名古屋駅前ビル群。

JPタワー3階コンファレンスホール。

ただ本が並んでいるのではなく、アート。空間芸術。

マチュピチュ日本人村長さんのお孫さんと食事。

スケールの大きいお話。

インカメシは家族3人で切り盛りしている。

 

AD

またまたインカメシでペルー料理

テーマ:

名古屋市中区東新町交差点から南。インカメシでペルー料理。

ピスコシャワー。

11月から通って、今では常連客に。

イケメンのペルー人。

豪華なランチ。

インカメシでいただいたカレンダー。

AD

名古屋春節祭

テーマ:

名古屋で中国春節祭。

変面。

中国からわざわざ音楽・変面・雑技団などの芸能団がやってきた。

ラスベガスで人気のシルクドゥソレイユで中国雑技団がやっていた。

少林寺拳法も見せるサーカスかエンタテイメント。

 

AD

インカメシでランチ。

紫トウモロコシジュースを注文したら、お店の人が原料を持ってきて、時間がかかりますが、いいですか?

これが紫トウモロコシジュース。

すっかり常連客で、毎回顔を合わせるスタッフとツーショット。

キャノン野世界遺産カレンダー。

TBS世界遺産のスポンサーを降りたソニーに代わって、キャノンが新スポンサー。

チェコのチェスキークルムロフ。

近江八幡へ

テーマ:

近江塩津駅。

近江八幡へ。

近江商人発祥の地。

水郷巡り。

信長は自由商業主義で楽市楽座を開いた。

多くの商人を安土に集めたが、安土城消失。

秀吉の甥が八幡山に築城して、多くの商人が近江八幡に移住した。

ところが時代は徳川。商人の力を持ち始め、幕府は近江八幡を直轄天領とした。

近江商人は葵の御紋の通行手形で関所を優先通行。各藩、幕府の御用商人として全国を股に掛けた。

 

敦賀ぶらり旅

テーマ:

敦賀氣比神社。

氣比神社前。

敦賀赤レンガ館。

赤れんが。

金崎宮。

お参り。

赤レンガ館が見える。

信長、家康、秀吉が勢揃いした。古戦場。

展望台から望む。

敦賀鉄道ランプ館。

人道の港。

難民ユダヤ人はシベリア鉄道と船で敦賀にやってきた。

敦賀港。

敦賀港駅舎。

杉原千畝夫人が敦賀港駅舎に来ている。

敦賀倉庫。

一昨年は工事中だった博物館。