ヴァイオリニスト松本蘭オフィシャルブログ「らんらん音楽日記」Powered by Ameba

松本蘭オフィシャルブログ「らんらん音楽日記」Powered by Ameba

【最新情報】
☆Official ホームページが新しくなりました☆
是非、チェックして下さいね。
松本蘭 OFFICIAL WEBSITE

☆公式Facebookが始りました☆
是非、チェックして下さいね。
松本蘭 Facebook

《コンサート情報》
ピアノ・ヴァイオリン デュオリサイタル 新垣隆・松本蘭 ~やさしい時間~
■日時:7月16日(土)
■時間:14時00分開演 (13:30時開場)
■会場:とぎつカナリーホール
■金額:一般 4,500円
高校生以下 3,000円
*全席指定 税込み
*未就学児入場不可(託児サービスあり※要事前予約)
■出演者:松本蘭/新垣 隆
■お問い合わせ先:
 KTN事業部 095-827-3400
詳細はコチラ


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

テーマ:
先日、4月27日にリリースされたアルバム「ロマンス」の発売記念のパーティーをクローズドで行いましたドキドキ

東京タワーが美しく見える、素晴らしい場所にて。
リハーサルの写真カメラ





本番。



ソロのアルバムとしては3枚目、これまでどのアルバムも
慌てず、じっくり、しっかりと熟考してレコーディングして来たつもりです、

しかしながら、今回のロマンスは
初のセルフプロデュースと言うこともあり、これまで以上に思いいれがあるような気がしています。

ロマンスというと、男女のロマンスを思い浮かべるかもしれませんが
もちろん、作曲家のエピソードには大恋愛が絡んできますが
今回は、制作途中から男女の愛から、もっと大きな人間愛にまで
思いが広がって行きました。

ブックレットには、私が個人的に好きなロマンスにまつわる、偉人たちの名言も載せさせて頂きました。
その最後の言葉で、オスカーワイルドの「自分を愛することは一生のロマンスの始まり」というのは
最も好きな言葉です。

さて、今回のパーティーでは
私自身、大尊敬する素晴らしいピアニスト、江口玲さんがいらっしゃって・・・
江口さんは数々の名ヴァイオリニストと共演なさっている方なので
緊張してブルブルガーン状態でした。

私以上にブルブル状態だったのは、ピアニストの山中惇史くんにひひ

江口玲さんは、山中くんのピアノの先生。
しかも、パーティーの前にはレッスンを受けたところだとかアップ

お写真、ご一緒に撮っていただきました!



サイバードホールディングス、堀ロバートさんから素晴らしいお花を頂きました。



イメージキャラクターを務めさせて頂いている、東海東京証券の皆様から。



そして、市川染五郎さんからも。



松本幸四郎さんからも!



皆様、本当にどうもありがとうございます。
温かいお心遣い、光栄です。

会場には、多くの方々にお越しいただいたのですが
細川護煕さんや藤原紀香さんも聴きに来てくださいましたラブラブ

紀香さん、お美しい~ドキドキドキドキドキドキ

なんというか、もう梨園の妻という雰囲気で
幸せオーラ全開ドキドキドキドキドキドキ
もう惚れ惚れ、見惚れてしまいました。

2年前に紀尾井ホールでコンサートのをさせて頂いた際も
紀香さんは聴きに来てくださっていて
その時には父が緊張のあまりご挨拶できなかったと悔やんでいたので
今回は、と前々から相当な気合を入れていた、父。

紀香さんをご紹介すると、緊張のあまり言葉がうまく出ない様子でべーっだ!

そうよね、そりゃあ、こんなお美しい方を目の前にしたら足もすくみます。ふふふ。

でも、父は翌朝も大喜びで高揚した様子だったので
私もとても嬉しかったです。

紀香さんは、なんとーブログにも書いてくださいました
有難いお言葉ばかりで、恐縮です。
写真は、紀香姉さんのブログから頂戴しましたビックリマーク



今回のアルバム制作、発売、そしてパーティーに関してましても、
本当に多くの皆様のお力添えを頂き、そのお陰で無事に滞りなく
終えることが出来ました。

この場をお借りして、心から御礼申し上げます。

先日の銀座山野楽器でのインストアイベントの際にも
たくさんの方にお越しいただきました。

皆さんからのご感想を伺うと、素直に嬉しく
これからも頑張れる力が湧いてきます。



たくさんの方に愛され、何度も繰り返し聴いていただけるアルバムとなりますように音譜

インスタの方も、皆さんお時間あればチェックしてみてくださいねアップ

では、今日も良い1日となりますように合格

オマケ⇩贅沢すぎる、楽屋。



長々と、失礼いたしましたっ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
松本蘭さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
こんばんは!

昨夜、銀座王子ホールにてめざクラ本公演が無事に終演致しました!

