yumen blog

バンドrabuka Vo.ゆめんの音楽&散歩記録。2016年2月からドイツ・ベルリンに来てみた。

★次回ライブ
しばらく音楽はお休みします。
また歌いはじめたらお知らせします。

==========================

おんがくとイラストの展示『夜じたく』
2014年11月2日(日)~11月15日(土)
ゆめん + サイキエリ + ERI ADACHI

FACEBOOKページ

※終了しました。沢山のご来場ありがとうございました。

new! 会場で販売していたイラスト冊子&CDのセット、通販開始してます。

遠方の方や来られなかった方はぜひ。


通販会場 http://rabuka.thebase.in/



■yumen twitter
■rabuka web / FACEBOOK/twitter


テーマ:

さて翌朝。

 

 

 

 

チューリヒ大学近くのギムナジウム(頭いい人だけ入れる中・高一貫校みたいなところ)に向かう

 

 

 

 

 

 

わんわ

 

 


 

 

 

 

わんわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あったあった

 

 

 

 

作品が見つからず迷う。入り口のサインはいいんだけど、入ってからどこを見ればいいのかわからない作品が多くて困る。

 

 

 

 

みつけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてチューリッヒ大学へ。関連展示として学生とアーティストのコラボ作品展がやってます。

 

 

 

 

 

 

 

全然左じゃなかったよ…迷ったよ…

 

 

 

 

 

 

 

かっこいい大学

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは入場自由でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

永遠にありつけることのない骨を追い続ける犬…労働者とは…

 

 

 

 

 

 

 

「君ならできるよ!」「キャリアになるよ!」という言葉にのせられ仕事の責任がどんどん重くなり、

一日中働き通し、ついには家族との関係に亀裂が入ってしまうシチュエーションドラマを、実際の企業のカフェテリアで

実際の従業員が即興で演じる作品。作家さんの名前失念。

 

 

 

 

 

 

続いてすぐちかくの病院。

 

 

 

 

 

 

普通に患者さんとかお医者さんとかお見舞いの人がいるなかで、一人アジア人…かなり浮いてた…

 

 

 

 

 

 

作品はこの2つ。

 

 

 

 

 

 

さて、実際のスイスの水事情。キオスクや駅で買うと500mlが3ユーロ以上しますが、スーパーなら1リットルを

1ユーロで買えるのでそこまで困りませんでした。「水」だけに関してはそこまで心配しなくてよし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて葬儀場へ向かいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供たちが作品を見に来てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて別の病院

 

 

 

 

 

 

作家の心電図やエコー画像コピーが積まれていて、自由にもらえるようになっている作品でした。

 

 

 

 

 

 

トラムの中の注意書き。演奏とタバコ不可はわかるけど、のこぎりは一体…

 

 

 

 

 

 

座り防止

 

 

 

 

 

 

いぬのうんち袋、無料配布!

 

 

 

 

 

 

 

ボートの港へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

造船所(でいいのかな)にも作品。

 

 

 

 

 

 

ドキドキして入る。普通に入れてもらえた。

 

 

 

 

 

作業場めっちゃかっこえええええ

 

 

 

 

 

 

普段入れないであろう場所なので楽しかった

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れた…と歩いていると素敵な教会を見つける。

 

 

 

 

 

 

入れた。とても静かで厳かでよい空間だった。キリストのことはよくわからないけれど、休まる場所なのは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて高級時計屋さんへ。明らかに客ではない格好の私でしたが、店員さんはとっても優しく出迎えてくれました。

さすがです…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下は工房兼修理所になっていて、受付のためのホールに作品が。

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな小さな時計のハグルマからはじまり

 

 

 

 

 

 


どんどん大きなものを動かし映像を流すもの。

 

 

 

 

 

 

 

デパートらしいところへ入ってみるけれど、大体の商品はドイツで買えるし安いのでさらっと眺めて終わる。

 

 

 

 

 

 

LUSHの隣にマック。においがうつりそう…

 

 

 

 

 

 

あれ!こんなところに作品?!と思ったら洋服屋さんのアニメーションディスプレイだった。よく似てる。

 

 

 

 

 

 

また中央駅

 

 

 

 

 

地下で買い物。

 

 

 

 

 

気になるおもちゃ発見

 

 

 

 

 

 

すごい人

 

 

 

 

 

 

電車かっこいい

 

 

 

 

 

レトロさんもかっこいい

 

 

 

 

 

 

インフォメーションセンターのあるホールにニキ・ド・サンファルの作品が!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また大学方面へ。

 

 

 

 

 

テラスでライブがあるみたいなので来てみた。夜9時半開始らしいけど、あれ…過ぎてる…

 

 

 

 

 

 

人も集まってきたので待つ

 

 

 

 

 

 

女子二人の打ち込み&ギター&歌ノイズ系バンド。かっこよい。

 

 

 

 

 

翌日。

 

 

 

 

 

また作品を見に行くつもりが、蚤の市発見!!!行くしか無い!

