1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-26 21:26:20

西軍の足跡を訪ねて②

テーマ:岐阜
関ヶ原の続きです。
あ。
山の中ばかりなので、似たような写真が続きますよ。



三成の陣跡である笹尾山。
わー。
ちょいちょいブログで「意外に強固な感じで驚いた」というのを読んでいましたが。
たしかに。
この山は、手ごわそうです。


なんか、こんな感じの内側で、治部殿と刑部殿が「いよいよだな」って言っているシーン、ありましたよね!
うっひゃー!
テンションあがるわ!


と、登り始めたものの…。
手ごわそう・・・じゃなくて、手ごわかった!(汗)
けっこうな上り坂です。
いや、登り坂だな。
ふらっと立ち寄った人もいれば、けっこうガチなハイキングスタイルの人もいて・・・
もしも訪れる機会がありそうなら、せめてスニーカーで行くことをお勧めしちゃうわ。


それでも、10分足らずくらいで登りきることが出来ました。
脚、プルプルですけどね。
そうか。
ここか。

ここで、山本耕史さんはホマキのファンに「やられちまえよ!」って言われたのか!(笑)



あ。
ちがうちがう。
三成が陣を構えたのか…。

そう思うと、何とも感慨深い。



もちろん、私の脳内の三成は、山本耕史さん演じる治部殿ですよ。


陣跡自体は、石碑と見晴らし台があるくらい。
特に何がある・・・ということもありません。
そりゃそうだ。
敗軍の陣地だもんね。



陣跡からの眺めはこんな感じ。
この眺めの奥の方に、家康率いる東軍が見えていたんだなあ。
そう広くない盆地で、大変な軍勢同士がぶつかりあったんですよね。
ここから眺めていたときの、心中はどうだったのか。
「豊臣家のことしか考えていなかった」と、奥方が連呼するシーンは、涙なくしてみれませんでした。

三成が見つめていたときと、基本的な地形は変わっていないわけですからね。
なんかも~、こみ上げてくるものがありました。



と。
ここまで来たからには、三成に所縁のある場所だけでは、ダメよ!
せっかくなんだもの!



ここは、大谷吉継の墓所も訪ねよう!!!

(もちろん、愛之助さん演じる刑部殿ですよw)


…と、地図で位置を確認。
…でも…なんか…道のりが若干曖昧。

不安に思いながら、その場所の近くまで行きました。
「え?この奥なの?」
と不安に思いつつ・・・・。


…この奥を、450mほど行った先にあるらしい。
大丈夫なの?この道。


でも、ここまで来たら行くしかない!
ってことで、進みはじめました!
雨上がりで、足元がぬかるんでいますが…
陽射しも出てきました。

しかし、エライ山道やな。



しかも!
途中からは、こんなになってきました・・・
く・・・・・・
熊、出るんじゃね?(((( ;°Д°))))

450mって、そんなに長いの??って言うくらい、長く感じます。
1人だから…
変な人に遭遇するかどうかよりも、熊と、残してきた車が気になります。
なので、自然駆け足に。

こんな道が延々続きます・・・。
ひ・・・引き返したい・・・けど、前に進みたい・・・。


しかも、傾斜がすごい。
治部殿の陣跡よりも、さらに「山」!

ひーん!と思いながら歩いていく・・・・というより、ほぼ後半は駆け足w




そして・・・
辿り着きました!!!!!
ぎ・・・・・
刑部殿・・・・ヽ(;´Д`)ノ

頑張った甲斐があった!
来てよかった!

当たりの木漏れ日がとても美しい!
雨上がりだから、緑がとてもきれい!
何より、静かなのです。
きっと、きっと、当時と同じくらいの静けさなんだと思います。

そして・・・
お墓はとてもきれいに保たれており、お花もきちんと供えられていました。
いまでも、愛されているんだなあ~ということを、肌で感じることが出来ました。



とはいえ。
ひとりぼっちで、山の中。
「森のくまさん」に出会っても困るので、ちゃちゃっと手を合わせて、すぐに立ち去りました(笑)。


車も気になるし、いきなり人が現れてもびっくりだし、熊に出会ったら最悪だし!
ってことで、帰りは・・・ほぼ全行程駆け足!
なので脚はガクガクだし、汗はほとばしり出るし、息は上がるし・・・・
今年一番の、ハードな運動になりました!



無事、車にたどり着き・・・
でも足がプルプルなっているので、すぐに運転できないという(笑)。
とはいえ、行ってよかった!
満足!!!!

