徳山から尾道へ

テーマ:

徳山駅から広島へ戻るには、山陽本線だけでなく、単線ワンマンカ―の路線もある。

岩国までこちらの電車が早く到着。

しかも岩国駅から快速ライナーの新車で広島まで行く。

広島のホテルへ忘れ物を取りにいき、1時間のロス。

尾道は対岸の島まで近い。

尾道の山にはお城が見える。

尾道駅。

尾道の百貨店。

尾道の街並み。

AD

山口県へ。

JR電車から眺める山口県の風景。

徳山駅。

徳山港。

大分港行きもあるが、大分県には近い。

徳山港から大津島まで高速艇で行く。

瀬戸内海。

映画「出口のない海」は回天の乗組員がモデル。

その人間魚雷・回天記念館へ向かう。

戦争という時代に生きた若者たち。

回天には、出口がなかった。

まもなく上陸。

ここが港。

回天基地。

出口がない回天。

港ターミナルは、小さなお土産、コンビニ機能のお店。

冷蔵庫に氷、アイスクリーム、お茶、ジュースがある。

いよいよ本土に戻る。

港から離れる。

平和の時代がこれからも長く続いて欲しい。

穏やかな瀬戸内海。

AD

マツダスタジアム

テーマ:

広島県の瀬戸内海をJR電車から眺める。

海が電車に近い。

広島駅近く。

広島そごう。

デザイン性が高いデパート。

オバマ大統領が演説した平和公園。

今年の夏の広島は、宿は満室で、尾道の宿から新幹線で通った大学の先生がいたという。

高層ビルが続々と建てられている。

マツダスタジアム。

スタジアムから広島駅前ビルが見える。

満席。チケット完売。

ローソンのファザードも青でなく、赤。カープ色。

高層ビルがまた増えた。

ホテルから広島城入り口が見える。

ホテルから官庁街が目の前。

ホテルは広島駅と広島城の間にある。

広島駅近くの川。

ビルが多い。

AD

福山・魚勝のうずみ

テーマ:

尾道から福山駅へ。

福山駅はお城の内堀にある。

10万石・福山城は家康のいとこ、譜代・三河の水野勝成が築城した。

外様の広島城、毛利、四国ににらみを利かした。

勝成は腹芸のできる役者。

家康から「5万石」を言い渡され、「もう一度」と聞き直す。

家康は「5万石」と繰り返し、勝成は「あわせて10万石?」と聞き直す。

福山城の前と左右横はお堀があって攻めきれないが、弱点は裏。そのため裏側のお城には鉄板をはめ込んだ。

しかし幕末長州官軍は裏側を攻めて、福山城は落城した。

福山の郷土料理・うずみ。

瀬戸内海の海の幸がごはんのなかにたっぷりある。

福山駅近く・天満屋のアーケード通りからすぐの老舗「魚勝」で。

福山駅前。

アーケード街。

魚勝の斜迎えに、行列ができる占いがある。2時間前でも大勢いる。

 

尾道映画ロケ地

テーマ:

尾道の海が見える坂は映画のロケ地。

大林監督もここで映画を撮った。

志賀直哉の旧宅。

展望台へのロープウェアーも見える。

宿にあった映画ポスター。

映画スタッフだけでなく女優男優も深夜遅くまで撮影して、この宿に泊まった。

宿から眺める尾道の海。

宿の周り。ここでも撮影した。

宿の障子、欄干に宿泊客の芸大の先生が作品を残す。

ふすまにも作品を描くこの先生の作品は、パリのポンピドー美術館にも収蔵されているという。