 

 

 

 

 

かわいい品物をいくつかゲット。

 

 

 

 

 

しかしベルリンの蚤の市と違って商品ひとつひとつがとても綺麗に掃除されてて

陳列もきれいだった。スイス…さすがです…

 

 

 

 

 

持ってきたパンが余ってたのでスズメとカモと白鳥にあげまくった。

 

 

 

 

 

 

 

アート鑑賞も一段落、街を散策。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの教会の塔に登る。スイスフランの持ちあわせがなかったけどユーロで払えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに混んでました。

中国人と思われる姉弟がいたのだけど、まだ背の低い弟の身長では姉&景色がきれいに撮れず困ってたので

代わりに撮ってあげた。英語も少し話せる子で、さすがスイス旅行するだけあるわ…と感心。

 

 

 

 

 

かなりご年配の日本人ご婦人グループがチャペルを見に来ていて割と大きな声でおしゃべり。

教会では静かに、日本じゃ教わらないからな…でも気をつけましょうね。

 

 

 

 

 

ZEN DOJO!

 

 

 

 

 

次に来る時はレンタカーして他の街や自然も見てみたい。

 

 

 

 

 

 

 

帰ります

 

 

 

 

 

 

キャメルのキャメル

 

 

 

 

 

空港をうろつくのが大好きなので無駄に3時間くらい過ごし(笑)、スイスチョコ購入!

 

 

 

 

 

またねー

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2年に一度ヨーロッパで開催される現代アートフェスティバルマニフェスタめがけてチューリッヒへ。

マニフェスタは毎回開催地が変わる特殊なイベントなんだけど、前回はロシアのサンクトペテルブルクでした。

多分ロシアの方が物価も安くて行きやすかっただろうな…なんで今回スイスなんだ…

とかなんとか文句もありつつ、貧乏低予算で楽しんできました。

 

出発直前、一緒に住んでいる大家さん(出張やバケーションで色んな国に詳しい)に「チューリッヒの物価どうですか?」

と聞いたところ、一言

 

「クレイジー」

 

 

…と。

「水さえ一本3ユーロ以上するから節約したいなら食べ物はドイツから持って行ったほうが良い。

スーツケースの追加費用がかかってでも持っていくほうが得」とアドバイスをもらい恐れおののいた私は

早速スーパーで保存の効くパン沢山&常温OKのサラミ、お菓子などを購入。安いチケットなので

キャリーオン荷物のみで水は持ってこれなかったけど、かなり食費を浮かせることができました。

 

 

 

 

 

ベルリン テーゲル空港。

 

 

 

 

 

 

今回はLCCじゃなくてハイソなSWISS航空で。長距離便はとてもじゃないけど高くて乗れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短距離なので機内は簡素。

 

 

 

 

 

飛行機の景色は何度乗っても飽きない。それにしてものどかな土地。

 

 

 

 

 

 

多少遅れたものの1時間ちょっとで到着!

 

 

 

 

 

 

おしゃれな空港。ベルリンにも見習ってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

切符のシステム&自分が行きたいエリアについて全然調べてなかった為券売機でまごまご時間を取られる。

ようやく購入したものの、正味10分くらいしか乗らないのに6.4フラン(約640円)するって…どういうことスイス…

ドイツ同様駅に改札はなく、検察が来ない限り切符はチェックされないのでつい魔が差しそうに…

なっちゃだめですよ。罰金8000円とられます。

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパは基本「1」と書いてある車両が一等車です。”1号車”ではない。

 

 

 

 

 

 

快適!

 

 

 

 

 

さて中央駅?につきました

 

 

 

 

レダラッハ!

 

 

 

 

 

トラムに乗る。

 

 

 

 

 

マニフェスタの看板。

 

 

 

 

 

 

 

どきどき

 

 

 

 

 

 

どーん

 

 

 

 

 

 

Kunsthalle Zürich (クンストハレチューリッヒ=アートホールチューリッヒ)

メイン会場のひとつ。

 

 

 

 

 

 

チケットは3日(72時間)パスが50CHF(約5300円) 高いけど、これがあれば市内中心部のトラムやバスが無料。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館内とってもすいていた。

 

 

 

 

 

世界的な金融都市でもあるチューリッヒが舞台ということで今回のメインテーマは

 

 

 "What people do for money?"

