想像したくなかったよ

テーマ:


ラウラ



「グーグーだって猫である」 観て来ました。


小泉今日子さんの演技が素晴らしかった星


その一言に尽きる映画だったと思います。


あと、これから観る予定で、猫と一緒に暮らしている人は、感情移入しない覚悟で行った方が良いですよブタネコ(無理な気もするけど)


AD

まどろみ

テーマ:



秋


でも、だから、僕は女が嫌いだ。


そういうふうになりたくない。





                     (「やさしい恋人へ僕から」より 森博嗣著)

AD

欲しい物

テーマ:



ラウラ



MacとiPhoneがあれば最強だな~


なんて思ったのは約1ヶ月前。



私は今、仕事が休みの日に、DTP(広告や書籍などの印刷物をパソコンで作る作業)を勉強しています。

その時学校で使うパソコンがMacなのだけれど。


初対面でMacに惚れてしまいました恋の矢

まぁ本体のデザインは当然ですが、アイコンとかダイアログボックスも美しい。文字も滑らかだし。

比べると、どうしてWinの文字ってこんなカクカクなの、って思ってしまう。



今のところ予算的につらいんですが汗



森博嗣さんがMacファンだという事は、Macが欲しくなった理由の50%くらいかな・・・・うん、たぶん。70?いやいや、そこまでは。

私が気に入ったのはあくまでもデザインだけで、それ以外のことはまだ良く分からないけど、森さんがファンになるくらいだから良い物なんだ!という確信は取れましたニコニコ

AD

私的

テーマ:



秋





「相手の思考を楽観的に期待している状況・・・・・・、これを、甘えている、というんだ。」





                      (「詩的私的ジャック」より 森博嗣著)                

詩的

テーマ:



秋





「人が亡くなると悲しくなるのはどうしてですか?」




「そうだね・・・」


「一般論を言うつもりはないが・・・。悲しいという感情が、そもそもパーソナリティの喪失に対して象徴される概念だからだろう、きっと」



                      (「詩的私的ジャック」より 森博嗣著)

数学者

テーマ:



秋




何も愛さなければ失うものはない、それが人間の「洗練」というものだ、と彼は信じたかったのである。





                        (「笑わない数学者」より 森博嗣著)

F

テーマ:


ラウラ







「死を恐れている人はいません。死にいたる生を恐れているのよ。」

「苦しまないで死ねるのなら、誰も死を恐れないでしょう?」


                    (「すべてがFになる」より 森博嗣著)






スカイ・クロラシリーズにはまり 森博嗣先生の作品を

S&Mシリーズの「すべてがFになる」から順番に読み進めています。

只今4作目の「詩的私的ジャック」を終えたところ。



その中で心に止まった文章をここに残していきたいなと思います。