若宮 亮official blog ☆レインボーライフ☆

劇団エムキチビートに所属する俳優、若宮亮オフィシャルブログ☆一度しかない人生を虹のように送る成長日記☆オシャレも仕事も遊びも毎日全力で楽しもう☆

劇団エムキチビートに所属している俳優若宮亮の出演情報キラキラ







次回出演・・・・





アートカンパニーピエロ大江戸宴舞劇
『将軍の宴』
※若宮は将軍役で不定期で出演中

御座船安宅丸劇場
http://www.gozabune.jp/


エムキチビート第十四廻公演
『赫い月』

脚本・演出:元吉庸泰(エムキチビート)

劇場:座・高円寺1
〒166-0002 杉並区高円寺北2-1-2

◆STORY

少しの未来。失われた歴史を探し求める若いチーム。
沢山のものが土になったその場所。
やがて、見つけ出されたひとつの過去の遺産、そこから物語は始まる。
いくつも時代を超えて、ある物語の記録が発掘されていく。
その中心には、ひとりの青年が居た。
その物語では『不死身の宇宙飛行士』が”赫い月”に向けて宇宙を歩き続けるという。
やがてその記録が現実を侵食していく。
そして知っていく。彼らは彼らの物語を。

それは、世界の物語。

赫い月に向かう物語。



◆CAST

秋元龍太朗
小野川晶(虚構の劇団)
山本侑平
土屋シオン
安倍康律
長谷川あかり
梅津瑞樹(虚構の劇団)
下平慶祐 (もぴプロジェクト)

若宮 亮(エムキチビート)
太田守信 (エムキチビート)
大沼優記(エムキチビート)

野島直人

◆タイムテーブル

2017年1月

18日(水)19:00
19日(木)19:00
20日(金)14:00※/ 19:00
21日(土)14:00※/ 19:00
22日(日)14:00

受付は開演の1時間前、開場は開演の30分前

※20日(金)14:00/21日(土)14:00 のみ、託児サービスがご利用いただけます。
詳しくは下記サイト内の「Q. 託児施設はありますか」についてをご参照ください。

→http://za-koenji.jp/qa/category8.html

◆チケットの値段
<全席指定席>
前売り/当日:4200円



<カンフェティ>
Web予約 http://www.confetti-web.com/akaituki
TEL予約 0120-240-540(平日10:00~18:00)
◆カンフェティからご予約のお客様に限り「非売品クリアファイル」特典付き


<座・高円寺チケットボックス(月曜定休)>

TEL03-3223-7300(10:00~18:00)

窓口(10:00~19:00) 

http://za-koenji.jp/(無休24H受付) 

*座・高円寺の劇場回数券「なみちけ」もご利用いただけます。


NEW !
テーマ:



『赫い月』ついに今日から劇場に入りましたビックリマーク
改めて座高円寺は良い劇場だなぁと。





この劇場を今回とんでもない使い方をします。
きっと今まで観たことのない使い方になってるんじゃないかなぁ。





是非、目に焼き付けてくださいませメラメラメラメラメラメラ




さぁ、キャスト紹介もラストです。
今回紹介するのは☆秋元龍太朗☆あっきーですべーっだ!





あっきーとはスパイス刑事、地獄変に続いて今回で3回目の共演ビックリマーク




どれもが元吉演出になります。
初めて出会ったときはまだあっきー高校生で。




成長したなぁってまじで思います音譜
まじで良い役者。




今回のじとあっきーとはめちゃくちゃ絡みます。




毎回、瞬間瞬間を命を削りながら『赫い月』の世界を駆け回ってますDASH!





あっきー、まじで文字通り駆け回ってるし、削ってます。




おれたちの全力の『赫い月』あさってからです。




楽しみにしててくださいメラメラメラメラ
本当に心から観にきて欲しい作品になりました!!




おれも寿命が縮む覚悟で立ちますビックリマーク




少しでも見終わったあとに前向きになっていただけたら。




本当に素敵なメンバーが集まりました。






『赫い月』是非!!





【赫い月】特設HPhttps://t.co/knEzTuNSNA https://t.co/Ppy0XsbmxG



エムキチビート第十四廻公演
『赫い月』

脚本・演出:元吉庸泰(エムキチビート)

劇場:座・高円寺1

〒166-0002 杉並区高円寺北2-1-2

◆CAST

秋元龍太朗
小野川晶(虚構の劇団)
山本侑平
土屋シオン
安倍康律
長谷川あかり
梅津瑞樹(虚構の劇団)
下平慶祐 (もぴプロジェクト)


若宮 亮(エムキチビート)
太田守信 (エムキチビート)
大沼優記(エムキチビート)

野島直人


◆タイムテーブル

2017年1月
18日(水)19:00
19日(木)19:00
20日(金)14:00※/ 19:00
21日(土)14:00※/ 19:00
22日(日)14:00(完売)