 

 

「職業」「働くこと」「稼ぐこと」に絡んだ作品たち。

 

 

 

 

 

 

Chris Burden ”TV Commercial"

メディアがどれだけの利益を貪っているか、大金を使い真実を曲げ名声を「創りだして」いるかを批判するため

かなりのお金をかけて広告枠を買い取ったそうな。かかった金額もCM中に公開してる。

 

 

動画があったので載せておきます

 

 

 

 

 

 

Carles Congost ”Simply the best" 

QUEENオマージュ部分 笑 消防士の仕事を通して「働くこと=稼ぐ」だけではないことを語る。

チューリッヒの実際の消防署の強力を得て実際の現場で撮影されてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段に書かれたショートストーリーの一遍。

”私はアーティストだ。私は私が得たものを通して自身を表現している。”

 

アーティストってそもそもなに?という疑問符。

 

 

 

 

 

”この学校で君たちは成功する方法を学ぶ。教授たちのひどい失敗を学ぶことによって。”

 

 

 

 

 

”アートの理論をなくした者達の島”

 

 

 

 

 

 

 

 

いったんお外へ。かっこいい電車。

 

 

 

 

 

 

 

街が、とてもきれい。ドイツと全然違う(失礼)

 

 

 

 

 

 

この中にスーパーがあるらしく入ってみると

 

 

 

 

 

 

 

Plus 5という、元鋳造工場を改装した施設。かっこいいい

 

 

 

 

 

 

また歩いて、もう一つの作品を見に。

 

 

 

 

 

タチアオイ。夏です。

 

 

 

 

 

 

このなかに美術学校が入ってて、作品があるらしい

 

 

 

・・・・が

 

 

見つけられず!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

作品番号と壁イラストはあったものの、いくら探しても作品の場所がわからない…

人に聞いても「多分あのへんかな?」程度の返事。

ちなみに私がドイツで使ってるSIMカード、EU圏内はローミングフリーなんですけど

スイスはEUじゃなかった、、、

 

 

 

wifiが見つからずネットがなく、結局あきらめて移動しました。

 

 

 

 

 

さっきのKunsthalleに戻り

Guillaume Bijl ”DOGSALON BOBBY”

 

 

 

 

 

実際のドッグサロンで展示。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいい

 

 

 

 

 

ここからバスに乗るはずなんだけど

 

 

 

 

 

 

 

 

道がない。

バス停もない…

が、地図は間違いなくここを指している…20分ちかくウロウロした挙句

 

 

 

 

 

ふと頭上の高架に気がつく。まさか…

 

 

 

 

 

 

 

上かよ!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

知らないよそんなの!ひどいよ!!!

googleMAPは3次元に弱い。

 

 

 

 

 

いやぁ快適

あとアナウンスがドイツ語なので(ドイツのドイツ語とはちょっと違うけど)大分安心感ある

 

 

 

 

 

 

Jugendherberge(ユーゲントヘアベアゲ)=ユースホステル バス停に到着

 

 

 

 

 

 

街の中心地ではないけど、静かな環境だし快適そうなのでここにしました。

 

 

 

 

 

 

 

広い共有スペース。

 

 

 

 

 

 

 

部屋。(夜撮影)

西ヨーロッパのホステルは大体一泊2000弱〜2500円くらいなんだけど、スイスということで2泊で1万円!それでも

チューリッヒの中で最安レベル…恐ろしい…数日前まで居たルーマニアで一泊千円だったので余計に高く感じる。

が、清潔だし洗面所と広いロッカーついてるしシャワールームもめっちゃ綺麗で広いし、高いだけの価値はある。

 

 

 

 

 

 

さてもう一度でかけます。ナップザックのわんちゃんかわいい。

 

 

 

 

 

スイスに来て驚いたことは、みんなが紳士・淑女なこと。ドイツの人はどちらかというと大陸気質、

やや大雑把な振る舞いの人が多いのだけどスイス人はみんな穏やかで気品があって…なんだこの違いは…

スーパーの店員でさえ超さわやかジェントルマンでタトゥーも入ってないよ!

 

 

 

 

 

 

そしてもうひとつ…

 

 

スイスのドイツ語全然聞き取れない

 

 

買い物するときに言われた金額すらわからない…あとで聞いたところドイツ人でも聞き取れないそうな。

いやーびっくりしました。

 

 

 

 

 

街を歩く

 

 

 

 

 

きれいな教会。

 

 

 

 

 

同じような建物はドイツにいくらでもあるのに、なんだ、何かが違う…

 

 

 

 

 

 

ブルさんもかっこいい

 

 

 

 

 

湖!

 

 

 

 

 

 

小道を散策

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

オペラハウス前広場。

 

 

 

 

 

 

かわいい雑貨屋、おしゃれなカフェ、レストランもいっぱい。が、とんでもなく高いので今回は外食をしません。(涙)

なめてたわーほんとやばいわー

 

なんでそんなに貧しいのかって…無収入なうえ、その後に3つも旅行控えていたから。

ここで使うと後が大変。沢山旅できて凄く楽しいけど調子に乗りすぎたな。

 

 

 

 

 

次なるメイン会場 Wasserkirche (ヴァッサーキルヒェ=水の教会)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教会内部の窓はジャコメッティの作品らしい(撮り忘れた)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fernando Sánchez Castillo " * "

ロンドンのヘッジファンドのせいで致命的な金融危機がもたらされたイタリアの状況と金融市場の危うさを皮肉っている。

EU圏との境界であるチュニジア行きの1フライト全席、162チケットを購入、乗客ゼロのまま飛行機を飛ばすプロジェクト。

 

 

 

 

 

 

 

Fernando Sánchez Castillo "Pegasus Dance"

