがある洒落たお店で、今まで何度も前を通過しながら立ち寄ったことがなかった場所でした。

本当にまだまだ知らない場所やお店がたくさんある!来年の山のシーズンが楽しみだなあー。

また、来春ら蓼科でのローチョコレートのレッスン開催のお約束もしてきました。来年のことなんて鬼が笑っているかも知れないけれど、とっても楽しみです。

{F2129B1E-C53F-43AA-8CAC-D91B850B67EC}

バイバイ信州。
また来ます!!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{9C527A2B-8FFF-4086-9F98-3EDB3AF96D64}

懐かしい、侑紀の2歳の誕生日(ろうそくは賑やかだけど)。あ、ワンピースも作ったお気に入りだったのだわ。

手作りのシフォンケーキにチョコクリームぬってフーっを何度もした思い出があります。




今日のローフードランチに、小学校で勤務する方がいらっしゃり、帰り際にお話をしていかれました。今の子供たちの食事がおかしくなっているんです、と。

給食を食べない。

食べられないのではなく、食べたくないから食べない。うちに帰って置いてあるポテトチップス食べるから給食はいらない。と堂々と言う子供。
それに注意をしたくても、親にも問題意識がなく、別にそれで良いと言うので、学校から食べろと言えない。ましてや野菜を本当に食べない。だから指導のしようがない。。。


うーむ。
そうなんですね。。。


給食費払わない親、とかいう問題より更に根が深いというか、小学校にはどうしようもない問題というか、ですが。
伺って目がまん丸になりました。

子供の味  の基準値は、まさに赤ん坊の時からの積み重ね。お母さんのおっぱいに必死にすがりつき、吸い付くことに始まります。
初めての赤ちゃんはお母さんのおっぱいの出も悪いうちは必死に吸わないと出てこない。母子協力して栄養授受をするのです。。

離乳食も、手作りした食事から分け与えていけば良いのだけど、そもそも手つくりしなければ買ってきたものになる。

成長してからもコンビニやスーパーマーケットで買った物を与えていたら、味覚は全て家庭の味ではなくなってしまう。

昔、私の整体の高野先生がおっしゃった
離乳食でも普通の食事でも、手つくりの家庭の味が大事。なぜなら子供はお母さんの料理にこもった気を食べるから。という言葉が、ずっと私の心に刺さっています。

人は物を食べているのではなく、物に込められた気を食べている。だから気力に満ちていられるし、体が強くなれるのだと思います。

何度も言いますが、私はローフードだけが素晴らしいとは思わない。ローフードをきっかけに、食べるものをグルメ意識だけではなく、健康な未来に至る為の大切なポイントとして意識していけたら良いな、と思うし、手作りした料理に気がこもるなら加熱した料理だってもちろん良いと思います。肝心なのは、食べて心身ともに美味しいと思うかどうか。

だから、子どもにも、ちゃんと気を込めて手作りしたご飯を食べさせてあげたい。食べたもので体はできるけど、込めた気で心ができる、という大事なことを、日本中のお母さんに伝えたい。
と思いました。

子どもも食べたいローフードの本が出して欲しいと言われて、私も是非挑戦したいと思います。

子どもの未来は食べるもの(と、そこに込めた気)でできるのですから!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{7D99E402-8FA6-471A-842C-63F35531BB9A}

本日はお声がけを頂いた、ベネチアンガラスのプロの方々への、ローフードミニレッスンと、ランチのご提供に伺いました。

15名様分の、ロー海苔巻きと、ローきんぴら、白菜とくるみのサラダ。デザートにはチョコプリンを。

{6913E692-9E88-4072-AE68-095F4D3E609D}
野菜類は全て刻んで持参して、現場にてまきまき。ローきんぴらと白菜とくるみは前の晩に作り持参しました。15人前とはいえ、材料段階だと結構ずっしり。

皆さんはベネチアンガラスを扱う創作意欲にあふれたクリエイターさまでいらっしゃるので、料理の話しは興味をもっていただけるのかな?と、思いつつ、食べて頂来ながらのレッスンだったのでらなんとなく打ち解けた雰囲気の中、楽しいレクチャータイムになりました。

皆さん、生でえのきが食べれるの?
ごぼうも生なの??

と言いつつ、ちょうどお昼タイム。お腹も空いていたかしら?のおかげで完食頂き、嬉しい限りでした。

なんで生のモノを食べるのか?
私がお伝えしたい、ハーフロー、1日に食べるものの半分を生に。がなぜいいと思うのか?
ローフードの他にはどんなものを食べるといいのか?

たくさんのご質問も頂いて、知り得ることをお伝えしました。

毎日の普通の食事におけるちょっとした知恵として、知らないよりは知っているといい範囲ではありますが、その小さな違いが長い時間かけて大きな違いに繋がることを意識して貰えたら嬉しいなあ、と思います。

ご参加いただいた皆さま、、この機会を作ってくれた友人。ありがとうございます!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{41230BB7-A288-45C0-A8E5-DDE4B9EE2BAB}

昨日の諏訪でのローフードレッスンは楽しく終わりました。

びっくりしたのが、ローフード、という言葉を知っている方が結構いらっしゃたこと。さすが健康意識の高い長野県!

今回は諏訪圏移住促進交流会という、諏訪圏(上諏訪、下諏訪、茅野)への移住や二拠点生活を応援する団体様のお招きでしたので、素敵な会場選びも当日のお手伝いも、安心しておまかせできました。素晴らしい食材に恵まれた土地柄、ローフードという一つのスタイルを知っていただき、何かしら始めてみることができたら、こんなにピッタリな物はない、と思います。

そんな思いをお伝えし、あとは習うより食べて。なので、地元の美味しいりんごを使った
グリーンスムージーを。また、ローカレーと人参ドレッシングを作りました。
{340FD116-2664-4005-B7BF-3F50E07FFEF1}

{1E49E592-000A-4638-819C-DF72DAAF1007}

{1E243A37-6A1E-44AA-A01B-F7DFA4B252B8}

30人様いるので何回にも分けて、、

{6B4B67E8-614F-410E-A41C-3D26C2AC13FC}

皆さん、目からウロコの新知識。
明日からできることをやってみよう。

とおっしゃって頂き、とても嬉しかったです。

入門編のローフードでしたが実際に見ていかに簡単かをわかってから、食べてみてなるほど。になることはすごくいいと思います。

{9921EB75-D088-4430-8BFA-F485CDF128AB}

持参したローチョコレートもレシピ本もお求め頂けてありがとうございました!

無事に楽しく終わりました諏訪でのローフードレッスン!
これがきっかけになって、また蓼科をベースにしたローフードの発信ができたらいいな!
と考えています。

その時にはまたぜひいらして下さいね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)