受付は開演の1時間前

【チケット】全席指定
前売り/当日共に4200円


◆STORY

2017年の初春。大学の卒業が決まり、数年ぶりに実家に帰省した「私」は、祖父のエンディングノートに付きあう事になる。そこで車椅子に乗った祖父は、ある物語を語り出す。

1945年8月、太平洋戦争末期。玉音放送が放送される前夜、クーデターが起きる。若い陸軍の将校たちは皇居を占拠し、玉音放送の放送を阻止して終戦を阻止しようとした。彼らは口を揃えて「赤い月」を目指すのだと言った。そこに祖父が居たという物語。

祖父は続ける。今も大切な仲間が二重橋の先で、何かを待っているのだという。
二重橋の先、坂下門の手前、そこには赤い月が昇っている場所。彼らはずっと待っている。何を待っているのかも忘れるほど疲れ果てて、絶望して、希望して、待ち続けているのだという。何かを――

話を続ける祖父の話と、待ち続けるふたりの妄想が交錯していく。どこまでが真実で、どこまでが妄想なのか。たった70年前の微熱の世界。戦場を、皇居を、大切な時間を走り回った青年たちの物語。『赫い月』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



今日ついに『赫い月』最終稽古が終わりましたメラメラ




最後の瞬間まで前のめりに攻め続けました。





あとは、劇場に入り調整して、お客さんに届けるのみです。




ワクワクするメラメラ





さぁ、キャスト紹介もラストスパート。
今回紹介するのは☆下平慶祐☆けいすけですべーっだ!





写メとるタイミングなかった。
黒髪がけいすけです。
けいすけはもぴプロジェクトの主宰でもあります。





出会いは『黎明浪漫譚』での演出助手として入ってくれたとき。






だから、初めて芝居をしてるとこ見た(笑)
今回、もがき苦しみながら役と向き合ってるなぁと思う。




成長中ですアップ
がむしゃらに走ってくれています。
物語を動かす重要な役割を担ってるのでそこらへんも含めて楽しみにしててね!!




まだまだ本番始まるまでやれることはある。
やったりますよメラメラメラメラメラメラ



この写メはうちのメンバーのおおちゃんが乾燥させないために水をまいているのを見て、爆笑してたあっきー(笑)




もう、間のなく本番始まります。





是非!!

【赫い月】特設HPhttps://t.co/knEzTuNSNA https://t.co/Ppy0XsbmxG


エムキチビート第十四廻公演
『赫い月』

脚本・演出:元吉庸泰(エムキチビート)

劇場:座・高円寺1

〒166-0002 杉並区高円寺北2-1-2

◆CAST

秋元龍太朗
小野川晶(虚構の劇団)
山本侑平
土屋シオン
安倍康律
長谷川あかり
梅津瑞樹(虚構の劇団)
下平慶祐 (もぴプロジェクト)


若宮 亮(エムキチビート)
太田守信 (エムキチビート)
大沼優記(エムキチビート)

野島直人


◆タイムテーブル

2017年1月
18日(水)19:00
19日(木)19:00
20日(金)14:00※/ 19:00
21日(土)14:00※/ 19:00
22日(日)14:00(完売)

受付は開演の1時間前

【チケット】全席指定
前売り/当日共に4200円


◆STORY

2017年の初春。大学の卒業が決まり、数年ぶりに実家に帰省した「私」は、祖父のエンディングノートに付きあう事になる。そこで車椅子に乗った祖父は、ある物語を語り出す。

1945年8月、太平洋戦争末期。玉音放送が放送される前夜、クーデターが起きる。若い陸軍の将校たちは皇居を占拠し、玉音放送の放送を阻止して終戦を阻止しようとした。彼らは口を揃えて「赤い月」を目指すのだと言った。そこに祖父が居たという物語。

祖父は続ける。今も大切な仲間が二重橋の先で、何かを待っているのだという。
二重橋の先、坂下門の手前、そこには赤い月が昇っている場所。彼らはずっと待っている。何を待っているのかも忘れるほど疲れ果てて、絶望して、希望して、待ち続けているのだという。何かを――

話を続ける祖父の話と、待ち続けるふたりの妄想が交錯していく。どこまでが真実で、どこまでが妄想なのか。たった70年前の微熱の世界。戦場を、皇居を、大切な時間を走り回った青年たちの物語。『赫い月』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



『赫い月』稽古も残り1日となりましたメラメラ





ここまで前向きに整えては崩し、また整えての稽古が出来ているのもキャストが素敵だから。





ということで今回紹介するのは☆野島直人☆のじですべーっだ!