ロッテルダムの軍用車が放水しながら美しい求愛のダンスを踊る。政治や宗教の権力を象徴化し批判した作品。

 

 

 

 

 

 

 

水辺にやってきた

 

 

 

 

 

 

Manifestaの大型人工浮き島。チケットを見せて入場。

 

 

 

 

 

 

製作ドキュメンタリーや映画が上映されていて、鑑賞しながらプールに入れる。

 

 

 

 

 

 

ドライヤー完備

 

 

 

 

 

 

のんびり

 

 

 

 

 

 

 

遊泳禁止なのに、結構泳いでる人がいた。もちろん注意されていた。

 

 

 

 

 

 

 

さて宿へ帰る。

 

 

 

 

 

 

スーパーでパンやサラダを買う(高いよう)青山の外資スーパーくらいの価格帯。宿で食べてのんびりしてゆっくり寝ました。

 

 

 

 

パート2につづく。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の記事を書いたあと、そういえばまだ必要なものあったな・・・

と気づいたので引き続き「持ってきてよかったもの」をまとめます。

 

 

 

 

 

・安い時計

日本で使っていた時計はちょっと重い&なくなったら困るものなので、壊れても盗まれてもいいものを買いました。

10気圧防水で1000円。いいんですかカシオさん…(感動)安くて丈夫な時計は日本製だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

・パスポートケース

 

普段ベルリンではパスポートは携帯してませんが、旅行した時めっちゃ便利。

首にかけて隠していればよっぽどの強盗にでも遭わないかぎり(少なくともヨーロッパでは)盗られません。

よっぽどの強盗にあった場合どんな装備をしていてもたぶん無駄です。

カバンに入れておいてもさっと取り出しやすいし、100均は素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・南京錠 パドロック

これはワーホリ用というより主に旅行用。

もともと何カ国か旅するつもりだったのでホステルに泊まる時or治安が良くないところを歩く時用

100均で何種類か買っていきました。長さの違うものを持っておくと色々使える。

ただ結局のところ街歩きでいちいち手荷物に鍵をかけるのはかなり面倒だったので行きの飛行機と宿

(ホステルによってはロッカーに鍵がなくフロントで借りるor買わなきゃいけないことがあった)

くらいしか使ってない。ちゃんとしたホテルでも盗難が全くないわけじゃないし

私はホステルなんか泊まらん」って人も一個くらいあったら良いと思う。


自転車に使いそうなもう少し長い鍵もあると長距離移動で仮眠するときの盗難防止になると思います。

ちなみに個人的なオススメは左の「ちょっと長い」やつ。

 

 

 

 

 

 

・毛玉取り機

短期滞在の為なるべく服を買わずに持っている服を限界まで着倒そう!

ということでこれを持ってきました。

ベルリンは小汚い格好をしていても全く気にする必要はありませんが、とっても優秀で重宝してます。

(ちょっと高いけどamazonで一番人気のやつ)

 

 

 

 

 

 

 

・モバイルバッテリー

デジカメや携帯の充電が切れたりした時用。

ASUSのこの機種めっちゃ軽くて9600mahもあって素晴らしい。

もちろんドイツでも売ってますがちょっと高い安いのもありました。秋葉原散策の時についで買い。

 

 

 

 

 

 

 

・水筒

ドイツは水もビールもとっても安いので、正直毎日買ってもそんなに痛手ではありません。

私はスーパーまとめ買いして運ぶのが面倒&ティーバッグのほうが安い&温かいお茶が飲みたい

という理由で日本から持ってきました。語学学校が始まると週5日もあるので大分節約になってると思います。

もちろんこちらでも水筒は売ってますが。

※飛行機の手荷物検査時は中身を空にして蓋を開けてスキャンに出せばOK。

 

 

 

 

 

 

 

・冷えピタとカイロ

”冷えピタ”じゃない…!!!

 

いざというとききっと役立つはずですが、貧乏性がゆえもったいなくてつかえない!

…本末転倒な状況になってます。この冬は絶対使おう。

こういう「たまにしか必要にならないけどあったら凄く便利」アイテムって意外と沢山あって困ります。

 

 

 

 

・洗濯ネット

こちらの水は超硬水。一度でも洗うと明らかに布がへたってしまいます。

クリーニングに出す程じゃないけど、ちょっとでも服を保護したい…って方は

服を裏返してネットに入れると多少ダメージは免れると思います。

 

 

 

・無印 裏写りしにくいノート

無理してまで持ってこなくてよいけれど。ドイツで質の良いノートを求めると3ユーロ以上します。

(ぺらっぺらでよければ1ユーロから)無印の安くて素晴らしいクオリティに感服。

 

 

・泡立てネット

硬水って凄いんです。泡立ちさえ悪くなるんです。笑

日本で普段使っている人はそのまま持ってきましょう。

 

 

 

 

 

次回こそ「持ってきたけど要らなかったもの」をまとめてみますね。では。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まさかの長いブログになってしまった。

6日も行くとこうなるのか…(反省)というわけでついに最終章。

 

 

 

 

朝ごはんを食べて、ちょっとのんびりして10時すぎに出発。砦へ向かいます。

 

 

 

 

 

 

またもgooglemapさんを頼りに…あぜ道と

 

 

 

 

 

階段と

 

 

 

 

 

 

草ぼうぼうの道をずんずんと。(蛇が居そうで怖い)

 

 

 

 

 

実は私、坂道が凄く苦手です。つらい…でも近づいてきた

 

 

 

 

 

どどーん!Citadel of The Guard!守る為の砦!

