毛羽立つ土星のリング

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

本日は、

すでに他サイトで紹介されている情報の後追い。

 

米国の土星探査機カッシーニの画像で、

NASAが奇妙な現象を紹介している。

 

 

土星の輪の最も外側にあるリングが、

部分的に毛羽立っている。

 

 

 

 

固定されておらず、回転と共に形態も変化している。

 

 

 

すべてNASA画像

 

 

 

近くを公転する衛星プロメテウスの影響も多少はあるかも知れないが、

 

小天体の突入も含め、天文現象のようだ。

 

宇宙船の存在も、妄想してしまうのだが。

 

 

 


クリック頂いて有り難う御座います。

 

fc2ランク

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本地震も英国のEU離脱も予見しなかったジュセリーノが

 

北米大陸西海岸にあるサンアンドレアス断層の巨大地震とメガ津波を警告している。

 

同断層の南部セグメントが動けば、

M9クラスの巨大地震とメガ津波が発生するという。

 

「サンアンドレアス断層

(サンアンドレアスだんそう、San Andreas Fault)は、

アメリカ合衆国太平洋岸のカリフォルニア州南部から西部にかけて約800マイル(約1,300km)にわたって続く巨大な断層である。

断層の活動によって周辺地域は地震の多発地帯となっている。」

 

 

「もし南部セグメントで大規模な地震が発生すれば、

パームスプリングスや、サンバーナーディノ郡リバーサイド郡

インペリアル郡などにおいて大きな被害が生じ、

ロサンゼルスサンディエゴなどの人口密集地にも被害が及ぶと想定される。」

Wikipedia

 

 