初共演。




そして、おれの今回の相方ビックリマーク




のじとふたりのシーンが今回多くて、毎回お互い演技合戦しています。




合戦というか、セッションというか、共鳴というか。





今回宮城事件と有名な戯曲『ゴドーを待ちながら』を下敷にした作品なんだけど、ゴドーを待っているふたりをおれとのじでやっています。




なんて難しく無限に広がる戯曲なんだと思うと同時に、のじとならどこまでもいけるという確信も今なら持てています。




半分エチュードみたいになってる。
どういうことかは観てからのお楽しみ。




宮城事件のクーデターを起こそうとした主犯格の畑中健二役をのじが。
相方の椎崎次郎役をおれがやってます。




おれとのじのコンビ楽しみにしててくださいクラッカー



最近とくに一緒にいてリンクすることが増えてきていいかんじです音譜



稽古序盤の頃の写メ。




のじは韓国語も堪能で韓国でも主演でミュージカルやったりしてて。




話もおもろい。




今回の出会いに感謝。




『赫い月』期待しててくださいメラメラメラメラメラメラ




【赫い月】特設HPhttps://t.co/knEzTuNSNA https://t.co/Ppy0XsbmxG



エムキチビート第十四廻公演
『赫い月』

脚本・演出:元吉庸泰(エムキチビート)

劇場:座・高円寺1

〒166-0002 杉並区高円寺北2-1-2

◆CAST

秋元龍太朗
小野川晶(虚構の劇団)
山本侑平
土屋シオン
安倍康律
長谷川あかり
梅津瑞樹(虚構の劇団)
下平慶祐 (もぴプロジェクト)


若宮 亮(エムキチビート)
太田守信 (エムキチビート)
大沼優記(エムキチビート)

野島直人


◆タイムテーブル

2017年1月
18日(水)19:00
19日(木)19:00
20日(金)14:00※/ 19:00
21日(土)14:00※/ 19:00
22日(日)14:00(完売)

受付は開演の1時間前

【チケット】全席指定
前売り/当日共に4200円


◆STORY

2017年の初春。大学の卒業が決まり、数年ぶりに実家に帰省した「私」は、祖父のエンディングノートに付きあう事になる。そこで車椅子に乗った祖父は、ある物語を語り出す。

1945年8月、太平洋戦争末期。玉音放送が放送される前夜、クーデターが起きる。若い陸軍の将校たちは皇居を占拠し、玉音放送の放送を阻止して終戦を阻止しようとした。彼らは口を揃えて「赤い月」を目指すのだと言った。そこに祖父が居たという物語。

祖父は続ける。今も大切な仲間が二重橋の先で、何かを待っているのだという。
二重橋の先、坂下門の手前、そこには赤い月が昇っている場所。彼らはずっと待っている。何を待っているのかも忘れるほど疲れ果てて、絶望して、希望して、待ち続けているのだという。何かを――

話を続ける祖父の話と、待ち続けるふたりの妄想が交錯していく。どこまでが真実で、どこまでが妄想なのか。たった70年前の微熱の世界。戦場を、皇居を、大切な時間を走り回った青年たちの物語。『赫い月』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



今日ももちろん『赫い月』稽古メラメラ




本番を想定してがっつり今日も通し稽古してきました。
やればやるだけ強度があがる。




やればやるだけ関係性が深まる。




『赫い月』どんどん作品として凄くなってきていますメラメラ
毎回その中で違う道筋を辿っていく。
千秋楽まできっと毎回違うエネルギーがうごめいていく作品になっていくんだと思う。




期待しててください。
そして今回紹介するのは、まさかの役者復帰☆元吉庸泰☆ツネですべーっだ!




こうして共演者として紹介するのは何年ぶりなんだろう…思い出せません(笑)




ルドンの黙示かな??




エムキチビートの主宰であり、脚本演出であるツネが今回エムキチビート10周年の1発目の記念公演に役者復帰しますにひひ





1シーンですが、台詞もちゃんとありますビックリマーク



こちらは稽古シーン。
絵になる男です。




どんなシーンなのかはお楽しみにべーっだ!
個人的にはツネと台詞のやりとりを舞台でやるのはルドン以来だと思うので、懐かしさも感じながら楽しんでやってます(笑)





ツネが次に役者として観られるのはいつになるかわかりません。




10年後かもしれないし。




今回かなりレアなので是非メラメラメラメラメラメラ




あ、今回の役のためにバッサリ髪の毛切りました。
みんなもどんどん髪の毛が役のカタチになっていってます。



みんな硬派でカッコいいです。





【赫い月】特設HP
https://t.co/knEzTuNSNA https://t.co/Ppy0XsbmxG


エムキチビート第十四廻公演
『赫い月』

脚本・演出:元吉庸泰(エムキチビート)

劇場:座・高円寺1

〒166-0002 杉並区高円寺北2-1-2

◆CAST

秋元龍太朗
小野川晶(虚構の劇団)
山本侑平
土屋シオン
安倍康律
長谷川あかり
梅津瑞樹(虚構の劇団)
下平慶祐 (もぴプロジェクト)