 

 

 

 

 

 

あれれ

 

 

 

 

 

 

閉まってるゥゥ

営業時間とか案内版が一切なくて、ネットで調べても情報が少ない。公式サイトにもない。

なんとか「11時もしくは12時に開く」と書いてある口コミサイトを見つけたけど、まだ10時40分…

 

 

 

 

 

しかたないのでぐるっとまわる。暑い…

 

 

 

 

 

ふおおおおたくさん犬が!!!!!

 

 

 

 

 

 


おじさんが5匹くらい連れて散歩してた

 

 

 

 

 

 

マッサージ攻撃でメロメロにしたった★でも…

 

 

 

 

 

・・・・・くっさ!!!!!!

 

 

超臭かった。

 

 

 

 

よい城壁。

車で回っているというセルビア人カップルと一緒に待ってみたものの、11時過ぎても音沙汰なし。暑いしあきらめて街に降りる。

 

 

 

 

 

 

景色よい

 

 

 

 

 

来た道と反対側を歩いたら超高級住宅街。これまでなかなか見なかったベンツ、BMW、FIATなど”外車”がたくさん。

 

 

 

 

 

 

暑いーーーーーのでアイス

 

 

 

 

 

 

何味か忘れたけど超おいしい4Lei(100円)

 

 

 

 

 

 

昨日行った黒い教会で12時からコンサートがあると知ったので行ってみた。入場料変わらず9Lei。

ノルウェイからやってきた10人ほどの楽団が45分くらい演奏してくれた。ぜいたくな時間でした。

 

 

 

 

 

さて旧市街の町中にあるデパート?ショッピングセンター?に行ってみる。日本語Tシャツあるかな…

 

 

 

 

 

…なかった

 

おなかすぎすぎたけどもう脂っこいのは嫌&だんだんケチになってきたのでスーパーのサンドイッチ。

またしてもあんまりおいしくない…野菜が恋しい。トマトくらいはさんでくれよぅ。

 

 

 

 

 

わんちゃんが日陰に入るたびにベターーーッと座って散歩ボイコット。暑いよね。

 

 

 

さて14時くらい。これからどうしようか悩む。

バスで1時間ほどのRasnov(ラシュノフ)城塞へ行こうと思ってたのだけど、ちょっと時間が微妙。あと暑い。

ちなみにこの近隣で一番有名な”ドラキュラの城”ブラン城は、行った人みんな「うーん、まぁまぁ良かった…よ…」的な

反応をするので今回はパス。※実際ヴラド公は3日くらいしかその城に居なかったそうな。

 

 

結局なんだかのんびりしたくなったし、大きな移動はしないことに。

代わりに日本語Tシャツを探すぞ!!別の場所にまた大きなモールがあると知り向かう。

 

 

 

 

間違えて2つ手前のバス停で降りちゃった。散策しつつ歩く。

人気はないけど閑静な住宅街で怪しい気配なし。ブラショフ全体のんびりしてる。

治安の悪さは ブカレスト>>>>>>その他の街 って感じなんだとおもう。

 

 

 

 

遠い…暑い…てかモールらしい建物全然ないけど…

 

と歩いてたら女の子にドイツ語で「元気?」って声かけられた。

「私はモールにいくんだよ」とドイツ語で返事(私の乏しい語彙を駆使して)すると

「いいね!」と言ってくれたので、ちゃんとモールが存在するらしいことを知る。

 

(なぜアジア人にドイツ語で話しかけたのか…)

 

 

 

 

 

 

たしかこのへんにあるはず

 

 

 

 

 

ってえええええええ廃墟?!

 

 

 

 

 

の向こうにあった!買い物袋持った人が沢山でてくるので間違いない。

 

 

 

 

 

 

Auchan はルーマニアのスーパーマーケットチェーン。見つかってよかったー

 

 

 

 

 

 

モールの中はドイツ系ドラッグストアのDM、服屋、雑貨屋、宝石屋など。

イオンモールみたいにどでかくて綺麗な感じではなく、昔のジャスコかサティのよう。

 

 

 

 

どこいってもこういう乗り物があって昭和感

 

 

 

 

 

巨大スーパー!

大家さん一家へのお土産と自分で食べる野菜、チェリー(500gで8Lei 200円)、チョコレートを購入。

 

 

 

 

 

あの女の子の若さからして何千円もする服ではないと予想していたけど、Auchanの服コーナーでついに見つけました!