今回は、『音楽家たちのフルコース』と題して、作曲家たちが好んで食べていたようなお食事を、プログラムに当てはめて、フルコースのようにしました。

軽部さんが、『ビストロ・めざクラ』のオーナー、私を始めとするプレイヤー達が音楽と言うお料理を作るシェフアップ

と、言うわけで、私達はシェフの格好にニコニコ
こちらは、リハーサルの様子。
みんな、見慣れない姿にテンション上がってます。

{50B8FBA8-791E-4318-B551-5B49A912EF02}

こちらは本番直前。
セカンドヴァイオリンの吉田翔平くんがお誕生日だったので、舞台に出る直前にサプライズでお祝い!私たちがハッピーバースデーを弾き出すと、キョトン顔の彼。笑 喜んでくれて良かった!




{8D82D99E-3650-4BC7-9563-616685348334}

{8F68F9F5-6453-43F9-B806-46E8BC891560}

みんなで団結して‥気合入れて‥!

シェフの格好で真面目に弾いている自分の姿は、笑えます。


軽部さんと!シェフ姿、似合ってます??笑 ひひ。

{D5AC1975-1B77-46B5-955D-1D93E4251145}

後半は、デザートタイムで様々な曲を演奏した後、mayo(岡本真夜)さんがゲストで出演されました。





大好きなTomorrowを聴けてうれしかったです!

始まってしまうと、プログラムが終わるのがあっという間です。
楽しい楽しい時間をステージで過ごせて、本当に幸せです。

反省点は、もちろん沢山あります。
が、先ずはやれる事は全てやり切った気持ちがあり、今はホッとしています。

いらして頂きました皆様、どうもありがとうございました!
ご感想など、聞かせてくださいね音譜

今回一緒に演奏してくれた、吉田翔平さん、御法川雄矢さん、小川和久さん、山中惇史さん、脚本を書いて下さった宮本さん、そして軽部さん!

また、支えて下さる制作スタッフの皆さん
、関係各位の皆さん、ありがとうございました✨

これからも頑張ります。

翌日の今日は、とある会で演奏させて頂きました。連日で消耗して抜け殻になっている、松本蘭でした叫び叫び叫び

胃腸炎~叫び叫び叫び

では、おやすみなさい。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(1)
松本蘭さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
こんにちは。

インスタにもアップしたのですが、興奮冷めやらずなのでブログに書きます。

前々から観たいと思っていた、ヴィスコンティの映画を観に行きました。

{18120025-5A95-4958-8AC3-5CE35DE7DF50}

デジタル復元され、大きなスクリーン上で映像の美しさがより際立っていました。

アランドロンの山猫も捨て難かったのですが、ルートヴィヒを。

衝撃でした‥もう、完全にノックダウンされました。

ヴィスコンティの作品としての衝撃と、改めてワーグナーに感動してしまって‥

至る所に『トリスタンとイゾルデ』の、所謂トリスタン和声と呼ばれる、独特の不安定なハーモニーが響き、それが画面からヘルムートバーガー演じるルートヴィヒ2世の狂気と相俟って、もうゾクゾクするような美しさなんです。。

ワーグナーが好きって、もちろん良い事のだけれど、どちらかと言うとブラームス好きと言いところもあり、まぁそれだけでは無く、うーむ、なーんとなく、あんまり言いにくいような感じがあって

でも、わたくし完全にワーグナーにハマってしまったのであります。
ワグネリアンに傾倒しつつあるので、あります。

足を踏み入れてしまった‥‥

どうしよう‥‥

朝から晩まで、ワーグナーを聴きまくる‥‥

{64DE4883-C95A-41C7-B3F1-21C809562EA4}

眠っていても、トリスタンの和声が頭から離れないいいガーン

心臓を鷲掴みにされ、引っ張られながら音楽に連れて行かれる感じ。笑

いま私は、ワーグナーを演奏する機会は全くといって無いけれど、学生の時に『ニーベルングの指環』を弾いた事があり、譜面が黒くて(音符が多過ぎて)ヒィヒィ言いながら練習したのを思い出します。

ワーグナーの人格の歪みはさて置き、その歪みがあるから逆にこんなにも美しい世界を創造出来たのか、はたまた人間がダメダメ(失礼)だからこその芸術なのか‥‥

やはり、この美しい世界を創り出せるワーグナーは天才以外の何者でも無いのだなぁ。

人々に大きな影響を与える立場の人達が、ワーグナーの熱烈なファンとなり応援をし、ルートヴィヒ2世のように国を挙げて支援を申し出るのも、分かるような気がするし

音楽家としてだけではなく、人々を強烈に惹きつけるある種のカリスマ性がワーグナーにはあって、それが権力や強さに繋がって見えたのかなとも思います。

さて、ヴィスコンティの映画に話を戻しますと、貴族階級の人々の生活をこれ以上ない程に贅沢に表現し、その豊かな日常に垣間見る孤独や寂しさが音楽によって、より際立ち色合いを深めているように思います。

とは言え、上映時間260分って!!
長すぎますよ!!
お尻、四角になりましたよ!!

ワーグナーのオペラ並みですにひひ

いやあ、しかしワーグナーのオペラ観てみたいな。
やはりバイロイトに行くしかないかしら。

考えるだけで、ゾクゾクするラブラブ!

さて、今週は本番が目白押しです。
本日もリハーサル。

皆様にお会い出来るのを心待ちにしていますね!
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
松本蘭さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み