若宮 亮(エムキチビート)
太田守信 (エムキチビート)
大沼優記(エムキチビート)

野島直人


◆タイムテーブル

2017年1月
18日(水)19:00
19日(木)19:00
20日(金)14:00※/ 19:00
21日(土)14:00※/ 19:00
22日(日)14:00(完売)

受付は開演の1時間前

【チケット】全席指定
前売り/当日共に4200円


◆STORY

2017年の初春。大学の卒業が決まり、数年ぶりに実家に帰省した「私」は、祖父のエンディングノートに付きあう事になる。そこで車椅子に乗った祖父は、ある物語を語り出す。

1945年8月、太平洋戦争末期。玉音放送が放送される前夜、クーデターが起きる。若い陸軍の将校たちは皇居を占拠し、玉音放送の放送を阻止して終戦を阻止しようとした。彼らは口を揃えて「赤い月」を目指すのだと言った。そこに祖父が居たという物語。

祖父は続ける。今も大切な仲間が二重橋の先で、何かを待っているのだという。
二重橋の先、坂下門の手前、そこには赤い月が昇っている場所。彼らはずっと待っている。何を待っているのかも忘れるほど疲れ果てて、絶望して、希望して、待ち続けているのだという。何かを――

話を続ける祖父の話と、待ち続けるふたりの妄想が交錯していく。どこまでが真実で、どこまでが妄想なのか。たった70年前の微熱の世界。戦場を、皇居を、大切な時間を走り回った青年たちの物語。『赫い月』
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


『赫い月』の稽古もラストスパートメラメラ





稽古もだんだん本番を想定してのものになってきました。





今回の空気感は今までのエムキチビートにはないような気がします。




皆さんは本番を楽しみにしててくださいメラメラメラメラメラメラ





そして今回紹介するのは初共演☆安倍康律☆あべちゃんですべーっだ!





あべちゃんとの出会いはおととし年末のDNA-SHARAKUでした。





今回はがっつり会話してるのが本当に楽しい。
あべちゃんは芝居はもちろんのこと歌も踊りもイケます。




ミュージカルをメインにやっているだけあって、立ってるだけで絵になります。





カッコいいなぁって思いながら見てますにひひ
そのうえ、おもしろにも果敢に挑戦するチャレンジ精神。




刺激をもらいながらやってます。





そんなあべちゃんのラストに向かう生き様カッコよくて素敵です。




是非べーっだ!







この稽古場が懐かしい…(笑)




エムキチビート第十四廻公演
『赫い月』

脚本・演出:元吉庸泰(エムキチビート)

劇場:座・高円寺1

〒166-0002 杉並区高円寺北2-1-2

◆STORY

2017年の初春。大学の卒業が決まり、数年ぶりに実家に帰省した「私」は、祖父のエンディングノートに付きあう事になる。そこで車椅子に乗った祖父は、ある物語を語り出す。

1945年8月、太平洋戦争末期。玉音放送が放送される前夜、クーデターが起きる。若い陸軍の将校たちは皇居を占拠し、玉音放送の放送を阻止して終戦を阻止しようとした。彼らは口を揃えて「赤い月」を目指すのだと言った。そこに祖父が居たという物語。

祖父は続ける。今も大切な仲間が二重橋の先で、何かを待っているのだという。
二重橋の先、坂下門の手前、そこには赤い月が昇っている場所。彼らはずっと待っている。何を待っているのかも忘れるほど疲れ果てて、絶望して、希望して、待ち続けているのだという。何かを――

話を続ける祖父の話と、待ち続けるふたりの妄想が交錯していく。どこまでが真実で、どこまでが妄想なのか。たった70年前の微熱の世界。戦場を、皇居を、大切な時間を走り回った青年たちの物語。『赫い月』

◆CAST

秋元龍太朗
小野川晶(虚構の劇団)
山本侑平
土屋シオン
安倍康律
長谷川あかり
梅津瑞樹(虚構の劇団)
下平慶祐 (もぴプロジェクト)


若宮 亮(エムキチビート)
太田守信 (エムキチビート)
大沼優記(エムキチビート)

野島直人


◆タイムテーブル

2017年1月
18日(水)19:00
19日(木)19:00
20日(金)14:00※/ 19:00
21日(土)14:00※/ 19:00
22日(日)14:00

受付は開演の1時間前、開場は開演の30分前

※20日(金)14:00/21日(土)14:00 のみ、託児サービスがご利用いただけます。
詳しくは下記サイト内の「Q. 託児施設はありますか」についてをご参照ください。

→http://za-koenji.jp/qa/category8.html


◆チケット

<全席指定席>

前売り/当日:4200円

   
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。