国内唯一の飛行船運航会社「日本飛行船」(東京都中央区)が10日から、東京・晴海を離着陸地とする東京遊覧クルーズを始める。従来は埼玉県内から離着陸していたが、都が五輪誘致に敗れたため、会場予定地を使うことができるようになり、高かった料金は半額に。同社の渡辺裕之社長は「首都のど真ん中から直接飛行船が飛び立つ遊覧は世界初」とアピールする。
 旅客飛行船のツェッペリンNTは全長約75メートルと世界最大。世界に3隻しかなく、うち1隻を同社が保有し、2007年から遊覧クルーズを始めた。離着陸には埼玉県桶川市内のエアポートを使用。30分の遊覧に、往復1時間を要していた。
 ところが昨年10月、都が2016年開催の夏季五輪の誘致に失敗。同社はメーンスタジアム建設が予定された晴海の広い都有地に目を付け、使用契約にこぎつけた。飛行時間は約40分に短縮、料金も半額の6万3000円が実現した。
 クルーズの目玉は、500~600メートル上空から360度見渡せるパノラマ。東京タワーや東京スカイツリーなど人気スポットをゆったり周遊する。同社は「多くの人に首都の素晴らしい景色を堪能してほしい」としている。
 問い合わせは同社クルーズデスク フリーダイヤル(0120)68004。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕新電波塔「東京スカイツリー」
〔写真特集〕パリのシンボル エッフェル塔
東武、850億円のシンジケートローン契約=スカイツリーの建設資金
来年は参院選、W杯、スカイツリー=新聞・雑誌記事から注目10語
東京タワーを紫にライトアップ=女性への暴力根絶訴え

【話の肖像画】KYバンザイ!(上)医師・鎌田實(産経新聞)
地元・大阪の客呼び込め 「フライ」デーは新世界へ(産経新聞)
核先制不使用は「時期尚早」=防衛研が10年版戦略概観(時事通信)
<人事>外務省(毎日新聞)
「海兵隊、沖縄に必要」平野氏が県内移設明言(読売新聞)
AD