この地震が切迫しているとジュセリーノは予見するが、、。

 

~~~~~~~~~

本日午後は都心へ出張。

顕著な成果があれば、記事にしたい。

 

 


クリック頂いて有り難う御座います。

 

fc2ランク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

新型ステルス原潜

テーマ:

 

 

 

 

昨夜のBS8プライムニュース

「軍艦侵入・ミサイル連射 緊迫の海読み解く糸口」

は面白かった。

 

番組では、最近の中国軍艦領海侵入事件を専門家が詳細に分析し、

実は、日中が一触即発状態だったことを示唆していた。

 

海中でも相当なせめぎ合いがあったはずだが、

潜水艦の動向については秘密のままだ。

 

中国の潜水艦保有状況は

2014年現在

・攻撃原潜 5隻

・通常動力潜水艦 51隻

 

原潜に関しては、第一世代の091型「漢」 三隻

第二世代の093型「商」二隻 の計5隻保有し、

 

091型の二隻は北海艦隊に、一隻は南海艦隊に配備されている。

 

北海艦隊には弾道ミサイル原潜092型「夏」一隻も配備され、

南海艦隊には第四世代の094型「晋」三隻が配備されている。

 

094型弾道ミサイル原潜は今後二隻増鑑されるため、

092型と入れ替えて、合計五隻の弾道ミサイル原潜体制となる。

 

このたび中国は従来の093型を改良した

弾道ミサイル原潜093B「商」を公開した。

 

@China Defence Forum

 

 

 

 

 

従来より静粛性を向上してよりステルス性を高め、

垂直発射方式のミサイルシステムを装備したという。

 

@China Defence Forum

 

 

 

結果として米国ロサンジェルス級原潜より高い性能を持つに至り、

日米の潜水艦戦力に肉薄することになる。

 

中国は2020年より前に、

米海軍のオハイオ級原潜に比肩する巡航ミサイル原潜として、

次世代の095型「隋」を建造するらしい。

 

しかし原潜は建造費が莫大な上に、放射能漏れ対策技術や

タービン静粛化技術、潜水艦発射長距離弾道ミサイルの開発等、

課題が多いため、短期間では増鑑できないという。

 

今のままなら、

中国潜水艦は,

静粛性に勝る海自潜水鑑に漏れなく撃沈されるだろう。

(射程20km以上の米国製最新型魚雷を装備すれば無敵である。)

 

ソース: Eastern Arsenal,

月刊「軍事研究」2015年2月号

 

 

 


クリック頂いて有り難う御座います。

 

fc2ランク

 

 

 

 

日本が静止する日

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、今年6回目で初めて、

北朝鮮が中距離弾道ミサイル「ムスダン」の発射に成功した。

 

到達高度1000km 飛距離400km という特異な軌道は、

日本の存亡に王手が掛かったことを意味する。

それは、、、

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「着弾点予想」 より再掲

 

 

本来の目的である一番実用的なコース。
グアム島まで3400kmなので、その手前で着弾させることになる。
このコースで成功すれば米軍基地に対する現実的な脅威となるため、
米国は最新鋭のミサイル防衛システム
「戦域高高度地域防衛(THAAD)」を配備する予定。
もっとも、これが発動するときは戦争である。

日本にとっては日米安保の「集団的自衛権発動」問題に関わるため
早急な法整備が必要である。


つまり、ミサイルが米領グアムへ向かっているなら、
同盟国である日本はミサイルが日本上空を通過する前に迎撃すると言うこと。
それが同盟国としての当然の勤めとなる。

 



4.日本脅迫コース1:敦賀原発狙い

敦賀湾830GoogleEarth

射程4000kmのミサイルを、
敢えて距離800km余りの敦賀原発に向ける。
日本に対する脅迫効果絶大である。


5.日本脅迫コース2:東京上空通過

東京1500GoogleEarth

射程1500km位で東京上空を通過させ、日本に対する心理的効果を狙う。



6.東京直撃実戦コース

東京1100GoogleEarth

今回はこうならないだろうが、
上記5のコースが成功すれば、実戦では間違いなくこのコースとなる。

中距離弾道弾を敢えて4,5,の経路で飛ばす場合、
「ロフテッド軌道」を試すことになる。
これは、打ち上げ角度を大きくし、垂直に近い方向へ打ち上げることでミサイルは高高度に向かい、
落下時のスピードも通常より速くなるためPAC3での迎撃が困難になる。

敵国弾道ミサイルに対する日米の探知・防衛体制は、偵察衛星をはじめとしてイージス艦SM3、PAC3(今回は新宿・防衛省、朝霞、船橋に配備)、コブラボール、無人偵察機、Xバンドレーダーなどが配備されている。

技術的にはSM3block1a、同2aと、弾道ミサイルの高度により迎撃態勢が異なるものの、
より高高度になるほど、そして突入速度が速いほど迎撃困難となる。

従って明日になるか明後日になるか分からないが、
中距離弾道ミサイルが上述のロフテッド軌道を試した場合、
迎撃空振りになる可能性も大いにあり、予断を許さない。

 

~~~~~~再掲終了

 

ムスダンに小型核弾頭を搭載し、

 

ロフテッド軌道で日本上空の高高度に達した時、

数100kmの高度で核爆発を起こせば、

 

地上は200~300kmの範囲に渡って電磁パルスの被害を受け、

 

ほとんど全ての電子機器・電気機器が故障することになる。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~

高高度核爆発(こうこうどかくばくはつ、High Altitude Nuclear Explosion, HANE)は、高層大気圏における核爆発。強力な電磁パルスEMP)を攻撃手段として利用するものである。爆発高度によって分類されるものであり、核兵器の種類や爆発規模などは問わない。

 

高度100km - 数100kmの高層大気圏における核爆発においては、大気が非常に希薄であり、核爆発の効果において爆風はほとんど発生しない。核爆発のエネルギーは電離放射線が多くを占めることとなる。核爆発により核分裂後10ps(10-11秒)以内に発生したガンマ線X線)が大気層の20 - 40km付近の希薄な空気分子に衝突し電子を叩き出す(コンプトン効果)。叩き出された電子は地球磁場の磁力線に沿って螺旋状に跳び、10nsほどの急峻な立ち上がりで強力な電磁パルス (EMP) を発生させることとなる。