そりゃ、大河ドラマの影響なわけだけど。
そういう機会でもないと、なかなか・・・「来たいな」と思っていても、「来る」所に到達しないわけですよ。
そのきっかけを作ってもらったんだから、やはり自分の目で見て、肌で感じて、その土地が持つ雰囲気を知りたいな~と思いました。



ちなみに、この近くに宇喜多秀家の陣跡もあるようですが・・・それはさらっとスルーしてきました。





さいごに。
これから訪ねてみようかしらん?と思っている方へアドバイス。

史跡は、比較的平たんな場所にあります。
他の・・・たとえ家康が首実検をしたという場所なども含め、割と近い場所に固まっています。
でも歩くと少し距離があるので、歴史博物館の駐車場などをうまく使うか、レンタサイクルを借りるといいかもしれません。
ちなみに、開戦・決戦場の近くには駐車場は無いので、三成陣跡の下の駐車場に停めて歩くのが良いです。

三成陣跡に登るときは、スニーカーで!
おデートで訪れた場合も(笑)、靴を履きかえて登るのをお勧めします!
かなりキツイ坂ですし、下が滑りやすいので…お子さんなどには注意してあげてくださいね。

そして・・・
大谷吉継墓所は・・・
うーん。
行くタイミングや人数構成を考えていく方が良いなと思います。
夕方だと、あっという間に暗くなりそうですから、日中がお勧め。
暗くなると、ホントに道が分らなくなりそうです。
あと週末などは、今ブームですし、訪れる人が多いと思いますが、二人くらいで行く方が良いですよ。
1人だと…何とも言えない不安が~。
そして、こちらはホントに、しっかりしたスニーカーなどで行く方が良いです。
三成陣跡よりも、さらに山道です。
「昔ながらの山道」っていうかんじ。だから、気を付けてくださいね。



いやー。
行ってよかった!


ちなみに・・・
資料館の方に、「10/16に山本耕史さんが武者行列に参加されるので、ちょっと遠いのでお勧めしかねますが(岡山から来たと話をしたので)、来てくださいね!」と、チラシを渡されました・・・。

い・・・行きたいけど、さすがに無理っす(汗)。


いいの。
イベントじゃない時だからこそ、ひっそりした空気感を楽しめたんですもの。




AD
同じテーマ 「岐阜」 の記事
2016-09-25 22:55:15

ココだけの話(笑)

テーマ:

こんばんはでち。
ココだけの話があるでち。
{9A271338-39A1-488A-B151-1B3191E8345E}


母ちゃんには、内緒でち。 
{EA07766B-BA5A-4EB5-9759-DAF72F296FE4}



実は、こんな感じになっているんでち。
{E7DB33AA-B148-4A15-81AE-E493E5413D04}

{E5D82837-FDA6-4DC9-AEE2-CF26DB61D802}

でも…

母ちゃんはまだ気づいていないでち。 だからセーフでち。
{370FBF79-A4A1-4940-8D53-FBD75A4DDE32}




セーフか?
マジか?
{09B70423-4FCC-4DDE-A6B3-AE5DF6FB963F}
にいちゃん…ナイショでち( ̄▽ ̄)
うまくすれば、今年いっぱいは、バレんでち( ̄▽ ̄)






_| ̄|○

AD
2016-09-25 19:43:56

西軍の足跡を訪ねて①

テーマ:滋賀
なかなか、すきっとした秋晴れになりませんね…。
今日も、午後から雨が降っていました。



さて。
この土曜日の、早朝4:30頃のブラザーズ。
「また、どこかに行く気やな」
「でち」

…マルコの目が半分寝てますねw



ごめんよ!
そうさ、出かけてくるよ!と、5時前に家を出発。
目指すは…関ヶ原古戦場!

先日少し書きましたが…『真田丸』にハマっているわたし。
先週の放送で、石田三成と大谷吉継がついに亡くなってしまいました。

もともと、かなり前からこちら方面に、別の用事で行くことにしていたんですが。
「三成ロス」「大谷ロス」と言いましょうか。
あの二人が戦った場所を見たい!という…まあ平たく言うと、テレビに影響されて(笑)。

せっかく東海方面にいくなら、立ち寄ろう!と、途中で立ち寄る行程にしました。



せっかくなので、三成居城にも寄ろうと・・・彦根で高速道路を降りました。
そう、佐和山城跡に向かいました!

・・・とは言うものの、佐和山城跡自体は、麓から往復1時間半近くかかる、けっこうな山歩きコースです。
(地元ガイドさんが言うには、チャチャッと歩いて1時間半らしい)

なので、ヘタレの私は…麓の龍潭寺にお参りをすることにしました。
龍潭寺の参道の途中に、三成像がありました。
佐和山城跡へは、このお寺の境内を通り抜けていくようです。
けっこうな、本気モードのハイキング装備の方が登って行かれていました。



龍潭寺の隣には、井伊家の菩提寺である清凉寺もあります。
そう、桜田門外の変で命を落とした、井伊直弼もここに眠っているのです。
めっちゃ大きなお寺でしたよ!