 

 

 

 

 

日本語の服!(帰ってから撮ったからしわになってる)

 

 

 

 

 

1枚15Lei(325円)!!買っちゃった!天使Tシャツは見つからず。

 

 

 

 

 

 

近くのバス停まで歩く

 

 

 

 

 

 

郊外に大きなバスターミナルがいくつかあって、長距離バスはそのどれかから出てる。ブラショフ駅からはほぼ出てないので注意。

 

 

宿に荷物置いて、おみやげ屋さんを散策。

 

 

 

 

 

 

ど●えもんウォッチ!セールで10Lei(250円)!ベタなRomaniaマグネットとかはあんま興味沸かなくて…

 

 

 

 

 

 

翌朝!朝ごはん!野菜!野菜よ…クロワッサンは2個で1.3Lei(35円?)、魚のすり身ペースト(4Lei)と桃、チェリーも。

 

 

 

 

 

 

このシナイア産のサラミおいしかった!5Lei(125円)弱。

 

 

 

 

 

チョコレートでさえおいしくないと評判のルーマニア、ネットで調べたところPoianaというブランドがいいと知り買ってみた。

4Lei(100円)くらい。おいしかった!

 

 

 

 

 

ブラショフから空港まで直接いく高速バスをネットで予約してあったので、乗車場所のホテルに向かいます。

 

 

 

 

 

時間に余裕をみて出たので1時間前についてしまう。スーパーを散策しジャラジャラ残っていた小銭を沢山使う。

 

 

 

 

 

くま

 

 

 

 

 

Saturnバスターミナル

 

 

 

 

 

 

バスステーションとてもきれい。トイレもきれい。

 

 

 

 

 

 

その横にあるCubixというホテルから出ているMement Bus

予定では10:30出発、3時間乗車予定。ネット予約で €5 (600円)くらいだったとおもう。バスというよりワゴン車。
 

 

 

 

 

運転手に「アエルポルト(Airport)?」と聞かれたのでそうだといい、荷物を乗せ車内にイン。

スマホでチケットを見せようとしたら「いらんいらん」。一人一人点呼され「よし!揃ったね!発進!」

 

 

!!!あのまだ10:20なんですけど…まぁいいか。揃ってるし。

 

 

 

 

 

 

もうね、超!爆走!!!

一般道なのに100キロ以上だすし、運転手さん頻繁に携帯で電話してるし(よそ見しまくり)、車間距離つめまくり、

あおりまくり、2車線なのに無理な追い越ししまくり。他の車もやってたので単に文化なんだとおもうけど

(これ事故ったら即死するやつだ)…とハラハラ。ルーマニアで一人で死にたくない。

 

 

 

 

 

ついちゃったよ…予定より1時間も早く…ひとまず運転手さんにお礼言ってガッチリ握手

ブカレストで会ったお兄さんが「空港からブラショフ行きのバスが50分も遅れた」と言ってたので遅延が心配だったけど

だからってこんなに早くつかんでも…。日曜だったのもあるかな。

 

 

 

 

試しにちょっと外でてみたけど…超暑いしなんにもなさそうなので戻ってきた。

 

 

 

 

 

うーん

 

 

 

 

顔でもはめてみるか

 

 

 

 

 

高いとはいっても日本と変わらない位。ただルーマニア庶民にとってはなかなかいい値段。(一食40から60Lei)

 

 

 

 

もう現金のLei残ってないし空港内の物価が凄く高かったので、持参した水&パン&チェリーを食べた。

 

 

 

 

 

ベルギーのブリュッセル経由

 

 

 

 

 

自販機は水7Lei、ジュース8Lei。最後の現金を使う。

 

 

 

 

ルーマニア系格安航空会社Blue Air。荷物のサイズ制限は厳しいけどほかはまったく問題なし。飲物などすべて有料。

ブリュッセルからはRyanAirでBerlinに戻りました!

 

 

 

しかしルーマニア、もう行かないだろうと長い日程で組んだ旅でしたが実際行ってしまうと「もっと見たい」ってなりますね。

次回は電車の旅かな。

 

 

 

■ルーマニア旅費

航空券 往復€100 往路Air Berlin 復路Blue Air&Ryan Air

宿泊費 ブカレスト3泊 €29 ブラショフ3泊€30

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、最後の目的地かつ一番気に入った街BRASOVをご紹介。

本当の読み方はブラショらしいけど、どっちでも通じる。

 

 

午後7時半、ブラショフ駅。大きめ。

 

 

 

 

 

 

 

さっさとバスに乗りたかったので構内はあまり散策せず。

 

 

 

 

 

 

どうやらルーマニアの公共交通機関は片道券ではなく「2回分の回数券」売りが基本らしい。(長距離は別)

英語表記はなかったけど書き方でなんとなくそれがわかったのでバス2回券購入(4Lei 100円)。

たいていバス停近くに券売機or窓口orKioskがある。

 

 

 

 

 

2人で1回でも、一人で2回使ってもよい。乗ったら↑のオレンジの機械に入れて日時を打刻する。

3日間使って一度も切符確認する人に会わなかったけど、みんなちゃんと切符買ってた。

 