大気が希薄であることからガンマ線は遠方まで届き、発生した電磁パルスの影響範囲は水平距離で100kmから1,000km程度にまで達する場合がある。この核爆発の影響は、EMPによる電子機器障害がほとんどのため、大量破壊兵器の使用であると同時に非致死性の性格も持つ。EMP攻撃はミサイルを敵国の上空高高度で小規模の核爆発を起こして発生させるため、技術的にも比較的容易と見られている[1]

 

~~~~Wikipedia

 

 

直接核爆弾で大都市を攻撃するより

 

数発で日本全体を麻痺させることが可能となり、より効率的だろう。

 

在日米軍も麻痺するので、日本からの報復攻撃は不可能となり、

やられるがままの悪夢のような事態となる。

 

 

北朝鮮が大陸間弾道弾の開発に成功した時、

悪夢へのカウントダウンが始まる。

 

 

攻撃されて日本が頓死するのが先か、

北朝鮮の滅ぶのが先か?

 

 


クリック頂いて有り難う御座います。

 

fc2ランク

 

 

 

 

 

 

 

北八ヶ岳に宇宙母船着陸?

テーマ:

 

 

 

 

山と渓谷社刊 工藤隆雄著

「新編 山のミステリー」を読んで見た。

 

山岳地帯で見聞された幽霊話等、

全部で56話収録されている。

 

その中の

>第16話 UFOの降りた山

北八ヶ岳・しらびそ小屋主人 今井行雄氏の話が興味深い

 

 

>1980年代後半頃のある秋の夕方、

 

>3,4人いた登山者が山小屋の窓から外を見ながら

「UFOだ。UFOが降りてきたあ」と口々に言って騒いでいた。

 

半信半疑で窓辺へ行くと、

 

>天狗岳の中腹に、黒っぽい葉巻型のUFOが緑色の光を逆噴射するように降りてくるのが見えた。

 

>黒っぽい機体が夕日で光っている。

 

 

 

UFOの降りたところを登山者に聞かれて

 

>多分、ここから歩いて一時間ほど行ったところだと思う。

 

>平らではなく、ちょっと斜めだけれど、広くなっている。

>巨大な円盤でも簡単に着陸できそうなところだ。

 


>何のためにきて、何をするのだろう。目的がわからない。

得体の知れない不安に襲われるばかりだった。

 

それから寝床に入り、目が覚めたのが朝の4時頃。

 

>窓辺に座り、ぼんやりとUFOが着陸したほうを見ていた。

するとまもなく、UFOが今度は昇っていくのが見えた。

時計回りにゆっくり回転していた。

底から緑色の炎を吐きだし乍ら、空に向かっているのである。

 

>そして高みに達すると、ふっと消えてしまった。

 

>今井はそれからまをおかずに、二、三回同じようにUFOを目撃している、、。

 

~~~~~~~~~~~

 

この話にある北八ヶ岳天狗岳中腹は標高2400メートル程。

 

八ヶ岳にはグレイ宇宙人の地下基地の存在も噂されており、

 

この葉巻型UFOとの関連は謎だ。

 

 

 

 


クリック頂いて有り難う御座います。

 

fc2ランク

 

 

 

 

 

 

宇宙からの未来予知

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒカルランド刊 吉濱ツトム著

「地球の兄弟星プレアデスからの未来予知」を読んで見た。

 

・今から2020までの間、日本にハイパーインフレは起こらない。

 

・2023年~2025年のの間、軽度のインフレは起こるかも知れない。

 

・株価は乱高下し、瞬間的に1万1千円くらいに下がるが、

大体1万4千~1万5千円で落ち着く。

 

・円は103~108円で推移し、2020年以降は極端な円高に。

 

・中国ではリーマンショック並の変動が頻繁に起こり、

中国経済は瓦解する宿命にある。

 

・震度5,6レベルの地震は増える。しかし大地震は起きず、富士山も噴火しない。

 