せっかく彦根に来ましたが・・・
彦根城は、車からチラッと見ただけ。

そのまま東に向かって、下道で関ヶ原に向かいました。

そして、到着!
「関ヶ原町歴史民俗資料館」です。
平日と言うこともあって、それほど人は多くなかったんですがね。
先の佐和山城跡もそうですが、1人で旅している風の女性がチラホラ。

…間違いない。
私と同じ、西軍大好き人間だろうw


この資料館は、それほど大きなところではないのですが、面白かったです。
三成の着用した、あのフサフサのついた兜の複製もありました!
小早川君の来ていた、赤色の陣羽織の複製もありました!
そして、館内のあちこちにある、幟旗!

うー。
テンションあがるわあ(笑)。

…このあたり一帯では、どちらかと言うと…西軍びいきなのかな?
気のせいかもしれないけど。
展示の解説だとか、案内板が、なーんとなく・・・なーんとなく西軍びいきな気がするんですよね。
私の心が西軍びいきだからか?笑


そして・・・
資料館を後にして・・・







ついに来ました!
関ヶ原古戦場!
こちらは、決戦地です。


どどどーん!
開戦地は、もう少し離れた場所にあるんですがね。
時間の関係でこちらのみ。





この決戦地から・・・
笹尾山の三成陣跡が見えるんですよ。

あそこに、三成が・・・・

『家族に乾杯』で、ホマキのファンの男の子に、山本耕史さんが「やられちまえよ!」と言われた場所です(爆笑)。



そうか。
決戦地から見ると、こういう位置関係か。


現地に来ないと分らないことって・・・・・・・あるなあ。
感慨深いよ・・・・。


小学校の時から、なじみのある言葉「関ヶ原」。
いま、そこに自分が立っているのが、すごく感慨深い。


この場所で、天下分け目の大戦があったんですよね・・・・。



このあと、もちろん!三成陣跡を訪ねましたよ。




AD
2016-09-23 19:42:14

大一大万大吉

テーマ:岐阜
予想以上に、「三成ロス」らしく。
今年は、西軍が勝つと思ったんだけどなぁ(笑)。




あまりに寂しいからさー。






来てしまった。
{E320B99E-85E8-4B6D-93BE-E98E328E5639}



決戦場の向こうに、笹尾山の三成の陣跡が見えます。
{CD2F4450-9F20-4CEC-847D-A1949C9D3DA4}



かなり急勾配。
脚がプルプルなりながら、登りました。
{C25FFF39-A8C4-4DC1-99DD-87417E86D272}




昼ごはん。
じ…
時間が勿体無いんだもん。
{F85D1136-28F9-42FB-8317-DE0BD9126F25}


晩ごはん。
…だって、周りには何はないんだもん。
{CA9E0C29-D38E-4FBA-B833-24EC533C4F6A}



…。
名物らしいものを食べてない(笑)。

明日こそ!

2016-09-21 21:49:30

季節の変わり目は、彼らが教えてくれる

テーマ:
台風一過…の秋晴れとはいきませんでした。
が。
今朝は、涼しいを通り越して、肌寒かった!
「暑さ寒さも彼岸まで」とは、まさにこれですね。



台風前の、ちょっと気温の低いころから・・・
ガングロい彼は、布団周りに出没するようになりました。
{8A3F1C2C-A1E2-4D99-8533-D12862825AA2}
股間で寝るので、身動きが取れない…。
けども、季節が進んだのを実感します。



相変わらず、テーブル下で寛ぐので、暗い写真の檀さん。
{88F1C5C4-613C-426B-A365-F81F3E974871}
今朝は、檀さんもベッドで添い寝してくれていました!
「猫の人」にとっては、嬉しい季節が到来です!にょほほ。




さて。
先日、東京の友人から頂きました。
image
ジップ○ックに入っているのは、彼女が料理教室を通じて知った「お塩」。
岩塩と湖塩です。
面白いことに…普通の…JTの食塩よりも、重いんですよ。
比重が高いのかな?
今週は二日しかお弁当をしていませんが、野菜炒めに二種類を使ってみました。
野菜もそうなんですが、特にお肉の甘みが増すような気がします。

ハンカチ・一筆箋・マステ。
うーむ。
さすが、好みをよく分ってくれてるわ~。



最近・・・・・・というか、ここ数年、手紙を書くことはほとんどありません。
でも、ちょっとだけ、何かを伝えたいときや、例えば借りていたものを返すときなど、一筆箋っていいんですよね。
常に、5~6種類くらいを家に置いてます。
ま、そうそう使う機会もないんですが。


最近の美術展などのグッズでは、この一筆箋とマステをよく見かけます。
図録は重いし高いので、滅多に買わないんですが、これらは買いやすいので、ついつい手が伸びます。



明日は、父の墓参りに行ってきます。
お天気が今一つのようなのですが・・・・。
その時は、雨が上がっているといいなあ。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。