 

 

 

宿に向かう。ベルリンよりかなり南に位置してるけど、それでも9時くらいまで明るい。

 

 

 

 

 

看板見つけにくくて焦った。

 

 

 

 

 

 

ホステル!規模は小さめで、最大25人くらい。一泊 €9(1000円くらい)

申告すればタオルもドライヤーも無料で貸してくれて、洗濯機使用は5Lei(125円)、洗濯&乾燥を頼む場合は15Lei(350円)。

ただしクリーニング屋さんじゃなくてスタッフが人力でやってくれる。

ブカレストの宿で出来なかったプリントアウト(無料!)ができたのでとても助かった。

 

 

 

 

 

共用スペースゆったり。キッチンもあって自炊できる。

 

 

 

 

 

 

お部屋。私は運良く手前の一人用ベッド!部屋は広いし棚もついてるし使い勝手ヨシ。

ただトイレが全部で2個しかなく男女共用。シャワールームも含めて定期的に掃除はしてくれるけど若干汚いです。

 

 

 

 

写真ないけど朝食サービス有。ゆでたまご、トースト、ハム、チーズ、コーヒーが無料。助かる。

 

 

 

 

 

初日は街のことがよくわからないのでとりあえずふらふら歩く。

 

 

 

 

 

街の中心に位置する公園がとてもきれい。(ベルリンと違って)ガラスの破片とかお菓子のゴミとか落ちてないよ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だれだかわからん

 

 

 

 

あれ…!

 

 

 

 

ブカレストに居たおっぱい犬!!!お子さんたちもご一緒に!

 

 

 

 

Mikado…?

 

 

 

 

マーケット広場。その昔時計台が壊れてしまったときは人力で一分づつ動かしていたそうな。

周りの道にもおみやげ屋さんや服屋さんなど沢山あって楽しい。

 

 

 

 

 

おしゃれなカフェやレストランでいっぱい

 

 

 

 

街を分断するタンパ山のケーブルカー。こりゃ行くしかない。

 

 

 

 

 

ハンガリー帝国の国境地帯だったため、ドイツの騎士団が他国の侵入を防ぐためここにやってきたそうな。

地域全体が要塞でかこまれていて、その中にドイツ式建築が沢山残っているの。

その後ほとんどのドイツ人は国に帰ってしまったけど、今もドイツ人学校や教会があるそうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街をぐるっと囲む壁

 

 

 

 

階段のぼる

 

 

 

 

またのぼる…

 

 

 

 

 

ケーブルカー乗り場

 

 

 

 

道ないやん

 

 

 

 

 

 

右側にあった

 

 

 

 

 

自力で登ると2〜3時間らしく、ハイキングにちょうどよい山。

 

 

 

 

 

 

チケット売り場

 

 

 

 

値段忘れた。往復で多分25Lei(625円)くらい。

 

 

 

 

 

きれい!

 

 

 

 

 

わ!!!

 

 

 

 

 

んわんわ!!!

 

 

 

 

 

 

15分ほど山道を進むと

 

 

 

 

 

街から見える「BRASOV」という看板の裏につきます

 

 

 

 

 

その先に展望台。

 

 

 

 

きれい!!!シナイアで登った山は2000mもあって街が遠すぎたけどここは800メートルほど。

見下ろすにはちょうどいい高さ。

 

 

 

 

 

要塞の外は普通に近代的な街が広がっていて、社会主義時代の質素なビルも沢山残ってる。

 

 

 

 

まんぞく

 

 

 

 

 

しかし街がきれい。掃除してる作業員が沢山いる。(ベルリンはほとんど居ないのに。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お酒が飲めない代わりにスイーツに走るのです。

ケーキ屋さんみつけて入る。

 

 

 

 

 

一個いくら、じゃなくて1キロいくらという量り売り。小さいのを4つテイクアウトしてみた。

 

 

 

箱かわいい。

 

 

 

 

 

おそとでひろげて食べてみる。これで15Lei(325円)ほど。

 

 

 

 

おいしい!!!珍しく(失礼)おいしいです!!!

 

広場の本屋さんの軒下で食べてたら知らないおばさま(60〜70代?)が「げんき??」って声かけてきて

怪しい何かかとおもってすごい訝しんでしまったのだけど昨日電車であなたに”車両違うわよ”って言ったの覚えてる?」と。

 

聞くと、フィンランドからやってきた妹&姉夫婦の3人組だそうで、私と同じく昨日はシナイアをまわったんですって。

お姉さんがイギリスで勉強してたときのルームメイトが日本人で、いつか日本も行ってみたいそうな。

とても優しい良い人達だった。怪しんでごめんなさい。

 

 

 

 

通称「黒い教会」へ。1600年代の大火で焦げてしまったのでそう呼ばれるようになったとか。

 

 

 

 

 

 

まわりには当時教会建設に出資した富豪が立てた学校や病院などが沢山。

 

 

 

 

 

 

正直黒くない…

修復作業の時に間違えて一部白く塗りなおしてしまったそうな。ただ他もべつに黒くはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口。入場9Lei(180円) 中は撮影禁止。とてもきれいでした。

 

 

 

 

 

 

ここでさきほどのおばさまたちにまた会う。写真をとってもらう※真ん中に立ってる。塔でかすぎ。

 

 

 

 

 

 

素敵な門をくぐり

 

 

 

 

 

 

 

振り返るとかっこいい塔!