・風水害は確実に増える。

 

・日本では謎の爆発が増える:

1)テロ 2)ワームホールが増加して磁場が乱れ、ヒューマンエラーが増える。

3)太陽フレアによる磁気嵐の結果、機械故障による爆発。

 

・2040~2050年の間に、世界人口の70%はスマートコンパクトシティに住むようになる。

 

・幽界、冥界が消えつつあり、レプテリアンが地球に入りづらくなっていて、

2045年には、完全に地球からレプテリアンは手を引く。

 

・幽界、冥界が完全に消滅するのは200~300年後。

 

・2070年には、地球においてUFOは飛行機ぐらいの存在になっている。

 

・2150年には地球の非物質化が進んでおり、肉体次元でもプレアデス人など地球外生命体とのやりとりが活発になっている。

~~~~~~~~~~~~~

 

地球と深い関係にあるプレアデス、シリウス、エササニとの関連や

 

宇宙のエネルギー構造・霊的構造に関しても詳述しており、

現時点での宇宙情報として一読の価値がある。

 

 


クリック頂いて有り難う御座います。

 

fc2ランク

 

 

 

 

 

 

 

南極に謎の海洋生物

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近撮影されたグーグル画像に異常が発見された。

 

 

 

場所は南極、

デセプション島の近海

 

Google

 

 

 

 

 

海面から飛び上がった謎の生物が写っていたのだ。

 

 

 

 

拡大画像

 

海上に出ている部分だけで長さ30mもある。

 

Google

 

 

巨大な烏賊(イカ)か伝説の怪物「クラーケン」か。

 

他のショットには写っていないという。

 

正確なロケーションはこちら

 

63°02'55.7"S 60°57'39.2"W

 

 


クリック頂いて有り難う御座います。

 

fc2ランク

 

 

 

 

 

 

連日の中国艦船無断侵入に政府は打つ手無し。

 

実に、巧妙狡猾で挑発的な行動を繰り返しており、

日本が少しでも対抗アクションを起こせば、

待ってましたとばかりに攻撃してくるだろう。

 

海軍力は、今なら中国より優位にたてるはずで、

潜水艦で全敵艦撃沈するというのも、

 

リアルな戦争になれば可能なはずだが。

 

 

 

上海ディズニーランドの開業に合わせたかのように、

 

6月14日米国フロリダ州オーランドにあるディズニーワールド上空に、

黒いリングが出現したため目撃者は恐怖に震えたという。

 

SecureTeam10

 

 

拡大画像

 

 

雲のように見えるが、形を崩すこと無くゆっくり左へ移動して行った。

 

 

 

これは別の場所に出現したリング。

 

 

UFOの活動と関連していると推測する人もいる。

 

UFOが出現するためのポータルなのだろうか?

 

 


クリック頂いて有り難う御座います。

 

fc2ランク

 

 

 

 

 

 

 

 

火星に湖?

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日よりダムの取水制限(10%)が始まった。

関東地方は雨天なのだが、

沿岸部に雨量が多いだけで山間部はさっぱり。

 

主要ダムの貯水量は50%を下回り、真夏の渇水が懸念されている。

 

取水制限20%になると農業用水に影響あり、

30%なら家庭用上水道も減少するか。

今後の降雨に期待したい。

 

 

 

地球より遥かに自然条件の厳しい火星で、

湖の存在を指摘する画像がアップされている。

 

 

 

米国火星探査機「マーズグローバルサーベイヤー」が2003年に撮影した火星画像。

 

MOCナローアングルイメージ R07-01100とナンバリングされた画像ファイル。

 

 

水か氷の溜まっている湖のように見える。

しかも湖の輪郭が樹木に縁取られているかのようだ。

 

 

 

 

拡大画像

 

 

 

 

拡大画像

 

YouTube  「WhatUpIn The Sky37」名で解説している。

 



クリック頂いて有り難う御座います。

 

fc2ランク