16世紀当時の要塞ゲート(日本で言う関所)跡。ドイツ軍領主による治外法権地区だったらしく、色々厳しい決まりがあったとか。

 

 

 

 

 

 

要塞の外。素敵なおうち

 

 

 

 

 

学校かな?

 

 

 

 

 

 

よぼよぼわんわさん

 

 

 

 

 

 

インフォメーション発見

 

 

 

 

 

はいれる...のか...?

 

 

 

 

 

営業時間内だけど人気がないぞ…

 

 

 

 

 

ドアを開けると…なんにもない!!!

 

…とおもいきやお兄さんが出てきて、左の部屋の中はちゃんと案内所になってました。

自然公園について日本語で書いてあるパンフレットをもらったんだけど、その文章がまったくもって理解不能。

グーグル翻訳使ったんだろうけどね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロープストリート。小道じゃなくて「道路」として認定されている中でヨーロッパで3番目に狭い。

 

 

 

 

なんてことはない小道ですが風情があって良い。

昔はこういう細い道が沢山あって、緊急時や火事の為に使われていたそうな。

 

 

 

 

 

 

かわいらしい

 

 

 

 

 

 

またも壁跡。

 

 

 

 

 

 

街並みがかわいくて歩くのが楽しい。天気もよい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

!!!「天使」Tシャツを着た女の子!!!思わず写真とらせてと声をかけた。どこに売ってるの?と聞くと

「モールで買ったよ」とのこと。これは気になる!

英語はあんまりしゃべれないっぽかったけど、こちらの言うことは理解してくれたのでよかった。

 

 

 

 

 

要塞の外側に小川。

左側に小さい山があって、上に登ると「黒の塔」と「白の塔」。いづれも16世紀のもの。RPGのよう。

 

 

 

 

 


のぼる

 

 

 

 

 

黒の塔!どーん!

 

 

 

(…し、しろい!)

 

 

 

 

 

 

塔の上から。これまた景色がよい

 

 

 

 

 

広場と公園の間くらいにあるバスステーションへ。

 

 

 

 

 

googlemapさんが市内のバス経路を教えてくれるので凄く助かった。ただ長距離バスや電車は出てこなかったので

ネットで自力検索が必要(英語で探すと大体出てくる)もしくは宿の人に聞いてみよう。

 

 

 

 

ショッピングセンターを検索して行ってみた

 

 

 

 

 

建物はきれいで立派だけど、テナントは半分くらい閉まっていて閑散としてた。地下はスーパー。

 

 

 

 

 

日本語シャツは見つからず…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タンパ山の上に朝登った「BRASOV」の看板。一応、ハリウッドのパクリではないそうな。

 

(完全黒歴史)

共産主義国家だった頃、スターリンにあこがれて街の名前をスターリン市と呼び、

山の上のサインもBRASOVではなく植樹文字の「STALIN」だったそうな。あかんて…

 

 

 

 

 

 

 


野菜が食べたくて、すがる思いでケンタッキーのラップサンドを頼む。

 

 

 

 

 

23Lei(550円)

お、、、おいしくない…野菜ほとんど入ってない。なんなら米とか豆とか入ってる。炭水化物ゥゥ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18時からのウォーキングガイドツアーに参加。20人くらいかな。

またしても昼間一人で行った場所をもう一度回る形になったけど、補足情報がもらえて面白かった。

参加者のうち何人か「日本行ったことあるよ。素晴らしかったよ」と言ってくれた。

 

 

 

 

 

ルーマニア正教会、聖ニコラエ聖堂

キリスト教の分派についてまだ全然わからない…日本の寺の宗派も全然わからんしな。勉強しないと。

 

 

 

 

日本人と中国人はカメラが大好きだと言われてるけど、それ以外のみんなだって写真大好き。

 

 

 

 

どーん

 

 

 

 

昼間歩きまくってだいぶ疲れていたけど、みんなで「白の塔」に登ることになってしまう。

 

 

 

 

へとへと。だけどきれい。塔の写真は撮り忘れた…

 

 

 

 

 

行きは山道を登っていったんだけど、帰りはかなり急な階段。一人倒れたら共倒れ。

2時間半歩いたツアーが終了!寄付を渡して宿に戻りました。ウォーキングツアーは各都市でやってるので超お勧め。

ただ全部英語なんだけどね…

 

 

 

 

すごくけ喧嘩っぱやいおふたり

 

 

 

 

宿の裏山に大きな要塞があるので明日登ろう

 

 

 

あれ…これで一日目か…一旦区切ります。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。